ホームヘルパーの資格を取得するために通学することについて

ホームヘルパーは資格を必ずしも必要とする職業ではありませんが、資格を取得した方が何かと有利になるのは間違いないです。

ここではホームヘルパーの資格を取得するためにスクールなどに通学することについてまとめています。

ホームヘルパーの資格取得は通学ではなく通信で

以前はホームヘルパーの資格を取得するには通学が必要でした。また、実習も必要であり、仕事をしながら資格を取得するのは大変な事でした。仕事を終えてから研修に向かう場合もあったようです。地域によってはスクールの場所が遠方であり、通学時間も負担になっていたようです。

現在のホームヘルパーの介護初任者研修、実務者研修では法の改正によって新しくできた研修であり、通学が必須ではなくなりました。自宅学習が可能になったことで、自分のペースで学習を行えるようになったのです。プライベートと仕事、学習のスケジュールが立てやすくなり、取得しやすくなっています。

通信では資格取得に向けての強い意志が必要となります。自分ので学習しレポートの提出が求められます。その期限を守っての学習を行うため、スケジュール管理をしっかりと行わなければなりません。

ホームヘルパーの仕事は人と接する仕事であり、技術を求められます。そのためにスクーリングで演習を行い、技術を修得します。この時には通学をしなければならないというデメリットが生じてしまいます。スクーリングの期間は短く、仕事に支障がでないように設定されている事がほとんどです。

通信でも費用は決して安くはありません。始めたらやり遂げる気持ちで取り組まなければなりません。

ホームヘルパーになるにはスクールが近道です

ホームヘルパーとは高齢者や身体障害者の生活を支援する仕事で、料理や掃除などの家事をはじめ入浴や排せつのお世話をします。しっかりとしたヘルパー育成のため、介護職の資格制度が変わり、以前のホームヘルパー2級の資格は介護職員初任者研修となりました。

現在の介護状況に沿った専門的な知識を得る必要が出てきましたが、この事によりキャリアアップが目指せるようにもなりました。高齢者社会の到来によりホームヘルパーの需要が増加し、スクールも独自の特徴を出して受講生を募集しています。

資格取得のための必要な講習時間や内容が決まっており、平日にスクールに通える場合は短期間での資格取得も可能ですが、仕事を持っている場合は期間を長く設定し学ぶ事もできます。受講者は未経験者も多く、家族の介護のために学ぶ場合もあるので、介護の知識や経験が無くても問題なくスクールに通う事が出来ます。

ホームヘルパースクールでは費用のかからない体験レッスンを行ってる場合があり、気になるスクールの雰囲気を確かめてから入学する事ができます。資格取得に必要な費用は、入学料も含め15万前後が一般的です。学習時間は130時間が目安と言われ、多くの人は3か月から4か月で学習が修了します。

専門学校でホームヘルパーになる努力

専門学校は専門性を学べる場所ですから、学習を行う場合に最適な選択肢ですし、ホームヘルパーも専門性がある職業なので、仕事が行える実力を専門学校で身に付ける事が出来ます。

実際に役立つ知識とホームヘルパーに欠かせない技術を得る事によって、仕事に繋がり収入源の確保が行えますから、ホームヘルパーも必要とされる仕事ですし、社会的に役立つ事により収入が得られます。

安定的な仕事を行う為にも、ホームヘルパーとして取り組む事が仕事を行う上で重要ですから、専門学校で経験できる時間は大切なので、時間を有効利用してホームヘルパーを目指す事になります。

専門学校で学ぶ場合は費用が必要ですし、一定期間学ぶ事が出来る環境を実現する必要が求められるので、生活環境を含めた学習に最適な状況を実現する事に対して、十分な費用の確保と投資が必要です。

