ケアマネージャー資格試験の解答速報について

どんな試験でもそうですが、やはり試験を受けた後すぐに解答内容を知りたい人も多いのではないでしょうか。

ここではケアマネージャー試験の解答速報について紹介しています。

ケアマネジャー試験の解答免除

ケアマネジャーは、市町村からの依頼により認定調査を行ったり、利用者からの相談に応じてケアプランを作成したり、サービス事業者との連絡・調整を行ったりという重要な役割を果たす職業ですので、その仕事をするためには、試験に合格して一定の知識・技能が認められる必要があります。

ただし、すでに関連した分野での別の専門資格を持っている場合については、あえて試験をする必要がないとして、かつては一定の設問についての解答免除が認められていました。

ケアマネジャー試験で解答免除の対象となる資格は、1つ目として医師または歯科医師、2つ目として薬剤師、保健師、理学療法士、栄養士などの職種、3つ目として社会福祉士、介護福祉士または精神保健福祉士です。

ケアマネジャー試験では、介護支援分野の設問はすべての人が解答しなければならないものの、保健医療福祉サービス分野については、これらのどの職種のグループに属するかによって、解答すべき設問と、解答免除となる設問が複雑に分かれています。

もっとも、こうした特例措置については、ケアマネジャーの質と専門性の向上を図るという国の方針によって、平成26年度の試験から廃止となったことから、前年度の試験では駆け込み受験をした人が多くみられました。

ケアマネジャーの資格試験の解答速報を手に入れる方法

ケアマネジャーになるための第一の関門として、介護支援専門員実務研修受講試験があります。この試験に合格しなければ、実務研修を受けることができず、ケアマネジャーの資格を得ることができません。そのため、まずはこの試験に合格することがケアマネジャーになる必須の条件となります。

介護支援専門員実務研修受講試験を受験しても、その場で回答が配れるわけではありません。そのため、受験生は、自己採点のために、解答速報を入手する必要があります。入手するための方法として一番早いのは、資格スクールに在籍していることです。

各種資格を取得するための資格スクールに在籍していると、介護支援専門員実務研修受講試験を受験した場合に、解答速報が郵送されたり、学校で配布されたりします。受験生は、この解答速報を基に自己採点を行うことで、自分が合格圏内にあるかどうかをいち早く知ることができます。

解答速報は、資格スクールで公表されるタイミングが異なりますが、早いところでは、受験当日の夕方には公表されます。中には答えが間違っている場合もありますが、その場合でもわずか数点の誤差内に収まりますので、合否判定にはほとんど影響ありません。

受験生は、自分が介護支援専門員実務研修受講試験に合格しているかどうかを判断して、合格発表前に次のステップである実務研修の受講準備を始めたり、或いは次の年に再度試験を受けるための準備を開始することになります。

ケアマネジャーの試験の過去問を行って試験対策を

ケアマネジャーになるためには、難関といわれている国家試験に合格する必要があります。最近は、合格率も10パーセント台であり、合格できる人はわずかであるといったような状況です。ですから、もし、ケアマネジャーの受験をするのであれば、あらかじめ受験対策をしっかりと行う必要があります。

では具体的にどのように、試験対策をしていけばよいのかというと、まずは過去問をやっていくという方法があります。過去問を行うことにより、どのようなレベルの内容が問われるのか、またどのような傾向の問題が出されているのかということを把握することができます。そして、次に試験対策にふさわしい参考書を用意します。

ケアマネジャー用の参考書については、複数の参考書を使用するのではなく、一冊に絞って何度もやることが大事になってきます。また、ある程度勉強が進んだら、現在自分がどのくらいのレベルかどうかを調べるために模擬試験を受けるということも重要になってきます。

最近は、自宅でも模擬試験を受けることができるようになってきていますから、忙しい人は自宅での模擬試験を行うとよいでしょう。ある程度の実力がわかったら、自分が苦手な部分などを集中的に勉強していきます。

ケアマネジャー試験と回答速報について

ケアマネジャーは介護保険制度を利用者が上手に利用することが出来るようにサポートする資格です。介護保険全般に関する知識や、社会資源に関する知識、医療や介護に関する知識など幅広い知識が求められます。そのため、受験するためのハードルも高くなっており、受験した人にとっては、ケアマネジャー試験の結果は非常に気になるところです。

