ケアマネージャーの転職に成功するために

ケアマネージャーは福祉や介護の現場で需要が高く求められている職業ですので、転職活動も比較的成功しやすいです。

ここではケアマネージャーの転職活動に成功するために必要なことをまとめています。

ケアマネジャーに転職をして人の役に立つ

福祉の仕事をある一定の年数されていた方が、ケアマネジャーに転職することは多いです。ケアマネジャーになる一定の条件を満たしているのであれば、ケアマネジャーは年齢を問わない仕事のため資格をとり、転職するのにお勧めです。

ケアマネジャーが年齢を問わない仕事という一番の理由は、資格を取得するためには一定年数の実務経験が条件となっているからです。福祉の仕事は力仕事が多く、また人の生死を見ることが多いです。人の生死に向き合う勇気や人のために尽くしたいという気持ちがなければ、資格取得の条件を満たす年数まで仕事を続けることはできません。

また、資格を持たない場合の給与の平均額が社会一般の平均収入に比べて10万円ほど低い傾向があり、福祉の仕事では生活をしていけないと断念される方もいらっしゃいます。ケアマネジャーの資格をとった後は仕事が多くあります。

ケアマネジャーになった暁には利用する方の気持ちに寄り添い、不安や悩みに耳を傾け、利用する方の気持ちを組んだ介護サービスの計画を立てていただきたいと思います。いくつになっても人に必要とされるやりがいある仕事で、仕事がそのまま社会貢献となり経験を重ねた分だけ自分も成長することができる仕事です。

ケアマネジャーの更新研修受講は大切です

ケアマネジャーには有効期間があります。その有効期間を超えての業務、たとえば居宅介護支援事業者でケアマネジャーとして働くといった行為は禁止されています。そのため、その有効期間を延長するための研修が義務付けられているというわけです。

そもそもこのケアマネジャー資格は、介護保険制度がスタートした当時つまり平成12年4月時点においては、更新研修などは義務付けられておらず、更新制度でもありませんでした。いったん資格を取ればその後は研修を受ける必要なども特にないままその資格はずっと有効とされていたものです。

しかしながら時代は変わり、介護保険の技術や知識は日進月歩で進歩しており、また介護保険制度も小規模な改正は2年に一度であるとか3年に一度などのように、頻繁に改正されています。また5年に1度は必ず大規模な改正がなされるように法律で決められています。

こうした知識や最新の状況に対応ができるようにと、更新研修を受講してもらうことで、ケアマネジャーの質の確保を行っていこうという発想で制度が策定しています。また、試験に合格したばかりでまだ右も左もよく分からないケアマネジャーに対しても、業務に困らないようにあわせて同じ研修を受講するように制度上決められています。

ケアマネジャーの独立とその成功

ケアマネジャー試験に合格し、その後の介護支援専門員としての実務経験を相応に積んでいく人の中には、事務所の独立をしたいと考える人も当然ながらいます。

そもそもケアマネジャーは一人ででも事業を起こせるために、立ち上げる人がケアマネジャー資格を有していれば、自分が法人の代表であり、かつ責任者として行動することが可能です。

ただし、独立には相応に手間や時間がかかることも事実です。まずは法人格を持たなければ事業所の新規立ち上げは認められませんので、そこから話はスタートします。

なお、この独立に際して注意しないといけないのが、元々どこかに所属していたときの顧客情報です。この顧客を奪うようなことをしないように注意が必要なことと、前の事業所の個人情報は決して漏らさないように細心の注意をしなければなりません。

また、利用者の数が最初は少ないので数か月はなかなか収入が少ないという問題がありますから、運営資金に行き詰ることが懸念されます。法人立ち上げの段階で一定の貯蓄など、資金面での用意をしておくなどの準備が必要でしょう。

また、場所を借りるなどの場合には、家賃や敷金、礼金なども準備しないといけませんので、相応のお金がかかることは覚悟が必要です。

ケアマネジャーの資格を取るのに必要な実務経験

ケアマネジャーは、介護に関する専門職で正式には介護支援専門員と呼ばれます。ケアマネジャーに求められるものはケアを必要とする人の相談を受け最適なケアが受けられるように総合的にコーディネートまたはマネジメントをすることが主な仕事です。そのため、介護保険制度を行なっていく上で、介護を必要とする人と、そのサービスを提供する施設との橋渡し的な存在です。

ケアマネジャーの資格を取得するための受験条件は、2通りあり、1つは規定の国家資格を有し、通算で5年以上の実務経験があること、もう1つは国家資格を有していなくても、相談援助業務や介護業務に就き、通算で5年または10年以上の実務経験があることとなっています。

どちらにしてもケアマネジャーの資格を取得するためには、この受験条件である実務経験が必要で、受験のさいには実務経験の証明書を提出する必要があります。実務経験の証明書は、出願時に勤務しているまたは勤務していた施設の代表者など証明権限を有している人に用意してもらう必要があります。

なお、受験の申込みは6月から8月でその間に受験資格が審査され、審査に通れば10月に試験が行われます。12月には合格発表が行われますが、合格した場合には実務研修を受ける必要があり、修了後に登録され、介護支援専門員証が交付されます。

