ホームヘルパーと訪問介護員って何が違う?

ホームヘルパーとは高齢者や身体障害者のご自宅に伺い介護をするお仕事ですが、ほぼ同じような内容で訪問介護員という職業があります。

ここではホームヘルパーと訪問介護員の違いについて解説しています。

ホームヘルパーと訪問介護員は同じです

ホームヘルパーとは、日本語に訳すと訪問介護員のことですから、両者の仕事内容は同じです。いずれも、介護を必要としている高齢者や病気で動けない人がいる家庭を訪問し、必要とされるケアを行うものです。

基本的には希望する人の自宅へホームヘルバーが訪問して、そこで仕事を行いますので、通常の仕事のように、オフィスに出勤して働くということはありません。しかし、毎日の仕事が全て自宅と訪問社宅の往復とは限りません。

定期的に自分が所属する事業所へ出勤して、訪問者の介護スケジュールや、ケアの進捗状況などを報告したり、相談する必要があります。このように、ホームヘルパーの仕事は、実際の介護の仕事と、事業所での事務作業との二通りがあります。

もちろん、圧倒的に仕事量が多いのは訪問介護ですが、適切なケアを行うためには、事務仕事も決しておろそかにはできません。また、最近ではホームヘルバーという呼び方よりも、訪問介護員としての呼称の方が普及しつつあります。

しかし、一般の人には、どちらの名称もあまり馴染みはありません。ホームヘルパーを省略してヘルパーさんと呼ばれることもありますし、肩書きではなく、苗字や名前で呼ばれることもあるようです。

訪問介護員とホームヘルパー、介護福祉士の違いについて

少子高齢化が叫ばれる現代の日本において、介護の現場では人手不足が懸念されています。ハードな仕事に対して給料も決して高いとはいえず、辞めていく人も多いのが現状です。そんな介護の現場で活躍しているのが、ホームヘルパー、訪問介護員、そして介護福祉士です。

実は、ホームヘルパーと訪問介護員の仕事内容に違いはありません。ただ単に呼び方が異なるだけで、ホームヘルパーと呼ぶこともあれば訪問介護員と呼ぶこともあります。ホームヘルパーの仕事は、その名の通り介護が必要な人の家へ出向いて、排泄や食事、入浴などの介助を行います。

一方、介護福祉士も同じく介護を必要としている人に対して、排泄や食事などの世話を行います。このように、両者の違いは極めて曖昧であり、仕事内容に限定してしまえばほぼ同じといっても過言ではありません。

ホームヘルパーの場合は介護が必要な人の家に直接出向く点で、介護福祉士とは異なりますが、中にはホームヘルパーの人が病院や老人介護施設などで働いている場合もあるため、明確な違いがないのが実情です。

ただ、資格の面で言えば両者は大きく異なります。介護福祉士は「国家資格」であり、受験資格や実務経験、実習時間などの条件が課せられます。また、就職後の昇進などにも影響するため、給料面でも介護福祉士の方が有利と言えます。

訪問介護の資格であるホームヘルパーとヘルパーの違い

ひとくちの介護職といっても、様々な資格があり、専門職があります。訪問介護や施設の介護、デイサービスなど施設ごとに必要な資格も異なってきます。ヘルパーというのは介護の仕事に就いている方を指しますが、厳密には資格の違いがあります。

無資格でも施設で働くことができますが、訪問介護についてはホームヘルパーの資格が必要となります。ホームヘルパーは認定資格ですが、この資格を取ることで訪問介護が可能となり、要介護者の食事の世話や入浴などの身体介護と生活のサポートができます。

ホームヘルパーという名前が定着していますが、訪問介護員のことを指します。施設で働く場合もあるのですが、訪問介護の専門資格でもあるのです。その点にヘルパーとの違いもある訳ですが、ホームヘルパーのことを指す場合も多くあります。

このホームヘルパーという資格は2013年より介護職員初任者研修と実務者研修へと資格制度が変更になっています。従来の介護職の入り口でもあったホームヘルパー2級は介護職員初任者研修に該当します。資格の数が多い介護分野において、ステップアップの道筋を分かりやすくすると共に十分な研修を積んで、介護サービスの充実を図る狙いもあります。

