ケアマネージャーは国家資格なのか

介護の現場として活躍するケアマネージャーですが、介護の現場として働くとなると国家資格なのでしょうか。

ここではケアマネージャーが国家資格なのかどうかをまとめています。

ケアマネジャーは国家資格の一つです

世の中には様々な国家資格がありますが、その中でもケアマネジャーは、高齢社会になり、今後も活躍が期待されている国家資格でもあります。ケアマネジャーになるには、他にも資格を保持していて、現場での実務経験がないとなることができませんから、なるには難しい国家資格でもあります。

仕事内容としては、介護保険が適用となった高齢者に対して、適切なサービスを受けられるように支援計画を作成するという仕事が主な仕事内容となってきます。ですから、家族や他の支援者や本人とうまく調整を取りながら、様々な介護保険サービスを組み合わせていくことが大事になってきます。

また、介護保険サービスについては、国の法律によって改正されたり、介護報酬が見直されたりといったように、どんどんと新しく変わっていきますから、ケアマネジャーとしては、そのような状況の変化にも常に対応していかなくてはなりません。

また、職員やご家族からの問題定義などにも耳を傾けていく姿勢も必要であり、仲介者となる場合もあります。主に、ケアマネジャーになる人は、もともと介護分野で働いていた人がなるケースが多いですが、最近は理学療法士や看護師、医師など医療系の現場を経験した人がなるケースも増えてきています。

ケアマネジャーの基礎資格はとても重要なポイント

ケアマネジャーの仕事をするための試験を受験するときは、保健医療福祉などの資格を持っていることが必要です。また、5年以上の実務経験があることも大切だといいます。保健医療福祉の資格を、ケアマネジャーの基礎資格と呼ぶこともあります。

どんな基礎資格を持っているか、というのはケアマネジャーになってもよく人から訊かれることがあるといいます。基礎資格は、医師や保健師、看護師などの医療関係、そして介護福祉士、社会福祉士などが対象となっているということです。

また、薬剤師や歯科衛生士、栄養士、整復師など、きちんとした専門性を持った人たちも対象としている資格です。ケアマネジャーの仕事をする際の面接でも、基礎資格は何をもっているのかという質問は必ずあります。仕事をするときには、名刺にケアマネジャーの資格と基礎資格を入れて、紹介されることになるのでとても重要なものなのです。

その名刺に書かれている資格でその人がどういう知識や技能を持っているのかを確かめることもできるので、大切なことだといいます。福祉業界で仕事をするときには、しっかりと技能は本当に大切なことだといえます。ケアマネジャーの知識や専門性を身につけているので、そのことを有利に生かして別の職業に転職する人もいるということです。

ケアマネジャーになるには厚生労働省の定めた資格が必要

ケアマネジャーは、介護の現場の指揮を執る重要な仕事です。その仕事は、主に介護を受ける人の意向を受けて、どのような介護サービスをどのくらい利用するのかと言った介護サービス計画を作成して、その実行のために介護士の方たちに指示を出す立場にあります。

ケアマネジャーは、介護士に指示を出すことに加えて、介護保険の計算や、要介護者に対してどのような介護を実施するのかと言った判断をする必要がありますし、そのための知識も要求されます。そのため、誰にでもできる仕事ではありません。ケアマネジャーになるためには、厚生労働省の定めた資格が必要です。

厚生労働省の定めた資格を取得するためには、先ず介護支援専門員実務研修受講試験という試験に合格しなければなりません。この試験に合格して初めて、各都道府県が定める介護支援専門員実務研修という研修を受けることができます。

この研修では、介護支援専門員、即ちケアマネジャーになるために必要な講習や実習を受けることができます。介護支援専門員実務研修を終えると、介護支援専門員として登録され、ここで初めてケアマネジャーとしての仕事を始めることができます。

なお、厚生労働省が定めている資格のため、ケアマネジャーは国家資格と思われがちですが、正確には公的資格となります。

ケアマネジャーに係る主な課題とは

ケアマネジャーとは、介護保険法において要介護・要支援の認定を受けた人のケアプランを作成し、他の事業者との連絡・調整を行って、支援をする取りまとめ役を果たす仕事で、介護支援専門員とも呼ばれています。しかし、このケアマネジャーには多くの課題も残されています。

ケアマネジャーに係る課題として、目下では後継者を育てることが主となっています。ケアマネジャーになるには単に試験を受けて合格すれば良いわけではありません。それは、試験を受けるためには資格と実務経験が必須となっているからです。

試験を受けるためには、まず保健・福祉・医療のいずれかの分野での国家資格を持っていることと、更に実務経験が場合により5年以上、もしくは900日あることが条件となっています。また、国家資格を持っていない場合には、老人福祉施設や在宅介護業務に5年~10年以上従事していることが条件となります。ただし、家族の介護はこれには含まれません。

