ケアマネージャーは独学でなることは出来るのか

ケアマネージャーになるためには通信講座や通える講座で勉強してから資格試験に挑む人がほとんどです。

では、独学で取得することは不可能なのでしょうか?ここでは独学でケアマネージャーになるための方法についてまとめています。

ケアマネジャー試験を独学で乗り切る

ケアマネジャー試験は、毎年10月に全国的に実施されていますが、試験結果を見れば合格率が2割かそれよりも下回るという難関となっています。このため、試験合格を目指した講座なども、資格試験対策全般を取り扱っている会社や各種学校で開設されており、最新の出題傾向などもわかることからたいへん好評となっています。

しかしながら、こうした難関試験であっても、ケアマネジャー試験に独学で合格することは可能であり、現に独学で合格を果たしている人も多く存在しています。

ケアマネジャー試験は、基本的にケアプラン作成などのケアマネジャーとして必要な知識・技術を問うものですが、その守備範囲は介護支援、介護福祉、医療・保健の各分野にわたるかなり広範囲なもので、すべての範囲から丸暗記するという方法では太刀打ちできません。

基本的には過去問を参照するとともに、最新の出題傾向にあったテキストを書店で購入するなどして、ポイントを絞って効率的に学習することが、試験合格への鍵となります。

また、在宅で手の空いた時間帯に取り組むことができるような通信講座を併用したり、全国レベルで見た場合の実力がわかる直前模試を受けるなどといった工夫をしてもよいでしょう。

ケアマネジャー試験のための勉強法

ケアマネジャーになるには介護支援専門員実務研修受講試験に合格し実務研修を受ける必要がありますが、国家資格ではなく都道府県が管轄する公的な資格試験ですから、それほど難易度が高くはないのが特徴です。

試験の難易度は高くないですが、受験には国家資格を持っていることが条件になっているため、誰もが受けられる試験ではないところが難易度を上げている理由となります。保健、福祉、医療の分野の国家資格を持ち、5年以上と900日以上の実務経験がなければ受験できない試験となります。

ケアマネジャー試験のための勉強法は様々ですが、試験自体の難易度はそれほど高くはありませんので、繰り返し問題集を解くといった一般的な方法でも通用する内容となります。勉強法は人それぞれに合ったやり方を選ぶのが基本ですが、勉強に使用するテキストがポイントになってくるため、通信講座を活用するのも良い方法です。

時間に縛られず自由な時間で勉強できるため、スクールよりもメリットがあります。ケアマネジャーは国家資格ではありませんが、受験には指定の国家資格を持っていることが条件になるため、受験できる人が限られている資格となります。取得すれば業務に生かせますし転職でも有利になります。

ケアマネジャーのセミナーについて

ケアマネジャーになるためには、ケアマネジャーの試験を受けて合格する必要があります。しかし、試験の難易度は決してやさしいわけではありませんから、簡単に誰でも合格できるわけではありません。また、ケアマネジャーの試験を受験する人は、現状働いている人が多く、働きながら勉強をしていくことが多くなってきます。

そこで、試験に合格するために、セミナーに行って試験対策などを学ぶということも有益な方法です。セミナーについては、全国あらゆるところで行われていますし、ネットの情報で調べればすぐにわかるようになっています。

セミナーの内容については、例えば、介護福祉士のためのケアマネジャーの試験対策であったり、社会福祉士のための試験対策など、資格によってセミナー内容が違ってきます。これは、各資格によって試験対策の内容も違ってくるということが考えられます。

また、セミナーは試験に関することだけではなく、高齢者とのコミュニケーションスキルを向上させるためのものやその他ケアマネジャーとして有益な情報などを提供するものなどもありますから、現場で困っていることがあったり、よりスキルを向上させたいと考えている人は利用してみるとよいでしょう。

ケアマネジャーが働く施設とは?

介護関係の仕事に就いている方ならケアマネジャーという職業についてご存知だと思いますが、一般的にはあまり良く知られてない職業と言えるでしょう。ケアマネジャーとは介護支援専門員のことで、公的な資格の一つです。介護が必要な高齢の方やその家族のために、相談にのったり介護施設との連絡を取りながら調整するといった大切な仕事を担っています。

ケアマネジャーが働く施設といえば、老人介護支援センターや老人訪問看護ステーション、市町村役場、福祉施設等があります。有料老人ホームの職員として働くこともできますし、居宅介護支援事業所が職場になることもあります。

これから介護関係の仕事に就きたいという方は、ケアマネジャーを目指す方も多いでしょう。ケアマネジャーになるためには介護支援専門員実務研修受講試験を受けて合格しなければなりません。この資格は国家資格ではありません。

試験は一年に一度実施されていますが、介護職の経験がない方がいきなり試験を受けることはできません。試験の受験資格が厳しく設定されているので確認してみましょう。実務経験は5年以上900日が必要です。5年間介護の仕事に就き、国家資格を取得している方が受験資格に該当します。

ケアマネジャー資格取得には前提条件があります。

ケアマネジャー資格つまり介護支援専門員資格の取得には、いきなりこの試験を受験することはできません。

前提条件が付されており、実務経験や他の医療関係の資格を有する場合でないとそもそも受験ができない仕組み、制度となっていますので、受験資格がまずは自分にあるかどうかを確認することが重要となってきます。特別養護老人ホーム等で介護の資格を持たないまま仕事を長年続けることで受験資格が得られるケースもあります。

しかし、この場合だと相応に長い実務経験がなければならず、受験までに大変長い時間を費やさなければならなくなってきますので、可能であればまずは他の比較的取得しやすい資格を持って、実務経験と合わせてケアマネジャー試験を受験するように工夫することも考える余地はあるでしょう。

ケアマネジャーはいったん取得しても、定期的に研修を受講しなければなりません。すなわち都道府県などの行政機関が実施する研修に参加しなければ資格停止になってしまいますので、後々大変な手間がかかることになります。

できれば、この更新の研修には積極的に参加することで、ケアマネジャー資格の有効期間更新の手続きはその都度しておく方が無難であると言えるでしょう。

ケアマネジャーの研修の重要性について

ケアマネジャーは、介護保険の適用となった高齢者に対して、介護サービスの支援計画を立てる専門家ですが、この介護保険サービスといものは時代と共に常に変化している物でもありますから、常に専門家としてそれらに対応していけるようにしていく必要があります。

そこで、重要になってくるのが、ケアマネジャーの研修の存在です。研修は、これからどのように高齢者の支援を行っていけばよいかといった内容であったり、高齢者とどのようにコミュニケーションをはかっていけばよいのかといった細かい部分のスキルなどの向上に役立てることができます。

ケアマネジャーの研修には、ある程度の費用がかかる場合もありますし、無料の場合もあります。また、研修の大きな魅力の一つに、同じ業務に従事する同業者と知り合いなることができたり、情報交換を行うこともできるようになりますから、自分がケアマネジャーとして悩みなどがあったりした場合に、その悩みを共有、あるいは解決することができるかもしれません。

研修場所については。都内の会議場などを借りて行われることも多く、比較的交通の便もよいところで行われることが多いです。また、仕事については休んできたり、勤務時間に来たり様々です。