医療事務は副業としても働けるの?

医療事務として働く場合正社員や派遣社員としての雇用を目指している人も多いですが、中には副業として医療事務として働きたい人もいるのではないでしょうか。

ここでは副業として医療事務と働くことについてまとめています。

副業としても適している医療事務

医療事務を副業としてお金を稼ぎたいと考えますが、医療事務では勤務時間を選んでいくことができるため、パートやアルバイトとして勤務することも可能になってくるのです。

本業を持っているものの、収入が足りないという悩みを感じたとき、医療事務であれば短時間で効率的にお金を稼いでいくことができます。医療事務では、ほかのアルバイトと比べて時給も高くなっているため、十分な給与をもらえるようになるのです。

また、医療事務の仕事では、午前中や夜間など決められた時間のみの勤務もできるため、本業が終わった後や時間が空いたときに勤務していけるようになってきます。都合に合った時間内で勤務していくことができるため、本業に影響を与えることなくお金を稼いでいくことができるでしょう。

副業としての勤務にも適していますが、勤務するときには必ずその時間内に仕事を終えることができるのか確認しておきましょう。

時間内に勤務を終えることができないと、本業にも影響を与えてしまいますし、予想以上に勤務時間がかかってくることで、疲れもたまりやすくなってしまうのです。勤務するときには、時間の指定を守ってもらえるのか確認したり、決められた曜日だけの勤務でいいのか聞いておくとよいです。

派遣で医療事務のお仕事

医療事務で働くにあたり、直接病院に問い合わせて採用してもらうか派遣で仕事をするか、大きく分けていずれかになります。大きな病院では近年、派遣会社に一括して窓口業務や事務業務を任せていることも多いため、病院での直接採用をしていない場合もあります。

医療事務の資格を取得していれば、取得の際にお世話になった学校などから紹介してくれることもあります。派遣で仕事をする場合、まずは派遣会社に登録に行く必要があります。一般的に登録に行く際、資格の保持について尋ねられますので、どの団体のどの資格を保持しているかを確認していくようにしましょう。

資格がない場合はその旨伝えれば構いませんが、やはり専門用語が多いお仕事ですので勉強する姿勢はあったほうがいいでしょう。登録するとあなたの希望条件に見合うお仕事があれば紹介されます。
直接勤務先に聞きにくいようなことでも聞きやすいのが派遣のメリットです。

給与や休日、勤務時間などの条件面のほか、メンバー構成や職場環境などもぜひ聞いておきましょう。職場見学をさせてもらえることもありますので、仕事をスタートしてからイメージと違う、ということがないようにしっかりこの時点で確認をしましょう。

医療事務のお仕事はレセプト、受付業務から病棟クラーク、秘書業務とかなり幅広い業務を指します。事務とはいえ立ち仕事であったり、接客業務に近いこともあります。自分がどういった病院でどういった仕事をしたいのかイメージを膨らませて求職活動を進めてください。

医療事務の夜勤の仕事をする

出産をして子供が少し大きくなったら医療事務の仕事をしたいと考えているのであれば、資格を取得しておくようにしましょう。そうすれば、子供が幼稚園に行っている間にパートとして働くことが出来るようになります。

子供が幼稚園に行っている間に働こうと思っていた場合でも、子供が体調不良で幼稚園を休んでしまった場合には、仕事を休まなくてはなりません。その子供によっては体の弱い子供もいますので、度々仕事を休まなくてはならなくなってしまうかもしれません。

理解のある職場であればいいですが、少人数の職場の場合は休みにくくなるでしょう。医療事務の仕事は昼間だけではありません。夜勤の仕事もありますので、検討してみる事です。

医療事務の資格を持っていれば夜勤の仕事もできるようになります。夜勤であれば子供が体調を壊しても夫に看てもらうことが出来、安心して仕事に行くことが出来るようになりますので、体の弱い子供を持つ親でも働くことが出来るようになるのです。

