ホームヘルパーの条件の良い求人の探し方について

ホームヘルパーは高齢者や障害者の自宅に伺い介護をするお仕事ですが、自宅訪問と考えると求人は探しにくいのでは?と考える人もいるのではないでしょうか。

ここではホームヘルパーの条件の良い求人の探し方についてまとめています。

ホームヘルパーの求人について

ホームヘルパーの求人について、ハローワークなどで見かけないことはありません。高齢化社会においてホームヘルパーの需要は高まり、必要とされています。いつでも人手不足で、資格さえ持っていれば、それだけで即採用されるということも少なくありません。

ニーズは高まっていますし、50歳を過ぎてから介護のお仕事を始める方も多いです。資格を持っていても損はありません。しかし、求人が多いのは、せっかく雇ったホームヘルパーが辞めてしまうことも多いからです。

3Kと呼ばれる「きつい」「汚い」「給料安い」に対応出来なければなりませんし、利用者様や、同じ利用者様のヘルパーたちとコミュニケーションをとることも必要になります。利用者様と性格が合わなかったり、仲間と上手くいかなかったり、いくら資格を持っていても精神面で辛くて辞めてしまうこともあります。

資格さえ持っていれば、就職しやすいという利点もあります。ホームヘルパーはもともとは利用者様の生活のために存在しています。利用者様を笑顔にする、とてもやりがいのある仕事ですので、人のために何かをしたい、性格の優しい方には合っているのではないでしょうか。需要のある分野ですし、間違いなく必要とされる仕事です。ホームヘルパーとして働く方を応援しています。

ホームヘルパーのアルバイトは多いです。

超高齢化社会といわれることも多い我が国日本、戦後、核家族化が進んでいること、子供の数の減少などとも相まって、高齢者問題が日々様々な媒体で取り上げられるようになっています。人は生きている限り、着実に老化していくもので、そのスピードを緩めることは可能であっても、完全に止めることは不可能です。

年を重ねていき、高齢者と呼ばれる年代になっていくと、身体も以前のように頭で思うようには動かなくなってしまうものです。一昔前であれば、自分が年老いても、子供や孫世代と同居していることが当たり前だったので、高齢になれば今までこなしてきた役割は若いものが担います。

この自然のシステムが現代の日本では壊れてしまっているので、高齢者のみの世帯には、ホームヘルパーという仕事をしている人の介入が必然となっています。老老介護などという言葉も誕生しているように、老人の面倒を老人が見るという事態がほぼ当たり前となってきてしまっているため、ホームヘルパーの需要はますます増えていくことは間違いないでしょう。

不景気といわれているこの時代、アルバイトを含め仕事がないとは言われ続けていますが、それでもこのホームヘルパーの仕事はアルバイトやパートはひっきりなしに募集しています。

ホームヘルパーも履歴書の書き方を学ぶ

仕事を探す為には履歴書を掛ける事が欠かせず、ホームヘルパーも就職が仕事に結び付きますから、履歴書の書き方を覚える事は初歩に必要なので、早めに覚える事が就職活動に役立ちます。ホームヘルパーの仕事は能力が必要なので、正確に人材の能力を把握できる方法が必要ですし、履歴書に間違いがない事は重要ですから、正しく正確な内容で書く事が求められます。

ホームヘルパーに限らず経歴を重要視される職場はありますし、学習も十分に行われる事が大切なので、経歴の書き方がホームヘルパーの採用に影響する可能性はあり、総合的な判断として文字からも性格を読み取る事が行われます。

履歴書だけでは個人の全てを知る事は出来ませんが、採用を担当するスタッフは判断を行う責任がありますから、仕事を任せられるホームヘルパーとしての能力を求めますし、採用に値する価値を持つか判断する為に履歴書を活用します。

就職は積極性も大切なので、アピールする力はホームヘルパーにも役立ちますから、仕事に役立つ能力を積極的に伝える事が出来れば、就職を有利に進めて仕事を得る事に繋がります。仕事とは無関係な点でアピールを行うと、評価としてはマイナスに働きますし、労力を使う場所を間違えているので、成功を遠ざける結果になります。

