ホームヘルパーとして転職する前に知っておくべきこと

日本の不景気が進んでいくにつれ、将来を考えて資格を取得し、介護や医療の現場に進む人も多くいます。

その中でも人気のある職業、ホームヘルパーに転職する前に知っておくべきことについてまとめています。

ホームヘルパーに転職を考える前に

介護など高齢者にかかわる仕事は人材不足と言われているため、ホームヘルパーの資格を取得して、ホームヘルパーの仕事をしようと考える人も多いのではないでしょうか。

ホームヘルパーの資格が取得できる講座は数多くありますので、資格を取る方法を見つけるのは簡単ですが、仕事を見つけるのは簡単とは言えません。

転職でホームヘルパーの仕事を考えている場合、介護関係の仕事は未経験という人が多くいます。介護の現場を知らないまま就職できても、思った感じと違うと、すぐに辞めてしまっては、せっかく取得したホームヘルパーの資格も無駄になってしまいます。

また求人をする側も、すぐに辞めてしまう可能性の高い未経験者よりも、仕事の内容を熟知している経験者を採用したいと考えているため、未経験者はなかなか採用されない場合もあります。特に人材不足で即戦力がほしい施設などは、未経験者の採用は難しいでしょう。

しかし、未経験者にチャンスがないわけではありません。資格を取得する前に、老人介護施設や障害者施設などでボランティアをすると、現場の雰囲気を知ることができ、介護の実績を積むことができます。

いきなり介護のボランティアは難しいといった場合には、慰問で演奏や芝居などのリクレーションをするグループに参加したり、お手伝いをして、まずは高齢者や障害者のいる施設の雰囲気に慣れてからボランティアを始めるという方法もお薦めです。ホームヘルパーの転職で大切なことは、職場の雰囲気を少しでも多く感じ取っておくことです。

ホームヘルパーの就職先と働き方

ホームヘルパー(介護初任者研修)の資格を取得した後、就職先を決める基準としてまずは医療保険で働くか、それとも介護保険で働くかがあります。医療保険での働き方はつまり病院など医療保険に基づいて診療報酬を請求している医療機関で働くことを意味します。

急性期病棟、回復期病棟、維持期病棟などによって忙しさなどは変わってきますが、基本的には入院している患者のケアを看護師や他コメディカル職種とのチームアプローチによって進めていきます。施設によっては介護的な役割だけではなく、看護助手として衛生管理面のケアまで行う場合もあります。

病院では色々なコメディカル職が勤務しているため、他職種との連携が強く求められます。例えば、介護ケアとして清拭や体位交換を行う際に看護師と連携して褥瘡ケアに努めたり、食事介助や移乗動作介助を行う際に理学療法士などリハビリテーション職と連携してより自立度を高めるための介助方法を選択していく必要があります。

また、介護保険での働き方は介護保険に基づいて介護報酬を請求する介護施設もしくは機関で働くことを意味します。これはさらに施設内で働く場合と、利用者の自宅を訪問するホームヘルパー(訪問介護)の2種類に分類されます。

介護施設に入所する利用者の方はADL自立度が低い方が多く、より密接な丁寧な介助方法と身体的な負担が必要となります。ホームヘルパーとして働く場合は自分1人で時間内に契約内容の業務を全て行う必要があるため、手際の良さと対応力が必要となります。

ホームヘルパーとして必要な能力

ホームヘルパーとして働くには、ただ他に仕事がなくなんとなくなるや、ちょっとやってみようかでは勤まりません。いざ働いてみると、思った以上に大変だとか、排泄介助が苦手だという人がいて長く続きません。では、ホームヘルパーになるには、どういった能力が必要でしょうか。

まず、人とのコミュニケーション能力が必要です。これは、介護というのはどうしても人を相手にする仕事になります。なので、相手がどのような会話をしていてどう返事したらいいのか、何を求めているのかが理解できないといけません。

また、利用者と話す事により、その人自体が理解できるようになり仕事がしやすくなります。なので、スタッフ同士にしてもお客様にしても会話は絶対必要なのでコミュニケーション能力は必要です。

あと、技術面の能力です。確かに最初はなかなかうまくいきませんが、いつまでたっても技術を習得できない、理解できないでは、現場のスタッフもお客様も困ります。なので、上手になるように、向上心をもち、技術面をあげていく必要があります。

ホームヘルパーは、能力以前に人が好きか、高齢者が好きかが大前提になります。また奉仕の心も必要です。人が好きでなければこの仕事はつとまりません。その上で上記のような事が必要になってきます。

ホームヘルパーとして働く方の年齢層

ホームヘルパーは、介護保険や障害者サービスの一環として利用される方が多く、利用者の入浴や着衣の手伝いなどの身体介護や部屋の中の掃除や買い出し、食事を作るなど日常生活の手助けをすることを仕事としています。

