ホームヘルパーになる為に資格が必要なのかどうか

ホームヘルパーは介護の現場で働く仕事なので、資格が存在します。しかし、結果的に言ってしまえば資格がなくても働くことは可能ですが、資格があると有利に働くことは間違いありません。

ここではホームヘルパーの資格の必要性についてまとめました。

ホームヘルパーになるために必要な資格と課程

ホームヘルパーは訪問介護員とも言われる福祉職です。介護保険制度に基づいて、介護保険認定を受けた利用者の自宅を訪問し、食事、整容、トイレなどADL(日常生活動作)を介助したり、買い物や調理、清掃などIADL(手段的日常生活動作)の介助を行うことを仕事とします。

介護保険法に基づき介護報酬を得る職種であるため、ホームヘルパーとして仕事を行うためには法定の資格を取得する必要があります。数年前まではホームヘルパー1級、2級など指定団体の認定資格がありましたが現在では介護初任者研修へと名前を変えています。この資格を取得するためには、指定団体での研修が必要となります。

その内容は福祉分野に関連する法制度であったり、利用者のケアに必要な医学的知識、または生活援助の方法など多岐にわたります。座学的な内容を通信教育で行える団体もありますが、生活援助に関する実技面ではスクーリングによる現場講習が必要となります。

実技講習では寝返りや起きあがり、立ち上がり、車いすへの移乗動作といった基本的な動作から、食事、整容、トイレ、入浴などの生活動作の援助までを学びます。そして最後に研修成果の効果確認を経て、認定基準の知識と技術があると判断された場合に研修課程を修了する事ができます。

資格を得る費用はホームヘルパーの基礎知識

資格を得る為の学習に必要な費用は、予め基礎的な知識として知る事が重要ですから、ホームヘルパーを目指して資格を得る場合も同様ですし、費用を無駄にしない努力を行う事がホームヘルパーの実現にも欠かせない要素です。

ホームヘルパーの資格を得る為にも出費は欠かせず、時間もお金と同じく消費される要素ですし、費用に見合う結果が得られなければ無駄が発生しますから、努力に釣り合う資格の価値を知る事も重要です。

資格がホームヘルパーの仕事に繋がりますし、仕事が出来れば収入を得る事が可能ですから、自立した生活を実現して豊かさを求める事が出来るので、将来に向けてホームヘルパーを目指す事も選択肢になります。

費用の大きさに関わらず、努力の重さが得る物の価値になりますし、ホームヘルパーが選択肢の全てではないので、方向性を決めて目指す場合は深く考える事が役立ちます。憧れだけで将来を決める事は出来ませんし、輝いて見える職業が理想と現実の差を小さくするとは限らないので、目標に向かう為の努力を行う場合は、マイナス面に対しても情報を得る事が大切です。

総合的に魅力がある仕事であれば、難しい学習や生活習慣も継続出来ますし、必要なお金に見合う結果が得られる可能性はありますから、前向きに検討する事が結果に繋がります。

ホームヘルパーが取得できる資格の種類

ホームヘルパーには1級と2級の2種類の資格がありますが、どちらも講習を受けることで取得できる資格となります。1級と2級には講習時間の多さや実務経験にに違いがありますが、仕事内容に関してはほとんど差がないのが現状です。

ホームヘルパー2級を取得するには、講義と演習、介護実習を合わせて130時間の講習が必要となり、10万円程度の費用がかかります。2級を取得した後に実務経験を経て1級を取得することが可能です。ホームヘルパー1級では2級よりも長い講習を受ける必要がありますので、実務経験と合わせれば取得までには一定の期間を必要とします。

仕事内容に関してはほとんど差がありませんが、施設によって立場が異なります。1級を取得すれば知識や経験が豊富ですから、現場では主任や管理的なマネージメントをすることが可能です。責任者としてより高い地位に就くことが可能ですから、スキルアップには最適だと言えます。

ホームヘルパーの資格は2種類しかありませんが、1級を取得すれば正社員としての道も見えてきます。ホームヘルパーは非正規雇用で働く人が多く賃金も低いのが特徴ですから、上位資格である1級を取得すれば収入アップも期待できます。

ホームヘルパー2級資格の履歴書記入時の正式名称とは

介護制度も時代とともに変化していきます。2013年3月には、ホームヘルパー2級の資格が廃止されました。それに代わり、2013年4月からは、新制度「介護職員初任者研修」がスタートしました。
しかし、それ以前に取得したホームヘルパー2級の資格がなくなり、仕事ができないというわけではありません。

資格保持者は、2013年4月1日以降は、介護職員初任者研修の修了者と見なされるので、改めて「介護職員初任者研修」の資格を取得する必要はなく、仕事を続けることができます。

転職の際に必要になるのが履歴書です。履歴書の記入の仕方次第で、採用の合否に大きく影響が出るので、慎重に書くことが大切です。しかし、制度が変わったことで、履歴書への記載方法がわからない方も多いようです。

履歴書には、正式名称を記入することが基本なので、ホームヘルパー2級保持者の方が記載する場合は、「訪問介護員養成研修2級課程修了」と記入します。

ホームヘルパー2級と新制度で始まった「介護職員初任者研修課程修了」は同等の資格ですが、まったく別であり、ホームヘルパー2級の方は、「介護職員初任者研修課程修了」と記入することはできないので注意しましょう。

ホームヘルパーをやるためにハローワークで資格を取ろう

今仕事を探しているあなた、もしホームヘルパーに興味があればお得な情報があります。なんとこの資格は無料で取得することができるのです。ポイントはハローワークを利用するということなのです。

どういうことかというと、ホームヘルパーをやるにあたっては今は介護に関わる資格を求められます。取得には通常お金がかかるのですが、職業訓練で、受講料が無料で勉強ができるのです。さらにもしあなたが失業給付を受けながら職業訓練を受ければ、条件が合えばですがお金をもらいながらこの訓練を受けることができるのです。

訓練で取得できる資格は以前はホームヘルパー2級が多かったのですが今は名前が変わってこれに相当するのが介護職員初任者研修と呼ばれています。これですと通常3ヶ月もあれば取得が可能です。さらに上の資格として介護福祉士というのもあります。

これも職業訓練で受講することができますが、先の介護職員初任者研修と比べると開始時期が限られ、受講期間も2年間と長期になります。これも失業給付をもらいながら受講することも可能です。職業訓練は仕事をしている方は受講できません。でももし今あなたが雇用保険に加入しているのでしたら教育訓練給付金という制度を利用することができるかもしれません。

ホームヘルパーに関わる資格取得の講座がこの教育訓練給付金に対応していれば受講料の一部が戻ってくるという制度です。講座によって戻って来る金額は変わってくるので詳しくはお住いのある地域のハローワークに問い合わせてみることをお勧めします。

仕事を探している方も働いている方もまずはハローワークに行って担当の人に話を聞いてみてはいかがでしょうか。