ケアマネージャーの試験と合格発表日について

ケアマネージャーの資格を取得するためには、資格の取得試験に挑み、合格しなければなりません。

それ程難しい試験でもありませんが、毎回不合格者は一定数出てきてしまいます。ここではケアマネージャーの試験と合格発表についてまとめています。

ケアマネジャー試験の合格発表の日程

ケアマネジャー試験は、正式名称を「介護支援専門員実務研修受講試験」といいますが、毎年10月中旬から下旬にかけての日曜日に全国一斉に開始されます。

ただし、全国一斉とはいっても、試験事務そのものは都道府県ごとに任されているため、願書の提出先や各種連絡先はそれぞれの都道府県の指定試験実施機関である社会福祉協議会などの外部組織になっていることが多く、受付期間などにかなりの開きがあります。

このケアマネジャー試験の合格発表についてですが、基本的に発表日については全国一斉で、12月上旬ごろとなっています。合格発表の時刻については午前10時としている都道府県が大部分であるものの、正午ごろからの発表となっている都道府県があるなど、いくらか取扱いに差がみられます。

基本的には都道府県庁の長寿福祉課、介護保険課などのケアマネジャーを管轄する部署、指定試験実施機関の建物内やホームページなどに合格者の受験番号が掲出されるのがもっとも早く、あわせて本人に対しては合否通知が届けられます。

この試験に合格した場合については、正式にケアマネジャーとなるために、さらに介護支援専門員実務研修を受講する必要がありますので、その受講案内が封書であわせて届けられるのが通例です。

ケアマネジャーの合格ラインについて

ケアマネジャーの資格は、試験に合格することによって得ることができます。しかし、このケアマネジャーの試験は年々難易度も難しくなってきていますから、今まで以上に受験対策が必要になってきます。ですから、やみくもに勉強をするのではなく、事前に対策をしっかりと練ってから受験勉強を始めることが大事になってきます。

ケアマネジャーの試験の受験勉強をするに当たっては、まず試験の合格ラインがどの程度なのかということを知るということが大事になってきます。試験で100点を取るようなことは難しいでですから、この合格ラインを目安を越えるための対策をしていくことが重要です。

次に、合格ラインを知った上で、模擬試験を受けることによって、今の自分の実力をしるといういことが重要になってきます。もし、実力不足であれば、セミナーなどに参加して受験対策のための情報を入手する必要があるといえます。

逆にかなり余裕がある場合は、参考書などを使って、独学をしていっても十分対処していくことができるかもしれません。また、社会福祉士か看護師か、介護福祉士かによっても勉強の量や対策の仕方が異なってきますから、今自分が所持している資格に応じて勉強をしていくことも大事になってきます。

ケアマネジャー試験の合格発表日までの日程

介護を利用したい人とサービスを提供する業者などが、円滑に交流できるようにサポートを行うケアマネジャーの資格は、正確には「介護支援専門員」という公的資格になります。高齢者が増えていることもあり、ニーズのある資格ではありますが、資格を取得するには当然ながら、指定の試験に合格しなければなりません。

ケアマネジャーの試験の合格発表日は、毎年12月10日前後となります。この合格発表日までの日程として、まず初めに6~7月頃、受験要項の配布が行われるため、地方自治体の介護にかかわる窓口、もしくは社会福祉協議会まで受け取りに行きます。

7~8月には、受験申込の受付が始まりますので、期間内に郵送で申込手続きの用紙を送るようにしたいところです。試験日時は全国共通となっており、10月の第4日曜日午前10時から開始され、合格発表日は平日が基本となっています。

合格・不合格に関係なく、受験したすべての人に結果を知らせる通知が届きますから、それまで待ちましょう。ケアマネジャーになるためには指定された21種の国家資格や法的資格を持つことが前提となっており、また合格率については年々下がる傾向で、平成23年度においては15%という狭き門になっています。

ケアマネジャーの合格点について

ケアマネジャーになるための国家試験は毎年行われています。このケアマネジャーの試験に合格しないと、ケアマネジャーになることができませんから、受験前にある程度の勉強を行っておく必要があります。

ケアマネジャーの試験については、合格率もそれほど高くないので、誰でも簡単に受かるようなものではなく、レベルに関してもかなり高いということが言えます。ですから、試験で100点を目指すことは難しく、あくまでも合格点を越えるレベルまでに自分の実力を持っていくということが何よりも大事になってきます。

ただし、合格点については毎年変わってきますし、試験の難易度についても年とともに変わってきますから、過去問などを分析して、合格点も平均してみるとよいでしょう。また、受験対策セミナーなどに参加して、今後の試験の傾向や合格するための水準を把握するという方法もあります。

もしも、今の自分の実力を知りたいのであれば、模試を受けてみて、合格点に届くかどうかの目安にすることができます。特に、ケアマネジャーの試験については、受験をする人のほとんどは社会人であり、現場で働きながらの勉強ということになりますから、うまく時間を有効活用して効率よく勉強していかないと、なかなか合格は難しいと考えられます。

ケアマネジャーの試験の合格基準について

ケアマネジャーの資格を取得するためには、国家試験に合格する必要があります。しかし、ケアマネジャーの試験は簡単ではありませんから、事前に勉強をしておくことが大事になってきます。また、試験を受ける人は、介護の現場などですでに働いている人が多いですから、働きながら空いた時間などを利用して勉強をしていくことになります。

ですから、ある程度効率よく勉強をしていくことが合格には重要になってきます。まず、受験を受けるに当たっては、合格するためにはどのようにすれば合格できるのかということを知ってから勉強や対策などを考えることが需要になってきます。

ですから、模試などを受けて、自分が合格基準を満たしているかどうかを調べるのも重要になってきます。また、合格基準に関しては毎年変わってきますから、去年のケアマネジャーの試験の合格基準やさらにその前の年の合格基準などをあらかじめ調べておくことも重要です。

合格基準に関しては、1年だけでそれほど劇的に変わるようなことはあまりありませんから、過去の基準を知っておけば参考にできます。試験対策が練られたら、より効率よく勉強を行っていくために、セミナーなどに参加して、受験情報を得ることも重要です。

ケアマネジャーの合格基準点について

ケアマネジャーの資格を取得するためには、試験を受けなければなりません。また、試験を受ける前に、これまで社会福祉士や介護福祉士などの資格を所持していて、介護の現場などで5年以上の実績がないと受けることできなかったりというように、受験資格に関しても様々な要件があります。

試験の難易度については、決して易しくはないので、事前に受験対策を講じておくことが大事になってきます。まずは、ケアマネジャーの試験の合格基準点に関して知っておくことが重要です。試験に合格するためには、この合格基準店をクリアするということが大前提であり、合格の一番の目安になってきます。

ただし、この合格基準点に関しては、毎年ある程度変わってきます。また、試験の難易度についても毎年変わってきます。ですから、前年だけの合格基準点を見るだけではなく、過去数年のケアマネジャーの合格基準点を調べて、同時にどのような問題が出るのかということを知っておくことが重要になります。

もし、自分の力を試すのであれば、模試を受けることによって、合格基準点をクリアできるかどうかを事前に知ることができます。現状の自分の実力を知った上で。今後の受験対策を考えていくと、より合格に近くなっていくと考えられます。