ホームヘルパーとしての研修とスキルアップについて

ホームヘルパーはご自宅に訪問し介護をする仕事ですが、どんな仕事でもそうですが、研修などに参加して常にスキルアップをし続けていかなければなりません。

ここではホームヘルパーの研修内容についてまとめています。

ホームヘルパー研修での二つの促進剤

ホームヘルパー研修では、ホームヘルパーとしてのいろいろなハウツーを教えられますが、本当に役に立つホームヘルパーを育成しようと思ったならば、研修には二つの促進剤を欠くことができません。
それば、自己認知と相手認知です。

どんなケースでも、ホームヘルパーとお客様との関係が最も大切なことになるからです。もちろん、両者の関係でサービスの内容を変えろということではなく、同じサービスであっても、両者の関係を意識するかしないかで、効果に大きな差が出るからです。

自己認知というのは心理学とか行動科学の世界の言葉で、難しい感じがしますが、要は自分がどんな性格で、どんなことに興味が強く、どんな価値観を大切にしているかというようなことを自分自身で認識するということです。そして、自分の行動の癖や言葉遣いのスピードや口癖などを意識するということです。

医者のような立場で見れば、お客様は皆同じに見えますが、ホームヘルパーの場合は医者とは違って、お客様は皆それぞれに違うという見方が必要になります。

そして自分とお客様の人間関係ということを大事にしてサービスを提供することが大切なのです。コミュニケーション一つにしても、このことを踏まえていれば、本当にいいサービスにつながることになるからです。

訪問介護でのホームヘルパーは初任者研修資格が必要

介護保険の事業所である訪問介護サービスは、かつてはヘルパー2級や3級といった資格者であればサービス提供が出来ていました。しかしながら、制度が大きく変わりこのヘルパー2級や3級といったものは廃止され、介護職員実務者研修や介護職員初任者研修などに再編されています。

この訪問介護でサービス提供つまりホームヘルパーとして働けるのが、介護職員初任者研修や介護職員実務者研修の取得者でなければならなくなりましたが、これらの資格取得のためには通信や通学などで専門学校などで学ぶ必要があります。

ホームヘルパーはこうした資格が必要ですが、初任者研修ではできることはホームヘルパーだけになってしまいます。より資格の難易度が高い実務者研修であれば、サービス提供責任者になることが可能ですので、同じ資格取得を目指すのであれば前提が両方とも資格等が必要でない実務者研修の方が、より高額な給料に結びつきやすいメリットです。

今後もこの傾向は続きますが、ただ介護予防サービスが市町村がすることとされたために、要介護者向けだけに限定されたことで、事業者間での競争が激しくなると考えられています。サービス提供を行うホームヘルパーの質の競争も激しくなると見られています。

ホームヘルパーとして働く人のスキルアップ

ホームヘルパーはキャリアを積むことによって、スキルアップを目指し、給料アップや正社員への登用も可能となる場合があります。もちろんホームヘルパーとして仕事を続けてもいいですし、ほかの資格を取らなくても十分でもあります。しかしながら、介護に関する需要は高まることが予想されます。

昨今では高齢化が進んでおり、介護を必要とする人が増え続けていますし、今後もその一途をたどることがわかっています。その際には家族や親せきなど、要介護者の周囲が相談する相手を求めたりすることも考えられますので、ホームヘルパーとして数年の経験を積んだ人は、スキルアップの一環としてケアマネージャーなどの資格を取得することも有意義です。

介護福祉士やケアマネージャーの資格を取得する際には、看護師であったり医療従事者としての経験が必要となる場合もありますが、ホームヘルパーとして長年従事した人も同じような権利を得ることができますので、キャリアアップの一環として事前に念頭に置いて行動すると将来的に優遇されることが想定できます。

転職をする場合にも有利になりますので、地道に経験を積みながら知識を蓄え、新たなる挑戦をする際に有利になるようにしていくといいです。

ホームヘルパーとして働く人のステップアップについて

ホームヘルパーのステップアップは、所属する組織の中での出世だけではなく、新たな資格を取得することで可能性を高めることも考えられます。もちろんホームヘルパーの資格のみでも仕事をしていけますし、できる職務もたくさん存在します。所属さきおw変えずに慣れたところで働くことも生活の安定や心身の安定にもなるためそれもよいでしょう。