将来に役立てる人材になる場合は、価値を認められる実力は意味を持ちますし、専門学校の経験が将来に影響しますから、プロのホームヘルパーになった後を考える事も重要です。明確な将来像を持つ事によって、不安を感じない安定した生活実現に役立ちますから、収入の増加を目標としたり新たな資格の取得も行えるので、状況を正しく判断出来る経験を得る事が役立ちます。

ホームヘルパー資格の認定機関とは

ホームヘルパーは、高齢者や障害者など、介護が必要な人の家庭を直接訪問して、食事や入浴などのさまざまな介護を行ったり、日常の世話を行うことをメインの仕事としている人たちのことです。

このホームヘルパーとしての資格は、介護福祉士のように、法律の定めによって国家資格として認められ、試験制度を伴うようなものではありません。基本的には、厚生労働省が定める要件に沿った「介護職員初任者研修」とよばれる研修を受講して、最後に行われる修了テストにパスした人たちのことを指しています。

法律上の直接の位置づけはなく、法律の条文の内容を補足している施行令や施行規則といったところで研修についての定めがあります。この「介護職員初任者研修」は、都道府県か、都道府県の指定を受けた指定事業者が実施することになっています。

そのため、ホームヘルパーの認定機関として履歴書などに記載する必要がある場合には、研修を受講した機関の名称でよいということになります。

一般的には、都道府県が自ら研修を実施するのでない場合は、都道府県や市町村レベルの社会福祉協議会、介護福祉士会、福祉系のNPO法人や高等学校、専門学校などが、この認定機関に該当することになります。

ホームヘルパーの仕事と依頼にかかる費用について

少子高齢化によって急激に需要が高まっているのが、「ホームヘルパー」の仕事です。この仕事は、介護が必要な人の自宅を直接訪問し、「身体介護」や「生活援助」「相談・アドバイス」を行います。

具体的には、自分自身で日常生活を送るのが困難な人のために、トイレや食事、着替えや入浴の介助、薬の服用や床ずれ防止の体位変換、さらに外出時の付き添いや病院などへの送迎、買い物などの介助も行います。ホームヘルパーは、利用者の生活の全てを支える大事な役割を担っています。

ホームヘルパーの資格は「民間資格」のため、各自治体や民間の養成講座、通信講座などで、資格取得に必要な知識や技術を身につけることで資格を取得出来ます。決して楽な仕事ではありませんが、人から直接感謝されるこの仕事はやりがいもひとしおです。

また、ホームヘルパーを利用する際の費用は、「利用回数」や利用者の「要介護度」よって異なります。利用者が「要支援」の場合にかかる費用は、週1回利用で12260円、週2回の場合は24520円となります。週3回は「要支援2」の人のみが利用でき、費用は38890円です。

「要介護」の場合は、利用時間によって費用が細かく区分されています。早朝や夜間、深夜に利用する場合は、別途追加料金がかかります。

ホームヘルパーの筆記試験について

平成25年4月1日に介護保険法施行規則という法律が新たに制定されたことから、厳格に言えば現在ホームヘルパーと呼ばれる資格はありません。ホームヘルパー1の正式名称は「介護職員実務者研修」、ホームヘルパー2級は「介護職員初任者研修」と呼ばれるようになりました。

また、以前は講義・実技講習・実習(2級では30時間)により実施されていた研修ですが、改正後は講義及び演習により行うこととし、実習(実際に福祉施設等で行う演習9については必要に応じて行われることになりました。そのほか、制度移行に伴い名称変更と別に大きく変わった点があります。

それは、今まではホームヘルパー2級は講習を130時間、ホームヘルパー1級は2級における3年間の実務経験を経た後に講習を受けることで資格を取得することが出来ていました。しかし、制度変更の後、研修カリキュラムが変更され、講習のほか筆記試験が必要となったのです。講習についても講義と演習を一体化することなどを厚生労働省が定めています。

試験内容としては、管轄する各都道府県によって若干の違いがあるようですが、講習で行われる介護・福祉サービスのほか、老化、認知症、障害に対する理解などの復習としての筆記試験が行われることとなります。