ホームヘルパーの仕事内容はどんなことをしているのか

介護の現場で活躍するホームヘルパーというお仕事、名前だけは何となく聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。

ここではホームヘルパーが実際にどんな仕事内容をしているのかについてまとめています。

ホームヘルパーとしての仕事内容とは

今ではたくさんの求人が出ている介護職ですが、ホームヘルパーとはどういった仕事内容なのかを解説していきます。まず、介護度にもよって違いますが基本介護を必要とされる方に対しての介護を行ったり補助や自立を促すなどいろいろあります。また、施設勤務になると、食事を作ったりレクリエーションや手作業の準備など介護以外の仕事もあります。

介護的な仕事内容は、食事介助や入浴介助、洋服などの着脱介助やトイレ介助、車椅子やベットへの移動やバイタルチェック、歩行介助、在宅になると買い物や掃除洗濯などもあります。その他の仕事内容としては、記録をしたり、会議やモニタリング、外出活動やクリスマス会などのイベント行事の企画や準備、手作業の準備や施設によりお客様の送迎などさまざまです。

また、特に施設では、色んなタイプの施設があり、余興中心の施設や、リハビリ中心の施設などあり、リハビリ中心になると、パワリハなどのマシーンの指導やくもん学習療法を行っているところは、研修を受け資格をとりくもん療法をホームヘルパーが行っているところもあります。

ホームヘルパーの仕事内容をあげましたが、これはあくまで一部で緊急なときは、ヘルパーが色んな対応をしたり、介護度によって完全に介護を必要とする場合と介護度が低い為自立を促す為なるべく手伝わないなどいろんなパターンがあります。何事にも臨機応変が求められます。

ホームヘルパーはきつい仕事のイメージ

ホームヘルパーというと、高齢者や身体の不自由な方の手足となって生活の様々な面で人の役に立てるやりがいのある仕事の一つです。ホームヘルパーとして働くためには、資格取得が必要です。1級、2級、3級と分かれています。3級は自治体などでも講習を行っているなど比較的に簡単に取得できます。

簡単なだけあって、実践では知識不足となってしまうため、自宅介護などには役立てることができますが、訪問してヘルパーの仕事をするためには2級取得は必須となります。1級を取得するには、2級取得後1年間の実務経験が必要となります。

1級と2級の仕事内容にほとんど違いはありませんが、1級取得者は主任となり訪問介護の計画を立てる立場になることができます。ホームヘルパーの登録先でも正社員となれる可能性は大きくなります。

年々高齢者社会となっている中で、ホームヘルパーは需要も大きく高まっている上、人の役に立てる仕事ということでヘルパーを志す若年層も多いことも確かです。しかし、社会的にも現在問題となっているきつい仕事である福祉、介護に携わる人の給与面での低さはホームヘルパーを行う人の中でも問題となっています。

併せて実戦を経験すると仕事内容が勉強してきたことよりきついことを知り、辞めてしまう人もいるのも現状です。

ホームヘルパーとして働く上での心得

ホームヘルパーとして働くにあたっていくつか心得ておくことは、誤解を招くような言動を控える、お茶菓子ひとつにしても頂かない、サービス利用者の癖を理解し利用者ができるだけ望む通りにサービスを提供することが重要です。

ホームヘルパーの仕事はサービス利用者の自宅に訪問をして、入浴や排泄のお世話などの身体介護や買い出しや料理、掃除をするなどの生活支援をすることです。自宅に他人が入るという仕事の性質上、物やお金がなくなった時は犯人扱いされることもありますし、接待の強要をされたと被害妄想の被害に遭うこともあります。

できるだけトラブルに巻き込まれないよう自分の身を守るため、誤解を招くような言動をしていないか、相手の尊厳を傷つけることなく相手が望むようなサービスを提供できているか、常に自分を振り返ることが大切です。

ホームヘルパー自身の家事のやり方では、納得のいかない利用者は多いものです。利用者に不満を言われた時、どのようにすればよろしいか教えてくださいと、一声かけることを心得ておくとホームヘルパー側としても利用者の癖がわかりやすく、次からは利用者が望むサービスを提供しやすくなります。

利用者との信頼関係を築いていくことが、その後の仕事をスムーズにします。

ホームヘルパーとしての心構えとは

ホームヘルパーとして働く場合、人間を相手にしている為いつくかの心構えか必要です。まずは、人間関係や信用性がないとホームヘルパーとして働けないので個人情報など絶対に守ります。また、お客様との会話でも他のお客様には言わないでという事もありますので、約束は必ず守ります。

また、お客様は介護状態でも敬意をもって接します。自分よりも人生を長く生きていて、大先輩になるので尊敬の意を持って接します。そして、相手の置かれている状況や体調などを知る為かならず、どんなささいな事でも相手の話をきちんと聞きます。聞き上手になりましょう。あとは、技術向上の追及も心構えとして必要です。

どんなに人当たりがよくやさしく丁寧でも技術がともなわなければ意味がありません。相手は何らかの介助が必要で利用しているので、肝心の介助がうまく出来なければ意味がありません。どんなときもこれぐらい出来ればいいというわけでなく、まだまだ技術を磨かなくてはという向上心が必要です。

ホームヘルパーは基本人間が大好き、お年寄りが大好きということが大前提です。いくつかあげた心構えはまだ、ほんの一部ですが、最低限これだけは覚えていただけたらと思います。

ホームヘルパーのサービス内容について

正式には現在、ホームヘルパーと呼ばれる資格はありません。2013年4月に管轄省庁である厚生労働省が行った法改正により、旧ホームヘルパー2級は介護職員初任者研修、ホームヘルパー1級は介護職員実務者研修に変更されました。

これは、介護部門におけるキャリアアップ制度の向上や今まで、制度自体が複雑で介護制度の資格取得を進めていく中で、必要な知識の習得が重複していたことや制度自体が煩雑化していたことが主な要因です。しかし、名称自体や講義終了後の修了試験が義務化されたことなどを除けば、その仕事内容自体に大きな変わりはありません。

主なサービス内容としては、利用者(要介護者)必要とする掃除、洗濯、調理等の生活援助サービスや、入浴介助、排せつ介助等、直接利用者の身体に触れる身体介護、車椅子や福祉専門車両を利用した外出介護などサービス内容に特に変化は無いと言えるでしょう。

少し変わった点とすれば、前述の法改正に伴い、福祉施設や自宅等のおける2012年4月から、より専門性の高い介護福祉士や一定の研修を受けた介護職員等においては、あくまで、医師や看護師との連携が必要とはなりますが、安全確保が図られていること等、一定の条件の下でたんの吸引等の行為を実施できることになりした。

対象となる医療行為はとしては、たんの吸引(口腔内、鼻腔内、気管カニューレ内部)のほか、経管栄養(胃ろう又は腸ろう、経鼻経管栄養)となっています。実際に完全な行為が出来る訳ではありません。しかし、介護従事者の重要性はここまで高まってきているのです。