ケアマネジャーは国家資格であることもあり、合格するのとしないのとでは、仕事における自分のポジションや待遇などにも大きく影響してくることから受験者も必死です。国家試験は年に1回実施されます。受験した人は合格発表よりも前に自分の結果が知りたいはずです。

その場合には通信講座の会社などが行っている回答速報を参考にするといいでしょう。回答速報で自己採点することで、大体の合否を判定することが出来ます。場合によっては自動採点サービスをネットで利用でき、自分が回答した内容を選択することで採点を行ってくれます。

自己採点で合格が決まってしまえば、その後に行われる研修の準備を行うことが出来ますし、落ちた場合にはまた新たに勉強を始めることができます。回答速報は誰でも利用することが出来るので受験者は利用してみましょう。

ケアマネジャーの勉強法について

ケアマネジャーの勉強法についてはケアマネジャーは実務経験の必要な資格なので、自宅で勉強する人が多いです。介護の仕事についている人は実際に仕事で経験している事も多く出題されます。

参考書や問題集などで独自に勉強する方法や職場の仲間と勉強する方法、通信講座や通学制セミナーなどで勉強する方法などいくつか選択する事が出来ます。自分に合った方法を選択する事が負担を少なくするのに大切です。

仕事が忙しい人にとっては通学制セミナーに通う時間を捻出するだけで大変になってしまう事も少なくないので、自分の空いた時間をやりくりして参考書などで知識を増やす事が向いている人も少なくありません。

ケアマネジャーは今持っている資格によって免除される場合もあります。医師や薬剤師は保健医療の分野が免除されますし、福祉士は福祉サービスな分野が免除されます。免除されなくても、看護師等の資格を持っている場合は国家試験で医療の知識をもう取得している場合も少なくないので、自分の必要な分野の学習が必要になってきます。

また合格したら、実務研修の必要になってくるので、研修は1年以内に受講が必要になってくるので、いつごろ研修が出来るか調べておくと良いです。

ケアマネジャーの資格要件について

ケアマネジャーの資格は誰でも試験を受ければ取得できるわけではありません。ケアマネジャーの試験を受けるには、その試験を受けるための資格要件を満たす必要があります。ですから、受験をする間に自分がケアマネジャーの試験を受けるための資格要件を満たしているかということを確認しておく必要があります。

では、具体的にどのような人であれば、この資格要件に該当するかというと、まず社会福祉系や医療系の資格を所持していることが挙げられます。例えば社会福祉系の資格であれば。社会福祉士や介護福祉士などがこれに該当しますし、医療系の資格であれば看護師や医師などがこれに該当します。

これ以外にもかなり多くの資格が対象となりますから、チェックしてみるとよいでしょう。しかし、これらの資格を保持しているという理由だけでは、ケアマネジャーの資格を取得を目指すことはできません。さらに、実務経験が必要になってきます。

ケアマネジャーの場合は、現場での実務経験が5年以上となっていますから、長期間働いた実績が必要になってきます。また、資格を保持していなくても現場での経験が10年以上の場合は、ケアマネジャーを目指すことができますので、もし、受験を考えているのであれば、自分が勤務してきた期間について調べておく必要があります。

ケアマネジャーの試験日について

ケアマネジャーを目指す人は、まず国家試験を突破する必要があります。最近はケアマネジャーの国家試験のレベルも高くなってきており、今まで以上に対策を練る必要性が出てきています。また、試験は年に一回であり、もし試験に落ちてしまうと来年までチャンスがありません。

ケアマネジャーの試験の試験日については、10月の第4日曜日と異様に期間が定められているので、その日に合わせて試験の準備を進めていくことになります。流れとしては、6月から7月頃に受験要項と呼ばれるものが配布されるようになります。そして、7月から8月にかけて受験の申込みが開始されるようになります。

このように、試験日以外は、期間にばらつきがありますので、自分がいる都道府県などで確認しておくことが大事になってきます。そして、試験の結果が発表されるのが10月頃ということになります。

今後、ケアマネジャーの仕事に転職を考えている人にとっては、これらの日程を把握した上で、転職活動や就職活動をしていくことになります。うまくいけば、12月の時点で合格し、春には転職、あるいは就職できるようになるかもしれません。そのために、勉強だけではなく、転職活動なども同時に行っていく必要があります。