ホームヘルパーは副業として働くことも可能なのか

最近では正社員としての給料だけでは間に合わず、副業をする人が急増しています。

その中でも介護の仕事であるホームヘルパーの仕事に、副業として就くことが出来るのかについてまとめています。

ホームヘルパーは副業として成り立つ?

最近は、正社員として働いていても生活が難しく副業をする人がほとんどです。空いた時間にネットでできる簡単なアンケートなどがありますが、一つ答えたところで生活の助けにはなりません。かといって内職は正社員として働いている人にとっては時間か無いので困難です。

そこで「ホームヘルパー」が副業として適しているのではと思います。まず、ホームヘルパーになるには資格が必要なのですが、これはテレビのCMで見かけるような通信講座で簡単に取得することができます。この資格さえ取得すれば、もし、正社員として働いている会社が倒産してしまった場合などでも、すぐに福祉の仕事を始めることができます。

さて、副業としてホームヘルパーをする場合ですが、そもそもホームヘルパーと聞くと「お年寄りの介護」を想像すると思いますが、それだけではありません。生活援助といって、介護を必要とする方の食事の支度や、掃除洗濯、買い物の代行というものがあります。

これなら、正社員として働いている方が、休日を利用して副業をするには体力的に無理なく仕事ができます。また、福祉の面でも介助者の人手不足という問題を抱えているので、派遣会社に登録しても仕事がなかなかないということは少ないです。福祉の面で社会貢献もでき、副業もでき、ホームヘルパーの仕事は一石二鳥といえます。

短期の仕事でも関わりがホームヘルパーに必要

仕事の期間は内容によって異なりますし、ホームヘルパーも仕事次第で短期に決定する事もありますから、期間に限らず他人と関わる必要があるので、責任感や誠実さがホームヘルパーとしての価値になります。

ホームヘルパーは信頼が重要な仕事ですから、不信感を招かない振る舞いが欠かせ無いので、長期の仕事は勿論ですし、短期の小さな仕事で有っても同様です。

人の役に立てるホームヘルパーは、必要とされる事に重要性があるので、求められる現場では人材に価値がありますし、短期間でもホームヘルパーとして働ける事に意味があります。仕事に対して報酬が支払われますし、費用に釣り合う価値が得られれば新たな仕事に結び付きますから、顧客からの信頼も得られるので、お金以外に様々な物が得られます。

経験も価値になりますし、短期の経験でも濃さがあれば価値は変わりますから、ホームヘルパーにも経験は欠かせ無いので、役立てる立場でチャンスを活かす事が重要です。

魅力のある人材は前向きなので、小さな仕事や簡単な作業であっても力を注ぎますし、仕事に対する責任や役割の意味を十分に知りますから、信頼を集めたり仕事を任せられる価値を発揮出来る事によって、役立つ場面が幅広くなります。

ホームヘルパーの短期取得について

厳密に言えば、現在ホームヘルパーと呼ばれる資格はありません。詳細は割愛しますが、高齢化社会の伸展に伴い介護業界の改革が必要となったことから、厚生労働省が抜本的な改革に着手し、2013年4月からは、ホームヘルパー2級は介護職員初任者研修に、ホームヘルパー1級は介護職員基礎研修と共に介護職員実務者研修との名称に一本化されました。

旧ホームヘルパー1級である介護職員実務者研修は、より上位資格である介護福祉士等へのキャリアアップを目的としていることから、旧ホームヘルパー2級としての実務経験が必要であることや、数ヶ月にわたる講習(実技演習を含む)が必要なことから、はっきり言って短期取得は難しいでしょう。

しかし、旧ホームヘルパー2級である介護職員初任者研修は、短期取得も十分可能です。まず、要件として、年齢制限や学歴、職歴、資格有無等の要件は必要ありません。管轄である厚生労働省や各地方自治体が定める学習施設、専門学校、通信教育等によって、130時間に及ぶ実技実習を含む講習を受けた後に、約1時間の修了試験に合格すればその資格を得ることが出来るのです。

介護職員初任者研修は、介護部門における初期段階の資格として、非常に人気が高く、またその需要度も年々高まっています。現在では、様々な関連サイト、書籍等でも情報が公開されていますので、まずは一度目を通して頂くことをお薦めします。

国家資格とホームヘルパーの責任感

重要な仕事は資格が必要ですし、国家資格は重要性が高い仕事ですから、ホームヘルパーに対しても役割が求められるので、資格を得る事が仕事に欠かせない要素です。国家資格の取得を目指す場合は、限られた時間を活かして学ぶ事が欠かせませんし、目標を見定めて目指す事がホームヘルパーにも必要ですから、計画性を持って取り組む事が必要です。

ホームヘルパーの責任を学ぶ事により、現場でも責任感が実感出来ますから、仕事に取り組む場合も緊張感が持てるので、失敗減らして能力を発揮する事が行えます。

発揮出来る能力を高める事や、対応出来る範囲を広げる事もホームヘルパーの価値なので、国家資格が必要な仕事に限らず、社会に役立つ為の責任を持つ人材に価値があります。

国家資格は重要性がありますし、正当な資格を保持する事で能力が認められますから、一定の社会的なステータスが得られる事により、社会の中で必要とされる事が実現します。

人の能力には個人差があるので、学習の効率や知識の吸収も違いがありますが、目標へと向かう努力は誰にでも可能ですし、ホームヘルパーの資格を得て仕事を行う為にも欠かせない資質ですから、努力を惜しまない姿勢が結果を左右します。

かつてのホームヘルパー三級は制度上なくなりました

かつてのホームヘルパー三級は制度上なくなりました。現在ではこのホームヘルパー三級や二級といったものに変えて介護職員初任者研修や介護職員実務者研修といったものへと変更されています。

このホームヘルパーの資格制度は従前から分かりにくいという批判が起きていました。特に訪問介護事業所で配置が必須であるサービス提供責任者について、このホームヘルパー資格2級であってもなれる人もいればなれない人もいて、この資格以外でも求められるものがあったりと、非常に分かりにくい問題があったことがよく知られています。

こうした問題があったこともあり、また、在宅介護を重視してきていることもあって、国、厚生労働省が制度上不明瞭なものはなるべく整理をしようと考えていたということがあります。そのため、分かりにくかったものは廃止し、制度をすっきりさせてきました。

なお、かつてのヘルパー三級資格や二級資格などを有していた人は、介護職員実務者研修や介護職員初任者研修の取得時には、ある程度受講するべき授業を省略することが認められています。その点、始めてこれらの資格を取得しようという人よりは、受講に関する労力が少なくて済むというメリットがあります。