ホームヘルパーの名前について

良く聞くホームヘルパーと呼ばれる名称ですが、実は管轄省庁である厚生労働省の法改正に伴い現在では実質的にホームヘルパーと呼ばれてはいません。

この法改正とは、以前は資格自体が多すぎる、資格取得に対する勉強でも重複する部分が多く、介護職員のキャリアアップへの弊害や煩雑化した制度など問題が数多くありました。

このような事態を解消する目的で2013年4月より改正が行われ、現在ではホームヘルパー2級の正式名称は介護職員初任者研修もしくは、介護職員初任者研修過程修了者と呼ばれます。あくまで名前の変更はありましたが、その仕事内容は同じです。

利用者(要介護者)の掃除、調理などを行う生活援助、実際に身体に触れる入浴や排せつの介護等の身体介護。車椅子や福祉車両を活用した外出援助等があります。同じく上位資格であるホームヘルパー1級も、介護職員実務者研修へと一本化されています。

名前の変更のほか、大きく変わった点は過去にホームヘルパー2級を取得する場合は130時間の講義(講習・演習を含む)のみで取得することが出来ていましたが、現在は講義の後、約1時間の修了試験を受ける必要があります。

ただ、修了試験といえども、全体的な復習の意味合いも強いことから、講義さえ真面目に受けていればその合格率はほぼ100%と言えるでしょう。また、旧1級、2級の資格者においても、その必要性が論じられてきたことで、福祉施設や自宅等における痰吸引等の今までは無かった業務を行えるように法改正が実施されました。

このように、高齢化が進む現代において、ホームヘルパー(あえて旧名称で呼びます)は、必要不可欠の存在であると言えるのではないでしょうか。

ホームヘルパーから介護職員初任者研修への名前変更

ホームヘルパーは法律上にその名称などの定めがある国家資格ではなく、厚生労働省が定めた基準を満たす一定の研修を受講することによって得られる資格です。以前は「訪問介護員養成研修」とよばれ、1級から3級までの課程がありました。

3級はホームヘルパーといっても勤務時間数の少ない非常勤などの人向けの資格で、介護報酬の面でも減算対象になるなど、ほとんど実用性に乏しく、のちには廃止となった資格であり、事実上は2級以上の資格を持った人がホームヘルパーの主力となっていました。

この「訪問介護員養成研修」は、厚生労働省による制度改正の結果、現在では廃止となっており、かつて一般的に使われていた「ホームヘルパー2級」から「介護職員初任者研修」へと名前変更となっています。ただし、単なる名前変更だけではなく、研修の内容についても若干の違いが出てきています。

その概要ですが、現場での実習が必修から任意に変わるいっぽう、実技の履修時間数は大幅増となりました。また、「訪問介護員養成研修」の時代には研修だけで資格を取得できたものの、新制度になって以降は、研修終了後に「修了評価試験」とよばれるペーパーテストが導入され、これに合格できない場合は補講などで再チャレンジする必要が出ています。

要支援者へのホームヘルパーがなくなること

かつての介護保険制度では要支援であっても要介護者と同様にケアプランに訪問介護のサービスの位置付けがあれば、ホームヘルパーによる身体介護や生活援助、さらには通院等に関する乗車または降車の介助といったサービスの利用が可能でした。

ところが要介護者などの増加に伴い、要支援者へのホームヘルパーサービスなどは、かつてのような事業者によるサービス提供はなくなることとなり、担当が市町村へと移行することになりました。

このことで、今まで何とか要支援であってもホームヘルパーが援助することで、日々の生活が可能だった世帯が、生活が難しくなっていくとして、新しい制度への戸惑いも多く聞かれているとされています。

この制度の導入とほぼ時期を同じくして、このホームヘルパーを担っていたヘルパーそのものについても大幅な見直しがなされました。具体的にはヘルパー2級などの制度は廃止しなくなることとなり、新たに介護職員初任者研修や介護職員実務者研修などの資格に再編されています。

国、厚生労働省はその財政が厳しさを増す流れの中で、やりくりをうまくして介護が必要な人の切り捨てにならないように制度を少しずつ改変しながら、やっていくしかないということでもあるのでしょう。