ケアマネの試験日や過去問、合格率について

ケアマネとは正式には介護支援専門員と呼ばれる職業ですが、高齢化でニーズも高まってきており、年々人気も増回してきています。

ここではケアマネの試験日や過去問、合格率について詳しくまとめています。

ケアマネの試験日について

ケアマネは、正式には介護支援専門員のことで、介護保険法による要支援、要介護の認定を受けた人からの相談を受けて、居宅サービス計画であるケアプランを作成して、そのケアプランを実現するために介護サービス事業者との連絡や調整などを取りまとめることができる人です。

ケアマネの資格を取るためには、まずは介護支援専門員実務研修受講試験に合格する必要があります。さらに合格後は、介護支援専門員実務研修を、全日程を休まずにすべてを受講した上でレポートを提出する必要があります。

なお、ケアマネになるための第一関門である介護支援専門員実務研修受講試験を受けるためには実務経験が必要であり、法定資格者所持でも5年以上、それ以外の者は10年以上の実務経験が必要になります。試験日は10月頃に行われますが、毎年前後します。試験日の発表はその年の4月に厚生労働省から発表されます。

5月から8月まで受験申し込みが行われ、その間に受験資格に問題がないか審査されます。受験審査は9月頃まで行われます。10月に試験が行われますが、合格人数が調整されていることもあり発表は12月頃になります。このため、介護支援専門員実務研修は翌年以降に受講することになります。

ケアマネの過去問について。

ケアマネとは、介護支援専門員と呼ばれ、介護保険法第7条第5項に定められる有資格者であり、居宅介護支援事業所・介護予防支援事業所等に所属しています。ケアマネの主な仕事は、利用者(要介護者)が必要とする介護や介護保険制度を活用し、どのような介護サービスを提供できるか等、介護計画を策定することです。

また、病院や福祉施設、行政機関との連携を行うなど、いわば介護のプロフェッショナルとしての仕事を行うこととなります。そのような中で、ケアマネになる為にはまずは試験を受ける為の条件を確保し、その後試験に合格する、試験に合格した後は約7日間行われる座学、実務研修を受けた後に晴れて正式なケアマネとしてのスタートを切ることになります。

先ほどの試験については、詳細については省略しますが、例えば保有する資格(看護師、社会福祉士等々)によっても若干違う面もあります。しかし、近年の傾向として間違いなく全ての受験者に言えることとして、過去問に頼り過ぎてはいけないと言うことです。

1998年に開始されたケアマネ試験は、年々合格率の低下、変動があり、最新の合格率は19%程度と難関試験となっていることは否めません。このような中で、試験自体はマークシート形式で複数回答を行うことが通常ですが、近年のケアマネ試験では、過去問よりも時流に合わせた、より実践的な実用的な事例を基にした問題が多くなっていると言えるでしょう。

この流れに合わせ過去問も含みながら、実用的な事例を掲載した参考書のほか、専門学校における資料等も多く発行されています。難関試験ではありますが、多くの情報を収集することで試験合格を目指してみてはいかがでしょうか。

ケアマネージャーの合格率の推移

介護支援専門員であるケアマネージャーになるには、保健師や福祉士などの資格を有し、5年以上の実務を経験するか、老人福祉施設や在宅介護サービスなどで5から10年以上実務を経験した後、試験に合格しなければなりません。これは2000年から導入された制度です。

受験者数は年度によって若干の上下はありますが、合格率に関しては、当初は40%以上あったものの近年では20%を切るまでに逓減しています。これには様々な理由があります。

当初は来るべき高齢化社会に備えてケアマネージャーが活躍できると見込んで合格者数を増やした、つまり、合格基準を低く設定したのですが、現場で必要とされる以上の数が増えたため、近年では合格基準を高くして、合格者数を抑えています。

また、5年以上の実務経験を経験した後に試験を受けなければならないため、勤務中に試験勉強を行わなければならず、思うように勉強時間が取れないというのも合格率逓減の理由の一つです。今後もケアマネージャー自体の需要が減ることはありませんので、受験者数も減ることはなく、難易度も難しくなることが想定されます。

