医療事務として最近導入され始めた電子カルテについて

ここ最近になって医療現場に電子カルテが導入されましたが、それによってかなりの効率化が行われ、作業がぐんと楽になりました。

ここでは電子カルテについて詳しくまとめています。

電子化が進む医療事務のデータ管理

情報の電子化はメリットが多いですから、予算があれば様々な場面で行われますし、全ての情報が電子化される事により、情報の扱い易さが格段に上昇します。

医療事務も扱う情報は多いので、電子化を前提とした管理が重要ですから、将来的な情報管理を考える場合は、古い情報管理の概念を変える事が大切です。

情報の探し易さも医療事務では大切ですし、電子化によって実現出来る機能の一つなので、入力の手間や予算の確保が行える場合は、情報管理の変更を行う決断が将来的に役立ちます。

膨大な情報を管理する場合は、コストが必要になりますし、医療事務の現場も情報が増加して行きますから、早めに情報管理の方法を簡単にする事が、将来のコスト削減に繋がります。

電子化で得られる効果としては、場所を選ばない情報の閲覧が大きな変化になりますし、情報を見る事が出来る権限があれば、場所や時間を選ばない情報管理が行える様になります。

情報のフィルタリングも大きな変化ですし、医療事務で取扱う情報を見易くする事も簡単ですから、膨大な情報の比較が行い易くなるので、仕事の効率を高めたり無駄を減らす事になり、結果的にコスト削減を行う事が現実的な方法として考えられます。

医療事務だけでなく電子カルテの資格も大切

もし、医療事務として病院で働きたいと思っているのであれば、電子カルテの資格を持っていると、より有利になります。今、世間一般にITが進んでいるように、病院もIT化が進んでいます。

電子カルテとは、これまで紙で書いていた診療記録をコンピュータに記録するものです。単に記録するだけでなく、検査や処置などの指示も診察室からコンピュータに関連部署に伝えられるシステムになっています。これまでの紙のカルテだと同時閲覧は難しいものでした。

例えば、外科の先生と内科の先生がある患者さんのカルテを見たいと思っても、どちらかの診療科で使っていれば、それが終わらないともう片方の科では見ることができませんでした。

電子カルテの登場は、医療事務の仕事にも変化をもたらしています。これまでは、医療事務員が伝票類をコンピュータに打ち込むことで会計を行っていましたが、電子カルテでは医師や各部署で入力されたものが会計システムと連動しているため、新たに入力するという手間はなくなりました。カルテシステムから会計画面を開き、内容をチェックするという形です。

会計に関する仕事は減ったものの、今度は忙しい医師に変わってカルテ画面の入力をする人手が必要とされています。電子カルテが扱えることが証明できると就職にそれだけ有利に働くでしょう。

大学病院での医療事務について

大学病院での医療事務は色々な業務を担当する事が多いので、臨機応変な対応が求められます。患者さんの人数もクリニックに比べてとても多くなってしまうので、正確に対応して業務をこなしていく事が大切になってきます。

また医療事務は病院の受付も兼任している所が多いので、接客のスキルも求められる事になります。大学病院では沢山の患者さんや色々な科があるので、覚える事や業務は沢山ありますが、スキルアップにはとても良い環境です。

医療事務は派遣などでも紹介してもらう事が出来る職場があるので、あらかじめどの様な病院でどの様な業務を行うか担当のコーディネーターの人に確認しておくと、以前派遣していた病院であれば、仕事内容を事前に把握する事も可能です。

医療事務とは言ってもその病院の大きさや科などによっても仕事内容は変わってくる事が多いです。基本の知識を元にその病院のやり方等をしっかりと学ぶ必要があります。

大学病院などの医療事務では大人数が関わる事が多いのでマニュアル化されている事も多く、パソコンソフトなども導入されている事が多いので、その仕組みを把握して、スピード感のある仕事をこなしていくと充実した仕事をする事が出来ます。

病名入力を確実に行う事も医療事務の務め

医療事務の仕事では、正確性とスピーディーな事が求められますから、無駄なくペースを保って仕事を行う事が大切ですし、病名入力も間違わずに行う事が大切です。仕事は慣れてしまうとミスが発生し易いので、医療事務も同様に慣れがミスを誘発しますし、病名入力も繰り返し連続して行われる場合は、間違いの発生を避ける事は出来なくなります。

単純な間違いを避ける為には、頭の切り替えを行い思考回路を変更する必要がありますし、医療事務でも単調な仕事が続く事はあるので、一時的に単調さを逃れる事が重要です。病名入力の仕事中であっても、考え方を切り替えられる時間はありますから、他の事に意識を向けて頭脳の働きを変更する事によって、単調な作業を止めてミスを減らす事に繋がります。

仕事の工夫は自ら行う事が大切ですから、経験が必要な医療事務であっても間違いを発生させない工夫が大切ですし、病名入力に限らず間違いは起こるので、重大な結果に結び付けない緊張感が必要です。

ミスが発生する可能性がある場面では、複数のチェックシステムが設けられていますが、予定通りにチェックが行われなければ機能しませんから、事前に注意力を高める事が仕事内のミスを減らす結果になります。

画像診断の点数算定で医療事務が気を付けること

医療事務における画像診断とは、レントゲン、CTやMRIといった撮影を伴うものだと考えるとわかりやすいでしょう。医療事務資格取得に向けて勉強をしている人にとって、画像診断で間違いやすいいくつかを紹介します。

まずは対照撮影です。対照撮影とは、手や足といった左右それぞれにある対称器官に対して、病気になっている側と病気になっていない側とを比較するものです。比較撮影という言い方もあります。例えば、右膝の変形性関節症の患者さんの変形具合を確認するために両膝の撮影を行ったとします。

右と左、それぞれで撮影をしていますが、この場合は両膝という一つの部位で考えます。逆に、両膝変形性関節症で両膝のレントゲン撮影を行った場合は右膝、左膝それぞれの部位を撮影したと考えます。

医療事務ではこのように同じレントゲン撮影でも部位を一つとみるか二つとみるかによって値段が変わってきます。たとえ同じサイズのフィルム、同じ枚数であっても医療費に違いが出てくるのです。

もう一つ間違いやすいのが、CTやMRIで最初、単純撮影をしていたのに、見えづらくて同じ部位に対して今度は造影剤使用撮影を行ったというようなケースです。これも単純撮影で一回、造影剤使用撮影で一回と数えるのではなく、まとめて一回とします。

慣れないうちは間違いやすいです。病名がどうなっているか、一連として考えていくのかなどしっかり読み取る力が大切です。