ケアマネージャーの試験日程と問題について

ケアマネージャーになるためには資格の取得試験を受けて合格しなければなりません。

ここではケアマネージャーの試験日程と勉強用のテキスト、模擬試験についてまとめています。

ケアマネジャー試験とその日程について

ケアマネジャー試験は、正式名称を「介護支援専門員実務研修受講試験」といい、都道府県ごとに実施されますが、その日程などの詳細については厚生労働省の老健局長通知によってあらかじめ決められています。

したがって、試験日や合格発表日などは全国的に統一され、大きくはずれることはないのですが、受験申し込みにあたっての手続きなどについては、都道府県によって若干の違いが生じる場合もあります。

このケアマネジャー試験の一般的な日程としては、例年6月上旬ごろから各都道府県の県庁や市区町村役場、保健所、社会福祉協議会などで受験要項の配布が開始され、これ以降の6月から8月ごろにかけて受験申込みが受け付けられます。

受験申込みは簡易書留による郵送のみで、当日消印があるものまでしか受け付けられないという場合が多いようですが、都道府県によって期間はかなり異なっていますので注意を要します。ケアマネジャー試験当日は、全国共通で10月中旬から下旬にかけてのいずれかの日です。

合格発表日も全国共通で12月上旬となりますが、ホームページなどで発表される時刻は都道府県によって異なることもあります。その後、年明け後から合格者が介護支援専門員実務研修を受けるというのがだいたいの目安です。

ケアマネジャーの試験内容と合格発表日

ケアマネジャーの試験内容には介護支援分野、保健医療サービス基礎、保健医療サービス総合、福祉サービスの4科目あります。しかし、この科目は有している資格によって解答が免除されています。

医師や歯科医師の資格を有している方は甲に属し、薬剤師や保健師、看護師や理学療法士などの資格を有している方は乙、介護福祉士や社会福祉士、精神保健福祉士などの資格を有している方は丙になります。そして、甲に属している資格を有する方は保健医療サービス基礎や保健医療サービス総合などの科目は免除されます。

そして、乙の資格を有している方は保健医療サービス基礎、丙の資格を有している方は福祉サービスの科目が免除されます。また、甲の資格を有し、乙または丙の資格も有している方は介護支援分野だけの受験となります。このように、ケアマネジャーの試験では有している資格によって試験科目が免除されるようになっています。

また、ケアマネジャーの合格発表は毎年12月10日頃に発表されます。この合格発表は全国共通です。この資格はこれから更に高齢化社会を迎える上でも重要な資格となります。有している資格によって試験科目が免除され取得しやすくなっていますので、スキルアップのために試験に挑戦してみてはいかがでしょうか。

ケアマネジャーのための基本テキスト!

いま、介護業界というのはとても人手が足りていません。ですから、求人募集も多いですし、需要がたくさんあります。そこでケアマネジャーという職業も求められているわけですが、資格を取るために勉強が必要です。

基本テキストなどで勉強をすることになりますが、ケアマネジャーについてはテストなどもありますので、スクールに通ったり、また通信講座などを利用することもおすすめです。基本テキストの質が良いものですと、それだけ合格率も高くなりますし、ケアマネジャーへの道も近づくことになります。

さまざまな会社が出していますので、口コミなども比較をしたうえで選択をしていただくと良いのではないでしょか。ケアマネジャーとしての仕事は今とても需要がありますが、実際には仕事内容はかなりハードな部分もありますが、やりがいはとてもあるという口コミは多い傾向があります。

職業としては注目されていますし、求人の数も多いので、もし興味がある方は勉強してみても良いでしょう。職場環境としても、働きやすさ、給料など細かい部分で違いがありますので、よく考えて選択をすることがとても大事です。色々な情報がありますので、まずは見極めていくことから始めてみましょう。

ケアマネジャーの受験対策テキストについて

ケアマネジャーの資格を取得するためには、ある程度勉強をして試験に合格しなければなりません。また、年々難易度も変わってきますから、受験対策にも以前よりも力を入れる必要が出てきています。では、実際にどのように勉強をしていけばよいのかというと、まずは自分にあった受験対策用のテキストを見つけることが重要になってきます。

ケアマネジャーの試験対策のテキストというものは、色々な出版社が出していますが、一番重要なことは自分が見てわかりやすいかどうかです。また、テキストを使った学習においては、色々なテキストを複数利用するのではなく、どれか一つに絞って勉強をすることが一番効率よく学ぶことができます。

ケアマネジャーの試験は、問題で出される範囲がとても広いので、一つのことを掘り下げて勉強をしていくというよりは、多少浅くなっても構いませんから、広い範囲をカバーできるような勉強が大事になってくると考えられます。

もし、試験対策にどのように勉強をしていいかわからないということがある場合は、試験対策のためのセミナーなど参加して、勉強法を考えてみるのも一つの方法といえるでしょう。または、インターネットを活用して、どのようなテキストが評判が良いのかというような情報を得るという方法も有効であると考えられます。

