ホームヘルパーになるには何をしたらいいのか

近年高齢化社会がどんどんと進んでいく中、医療や介護の現場で働きたいという若者が増えています。

その中でも人気のある職業、ホームヘルパーになるにはどうしたらいいのかについてまとめています。

ホームヘルパーになるにはどんな資格が必要か

最近重要視されている福祉の仕事「ホームヘルパー」になるには必要な資格がいります。取得方法は2つあり、通学制と通信制です。通信制の場合は仕事や家事との両立が可能ですが、実習を行わなければならないので、その際は通学するか、自治体で実施している講座に参加します。

また、制度が変わりこの資格を取得してから、自治体、社会福祉協議会などさまざまなところで実施している「介護員養成研修」を決められたカリキュラムを取得した級に応じて、決められた時間数行います。研修の時間は1級課程が230時間、2級課程が130時間、3級課程が50時間となります。

ホームヘルパーになるにはこの資格が必要ですが、中でも最近では2級以上の取得が望まれています。なぜなら、3級と2級では内容はさほど変わりはないのですが、3級のホームヘルパーが介助の場合は会社に支払われる金額が減額されます。そのため給与自体も減額されてしまうからです。

資格を取って、研修を受ける際、この費用に関しては実費のところや一部免除、また、会社自身で実施しているところがあるので事前に下調べをしておく必要があります。最もおすすめなのは会社自身が研修を行っているところです。事前に会社のこともわかり、同じホームヘルパーと顔見知りになれるのも利点です。

ホームヘルパーになるには、資格が必要です。

介護保険法で規定する訪問介護事業でのホームヘルパーになるには、介護職員初任者研修や介護職員実務者研修などの公的な資格が必要です。これらの資格を持っていない人が訪問介護事業所でホームヘルパーとして働くことは禁止されています。

このホームヘルパーになるには資格が必要なわけですが、これらの資格は前提となる資格や実務経験はないため、始めて介護の資格を目指す人にとっては取得が目指しやすいものです。なお、研修の最後には試験がありその試験合格を持って資格取得です。

これらの資格の上位資格に該当す資格は、前提条件が付されているものがあるため、介護の仕事をしたことがない人にとってはハードルが高くなります。特に実務経験で数年以上必要であるというものも中には存在するため、まずは介護職員初任者研修や介護職員実務者研修などを目指すのがよいと言えるでしょう。

なお、こうした資格は、民間などの専門学校で通信課程で学ぶこともできますし、また通学課程で学ぶこともできるように制度上設定がなされています。また、ハローワークが資格取得を応援する制度も存在しているために、取得を目指す人にとってはそれぞれ個々の事情に応じて取得方法を考えていけばよいでしょう。

ホームヘルパーに必要な資格について

ホームヘルパーは訪問介護を行う仕事です。これからは介護が必要な高齢者が増えていきますが、施設サービスのみでは対応できないことが予想されます。そのため、今後はホームヘルパーへの需要が大きくなっていくことはまず間違いありません。

そのため、ホームヘルパーの仕事に興味がある人も多いのではないでしょうか。行う場合に必要な資格について説明します。ホームヘルパーを行うために必要な資格は以前はホームヘルパー2級という資格でした。以前に取得した人は今後も有効ですが、これから新しく取得することは出来ません。

現在では介護職員初任者研修というものが行われており、この研修を修了することで仕事を行うことが出来ます。また、初任者研修よりも上位の資格であるヘルパー1級や介護福祉士の資格を持っている場合ももちろん行うことが可能です。介護職員初任者研修では介護を行うために必要な知識や技術を学びます。

しかし、実際にはそれで十分ではなく、仕事の中でさらに知識や技術を磨いていくことが必要です。そのため、最初は施設などで先輩からの指導を受けながら働くことをおすすめします。知識と技術が身につき、一人でも責任ある仕事が行えるようになれば訪問介護を行うことができます。

ホームヘルパー資格の取り方について

正式に言えば、現在ホームヘルパーと呼ばれる資格はありません。2013年4月から法改正が行われたことから、旧ホームヘルパー2級は、介護職員初任者研修、旧ホームヘルパー1級は介護職員実務者研修へと名称が変更されました。ここで、この資格の取り方についてご説明しましょう。

まず、介護職員初任者研修については、介護部門の初期段階における資格である位置づけにあり、年齢、学歴、資格、経験等は一切問われません。この資格の取り方とすれば、各地方自治体が指定する施設や各教育機関において、130時間の講習を受けることが義務づけられています。

この130時間の講習を受けた後に、約1時間の修了試験を受け、その試験に合格することで、資格を取得することが出来ます。介護職員実務者研修については、それより上位の資格取得を目指すなど、やや難しくなってくることは否めません。

受験資格としては、ホームヘルパーとしての3年以上の実務経験のほか、約6か月にわたる講習が必要となってきます。ここで、難しくなってくる申し上げましたが、介護職員実務者研修の資格取得において、更なる上位資格である介護福祉士の実務試験が免除されることや、訪問介護事業者で必ず配置されるサービス提供責任者などの資格を得ることが出来ます。

資格取得には、様々な情報機関や学習施設など多くの情報を提供しています。まずはお気軽に内容をご確認して頂くことをお薦めします。

ホームヘルパーの資格取得に必要なスクーリング

ホームヘルパー2級は2013年度に廃止になり、介護職員初任者研修となりました。どちらも同等の資格ですが、カリキュラム内容が変わりました。学習時間が130時間なのは同じですが、ホームヘルパー2級には30時間の実習がありました。

これは実際に訪問介護や施設で働いている職員と一緒に、本物の利用者に対して介護サービスを提供する体験をします。介護職員初任者研修では実習がなくなり、実技スクーリングが42時間から90時間に増えました。

実習では内容に偏りがあったので廃止にして、実技スクーリングでより専門性の高い介護技術をプログラム講師から学べるようになりました。介護は高齢者の日常生活を支援する仕事なので、知識だけではなくて必ず実技演習が必要となります。

以前のホームヘルパーでは在宅サービスを中心とした内容だったのも、介護職員初任者研修では在宅でも施設でも共有できる内容に変更して、認知症の高齢者に対する内容が増えたそうです。

そして、新たに修了試験に合格することが資格を取得する条件になり、質の高い人材を増やしていくようになりました。これからも需要が高まっていく介護の仕事は大変ですが、不況にも強くて遣り甲斐がある仕事として注目されています。