ケアマネの資格を取得するために必要なこと

ケアマネは介護の現場で必要不可欠な存在となっており、高齢化に伴い資格の人気度も上昇しつつあります。

ここではケアマネの資格を取得するために必要なことをまとめています。

ケアマネージャーは国家資格です

高齢社会となり、さまざまな支援を必要とする人が多くなっています。そんな人達を援助するための法律が介護保険法です。介護保険法で定めている資格の一つに、ケアマネージャーがあります。

正式には介護支援専門員と言い、介護を必要とする人に対して適切な対策を行う役割を担っています。具体的には、要介護認定調査や、ケアプランの作成などがあります。一人一人、必要とする支援は異なります。ケアマネージャーは、その人が必要なサービスが受けられるようにするという重要な役割をしています。

介護において、重要な役割をしているからこそ、国家資格であるということもできます。ケアマネージャーの資格を得るには、国家試験に合格する必要があります。試験は選択問題で、実技試験はありません。実務経験が必要など、一定の受験資格があります。

国家試験の勉強としては、過去問題を解く方法があります。過去問題は出版社などで取り扱っています。また、ケアマネージャー講座などを利用する方法もあります。国家試験に合格後、実務研修を受けるとケアマネージャーとして働くことが可能になります。介護福祉施設や、訪問介護業務、老人ホームなどさまざまな職場で活かせる資格と言えます。

ケアマネは国家資格ではありません

介護福祉士や社会福祉士などの介護関連の資格が国家試験であることから、ケアマネージャーも国家試験だという思い込みをしている人が意外に多いようです。

また、資格を取得できるスクール、関連サイトでも、ケアマネは国家資格に準ずるような印象になるように公的資格であると表記しているので、国家試験であるかのような気がしてしまうのもそれこそ当然の話かもしれません。ケアマネ試験は、国家資格を取得できるものではありません。

都道府県が実施する公的資格ですので、それに属する資格試験であると理解しておくと良いでしょう。そのため、ケアマネの試験そのものは国家資格を取得できるものではないので、それだけ試験のレベルはそれほど高いとは言えません。

都道府県ごとに行われているケアマネ試験は、実技試験や論文はなくて問題の選択肢を受けるマークシート方式であり受けやすい試験であるという特徴があります。

他の仕事からの転職を目指す人も受験をしていますが、介護関連の職種についていて仕事と両立をしながら、ケアマネ試験を受験してケアマナージャーの分野の職に転向する人が多く受験をしています。試験で出されやすい問題をいかに重点的にマスターして行くかが、合格のカギになります。

国家試験に合格するとケアマネージャーになれる

ケアマネージャーは、介護保険法で定められている国家資格です。そのため、国家試験に合格しなければ取得することができません。ケアマネージャーの仕事は、要介護認定者の調査やケアプランの作成などがあります。介護支援関係の施設や業者などではこの資格を持っている人が多く働いています。

介護を必要とする人はこれから増えると予想されます。そのためケアマネージャーの仕事も増えていくと予想されます。ですから、介護福祉関係の仕事を探す時には、有利になる資格と言えます。

ケアマネージャーの資格を取るには、まず、国家試験を受験します。しかし、受験資格を満たしていないと受験することができません。受験資格は、2種類あります。一つは、所定の国家資格を持っていて、かつ5年以上の実務経験があることです。もう一つは、定められた相談援助業務や介護業務を一定期間以上行っていることです。

このどちらかに当てはまれば、受験をすることができます。国家試験に合格しても、すぐにケアマネージャーとして働くことはできません。合格後、実務研修を受講し、それを修了する必要があります。その後、介護支援専門員証が交付され、それから働くことができるようになります。

ケアマネの正式名称は介護支援専門員です

ケアマネの正式名称は介護支援専門員です。また、別の名称としてはケアマネジャーと呼ぶ場合もあります。よくケアマネージャーとしているケースがありますがこれは誤りです。正式にはケアマネジャーです。

この正式名称としての呼び方は、昔からのものですが、確かにマネージャーという一般t系な名称があるためについそちらを使用しているケースが目立ちます。ケアマネージャーではなくケアマネジャーであることは、介護の仕事をしている人にとっては常識ですので、間違いなく使用したいところです。

この介護支援専門員は、在宅にとっても、また施設系のサービスにとっても重要な仕事です。ケアプランの作成が主な仕事ですが、このケアプランがきちんと作成できていなければ、要介護者にとっての適切なサービスが受けられないという事態になり得ます。

そのため、この介護支援専門員は介護に関する知識の他にも、医療従事者との連携であったりあるいは地域独自のサービスの活用なども考える必要があるなど、工夫をしていくことが求められます。

無論、この資格者も日々勉強をする中で、地域の様々な情報を得たりしてその活用を考え、よりよいケアプランが作成できるように研さんを積んでいくことが求められています。

ケアマネ試験の模範解答と合格基準の速報

ケアマネ試験は、毎年10月下旬をめどにして全国的に実施されるもので、午前10時にはじまり、正午に終了の日程が定着しています。この試験の合格発表は、それぞれの都道府県ごとに12月上旬に行われることとなっており、試験の正答や合格のボーダーラインとなる点数などについても、同様に都道府県のウェブサイトなどを通じて発表されることとなります。

しかしながら、実際にはケアマネ試験の当日中に大手の専門学校や情報サイトなどが問題を分析し、解答速報として模範解答を提供しているケースが多いようです。会員制でログインしなければ閲覧できないようなウェブサイトもありますが、多くはだれでも閲覧できるようなウェブサイト上で、その結果を掲載しています。

また、たとえ模範解答がわかったとしても、受験生としていちばん知りたいのは合格しているかどうかですので、このような速報では、合格基準となる点数もあわせて予想して掲載をしています。

この合格基準については、ケアマネ試験の実施された年度によってばらつきがみられますので、例年と比較した問題の難易度や、実際の受験生からヒアリングした試験の状況などを加味した上で、それぞれのサイトが独自の判断で発表しているようです。

ケアマネジャー試験の総評

ケアマネジャー試験は、正式には「介護支援専門員実務研修受講試験」と呼ばれていますが、例年では10月下旬に全国一斉で実施されています。

この試験の正答や合格基準点については、試験問題の作成主体となっている社会福祉振興・試験センターのホームページ上に後日アップされるのですが、試験のあった当日か、その翌日ごろには、資格試験対策を扱っている福祉系専門学校などのホームページ上に、ケアマネジャー試験の解答速報が掲示されることも多くなってきています。

この解答速報は、問題をそれぞれの専門学校などの関係者や学識経験者が独自に解いて出した正答や、当該年度の試験についての総評などが内容となっています。

総評のなかでは、例年に比べた全般的な試験問題の難易度、ケアマネジャー試験の受験者数や合格率の最近の推移、出題された分野の傾向などについて、おおまかな分析がなされるのが普通です。

ケアマネジャー試験の出題範囲としては、介護支援、保健医療サービスの基礎・総合、福祉サービスという3つの分野にわかれていますが、それぞれの分野ごとでも、さらに年度ごとの出題傾向の特徴や偏りといったものがみられることがありますので、参考になる点が多いといえます。