医療事務の資格を取るための勉強内容について

医療事務は女性にとても人気の資格で、取りたい資格ランキングでも常に上位にいます。

ここでは医療事務の資格を取得するために必要な勉強内容と時間についてまとめています。

医療事務の勉強内容について

医療事務は国家資格だと思っている方もいると思いますが国家資格ではありません。その業界団体や教育機関が独自の検定試験を実施していてそれに合格して得られる資格を医療事務の資格というのです。

一口に医療事務といっても医科と歯科、調剤では業務の内容や算定方法が異なるので勉強内容が違います。自分が就職したいジャンルをしっかり決めて勉強することが大切ですです。医科事務では医療事務技能審査試験や診療報酬請求事務能力認定試験を勉強し、歯科では基本的医療費請求書の事務に歯科知識が必要とされます。

調剤薬局で働く場合は基本的医療費請求書の事務に薬の名称や種類の知識、処方箋を読み取る能力が必要になります。医療事務の勉強内容で基本的なものはメディカルクラークに関するもので、メディカルクラークとは受付事務や診療報酬明細書作成、カルテ管理を行う人のことです。

メディカルクラークへのへの近道は厚生労働省認定の公益法人が実施している「医療事務技能審査試験」に合格することです。これがメディカルクラークの称号が与えられる唯一の資格なのです。この資格を持っていればほとんどの医療機関に勤められ出来ます。近年では医療現場のシステム化が図られているため医事コンピュータ技能試験もあります。

医療事務の勉強期間について。

医療事務は女性に人気の資格です。全国の医療機関で働く時に役立つ資格なので、出産後の職場復帰のために新たに取得を目指す方も多いですよ。また、勤務形態も、パートや正社員、アルバイトというように、自分に合ったものの中から選べるので安心です。

子育てと仕事を両立しやすい職場環境であるため、非常に魅力的なお仕事といえます。医療事務の資格を取得するためには、通信講座などを受講して勉強する必要があります。
それほど難しい資格ではないため、平均して半年〜1年未満の勉強期間で合格が可能です。

努力次第では、それよりもさらに短い勉強期間での合格も可能です。医療事務の主な仕事は、領収書の発行や会計、処方せんのお渡しなどです。カルテの管理を行うこともあるので、医療の知識を最低限持っておくとよいでしょう。通信講座では、診療費の計算や、医療の専門用語などについて学んでいきます。

これまでに未経験な方でも、しっかりと知識を身につけることができます。添削付の課題などをこなすことで、さらに深い知識を身につけることができます。

これからの時代、資格は非常に有利です。なにか1つまずは取得して、その後も常にチャレンジしていきたいですね。

医療事務の勉強時間について

医療事務の資格は国家資格ではんく、民間が主催しているもので数十種類あります。内容はほとんど同じですが、難易度が異なります。中には厚生労働省が認定しているメディカルクラーク等は主催期間指定の教育を受けなければ受験資格が貰えない場合もあるので事前に確認しておくと良いでしょう。

医療事務を勉強するにあたり、独学で学ぶ方法と通学して取得する方法があります。最も費用で安くなるのは本屋さんなどで本を購入して学ぶ方法ですが、理解できない場合には挫折したり勉強時間がより長くかかってしまう事もあります。

独学でも通信教育の場合だと不明な点は質問できたりするサポートが受けられるので自分で全くの独学よりは勉強時間も短く済み、効率的に学習を進める事が出来るでしょう。

医療事務で最も効率的に学ぶ方法として専門学校に通学して学ぶ方法があります。講師の下で学ぶので不明な点もすぐに解決する事が出来る他、受験対策に必要な勉強の仕方や方法を伝授してくれるので最も勉強時間を短くして取得する事が可能になります。

通学でも無理のないように週に1日であったり、集中して学びたい場合には短期集中コースがあるので費用面では一番かかってしまいますが、個人の環境に合わせて取得する事が可能です。

医療事務就職の為に勉強するポイント

医療の求人の中で人気なのが医療事務です。医療事務の仕事は窓口での受付や診察費の計算、保険請求事務などです。数多くある病院で必要不可欠なもので求人ニーズは安定しています。人気の秘密の一番は就職のしやすさです。

職場なる病院・医院は日本中どこにでもあるので自分の住む近くの地域で見つけやすく、また引っ越してもすぐに見つけることができ、職業としてとても安心です。

そして医療事務の需要は安定的です。全国の病院・医院の数はコンビニの倍以上あると言われています。また景気に左右されずいつでも病院を利用する人が多くいますし、高齢化社会により医療施設数も増加傾向にあります。

病院で働く医療事務の仕事は、景気変動に左右されず安定した職業と言えるでしょう。特に女性には人気で結婚や出産後にも仕事を続けたいという人でも大丈夫です。

医療事務に必要な知識やスキルは、一度取得してしまえば一生用いることができます。また勤務形態も柔軟性があり、例えば子育てしながらでも働くことが可能です。子供が幼稚園・保育園または小学校にいる間だけパートタイマーとして働いているという人も多くいます。

また仕事の中心は事務であり座って出来るものなので身体への負担が少なく年齢にも左右されず続けられます。就職の為の勉強ポイントは保健請求に関する知識を学ぶことです。レセプト作成が主な業務となるためここにポイントを絞って勉強することが大事です。

医療事務試験のポイントについて

医療事務の資格の試験は自身のもっている国籍やこれまでの学歴や今の年齢に左右されることなく受けることができる試験です。一般的にこの医療事務試験の合格のラインの基準は約70パーセントほどであると示唆され他の資格と比べても取得できる確率が高いという部分が魅力であると言ってもいいです。

この医療事務の一番の特徴は試験の実施回数の多さにあります。1年の間に何回も医療事務試験を受ける事が出来るのがポイントでこれにより初めて医療事務を学び始めた人や再度チャレンジできる人の機会が多くなり合格へ道のりをより近いものに実現し資格取得で現場で活躍を目指すことを大いに期待することができるのです。

この資格は不安定な社会状況のなかでも弊害を受けずに安定して働くことができるのもポイントです。また再度子育て後に社会復帰するときなどにもたいへん役に立ち例え働いていなかった間が長くても繰り返し好きな時間を選びまた働くことができるのもこの医療事務資格の大きな強みです。

この先より高齢社会に進むと指摘されるなか需要が高まっていくこの資格はそれに伴いニーズも比例するので資格取得は価値あることであると分析され人気の高い職業となっています。

医療事務の資格取得、過去問について

医療事務の資格を取得するためには、かなりの努力が必要になってくるのですが、効率良く勉強をする事によって、資格を取得するまでの道が非常に近くなってくるのです。しかし効率良く勉強をすると言ってもなかなか実行できるもの出はないのです。

効率良く勉強を行いたいと考えている場合には、過去問を行うと良いのです。基本的な事がわかっていなければ過去問で勉強をしようとしても行う事はできないのですが、基本的な勉強を行った後であれば非常に効果的な勉強をする事ができるのです。問題集は書店などで購入をする事もできます。

また先輩方からもらう事も1つの方法になってくるのです。先輩から過去問が載っている問題集をもらう事によってメリットがあります。医療事務の資格を取得している先輩からもらう事によって、教えてもらうことができるのです。

医療事務の資格を持っている先輩の場合には、一度受験して資格を取得しているので、自分よりも知識があることは明らかなことなのです。わからない部分があったら教えてもらう事もできますし、一緒に考えてもらい考える力を付ける事も可能になってきます。ただ書店で過去問の問題集を購入するよりもメリットが高いのです。