ホームヘルパーとケアマネージャーは何がどう違うのか

ホームヘルパーとは高齢者などの自宅に訪問し介護をするお仕事ですが、ほぼ同じような仕事内容にケアマネージャーという仕事があります。

ここではその二つの職業の違いについてまとめています。

ホームヘルパーとケアマネージャーの違いは何?

ケアマネージャーとホームヘルパーは、介護・福祉の現場が仕事場です。ただし、行う業務内容は大きな違いがあります。ケアマネージャーは、 介護を必要とする高齢者や障害者の介護サービスプラン作成を専門とする業務につくことになります。

ホームヘルパーは、介護サービスプランに基づいて、高齢者の自宅などに訪問して、 直接介護サービスを提供します。資格の面でも違いは特に大きく、ホームヘルパーは、「ホームヘルパー養成研修」を修了すれば認定されますが、ケアマネージャー資格取得するためには、「介護支援専門員実務研修受講試験」に合格しなければなりません。

この資格受験はだれでも受けられるものではなく、 医療・福祉に関する国家資格を取得していて、実務経験が5年以上かつ900日の従事日数がある人でなければならないという条件があります。

このようにケアマネージャーとホームヘルパーは、業務内容や資格取得に違いがあります。とくに、ケアマネージャーの方は、受験資格が限定されることもあり、そう簡単になれるものではないとされていますが、最近では通信教育などで、在宅で資格取得のための勉強をすることができます。

学校に通学しなくても良いことから、ホームヘルパーの仕事をしながら、勉強している方も少なくないとされています。

よく耳にするホームヘルパーとケアマネージャーの違い

その言葉をよく耳にするホームヘルパーとケアマネージャーの違いはなんでしょう。ケアマネージャーは介護支援専門員とも呼ばれます。高齢者などに対して、直接的に介護するのがホームヘルパーです。一方、高齢者などのニーズを組んで、介護の現場のサービスを調整するのがケアマネジャーです。

つまり、高齢者などを直接的にサポートするのがホームヘルパー、関節的にサポートするのがケアマネジャーです。ホームヘルパーの資格については、代表的なものにヘルパー2級があります。学校、もしくは研修機関を卒業すれば、この資格を得ることができます。ケアマネジャーの資格については、5年間の実務経験が必要です。

また、その資格試験を受験するために必要な資格もあります。このようなケアマネージャーはホームヘルパーと違い、専門知識や事務処理力、スケジュール管理力だけがあれば良く、コミュニケーション力は必要ないと思う人もいるかもしれません。

ですが、高齢者などの話しを傾聴して、その中でニーズをくみ取り、そのニーズに合わせた対応をしていくには、コミュニケーション力も必要です。また、ケアマネージャーの仕事で、ホームヘルパーの経験を生かすことができます。

ケアマネジメントでホームヘルパーを利用する

現在の日本は医療の著しい発展に伴い、平均寿命が延びています。医療の恩恵にあずかっている反面、一人で生活する事が困難な高齢者も増えています。従って以前の施設利用中心の考えから、在宅支援の重要性が求められるようになりました。

サービス利用者やその家族は、自分たちにどのようなサービスが適しているのか、適切な判断を下すのは難しいです。そこで必要なものがケアマネジメントです。ケアマネジメントは現実的に何が必要かを確認し、その要求に合う目標を調整する役割を持っています。

ケアマネジメントによって利用されるサービスの一つはホームヘルパーです。ホームヘルパーは、一人で生活するのが困難な高齢者や障害者の方の自立した生活を支援します。主に利用できるのは在宅支援サービスとデイサービスの二つです。

在宅支援サービスは利用者の自宅を訪れ、食事や排泄、着替えのお手伝いや、買い物、洗濯、お掃除など日常生活をサポートします。一方デイサービスは、自宅まで迎えに行き、日中を施設内で過ごします。施設内では利用者と昼食を食べたり、レクリエーションを楽しみます。

どちらのサービスにおいても、ホームヘルパーは利用者が快適に過ごせるように気を配る必要があります。また体調や気分に変化がないか確認したり、心配事などを聞くため傾聴の姿勢も求められます。

ホームヘルパーとして経営を行う術に関して

比較的簡単に取得できる資格の中にはホームヘルパーというものが用意されています。主に高齢者を対象として生活全般のお世話を行うことを目的にしているものになり、看護師や医者と異なって、一切の医療行為が無いことも特徴とされています。

その一方で人の命にかかわるようなシーンもあるために、専門的な知識が求められていると同時に、一定の経験を積むことも立派なホームヘルパーとして仕事をすることの条件でもあります。そんな中、ホームヘルパーとして活躍をされてきた方の中には介護系で会社経営を行うことを目標にしている方も存在しています。