夜勤の仕事の場合には、昼間よりも時給を高くしてもらえるのが一般的です。収入も増える形になりますので夜勤として働くようにして、子供の体が強くなった頃に昼間の仕事に変えてもいいでしょう。

医療事務の面接でも服装が印象を決める

面接には一般的な常識が必要ですし、医療事務の面接でも同様ですが、服装の重要性はどの場面でも見過ごせない要素なので、普段から服装に気を付ける事が大切です。

医療事務の仕事でも清潔感が求められますから、派手過ぎず印象が良い服装を心掛ける事や、面接官の心証を悪くしない事が大切ですし、全体のバランスが取れた受け答えと共に総合的な評価に結び付ます。

医療事務で求められるスキルは、面接で評価できる事とは限りませんし、決められた時間内で人物の評価が十分に行える分ではありませんが、服装によって一定の評価は行えるので、十分に面接の評価項目であって、評価の対象になる要素です。

受け応える事も技術の一つですから、予め練習を行ったり繰り返し確認の作業を行いますし、誰もが有利な条件で仕事を手にする為には、隙の無い準備を行う事が重要です。

意外な事から評価にとって不利な状況は生まれますし、些細なポイントがマイナスに繋がる事はありますから、医療事務の仕事を得る為には時間を無駄にしない事が大切なので、鏡を見る癖を付けたり観的に見てもらう事も必要になります。

格好だけで結果が決まるわけではありませんが、評価項目の一つである事に間違いはないので、思い込みで服の組み合わせを決めるのではなく、第三者にアドバイスを貰う事も役立ちます。

大病院の医療事務は契約社員や派遣社員が多い

大学病院や地域医療支援病院といった大きな病院の医療事務は契約社員や派遣社員が多いです。事務系職種で正社員や正職員がいないわけではありません。そういった大きな病院では人事や総務、経営戦略といった部門やいわゆる管理職、管理職候補の人は正社員、正職員です。管理職や管理職候補の多くは大卒です。

医療事務の多くは医事課というセクションに置かれます。医事課は病院の事務職の中でも大所帯で、各診療科の外来の受付や病棟のナースステーション、入院の計算を中心に行う入院係といったところに配属されます。

病院では主役はどうしても医療職です。病院全体の人件費に関しては、確保が難しい医師や看護師にお金をかけざるを得ません。そのため、医療事務員は契約社員・派遣社員で賄うケースが多いのです。

契約社員として入職しても正社員、正職員になれるチャンスはあります。今、多くの病院で医療事務もでき診療情報管理士の資格をもっている人を求めています。診療情報管理士とはカルテなど診療に関する書類の管理や書類から統計を取り、臨床研究や病院経営に役立てるという仕事を担う人です。

契約社員として実務経験で力をつけ、さらにこの資格をもっていれば、ご自身の身分的状況を変えることができます。

医療事務を目指す高校生へ

もし、医療事務員になりたいという明確な目標の高校生がいたら、専門学校の進学をおすすめします。理由は3つあります。

一つめは、高校卒業で医療事務の職がないこと、次に通信教育では資格がとれても社会経験のない高校生の場合は不利であること、最後に専門学校だと病院実習などがあり、自分なりに見極められること、これらが考えられるからです。

専門学校進学を意識したら、医療事務の資格が取れる学校はたくさんあるので、学校説明会のようなものにたくさん参加してどこが自分にあっているのかを確認するといいと思います。医療事務の資格のなかで一番難しいのもが「診療報酬請求事務能力認定試験」です。

この試験は全国合格率が30%前後なので、この資格の取得実績がいいかどうかは学校選びの一つのポイントになると思います。そのほか、学校選びのポイントとなるのは病院実習です。学校によっては、希望者全員が病院実習に行けるわけではなく、学校の顔もあるので成績優秀でそのまま就職につなげられそうな人しか実習に行かせないケースもあるようです。

また、実習に行くために自分でホテルを確保しなければならないところもあります。学校のホームページやパンフレットには書かれていないので、やはり説明会に行って確認すべきでしょう。医療事務に就きたい高校生のみなさんには、ぜひ実践してほしいです。