ケアマネジャーになるための日程について

ケアマネジャーになるためには、国家試験に合格する必要があります。試験を希望すとする人の大半は、仕事をされている方が多いので、しっかりと試験までの日程を理解した上で準備をしておくことが大事になってきます。

まず、試験を行う目に必要な日程としては、まず各都道府県や社会福祉協議会などから、ケアマネジャーの受験要項というものが配布されます。この時期としては、6月から7月頃の時期となります。

時期については、各自治体によっても違いがありますから、事前に調べておき、配布されたらなるべく早めに手に入れておくとよいでしょう。受験の申込みの日程としては、7月から8月ごろに行われるので、この時期に受験要項の中にあった受験申込書を提出します。

実際の試験は10月の第4日曜日に行われることになりますので、この時期に合わせて、ケアマネジャーの試験対策を行っていくことになります。最後に合格発表については、12月の上旬あたりに発表されることが多く、この時点でケアマネジャーの資格を取得できたかどうかがわかるようになります。

しかし、解答速報などもありますから、合格発表前にある程度自分の合否については判断することができるということが言えます。

ケアマネジャーの合格発表について

ケアマネジャーの試験は、毎年一回行われることになっています。時期としては10月であり、この時期に合わせて、試験対策をしていくことになります。試験を受けるためには、まず資格要件を満たしているかの確認をしておく必要があります。

もし、資格要件に該当しているようであれば、都道府県や市町村の介護関係の窓口や社会福祉協議会などでケアマネジャーの受験要項という書類をもらって、受験の申込書に記入をして応募することになります。しかし、この受験要項に関しては、各自治体などで配布時期が異なってきますから、事前に確認しておくことが大事になってきます。

試験を受けたら、次に合格発表があります。時期としては12月の上旬あたりということになっていますから、その結果次第で、中には転職などを考えられる方もいるかもしれません。ケアマネジャーとして働く場所はたくさんありますが、いずれにしても発表を待ってから行動することが大事になってきます。

もし、合格発表の結果落ちてしまったとしても、次の年にはまた試験がありますから、落胆せずにどこが悪かったかということを反省して、再度受験に挑むことが重要になってきます。2回目の試験であれば、ある程度やり方などがわかってきますから、合格する確率も高くなると考えられます。

ケアマネジャーの試験問題について

ケアマネジャーは介護保険に基づいて、担当する利用者のケアプランを作成します。そのプラン内容は訪問介護であったり、訪問介護、デイケアの利用、訪問リハビリテーション、福祉用具の利用、社会制度の利用、住宅改修など多岐にわたります。そのため、ケアマネジャーは医療分野、福祉分野、建築分野など幅広い知識が必要となります。

そして、ケアマネジャー資格試験では、介護支援分野、保健医療分野、福祉サービス分野から出題がなされます。具体的な問題内容としては、介護支援分野では国が現在行っている福祉政策や法規関連から出題がなされます。保健医療分野の問題としては、病気や怪我、障害について、その疾病特徴であったり、ケアをするための方法が問われます。

特に最近は高齢化社会に伴い増加傾向である認知症やそのBPSD(周辺症状)の特徴やケア方法を詳しく問う内容が出題されています。福祉サービス分野からは、社会福祉士が行うような社会制度援助に関係する内容が出題されています。

ケアマネジャーの資格を取得するためには、このような様々な関連分野での幅広い知識を勉強する必要があります。受験資格として様々な医療職種が規定されていますが、保有資格によっては特定分野の試験が免除となります。

ケアマネジャーの模擬試験について

ケアマネジャーの試験はレベルがある程度高いので、しっかりと受験対策を行っておくことが大事になってきます。多くの受験生は、仕事をしながら、参考書を使いながらの勉強になると思われますが、それだけではなく、ケアマネジャーの試験の模擬試験を受けてみるということも重要になってきます。

この模擬試験を受けることによって、試験形式などに慣れることができます。ケアマネジャーの模擬試験については、10月頃に行われ、自宅で行うことも可能です。特に、ケアマネジャーの受験生は、仕事をしている人が多いですから、忙しい人でも模擬試験を受けることができます。

方法としては、模擬試験の内容が応募をすれば送られてきますから、それを自宅で行い、答案用紙を実施している機関に郵送することになります。結果は、後日郵送されてくることになります。

この、試験の結果をもとに、自分の弱点や現状での自分の実力を知ることができるようになりますから、より受験対策を立てやすくなります。結果が悪くても気を落とすことなく、勉強方法を変えたり、勉強量を増やしたりすることによって、対処していくようにします。

もし、かなり自分の実力が現状かなり低い場合は、セミナーなどに参加して、受験対策を練り直すとよいかもしれません。