しかしながら、所有している資格によってはケアマネージャー試験の一部が免除されますので、実務5年間の間にコツコツと勉強すれば難しくはありません。

ケアマネージャー試験対策一問一答

介護施設などにおけるリーダー的役割として、介護支援専門員(ケアマネージャー)の資格があります。この資格は、介護施設などの利用者の介護全般に関する相談援助や関係機関との連絡調整を行うなど、介護に関する計画及び運営を担う重要な資格になります。

一言でケアマネージャーといっても、資格取得にはいくつかの条件が必要となります。原則として、都道府県が実施する介護支援専門員実務研修受講試験に合格し、介護支援専門員実務研修の全日程を休まずすべて受講しレポートを提出することがあります。

いったん資格取得後も、この実務者研修を5年ごとに受講することが義務付けられており、所定の研修を受けることで登録を更新するシステムとなっています。この実務者研修の受講資格は、介護福祉士や医師免許、看護師や歯科衛生士など所定の布袋資格所持者については5年以上の実務経験が、それ以外のものには10以上の実務経験が必要となります。

いずれにせよ研修を受講するためにはまずケアマネージャーの研修受講試験の合格が必須です。受験対策としては、過去問題集や一問一答式問題集、模擬試験等様々な出版物がありますので、書店などで入手をしましょう。

特に仕事をしながらの受験対策は大変であるため、時間の合間を使える一問一答などは多くの受験者が活用している受験対策となります。

ケアマネ試験に一発合格する方法

ケアマネの資格試験を受験する際には一発合格を目指すのが普通ですが、他の資格試験でもできるだけ少ない受験回数で合格したいと思うのが基本です。何度も同じ勉強をしなければいけませんので、最短で合格するには勉強方法に工夫が必要です。

ケアマネのための勉強方法を紹介しているWEBサイトもありますが、勉強は全ての人が同じ方法では行えないため自分の環境の中で決めていく必要があります。仕事の時間や自由になる時間など人によってライフスタイルが違うため、環境に合わせて勉強方法を決めることが大切です。

資格試験では出題される問題の多くを過去問が占めていますので、過去問題は確実に回答できるようにすることがケアマネに一発合格するための基本となります。仕事が忙しくて勉強する時間が取れない人もいますが、移動時間にも勉強できる方法があります。

現在ではスマートフォンを持っている人が多いですが、スマートフォン用のアプリにはケアマネの過去問題集がありますので、移動時間に活用することが可能です。資格試験はどれだけ勉強したかが確実に現れてくるのが特徴です。新しいことよりも過去問題を中心に地出題されるのが基本ですから、勉強したかどうかが一発合格の鍵を握ります。

ケアマネの解答速報を利用していち早く合否を知る

ケアマネになるためには、まず試験資格に該当しているかを確認して、国家試験を受験する必要があります。近年、ケアマネの試験は難しくなってきていますし、合格率も低くなっているという現状があります。ですから、あらかじめしっかりと受験対策をしておくことが大事になってきます。

また、ケアマネの場合は、もともと何らかの試験を持っていて、現在も働いている人が多いです。そこで、中には試験が合格したら他の職場に転職を考えている人もいるかもしれません。そのような場合は、試験に合格できていたかどうかをいち早く知る必要があります。

ケアマネの試験の合格発表の時期は決まっていますが、その前に合否を知る方法があります。それは、解答速報を見るということです。解答速報であれば、受験の合格発表の前に発表するので、すぐに自分が合格できていたかどうかをしることができます。

しかし、解答速報で自分が合格したかどうかを知るためには、自分がどのように解答したかということをどこかに記しておく必要があります。それは試験の問題の紙などに書いておけば、答え合わせをすることができるので、合格点に満たしていれば合格ですし、合格点に満たない場合は不合格ということになります。