医療事務として就職する場合に学歴は求められるのか

医療事務は専門職であり基本的には資格を習得してから就職するものですが、就職する際に学歴が求められるのかどうかというのは気になるところではないでしょうか。

ここでは医療事務としての就職する際に学歴が求められるのかどうかについてまとめています。

医療事務の仕事に学歴は必要か

就職活動をしていく上では学歴がいい人の方が就職しやすいような企業もありますが、どの企業も学歴ばかりを重視して採用を決めているわけではありません。中には、学歴が良くなかったとしても資格をきちんと取得していれば採用されるような仕事もあります。

医療関係の仕事で言えば、医療事務の仕事があります。医療事務の仕事はきちんと勉強をして資格を取得している人であれば、採用されやすい傾向にありますので、学歴に自信がない人でも就職活動はしやすい職業になるでしょう。

医療事務の資格を取得するためには、資格取得をする為の条件がないものが多くなっていますので、学校に必ず通わなくてはならないとか、医療関係の仕事での経験が必ずしも必要というわけではないのです。ですので若い世代ではなかったとしても、年齢が高くなってからでも資格取得に向けて頑張っていくことが出来るものになっています。

とはいえ受験条件がないとは言っても、受験さえすれば必ずしも誰もが合格するとは限りません。きちんと資格取得に向けて真面目に学んでいった人こそが合格できるようになりますので、将来医療事務として働きたいという強い気持ちを持って、学んでいくようにするといいでしょう。

医療事務の仕事は出身学部に関係なく就けます

医療事務の仕事を希望している人は少なくありません。仕事に就くために、学歴や資格、特定学部での履修などは、必ずしも必要ではありません。経験のない人でも仕事をすることができます。とはいえ、資格や専門知識があったほうが、就職先を見つける上では有利に働くことは言うまでもありません。

ですから、医療事務系の専門学校で学んで、あるいは、医療事務コースのある大学の学部を卒業して、就職するという進路を選ぶ人もいます。医療事務の場合、医療に関する専門的知識が必要な点が、一般事務とは大きく違います。ですから、専門的な知識を持っていることの証明として、関連資格を持っていた方が得策です。

医療事務の仕事では、レセプト(診療報酬明細書)などといった、専門用語がたくさん使われます。医療の基礎知識の勉強が必要になってくるのです。現代日本では、高齢社会が猛スピードで進んでいます。病院の患者の数は増え、事務の効率化が大きな課題となっています。

さらに、医療費が上昇していて、診療報酬の計算方法も頻繁に変わっているのが現状です。こんな中、正確かつ迅速に診療報酬を計算することができるエキスパートとして、医療事務の担う位置づけはますます重要視されてきています。

医療事務に携わるのなら、理系が有利

医療事務の仕事では、複雑なカタカナを伴った薬品名に多数接することになります。文系の人間がカタカナを理解する力が低いとは必ずしも言えませんが、理系のほうが、化学物質を扱うケースが多いため、海外での名称と一定の互換性があるアルファベット表記やカタカナ表記に触れる機会が多い分、適性度が高いとはいえます。

したがって、医療事務の仕事がしたいのであれば、「事務=文系の仕事」という発想は捨てて、医療事務をする中で扱っていく器具や薬品の名称に親しむという意味も込めて、理系の学習をすることが望ましくなります。

採否を決定する際にも、普段から慣れ親しんだものを扱ってもらったほうがミスが少なくなると考えてもらうことができ、プラスポイントとしてカウントしてもらえる可能性があります。

ただ、理系の学習をしてきている分、リスクもあります。様々な具体的な医療知識を持った状態で医療事務にあたる際には、先入観が働いてしまい、用語や薬品名を取り違えてしまう危険性があります。

こうしたリスクを適切に管理するために、実際に医療事務に携わる際には、ダブルチェックやトリプルチェックを徹底したり、重要な事項については指さしや声出しをして自己管理に努めるなどの工夫が必要です。

医療事務は、文系の人でもなれる?