このケースでは、一般的な物販を行うような業種よりも取り組みやすい項目を持っていて、例えば自宅を拠点として経営を行うことも十分に可能になります。開業当初は1人で運営することも不可能ではなく、後に利用者が増えた場合では、ホームヘルパーの資格を取得している方を雇い入れることによって、会社を大きく発展させることも可能になります。

さらに、資金を十分に保有されている方の場合では、独立している介護施設を経営する方法も用意されています。このタイプではいわゆる通所型と呼ばれているものになりますが、多くの利用者が足を運ぶこともでき、ホームヘルパーの資格を最大限に活かすこともできます。

ホームヘルパーに求められる生活支援

現在の日本は、少子高齢化が進むと同時に核家族化も進行してきました。昔は両親の生活支援は嫁を中心に家族がするものとされてきましたが、共働きが一般化している今の世代には親の生活を支える時間もお金もないことが実情です。子どもはいるが頼ることはできないと考えている方は多くいらっしゃいます。

そこで国は人の手助けが必要な方がサービスを受けられるように介護保険法を平成12年に制定しました。介護サービスには、デイサービスやデイケアなどの通所型のものと、ホームヘルパーに利用者の自宅に訪問してもらい生活支援を受けるサービスなどを設けました。

これらは、サービスを受けながら少しでも長く在宅で暮らしたいという利用者の希望に応えられる内容になるよう、サービスは検討され決められました。

ホームヘルパーは、基本的に介護1以上の介護認定をもつ方や障害をもつ方の自宅に伺い、入浴や着衣、排泄の手助けをする身体介護や、利用者と一緒に買い出しに行き料理をしたり、部屋の中の掃除をするなどの生活支援を行います。

国がこのサービスを通してホームヘルパーに求めることは生活支援はもちろん、サービスを受ける中で利用者が少しでも自分のことを自分ですることができるよう手助けし、前向きな姿勢で今の生活を送れるよう支えてほしいという願いが込められていると思います。

何でも相談出来るホームヘルパーを探す

高齢者の家庭では、掃除、洗濯、料理等の家事やちょっとした買い物等を人に頼んで生活をしている人達が多くいます。家庭内の仕事を手助けする人達をホームヘルパーと呼んでいます。

ホームヘルパーは多くの場合、会社に属しています。したがって依頼者はそういった会社に自分達のしてもらいたいサービスをしてくれるような人を依頼します。パートやアルバイト等を含めると多くの人材が確保されていますので、依頼をすると速やかに希望どおりのホームヘルパーが派遣されてきます。

ホームヘルパーの善し悪しは、依頼者との相性によって決まります。したがって依頼者の方も気持ちよく働いてもらえるよう、歩み寄って努力することが必要なこととなります。そういった気持ちがある高齢者家庭は、ホームヘルパーに喜んで来てもらえることになり、何でも相談出来るような間柄になります。

高齢者の場合、若い頃のように物事を決める能力が迅速には進みません。したがって誰かに相談をして行動を起こすことが必要になります。こういった課題をホームヘルパーが果たしてくれるととても助かります。こういった業種の人達は、性格的に穏やかで、高齢者が相談をしやすい雰囲気の人達であることが必要です。

ホームヘルパーとして働いた体験談

ホームヘルパーとして介護現場を経験したことがある人の多くは、その大変さがよくわかると思います。精神的にも肉体的にも重労働でありながら、給料が安いとか残業ばかりだとか様々な理由から離職率も高いようです。

介護従事者に体験談を伺うと、老人保健施設や特別養護老人ホームなどでは何十人の入居者が全介助の場合が多く、2時間ごとのオムツ交換があって、残業は当たり前なのに賃金は出ないこともよくあるとのことです。

そして、施設ではホームヘルパーの他にも介護福祉士やケアマネージャー、看護師の資格を持つスタッフがいる為、ホームヘルパーの資格しか持っていないスタッフは見下されることがあると聞きました。

グループホームに勤めている介護従事者の体験談では、認知症の入居者ばかりの中で夜間は徘徊や失禁ばかりで目が離せないし、食事はスタッフと入居者で作るシステムになっている場合が多く、一時も気を抜けずに大変だと聞きました。なので、他の施設よりも時給が高くても求人が集まらないわけです。

介護施設の中でもデイサービスは仕事内容も簡単で入居者と娯楽を楽しむような施設になっているので、介護現場が初めての人はまずはデイサービスから仕事を始めてみると良いかもしれません。