ホームヘルパーの人手不足について

ホームヘルパーは体や精神的にも大変な仕事です。しかし高齢者は増える一方な為、なり手がいない為人手不足が深刻になっています。実際に求人欄を見ると常に介護職は求人を出していて、それでも働き手が来ない状態です。

また、その大変さゆえ、ホームヘルパーとして仕事を始めても、すぐにやめてしまう等、続かない人が多いのも現状です。人手不足が招いた現場では、スタッフが足りない為、色々頼まれてもすぐに対応できなかったり、時には高齢者は思いもよらない行動をする事があり、目がとどがず怪我をしてしまうなんて事もあります。

ホームヘルパー1人に対してたくさん見なくてはいけない為、ヘルパー自体の精神的、肉体的共に負担も大きいです。また、行事の準備やその他の業務も、人手不足から1人に対する仕事量もたくさんありとても負担です。余裕をもって仕事が出来ないため、スタッフ間でもトラブルが起きる事もあります。

これから先、超高齢化時代がやってきます。また、核家族化が進み、老老介護問題もでてきます。そんななか、今の現状のままでは、介護を受けれない高齢者も出てくるでしょう。安心して介護を受けられる、またその家族を守る、スタッフが安心して働ける為、ホームヘルパーの人手不足の対応策が求められます。

ホームヘルパーが不足している現状

いま、高齢化社会で大変問題になっているのが、ホームヘルパーの不足です。これは大変深刻な問題です。確かに介護の仕事で働こうと考え資格をもっている人はいますが、実際の現場を体験してやめたり、入社してもなかなか続かないなどたくさんの問題点があります。

実際に給料もやすく、特に男性は、結婚して生活を支えなければならないのに安い給料ではやっていけないとやめる方もいます。また、頑張ってホームヘルパーとして働いていても、大変な重労働な為、膝や腰を痛め仕事が出来ないなんてこともあります。

また、一人でする仕事量も多く、たくさんの人を入浴させたり、次々に仕事の途中でも声をかけられお願い事をされたり、レクレーションや行事を考えたりなど技術だけでなく要領も必要な為、なかなかなり手がいません。

こうした事から、ホームヘルパー不足を解消するには、給料を上げるのはもちろん、新しいスタッフが入ったら1人でする仕事量が多い為仕事量の分散をし、働きやすい環境整備が必要です。

また、スタッフが腰を痛めていたりした場合は他のスタッフが手伝えるような、余裕のある職場作りとそれが出来るよう施設側だけでなく国も一緒になって考えなければいけません。スタッフや施設だけが頑張ってもどうしようもない事があります。なので、国の介護をする側への支援が重要になります。

ホームヘルパーの人数は多い方が良い

介護で必要なものは人手ですが、ホームヘルパー自体が少なめなので、比較的雇ってもらえる確率は高くなります。一人暮らしの老人等のお手伝いさんで、一人で対応するよりは数人の人数で日替わりに対応するように、その方が一人が出勤出来なくなった時に、代理で訪問出来たりするので、人数は多い方が良いのではないでしょうか。

介護は、本当に大変である仕事ですが、とてもやりがいのある事なのではないかと、感じます。困っている、お年寄りの方に喜んでもらえるような、そんなお仕事ができるのはとても素晴らしいですよね。ホームヘルパーの仕事をするには、資格を取得しなければいけません。

専門学校で通うのも良し、通信教育などで資格を取るのもよしなので、自分の通いやすい所で資格を取るようにしましょう。ホームヘルパーというお仕事は、本当に大変なので軽い気持ちで行っていると、とんでもない目にあったりするので、気を引き締めて仕事に取り組むようにしましょう。

資格を取ったら職場探しですが、ハローワーク等に出向かうと、たくさんの募集があるので、すぐに仕事に就ける事ができるかも知るません。資格をとったのならば、折角なので利用しないと勿体無いですよね。