ケアマネージャーの資格試験の日程や合格率

ケアマネージャーとは介護の現場で大活躍する、利用者のサービスを円滑に進めるためのケアプランを作成するお仕事です。

そのケアマネージャーの資格試験日や合格率について詳しくまとめています。

公的資格が必要であるケアマネジャー

ケアマネジャーは、公的資格を必要とする介護に関するコーディネートを行う仕事です。介護を受ける人々が適正なサービスを受けることができるように、当事者やその家族から話を聞いたり相談に応じたりします。

また、関係機関への連絡・調整もケアマネジャーの仕事です。ケアマネジャーの資格を取得するには、まず先に介護支援専門員実務研修受講試験を受けなければなりません。

介護支援専門員実務研修受講試験に合格すると介護支援専門員証を取得でき、実務研修を経て介護支援専門員の資格を取ることができます。

介護支援専門員実務研修受講試験は、毎年1回10月に行われます。五つの選択肢の中から選ぶマークシート方式であり、法定資格取得者は試験科目を一部免除してもらうことができます。試験科目免除対象となるのは、医師や看護師、歯科医師、薬剤師、保健師、理学療法士等です。

介護支援分野および保健医療福祉サービス分野から出題され、出題数は60問であり、120分で解きます。ケアマネジャーという仕事を行うには、医療や福祉面のさまざまなサービスを深く理解した上で状況に合ったコーディネートを行わなければなりませんので、介護保険制度に精通している必要があります。

ケアマネジャーの試験日を確認しておこう

ケアマネジャーを目指して勉強している方は、試験日を確認して早いうちから備えておくと安心ですね。ケアマネジャーは誰でもなれる職業ではなく、試験を受けるための受験資格というものが設定されています。実務経験が問われるため、既に介護の職場で働いている方が受験することが多いでしょう。

ケアマネジャーの受験資格を満たしていることが確認できたら、試験日に向けて準備を進めていきましょう。実務経験については証明書を用意しなければなりません。勤務している会社に依頼して指定様式の実務経験証明書を交付してもらいます。記載されている内容に誤りがないか、細かい部分までしっかり確認しておきましょう。

受験の申込の際に必要な書類は人それぞれ異なりますから、自分が必要な書類が何かを確認します。受験の際は手数料を振り込む必要があります。銀行や郵便局等から受験料を振込ます。窓口専用の振込となるので、平日を利用することになるでしょう。

受験料の振込が期間内に確認できない場合は申し込みを受け付けすることができません。試験日は毎年同じではありませんから、自分が受けたい都市の試験日を確認しましょう。試験を受ける場所に行く時は受験票を忘れないように注意しましょう。

ケアマネジャーの試験の概要について

ケアマネジャーの資格を取るには、ケアマネジャーの国家試験をパスする必要があります。ですから、もしこれからケアマネジャーを目指すのであれば、参考書を試用したり、セミナーに参加したり、何かしらの試験対策が必要になってくると考えられます。

特にケアマネジャーを目指す人は、普段は仕事をしている方が多いので、時間をうまく使うことも重要になってきます。最近のケアマネジャーの試験の傾向としては、年々難しくなってきているという状況が続いてます。また、合格率についても、15パーセントくらいの水準まで下がってきてしまっていますから、相当な勉強をしないと合格は難しいかもしれません。

試験を受けるための流れとしては。まず受験要項という書類が配布されますから、それを6月から7月にかけて入手して、同封されている受験申込用紙に必要事項を記入して、申し込みを行います。次に、試験日については、毎年10月の第4週の日曜日に行われるということになっていますから、10月に向けて勉強を行っていくことになります。

合格発表については、12月の10日前後となっていますが。それ以前に解答が発表されますから、自分の出した答えと比較することによって、合否が程度わかるようになっています。

ケアマネジャーの合格率について

ケアマネジャーになるためには、かなり難しい試験を突破しなくてはなりません。試験内容については難易度が高くなっている傾向にありますから、それなりの対策をする必要が出てきます。また、合格率についても、年々低下しているといった現状がありますので、試験を受けるにはそれなりの覚悟が必要になってくると思われます。

合格率については、近年においては20パーセントを切っているというような状態が続いています。逆に、試験を受ける人数については年々増加傾向にありますから、競争率は高いといえるでしょう。

ですから、もし、ケアマネジャーの試験を受けるのであれば、通常の勉強だけではなく、セミナーなどに参加して、しっかりとした受験対策を練ってから勉強を始めないと、合格はなかなか厳しいかもしれません。

また、近年の試験の状況を見ると、今後もケアマネジャーの試験の合格率はさらに低下していくものと思われますから、もし受験を受けるかどうか悩んでいるのであれば、なるべく早くに受けた方が良いということが言えます。

ケアマネジャーの試験は毎年あるので、とりあえずでもよいので受けてみて、試験になれるということも大事になってきます。もし、時間が内容であれば、自宅でできる模試を受けてみるという方法もあります。

ケアマネジャーのおすすめ問題集について

ケアマネジャーとは、介護支援専門員と呼ばれる国家資格です。主な仕事としては、利用者(要介護者)が必要な介護サービスの相談から介護計画の策定を行うほか、病院、福祉施設、行政機関など各関係施設との連絡業務を実施することから、介護部門の専門的な知識を有し、介護のスペシャリストとも呼ばれています。

しかし、前述のように介護のスペシャリストとも呼ばれる国家資格であり、ケアマネジャーの採用試験は1998年の第1回開始以降は年々合格率が低下しており、初回は40%以上あった合格率は近年では15%から20%程度と半減以下に低迷しています。

これは、介護従事者の増加のほか、年々変化する介護保険制度など取り巻く環境の変化があり、試験内容も試験開始当初を比較しても変化していることが原因と言えるでしょう。それでは、ケアマネジャーになるためにはどのような勉強法が有効でしょうか。まずは、その他大学受験等と同様に参考書や問題集の利用が一番必要でしょう。

そこでおすすめ出来るのが、ここ数年で増えているより実践的、実用的な例文が記載されている問題集です。過去には、1998年から開始されたケアマネジャー試験の問題を羅列した過去問題集が人気を集めていました。

しかし、近年では、先ほども申し上げましたが合格率が低下する中で、優秀なケアマネジャーを育成する目的もあると推察されますが、より実務に近い参考書が人気を高めているようです。自身のケアマネジャーになるという夢を実現するために、実践的・実務的な問題集による学習をおすすめします。

ケアマネジャーの過去問題について

ケアマネジャーの試験に向かう場合には、過去問題をたくさんやっておいた方が良いと言う事が言えるのです。ケアマネジャーの試験の場合は一度出た事がある問題や、それに近い問題が出る場合もあります。

新しい事を次々と覚えて行く事も、試験に出そうな問題を予想して行っていく事も大切なことになってくるのですが、得点を少しでも多くとって合格に近づきたいと考えているのであれば、過去問題を行った方が良いのです。市販されているテキストなども過去に出たことがある問題を取り扱っている場合が多いのです。

過去に出たことがある問題を掲載している場合が多いので、それだけ過去の問題を行う事は大事な事になってくるのです。また合格率も変わってくる場合があります。過去の問題を行っている方は、合格する確率が高くなっているのがケアマネジャーの試験の特徴の1つになっているのではないかと思います。

過去に試験を受けた事がある方々からどのような問題が出たかと言う事を聞いてみると過去問題を勉強する際にも、より効率良く勉強をする事ができるようになってくるのです。勉強の方法がわからない場合には、まず過去問題を勉強してみると迷わず勉強する事ができるのです。