ホームヘルパーになるための通信講座について

ホームヘルパーになるには資格を取ることは必須ではありませんが、資格を持っていて損はありません。

ここではホームヘルパーの資格を取得するための通信講座について詳しくまとめています。

通信講座を活用したホームヘルパーの資格取得

ホームヘルパーの資格を取得するには合計130時間の講習を受ける必要がありますが、講習の内容については講義が58時間、実技演習が42時間、介護実習が30時間となっています。このうち通学制で受けなければならないものとそうでないものがあります。

通信講座でホームヘルパーの資格を取得することはできませんが、通信講座と通学制の講習を合わせることは可能です。130時間のうち講義の58時間は通信講座を活用して自宅で学ぶことが可能です。仕事をしながら資格取得を目指すのは簡単ではない面がありますが、時間がとれないことが理由となります。

通学制では通うことが難しい場合もありますが、自宅で学べるために負担を少なくすることが可能です。ホームヘルパーの資格取得では実技演習と介護実習を必ず受ける必要がありますが、通学制でなければできないものになります。通信講座だけでは取得はできませんので、通学制と併用するスタイルで学ぶことになります。

ホームヘルパーの2級では最大52時間を通信講座で学べますが、介護職員初任者研修では40.5時間が最大となりますので注意が必要です。通学制以外でも併用する必要がありますので、通学制を選択したほうが良い場合もあります。

ホームヘルパーの資格は通信講座で取ろう

以前ホームヘルパー2級と呼ばれていた資格は、現在介護職員初任者研修となっています。介護の仕事に就きたい方が初めに取得する資格です。この資格を取得したい方は、通信講座を利用してはいかがでしょうか?通信講座なら自分のペースで学習を進めていくことができますし、分からない点があってもサポート体制が充実しているので安心です。

介護職員初任者研修の資格を取得すれば、ホームヘルパーとして就職することができます。高齢化に伴って介護関係の職場は増え続ける一方ですから、ホームヘルパーの需要が減少する心配はほとんどないでしょう。

介護職員初任者研修の資格取得を目指す方は、通信講座のカリキュラムに沿って学習を進めていきましょう。通信講座でも自宅学習の他にスクーリングを実施しています。実際に介護の現場に出ると、思いがけないことが起こる場合も想定できますね。

様々なケースを想定しながらスクーリングで学んでいくことができるので、通信講座を修了した後は安心して仕事に就けるでしょう。自分に合った講座を探すためには、複数の教育機関に問い合わせを行ったり資料を請求してカリキュラムの内容を比較してみましょう。

分かりやすいテキストで学習できるか、料金面で負担にならないか確認することが大切です。

ホームヘルパーの資格取得とアプリに関すること

職業の中にはホームヘルパーと呼ばれているものがあります。介護を必要としている方を対象として、その生活のお世話全般を担うことになりますが、仕事内容は多岐にわたっており、家事や炊事など、最低限人が生きていくために必要とされている項目をこなす必要があり、利用者にとっては非常に感謝される内容を持っていることになります。

ホームヘルパーは比較的簡単に取得することのできる資格としても知られており、基本的には年齢制限や学歴に関しても厳しい審査などが無いこともメリットとされており、例えば中高年の方々であっても、ホームヘルパーの取得を目指している方も存在しています。

各種スクールも用意されている状況にあり、お住まいの地域に存在している施設を利用することができます。学習に関しては一定の専門的知識が必要とされており、ゼロから学習を行う方の場合では、当初は戸惑ってしまう内容もあります。

しかし、近年では多機能型携帯電話なども広く普及していることもあって、試験内容をアプリで利用できる環境にあります。アプリに関しては、メリットが大きく、いつでも利用することができ、例えば電車などの移動中、自宅での空き時間などを利用しても無料で学習できる内容を持っており、十分に活躍できるものとして注目されています。

ホームヘルパーの資格を最短取得し仕事を学ぶ方法

ホームヘルパーは、入浴や食事、トイレの介助などの身体介護や買い出しや料理、掃除などの日常生活の支援を仕事としています。ホームヘルパーとして働きたい方は、介護職員初任者研修の講習を受けることで最短で1ヶ月ほどで資格取得が可能です。

ホームヘルパーの資格を取得した方は、各サービス事業所への登録をします。事業所への登録をすると、ケアマネジャーが介護サービスを事業所に依頼した際に、利用者との意向が合えばホームヘルパーとしてサービスを提供することになります。

ホームヘルパーとしての仕事を最短で学ぶ方法は、まずは利用者宅に訪問する前にある程度ケアマネジャーから利用者の人間性や癖、こだわりなどを聞くように心がけると利用者との衝突を最小限に抑えることができます。例えば、利用者によっては食器を並べる順番や食器や冷蔵庫などに指紋を残すことを嫌う方がいらっしゃいます。

利用者の要求にできるだけ応えることは必要ですが、利用者の性格を知らないで自分のやり方で生活支援をしてしまいますと、利用者が不満を漏らし、両者の間に確執を生む場合も多いのです。

接していくうちにお互いの間に信頼関係が生まれるようなサービスを提供するために、相手を知る努力や相手の立場に立つという心がけが大切です。

三幸のホームヘルパーの資格について

介護の資格を取りませんか。今、資格を取るなら、介護が要注目です。他にいろんな資格がありますが、今後、人材不足が予想される介護業界は、働き手をたくさん待っています。せっかく働くなら、求められる人材になりたくありませんか。事務や販売の仕事は、誰でも出来る仕事です。その人にしかできない、オンリーワンの仕事は介護分野しかありません。

介護の仕事がしたくて、まず、資格取得を考えているなら、三幸福祉カレッジがおすすめです。介護福祉分野に特化した専門学校として、長年の実績があります。ホームヘルパー2級は現在、介護職員初任者研修と名称を変えています。もし、介護の勉強がはじめてなら、ホームヘルパー2級の介護職員初任者研修からスタートしてはいかがでしょう。

即実践として学べる以外に、家族の介護が必要になった時に、活かせる資格として人気があります。三幸のホームヘルパー2級は、短期間でも習得できるようにプログラムを工夫しているので、初心者の方でもわかりやすく学べます。資格取得後は、すぐに生かせる場を提供しています。

全国から求人が多数寄せられているので、自分が働きやすい職場が見つけられます。転居しても、引越し先で仕事が探せるようにサポートします。

ホームヘルパーの資格は通信教育で取れる?

ホームヘルパーの資格は厚生労働省で認可されたホームヘルパー研修講座を受講すれば取得することができます。この講座には通信教育もありますので、それを受講することで通信教育でも資格を取得することは可能です。

通信教育では、研修講座の講義58時間分を自宅でテキストを使って学習していくことになります。通信教育の利点は、なんといっても講義の間は事業所や専門学校に通わなくてもいいという点です。自宅で空いた時間に学習できるので、働いている方や家庭の事情で家を空けられないという方にとっては大変便利といえるでしょう。

ただし、知っておかなければいけないのはテキストを全てやりこめばそれで資格を取得できるというわけではないということです。最終的に学んだことを実践して行かなければいけませんので、テキストによる学習が終了した後は実技スクーリングによって介護施設などで実際に介護の仕事を体験していくこととなります。

この点は、通学制の研修講座となんら変わりはないため、この時ばかりは時間の都合はつけておく必要があります。それでも、通学をするよりは時間に余裕を持つことが出来ますので、近年は通信教育で資格を取得している人も少なくはありません。

ホームヘルパーの仕事に興味があるものの、時間的余裕がないというような方はこうした手段で資格取得を考えるのも一つの手といえるでしょう。