医療事務資格試験に合格するために

医療事務として働き始める場合、基本的には医療事務としての資格が持っていることが求められます。

必ずという事ではないのですが、資格がなければ出来ない仕事もあり、持っていた方が当然有利になるのです。ここでは医療事務資格試験に合格するためにやるべきことをまとめています。

医療事務資格の合格率について

医療事務として病院で働く場合、資格は必ずしも必要ではありません。しかし、資格を持っていることが求人の要件になっていることもありますし、勉強をしておいたほうが就職してから業務を円滑に行うことが出来ます。

医療事務の場合、民間資格がいくつかあります。医療事務試験には、医科・歯科・調剤の3種類があります。中でも、認知度の高い「診療報酬請求事務能力認定試験」については難易度が比較的高いのが特徴です。

この試験では、医科・歯科が実施されています。合格率は医科が約30%、歯科が約40%です。難易度は高めですが、だからこそ資格が取得できれば、評価も高くなります。「医療事務管理士」の試験では、医科は約50%、歯科は約60%の合格率です。

この試験では、年に複数回試験が実施されています。さらに、「医療事務技能審査試験」は、年間5万人以上が受験する、人気の試験です。「医療秘書技能検定試験」は、1級、準1級、2級、3級と級別に分かれています。中でも、2級以上の資格を所持していると就職に有利といわれています。

難易度は診療報酬請求事務能力認定試験より高く、合格率は平均で25%程度ですが、1級では5%という難易度です。

医療事務の合格点はハードルが高いのか

医療事務の試験は、学科と実技が行われますが、どちらも合格点は70%以上の得点率となっております。この合格点が、果たしてハードルが高いのかどうか、もちろん考え方次第ではありますが、一見すると少し難しそうに思えます。

ただ、医療事務試験の合格率は、試験の種類にもよりますが毎年50%前後となっていますから、2人に1人は合格していることになります。それを考えれば、そこまでハードルが高いわけではありませんし、しっかりと対策さえ取れば十分合格することはできるのです。

もっとも、医療事務試験の中でも、診療報酬請求事務能力認定試験などは、合格率が30%を切ることも多いので、ある程度難易度の高い試験だと言えるでしょう。ただ、それでも公認会計士試験のような超難関資格に比べれば、そこまで難しいというわけではないのでいずれにしても頑張り次第で合格を手にすることはできるのです。

医療事務試験自体は、年に数回行われますから、一度不合格になってしまっても、またすぐにチャンスがありますから、弱点や苦手分野の克服をしっかりと行い、次の試験に備えるようにしましょう。
むろん、資格を取得をすることが最終目標ではありませんので、その後のこともしっかりと考えておく必要があります。

医療事務試験の合格通知に関して

医療事務試験を受験したら、あとは合格発表を待つだけですが、もちろん合格していた場合には、合格通知が自宅へと送られてきます。また、不合格の時でも同じように通知が送られてくるので、合格したか否かはしっかりと確かめることができます。

合格通知に関しては、試験日から1か月ほどで送られてくるので、もし1か月以上経ってもなかなか送られてこないようであれば、問い合わせるようにしましょう。さて、1つ注意すべき点としては、あくまでも送られてくるのは合格通知のみであり、どれぐらい正答したのか、具体的な得点内容などは一切送られてきません。

もし自分がどれぐらい得点したのか気になるようであれば、あらかじめ問題用紙に回答を書き込んでおき、自宅に帰ってから自己採点をするようにしましょう。さて、合格している場合は、合格証書が発行されますが、この合格証書は医療事務の資格を取得した大切な証なので、絶対に紛失しないようにしましょう。

特に就職活動の時に、医療事務の合格証書のコピーを求められることもあるので、大切に保管しておくようにしましょう。もし合格証書を紛失した場合は、再発行手数料として1500円必要になるので注意しましょう。

医療事務には受験資格は必要なのか

資格を取るために勉強をされている人は多いですが、誰もがどんな試験に挑戦できるというわけではありません。例えば、医師などは専門の医科大学に合格し、卒業する必要があります。

国家資格の場合は受験資格が必要なものも多いので、まずは取りたい資格の受験資格があるかは確認しておく必要があります。医療機関の資格では医療事務も人気が高いですが、こうした仕事に就きたい場合もまずは調べてみましょう。

医療事務の場合は医師や看護師のような国家資格ではありません。そしてその資格も一種類ではなく、様々な資格があります。多くの場合は特に受験資格は必要なく誰もが受験できることとなっています。

医療事務の試験は受験資格がなく受けられることは多いですが、資格の中には一定の講座を受講している必要があるなどの条件がある場合もあります。

医療事務のスクールに通っている場合などは受験や資格の取り方についても詳しく説明してもらうことができますので、わからないことがある場合は相談してみると良いでしょう。

多くの医療事務資格の中にはコンピュータの知識や技術が必要な場合もありますので、そうした資格を取得したい場合はパソコンに関する知識も身につけておく必要があります。

医療事務の受験料について

医療事務に関連する資格は民間の団体が主催するので、数多く存在しています。医療事務管理士は技能認定振興協会が主催しています。試験内容は学科と実技に分かれていて、年6回受けることができます。受験料は6000円になっています。

メディカルクラークと呼ばれる医療事務技能審査試験は日本医療教育財団が主催しています。試験は実技と学科にわかれています。1級と2級があり、1級の方が難しくなっています。1級は年3回、2級は毎月受験することができます。受験料はどの級、学科も6500円になっています。

診療報酬請求事務能力認定試験は本医療保険事務協会と厚生労働大臣認可協会が主催しています。学科試験と実技試験に分かれています。試験は年2回受けられます。受験料は7500円になっています。

保険請求事務技能検定試験は日本医療事務協会が主催しています。学科試験と実技試験に分かれています。試験は年6回受けられます。受験料は7000円になっています。

医療秘書技能検定試験は医療秘書教育全国協議会が主催しています。試験は3領域に分けられていて筆記試験です。1級、準1級、2級、3級に難易度により分かれています。試験は年2回受けられます。受験料は級により4000円から6000円になっています。