ケアマネに合格するための講座と参考書について

ケアマネは介護の現場で働く今人気のお仕事ですが、ケアマネの資格試験に合格する必要があります。

ここではケアマネの資格試験に合格するための講座や参考書について詳しくまとめています。

ケアマネージャーの役割と講座利用のメリット

ケアマネージャーは正式には介護支援専門員と言います。仕事は、介護や援助が必要な人に対して、適切な支援ができるように手配を行います。また、手配した支援が適切かどうかの確認を行うのも仕事の一つとなります。

具体的な例をあげると、要介護認定に関する仕事があります。要介護認定のための調査を、自治体などの依頼を受けて行います。また、要介護認定の申請を本人に代わって行う仕事なども行います。

介護が必要な人に、どのようなサービスを提供するかを決めるケアプランの作成もケアマネージャーの仕事です。自宅で過ごしたいのか、施設などに入居するのかなど、希望を聞き取りそれに適したプランを作成します。それをもとに介護支援サービスを行っている施設や業者などと連絡をとることもあります。

高齢化社会となり、ケアマネージャーを必要とする場面はこれからさらに増えることになります。ケアマネージャーの資格を取るには、まず介護支援専門員実務研修受講試験に合格する必要があります。
そして、合格後に実務研修を受けたのち、資格が与えられることになります。また、受験資格があり、実務経験があることも必要とされます。

試験は選択肢の中から解答を選ぶ方式です。試験対策の勉強は資格取得のための講座などを利用する方法があります。そのような講座では、試験対策に主眼を置いた教材を用います。そのため効率のよい勉強をすることができます。

ケアマネの資格を取得するなら通学講座がおすすめ

ケアマネとはケアマネージャーの略で、老人ホームや介護施設などで利用者が必要なケアプランを作成してニーズに合った適切なサービスを受けられる様に各事業者に依頼するお仕事です。介護保険制度を熟知したプロとして介護スタッフや利用者から信頼を得られる職種でとてもやりがいのある仕事です。

ケアマネの資格を取得するには試験を受ける必要がありますが、効率良く勉強をするには通学講座を受講する事をおすすめします。通学講座には同じくケアマネを目指す方が多数集まっていますので、同じ資格を目指す者同士モチベーションも上がりますし、一人で勉強をするよりも仲間が出来て楽しんで勉強をする事が出来ます。

また決められたカリキュラムで授業が進んでいきますので、授業についていける様に予習や復習をする事でしっかりと勉強が出来ますし、無理の無いペースで勉強する事が出来ます。解らない事は先生に直接質問が出来るので、その場で解決出来るので勉強効率も良いです。

通学講座では重点部分にポイントを押さえて勉強しますので、試験合格に向けて必要な部分を重点的に覚えていけます。授業計画がしっかりとされていますので、目標に向かって計画的に学習出来る事が一番のメリットです。

ケアマネを目指す人に必要な参考書は?

ケアマネとは、介護支援専門員と呼ばれ、利用者(要介護者)の必要とする介護サービスを策定、計画することや病院、福祉施設等などの関係機関との連携、連絡を行うなどの介護部門のスペシャリストとも呼ばれる資格とも言えます。

ケアマネの第1回試験は1998年に実施された比較的歴史の浅い資格であると言えます。開始当時は、今後予想される高齢化社会の到来も考慮した上で多くの要員を確保しようという目的もあったと推察され、当時の合格率は40.1%と高い数値となっていました。

しかし、介護要員の増加や年々変化する介護保険制度の変化等もあり、試験開始当時から現在におけるまでその合格率は減少傾向を示し、2012年の合格率は19%程度にまで低下することとなりました。このように今では難関試験とも言えるケアマネ試験ですが、やはり必要となってくるのは、その他試験と同様に参考書でしょう。

受験者数の更なる増加もあり、これまで以上に合格者が減少することも予想されるでしょう。ケアマネ試験は、ほぼ全ての都道府県でマークシート方式を採用しており、試験自体が受けやすい利点がある一方、一択問題では無く、複数選択問題(解答)が求められていることから、試験の難易度を上げている要因でしょう。

この中で、本試験における出題される問題は、より有能な人材を求める傾向もあるようで、参考書としても過去問題中心から、より実践的・実用的な問題が増えている傾向にあると言えるでしょう。参考書を用い、過去の問題を記憶する勉強法よりも、更に実践的に理解力を求める勉強法に切り替えていく方法はお薦め出来ます。

医療的な知識不足が見られるケアマネ

ケアマネは年々合格率が低下し現在では難易度の高い資格となっていますが、以前は多かった看護師の受験が少なくなっている現状があります。介護福祉士の受験多くなっているため、医療に関する知識不足が見られるようになっています。

ケアマネは業務量が多く労働環境が厳しい職業となりますし、5年毎の更新など手続きの複雑さや研修にでられないことにより更新手続きを行わない人が増えています。そのためケアマネは人材が不足している状況だと言えます。

医療に関する知識不足が問題となりますが、その理由の一つに収入と労働量のバランスが取れていない点があります。現在では一人のケアマネが受け持てる人数が35人までとされていますが、これにより収入面では不利な状況も生まれています。

独立もできるケアマネですが、35人の壁があることで十分な収入が得られない状況もあります。今後は確実に需要が高まる職種ですから、将来性の高い仕事だと言えます。

現在ではケアマネの研修体制がと問いつつありますし、人材不足に向けた取り組みも行われています。高齢化社会の到来により確実に需要は高まりますが、実務をこなすだけではなく監理者としてのスキルアップも目指せると言えます。

ケアマネジャー試験の追加合格

ケアマネジャー試験は、毎年10月下旬に都道府県単位で実施され、12月上旬に試験実施主体のホームページなどによって一斉に合格発表があり、あわせて合格者にも通知文書が送付されるというのが例年のスケジュールです。ただし、例外的な場合として、全国一斉の合格発表日以降に、ケアマネジャー試験の追加合格者が出ることもあります。

平成21年10月に実施された第12回のケアマネジャー試験では、その年の12月にいったん合格者数が全国で29,485人と発表されたものの、翌年の2月に追加合格者が全国で3,634人も出たため、合格率が21.0%から一挙に23.6%まで増加したという経緯があります。

これは、試験問題の作成を行っている社会福祉振興・試験センターによる出題ミスがあり、後になって正答を追加して採点のやり直しが行われたことによるものです。そのほかにも、こうした全国的なものではなく、各都道府県が試験実施を委託している社会福祉協議会などの採点ミスによって、追加合格が出る場合があります。

こうしたものは自己採点と本番の試験結果が異なっているなどとして受験生からの通報があり、再確認したことにより発覚したものです。その理由としては、マークシートのマーキングを消した部分を機械が誤認識したというものや、本来であれば採点すべき設問を機械の設定ミスで採点していなかったといったものが挙げられています。