医療系の仕事に就きたいけれど、文系だから無理かも・・・と思っている方もいるのではないでしょうか。確かに、医師や看護師、薬剤師など、国家資格の必要な専門職に就くのは難しいかもしれません。しかし、医療の裏方的な仕事であれば、文系でも問題ありません。そのひとつが、医療事務です。

医療事務とは「メディカルクラーク」ともいい、いわゆる「レセプト業務」に携わる人のことをいいます。日本では、国民全員が健康保険に加入することになっていますので、患者の窓口負担は診療費の一部となります。その残りの診療費を、患者が加入している健康保険に請求するための書類をレセプトといいます(診療報酬明細書ともいいます)

診療内容から、診療報酬の点数を計算し、レセプトを作成する仕事が医療事務なのです。医療事務に従事するためには、特に資格は必要ありません。未経験でも採用されれば、仕事をしながら覚えていくことは可能です。とはいえかなりの専門知識を必要としますから、民間の認定資格を取得しておくことで、就職などに有利になることもあるでしょう。

この資格試験は、学歴や実務経験は不要です。そのため、文系学部の出身であっても、試験を受け、資格を取得することは可能です。夢の医療系業務に就くために、資格取得を検討してみるのもいいかもしれません。

偏差値の評価で諦めない医療事務の仕事

医療事務を仕事にする場合は、専門性を学んで技術を得る事が必要ですし、学習が不十分であれば仕事を得る資格が得られませんから、結果的に能力の高さが医療事務でも求められます。

仕事を選ぶ事が出来るのは能力次第ですし、偏差値も能力を知る一つの指標ですから、医療事務を目指す場合も例外ではないので、学ぶ事を諦めずに進む事が求める現実に近付く方法です。

現状で偏差値が低い場合であっても、時間的な余裕があれば可能性は失われていませんから、医療事務で働く未来は残されていますし、学ぶ意識を変える事でチャンスは再び得られます。

チャンスを活かし結果を残せる自らですし、チャンスが再び訪れる可能性は未知数なので、現実的に挑戦出来る機会がある場合は、迷わず挑戦する事で医療事務の仕事を手に出来ます。

偏差値は現状を把握する手段ですし、能力を客観的に知る方法ですから、現状を理解して打開策を計画する事は重要なので、計画性を持って偏差値の改善に時間を使う事が有効です。

医療事務は仕事の一つですから、他の選択肢を選ぶ事も可能ですし、希望を諦められない場合は挑戦する選択が現実的なので、前向きにモチベーションを継続して能力を高める努力が大切です。

医療事務になる際の難易度は

実は資格がなくても、就職活動がうまくいけば、医療事務の仕事につく事はできます。なので資格試験は受けなくてもいいのですが、業務では覚えておかなければいけない知識量がかなり多いため、就職で有利という理由だけでなく、仕事を行ううえで必要な知識を習得するという意味でも試験は受けておいた方が良いでしょう。

最近では求人でも資格取得必須を条件にするところも多くなっています。医療事務の資格は国家資格ではなく民間の資格になります。試験は調剤と歯科と医療の三つの区分に分かれていてそれぞれ難易度にも違いがあります。

医療事務の資格の中で知名度があり、特に難易度が高いとされている資格は、医療事務管理士試験と資料報酬請求事務能力認定試験と医療事務技能審査試験の3つです。

その内の診察報酬請求事務能力認定試験では業務上必須になるレセプト作成の能力が審査され、歯科と医療の分野に分けて行われるのですが、どちらも合格率が30~40%と医療事務の試験の中ではかなり低めの合格率になっています。

それと反対に医事コンピューター技能認定試験のように60~70%という高い合格率の取得が容易な試験もあります。ただどの試験も年に数回試験が実施され何度も挑戦できるので比較的容易に合格狙えるジャンルの資格になります。