サービスを利用する方は基本的に高齢者が多いため、利用者自身も多くは希望が伝えやすい、また自分と話が合うということを重視し、ホームヘルパーの仕事をする方の年齢層は比較的高い傾向があります。

在宅で自立した生活を送るために生活を手助けすることが目的となっているホームヘルプのサービスは、家事などの医療や介護に直接的には関係しない家事の技量も必要となるため、そのこともホームヘルパーとして働く方の年齢層が高いひとつの要素です。

最近自分の身の回りのことができなくなってきたと感じ、ホームヘルプのサービスを希望する方は、まずは市町村に相談し、自立した生活を送るために人の手助けが必要かどうかを審査してもらうため認定申請をしてください。

障害者の方は障害者福祉課へ、65歳以上の高齢者の方は介護保険課へ申請に行きます。市町村で認定を受けましたら、ケアマネジャーと呼ばれる方に在宅で生活をするためのホームヘルプ利用の計画を立ててもらいサービスを利用することになります。

ホームヘルパーの仕事は幅広い年代に愛される

ホームヘルパーにおいては、年齢及び性別は関係ありません。誰でも行う事が可能です。今や高齢社会は問題となっており、以前は中高年の女性の姿が多くありましたが、最近では20代の若者の姿も多く見られるようになりました。

若者の年代が増えた理由としては景気の問題が挙げられます。手に職をという思いから介護福祉士の資格を取得したいと、ホームヘルパーを始める人もいます。実務者コースの場合は3年の経験と今後は実務者研修を受ければ介護福祉士の受験資格を得る事ができます。

国家試験でもあり魅力的な資格であるといえます。ホームヘルパーと名称は変わっても同様の仕事は以前からあり、その流れで仕事をしている方も多くいます。そのため70代でもホームヘルパーとして活躍している人もいます。

今までの経験と研修に参加して新しい知識を得て、吸引業務を行う人もいます。ただ、高齢のホームヘルパーになると女性の方が多いという印象を受けます。介護の仕事は人の生活に関わる仕事である事から、画一的な介護を行う事は不可能です。

常に、一人一人に対する介護は同じ様に見えても、どこかは異なっています。介護の魅力は、その人に対して何が一番ベストなのかを考えて行う事でしょう。それが幅広い年代に愛される仕事なのかもしれません。

全国におけるホームヘルパーの人数の推移

ホームヘルパーは、実際には「家庭奉仕員」という呼び名で昭和30年代ごろから存在しており、社会問題化した寝たきり老人対策として、ホームヘルパーの確保のために国庫補助制度が導入されるなどのできごともありました。

こうした流れを受けて介護保険制度が開始されたのは平成12年のことですが、厚生労働省が毎年取りまとめている「介護サービス施設・事業所調査」では、この間のホームヘルパーの人数の推移が統計表として明らかにされています。

統計表を見ると、平成12年調査時点での常勤換算従事者数で見た訪問介護事業所の介護職員の人数は、全国で72,178人でした。その後10年以上を経過した平成24年調査時点での訪問介護員の人数は、全国で187,027人となっています。その前後の数年間については、全国で約16万人程度と、わずかな増減を伴って推移してきました。

統計の取り方などに若干の変更があるため単純比較はできないものの、制度開始時からのホームヘルパーの人数の推移として、約2倍以上に増加しているということがいえます。これは、高齢化の進展を背景として、ホームヘルパーの介護対象である要支援・要介護高齢者数の増加に対応したものです。

しかしながら、社会保障国民会議のシミュレーションによれば、2025年時点では介護サービス全体として最大255万人の介護人材が必要という結果も出ており、将来的には要支援・要介護高齢者数の増加に追いついていけないのではないかという問題定提起もなされています。

定年を見据えたホームヘルパーの将来

十分な収入と安定的な仕事を行う事によって、定年まで継続的に働ける可能性は高まりますし、専門性が有れば収入は大きくなりますから、ホームヘルパーにとっても将来を見据えた仕事の行い方が大切です。

ホームヘルパーとして仕事の継続を行う事は出来ますし、長期的に働ける事もホームヘルパーの特徴になりますが、定年になっても働けるとは限りませんから、仕事を行いながら他の選択肢を用意する事も役立ちます。

仕事に集中してホームヘルパーの技術を磨く事も一つですし、能力次第では定年後も仕事に関わる事は可能ですから、専門分野で特化した人材になる事が出来れば、ホームヘルパーを総合的な仕事として継続出来ます。

知識が豊富な人材であれば、体力が無くても情報に価値があるので、サポートを行う仕事で役立てますし、知識を活かして仕事や環境を改善する事も可能になります。

定年は人生のポイントなので、終わりではなく通過点ですし、諦めなければ仕事の選択肢はありますから、事前に将来を含めた可能性の模索がホームヘルパーで生活を行う場合にも重要です。可能性を広げる事が出来るのは、自らであり努力や経験次第なので、人脈を広げて繋がりを持つ事も必要ですし、チャンスを作り出す事や選択肢の幅を広げられます。