こうして初めて受験資格を持つことができ、合格後にも研修を経て終了となります。そして、就職し専門知識と実務経験を積んでいくのです。このため、ケアマネジャーの平均年齢はおよそ45歳となっています。しかし、実際現場で働いている方達は50代後半が多くなっているのが現状です。

そのため、十分に力を発揮でき、子育てもひと段落つく30代後半の方達の育成が今後の課題となっているのです。また、これからケアマネジャーを目指して頑張っている若い世代も、知識や技術を学びたいを考えているので、研修の在り方も今後の課題になっています。

ケアマネジャーの更新について

ケアマネージャー(介護支援専門員)とは、介護保険法第7条第5項に定める介護支援専門員を指します。この、ケアマネジャーは、通常、居宅介護支援事業所・介護予防支援事業所・介護保険施設等に所属します。同仕事の流れとしては、利用者(要介護者)の介護全般に関する相談援助、病院施設等との連絡調整を行うものです。

要介護者、同家族がどのような介護サービスを望んでいるのかを面接(聞き取り)、どの程度の介護サービスが必要かを査定(審査)。その後に、介護保険を利用するためのサービス計画(どのような介護を行うか)、個別支援計画(どのようにそのサービスを進めていくか)を行います。

また、そのサービスの利用開始後も提供されている介護サービスが適切なのかどうかを診断し、仮に不適切な場合があれば改善を行うこともケアマネジャーの仕事と言えるでしょう。

さて、このようなケアマネジャーの仕事ですが、平成19年度から介護支援専門員(ケアマネジャー)としての登録については、5年毎に所定の研修を受け、登録を更新する更新制度が導入されることなりました。より高いサービスと年々変化する介護保険制度の改定等々に対応する為の措置です。

同試験は、 毎年10月に行われます。ケアマネジャーの供給過剰や法改正の影響などから、更新制度導入直後は若干ながら合格率は減少したとも言えますが、近年では再度合格率は上昇しています。

介護部門のプロフェッショナルとして誇りを持ち、胸を張っていける仕事です。今後高齢化社会が進む中で、更に需要が増えてくる仕事でしょう。様々な情報提供機関(専門学校、通信教育、支援制度)などもありますので、是非一度ご確認ください。

ケアマネジャーの表記について

ケアマネジャーは、介護支援専門員という仕事の通称として使われているものですが、ケアマネジャーでも、介護支援専門員でも、表記の違いはあっても、仕事の内容に大きな違いはありません。最近では、介護支援専門員よりも、ケアマネジャーと表記されていることが多いので、介護支援専門員の仕事を探している場合は気をつけるようにしましょう。

高齢化社会が進んでいる世の中で、ケアマネジャーの仕事はこれからとても重要になってきます。高齢者が増えてくると、必ず必要になってくるのが介護ですから、介護や福祉サービスに対して専門の知識を持った人が活躍することになります。

ケアマネジャーとしての仕事は幅広く、介護者自身の援助だけでなく、介護者の家族や、利用する病院との連携も大切な要素となってきます。特に、介護者の家族は不安なことが多かったり、どういった援助が必要なのかをわからないことがありますから、良き相談相手として親身に接することが求められています。

介護者の利用する支援センターや、病院と定期的に話し合いをすることも、介護者が安心して暮らせるように大切なことになります。これから多くの介護者が増えていきますから、今後も活躍できる仕事といえるでしょう。

ケアマネジャーの役割は利用者を支えること

ケアマネジャーは、市町村の介護保険課に申請をして介護認定を受けた方が、介護サービスを受けることで今のままの生活を続けていくことができるようにプランを立てる役割を担っています。介護の認定は、要支援1から要介護5という7段階にわかれており、要支援1が一番軽く要介護5が一番介護を必要としてます。

認定を受けた方は、要支援者は住んでいる地域の包括支援センターのケアマネジャーに相談をし、要介護者は居宅介護支援事業所の中からケアマネジャーを探します。ケアマネジャーの役割はプランを立てることですが、プランを立てるには本人や本人の家族の情報を把握する必要があります。

また、本人がどのような支援を希望しているのか相談にのり、家でこのまま生活することがきるのか尋ね、もしそのまま在宅での生活を続けるのであれば、生活しやすいように生活環境を整える必要はないかなど本人や家族へ問いかけていくことも大切な役割です。

介護が必要になってきた本人や家族は、これから始まる介護生活に不安を持っていらっしゃることは少なくありません。不安に耳を傾けて、本人の希望を今後どのようにすれば叶えていけるのか、相談にのり共に考えて、支えていくことがケアマネジャーの役割です。