ケアマネジャーの学会の活動内容

ケアマネジャーは、高齢化社会に伴って今後も重要視される資格でもあります。また、時代の流れに沿った援助の方法などを学ぶための期間として、ケアマネジャーの学会というものも存在します。

このケアマネジャーの学会の活動としては、研究大会を実施したり、ニュースレターの発行、認定ケアマネジャーの取り扱いなどがあります。研究大会については、これまでの様々な介護支援の事例などに基づいて、今後求められるケアマネジメントの技術などに関して研究を行っています。

特に介護の現場は、行政などとも大きく関係していて、国の状況によってもケアマネジメントのあり方も変わってきますので、より時代に即応した技術が求められることになります。学会誌やニュースレターに関しては、学会の活動内容や実際の介護関係のトピックなどを取り上げて会員に配布しています。

認定ケアマネジャーは、より高度な専門性を備えた専門家であると認められると得ることができる資格であり、比較的新しい資格ですが、この資格の広報活動も行っています。

もし、学会に参加を希望する場合は、会員の登録を行う必要性が出てきます。より専門性や技術を多くの人と共有してスキルを身に着けるために会員になる方は増えてきています。

ケアマネジャーの更新制度とは。

介護支援専門員いわゆるケアマネジャーは、資格を一度取得してもこのケアマネジャー資格が必要な業務をする上で、期間が設けられていますので、その期間外にはケアマネジャーとしての就労はできない制度です。

その期間については通常5年間とされていて、その5年目の次の更新時には更新に関する案内が届けられ、適宜更新に関する研修を受けなければなりません。介護の技術や知識は医療と同じで日進月歩で進んでいます。つまり、日々勉強をしたりして研さんを続けていないと、業務に支障が出るほど知識や技術面で不足が生じるものです。

そのため、国、厚生労働省が中心となって平成18年度から介護支援専門員は更新世の制度が導入され、今日に至っています。もしこの更新をしなかった場合には資格自体は有するものの、ケアマネジャーとしての仕事はできません。つまり、居宅介護支援事業者や施設系の事業所におけるケアプランの作成などはできないこととなってしまうのです。

無論、ケアマネジャーの仕事から離れて別の仕事をしていたりするケースもあるので、すぐに延長をする手続きは不要であるという人もいますから、その場合は必要に応じて研修を受けることで、改めてケアマネとして働くことは可能になっています。

ケアマネージャーのスキルアップについて

ケアマネージャーは介護保険に基づいて利用者の方にケアプランを考える重要な職種です。そのため、ケアマネージャーになるためには特定職種での経験を経る必要があります。その職種は看護師や介護福祉士、社会福祉士や理学療法士、作業療法士などコメディカル職種に限定されています。

ケアマネージャーはケアプランを立案する際に、訪問看護やリハビリテーション、さらには福祉用具の導入や住宅改修など多岐にわたる知識が必要であり、関係職種との連携を行う必要となります。そのため、福祉分野、医療分野、建築分野での幅広い知識と経験が求められることになります。

そのため、実際にケアマネージャーとしての活動を始めても業務に必要な経験を全て備えている訳ではなく、常にスキルアップが必要となります。スキルアップの手段としては、自分で勉強をする方法、講習や研修を受ける方法、資格を取得する方法などがあります。

資格としては介護職出身のケアマネージャーがさらに福祉分野での法制度を学ぶために国家資格である社会福祉士を取得したり、建築分野の内容を含む福祉住環境コーディネーターを取得する場合もあります。

また、医療職出身である場合も法制度については詳しく無い場合が多く、また、活動の基盤となる介護報酬や診療報酬の法定基準が数年毎に改訂されるために、実践レベルで仕事をするために常に勉強と研鑽が必要となります。

介護職からケアマネジャーへのステップアップについて

介護職として働くためには規定された資格の取得が必要となる場合が大半です。以前は数週間程度の研修で取得できるホームヘルパー2級を取得した後に介護業務に携わる方が多かったのですが、現在はホームヘルパー2級は介護初任者研修課程へと名前を変えています。

そしてホームヘルパー2級(介護初任者研修課程)のみでは、介護職の中では立場が弱いため将来的によりステップアップを考えるのであれば上位資格を取得する必要があります。介護職としての上位資格は国家資格である介護福祉士があります。

これは介護現場で3年間の実務経験を経た後に受験資格が得られ、筆記試験、実技試験に合格する事により資格を取得することができます。さらに、介護職として5年間仕事を続けることでケアマネジャーの受験資格を得ることができます。ケアマネジャーは担当する利用者のケアプランを作成する事が業務です。

ケアプランには医療、福祉、社会制度の様々な知識が必要となるため資格試験においてはこれらの多岐にわたる分野から出題がなされます。介護職のステップアップとしてはこのように、まずは介護福祉士を目指し、それからケアマネジャーを目指すというのが定番のパターンとなります。

そこからさらに自分に必要な知識を保管するために研修や講習に参加したり、社会福祉士など資格の取得を目指す場合があります。