しかしながら昨今では医療の進歩などを要因に高齢化が進み、要介護者も増えています。ホームヘルパーは実務研修を受けたり、ほかの資格をさらに取得することでできることが増え、ステップアップへとつながります。需要が高まる中、有資格者は重宝され、社会で活躍できる場も増えつつあるため、有意義なことにもなります。

ホームヘルパーの資格があり、長年の勤務の実績があれば、介護福祉士やケアマネージャーの資格試験の権利を得ることもできます。介護福祉士やケアマネージャーとして働けば、所得も上がり、ステップアップへとつながることも想定できます。

今後の社会は今よりもさらに高齢化が進み、世の中では介護の手を必要する人も増えます。そのようになることでステップアップをした人こそ必要とされる場面も多くなることが予想されます。

ホームヘルパーになるには専門的な知識が必要

ホームヘルパー(訪問介護員)とは、介護が必要な人の自宅での生活の手伝いをする仕事をする人のことを言います。例えば、食事や排せつ、入浴などの手伝いをしたり、掃除や洗濯といった家事を行ったりします。ホームヘルパーがいることで、自宅で生活することが可能となったというケースも多くあります。

ホームヘルパーとして、介護保険による訪問介護のサービスを提供するには、一定の資格が必要となります。必要な資格とは、介護福祉士の資格や養成講座など、各種講座や研修を受け、修了していることなどがあります。これらの資格を必要とする理由は、一定レベルの、質の高い訪問介護サービスを提供できるようにするためです。

通常の家で家事を行うのとは異なり、介護が必要な人の手助けも行うのがホームヘルパーです。正しい知識もないまま介助などを行えば、相手に負担をかけたり、負傷させる可能性もあります。そうならないように、資格がある人のみがホームヘルパーとして働くことができるようにしているのです。

資格があることは、必要な知識を習得しているという証しなのです。ホームヘルパーはこれからさらに必要とされることが予想されます。また、これらの資格がある人は、訪問介護の他に、老人ホームや介護福祉施設などで働いているケースも多くあります。

ホームヘルパーの適性について

ホームヘルパーの適性があるのは、責任感が強く介護経験の豊富な方です。自宅で親の介護などをしている方は歓迎されるため、年齢を重ねた方や日々努力を続ける方に向いている仕事です。

一般的に言われるきつさや汚物処理などには対応できても、介護が必要な方とホームヘルパーとの相性が合わずに苦労するケースは意外と多いので、どんな性格の方にも対応できる柔軟さが求められています。

ホームヘルパーの適性の中に「守秘義務を厳守できること」というのがあります。仕事柄、家族の色々な話を聞きプライベートな事を知る機会も多いですが、それを他の人に口外する事は禁止されています。話好きな方は家族の色々な話をヘルパーに聞かせる事もありますが、あまり首を突っ込まない事が大切です。

ヘルパーに限った事ではありませんが、相手の家に訪問して適切なアドバイスや手助けを行いますし、相手は目上の方が多いですから、身だしなみや言葉遣いに気をつけないと常識を疑われてしまいます。

大人でありながら適切な敬語が使えないとか、あまりに濃すぎる化粧や強すぎる香水の香り、仕事をするにあたってふさわしくない服装をしないように、先輩ヘルパーを見てきちんと勉強をしなければなりません。

ホームヘルパーの悩みとは何か

ホームヘルパーとは、周りからは介護の仕事なんて大変なのにすごいね、なんて言われている一方色んな苦労や悩みがあります。悩みにも、女性がどうしても多いので人間関係や、介護に関する考え方の違いなどからの行き違い、また、技術不足や利用者への悩みなど様々です。

ホームヘルパーとして特に技術面の悩みは、精神的にもダメージが大きく、自分の技術不足で相手に怪我をさせたや、相手に不快を与えてしましい利用者から注意を受けたなど自分にかなりダメージをうけます。しまいには、あの人から介護を受けたくないなんて事にもなりかねます。

もし、そういう場合は、とにかくなぜ怪我をさせたのか、もっと良いやり方があったなど整理して考える必要があります。また、技術面が上手な人に教わるなどをして、同じ過ちを繰り返さない事が大事です。それを乗り越えていけばきっとまたホームヘルパーとして一回り大きく成長しすることと思います。

人間関係の悩みは、人はどうしても合わない人がいます。そこを無理やり合わそうとしても体が拒否反応をしめします。なので、こういう場合は、もうひたすら距離をおき必要最低限のやり取りをし、開き直る事も大事です。まだ、そこまで大きい問題ではないならコミュニケーションを図り少しずつ仲良くなりましょう。