医療事務と医療費者、その他の違いについて

医療事務とよく似た職業に医療秘書があるのですが、具体的にはどう違うのでしょうか。

ここでは医療事務と医療秘書、その他医療事務に関する様々な違いや特徴についてまとめています。

医療事務と医療秘書の違いについて

これまで、医療事務と医療秘書との違いには明確な差がありませんでした。近年、医師事務作業補助者といって、忙しい医師の事務的な作業を行う専門の事務員のポジションができてから、従来どおりの診療費の計算に携わる事務を医療事務、医師の事務を専門に手伝う人を医療秘書というように分けているようです。

違いがよりわかるよう、それぞれの業務について触れます。医療事務は受付、会計といった窓口業務を行います。一番専門的な仕事は診療報酬請求と呼ばれる仕事です。国で決められたルールに従い、医療費を計算します。保険診療では、患者様から一部負担金をいただき、残りは保険者に請求します。

このときに作る書類が診療報酬請求書と診療報酬明細書(レセプト)です。当月分を翌月10日までに提出しなければならないというルールがあります。提出されたレセプトに基づいて、医療機関にはお金が入金されるわけですから、医療機関の収入に関わる大切な作業です。

医療秘書いわゆる医師事務作業補助者の仕事内容は、電子カルテの代行入力や、診断書作成、その他医師の指示に基づく必要書類の作成といったことが業務の中心です。業務を行うにあたっては、医療事務の知識があったほうがいいのですが、規定で医療事務をさせてはならないとあります。

この規定ができたことで両者の仕事の違いが明確になったのかもしれません。

クリニックで働く医療事務の特徴

クリニックで医療事務として働く特徴として、総合病院とは異なり、一つまたは二つの診療科である事が多く、診療内容も似通った事が多いです。この為、より就職先の診療科に詳しい医療事務知識を積む事が可能になります。

クリニックとは街のかかりつけのお医者さんであることが多く、医療事務は患者さんと初めて接するスタッフとして常にクリニックの顔として丁寧な応対が求められます。特にちょっと対応に不快な事があったりするとかかりつけ医を変える患者さんも多く、スタッフの一員として失礼のない態度が常に必要です。

総合病院と異なり、医療事務の仕事を分担していない事が多く、受付から応対、医師や看護師との業務連携や会計などすべての業務を担うところがほとんどで、医療事務の一通りの仕事をマスターできる環境にあります。

クリニックの医療事務として働く場合、正社員でも派遣でもパートでも雇用は多く存在します。

土日休みである事が多く、中には午後休診など、午前中勤務である場合もあり、特殊な勤務形態である事が特徴的です。午前診療と午後診療を行う場合、休憩時間が長い事が特徴で、通常の事務員と比べると一日の拘束時間が長く感じる人も多いかもしれません。

総合病院の医療事務として働く場合

医療事務として働く場合、医療機関の規模によっても業務量や使用する知識、業務の範囲は異なります。自分自身がどこまでの医療事務の仕事をやりたいかによって医療機関を選ぶと良いでしょう。

医療機関の中でも総合病院で働く手段があります。総合病院は複数の診療科があり、入院施設も整った規模の大き目な医療機関と言ってよいでしょう。そこでの医療事務としての仕事は総合病院の方針にもよりますが、複数の事務員である程度の業務をローテーションして行っていたり、派遣として働く場合には業務を限定して働く場合があります。

この為、注意したい点は総合病院だからと言ってすべての医療事務の業務を経験できる訳ではない場合もある事です。総合病院で医療事務として働く魅力は一つの科だけでなく、多くの診療科のレセプトを扱えるという点、入院施設があるので外来用のレセプトと入院用のレセプトがあるので2種類のレセプトを扱う事で圧倒的に知識が向上する点です。

また、医療機関によっては会計専門、受付専門と分けて募集している所もあるので一部分を極めたい人にはお勧めと言えるでしょう。また、雇用形態も正社員から派遣社員、アルバイト、パートなど多く採用している所が多いので自分の生活スタイルに合った働き方が出来る点も魅力的です。

病院事務における医療事務の仕事内容とは

病院事務には医療事務は欠かせない存在で、その仕事内容はどこの所属になるかによって変わってきます。所属先には、病棟の医療事務、病院の会計を行う医療事務、職員の給与などに関する医療事務などがあります。このような病院事務の仕事は、多くの病院で必要とされています。

病棟における医療事務の仕事内容は、病棟に入院してきた患者さんの基本情報の入力や、保険申請における資料の手続き、退院時の資料の作成などがあります。また、多くが病棟のナースステーション内に配属するため、患者さんから声をかけられ、それに対応することもあります。

そのようなときには、事務で対応できるような道案内やお金に関することなどは対応を行い、病気に関することなどは医療従事者を呼ぶといった対応をとることが多いです。

一方、病院の会計を担当する場合には、外来の治療費の清算や、来院時の案内、受診の際の手続きなどを行います。そして、職員の給与などに関する所属先では、新入社員への説明会や各給与の手続き、退職時の手続きなどが主な仕事となります。

このように、医療事務は配属先によって、仕事内容が大きく変わってきますが、どの配属先での仕事でも自身でやりがいを感じられ、職員や患者さんなどから求められています。

病院や診療所での医療事務の仕事があります

医療系の仕事を希望している人が注目しているのは、医療事務の仕事です。仕事内容は、窓口対応、カルテ、レセプト、会計が主要です。ほか、病院や診療所での清掃や、患者の要望に耳を傾けたり、一般雑務もあります。

とりわけ、医療事務の中で重要な基幹業務は、窓口対応、カルテ作成、月末のレセプト、そして会計です。これらは、レセコン、すなわちレセプトを作成するコンピューターで行います。患者が受けた診療に関して、病院や診療所が保険者に請求する医療明細のことをレセプトといいます。

これらは毎月発行して、それぞれの保険者に請求することとなっています。レセプトは、正確に間違いなく行わなければなりません。レセプトでのミスの原因の一つに、検査や処方内容の個所に、必要な診断名が記載されていないケースがあります。診断名はレセプト作成の前提として必要な入力事項です。

診断名が書かれていない時は、その都度、医師に確認して診断名を記入してもらう手続きをしなければなりません。このような作業は、長期間にわたって続けていますと、自然に体得できるものです。これが身につくようになった頃から、医師や看護師との信頼関係も湧いてくるようになるのです。

医療事務の仕事を通じて、自己成長を遂げている人はたくさんいます。そういった意味でも、医療事務の仕事には多くの可能性を秘めていると言えます。

病棟における医療事務の仕事内容について

病棟における医療事務の仕事内容は、主に所属している病棟に入退院する患者さんの情報を管理することです。その情報には、氏名や生年月日などの基本的情報から、医師が診断した病名の記入などがあります。また、それらの情報とともにカルテやレントゲン、CTやMRなどの検査情報も一緒に保管する必要があります。

そのため、医療事務は患者さんが入院するときには、必要な情報を入力し入院の準備を行ったあと、患者さんが入院中は保険の申請などに必要な手続きのお手伝いを行います。
そして、退院後するときには医療事務が、病名などを入力しサマリを完成させます。

このようにして病棟でのサマリや資料が完成したあとは、医師がサマリを書き終えるまでは病棟に保管します。そして、医師用のサマリが完成した後、外来通院が必要な患者さんの場合はそれらの資料を外来に運び、そうでない患者さんの場合には、カルテ庫に保管しにいきます。

また、多くの医療事務はナースステーションの配属されるため、ナースステーションに訪れる患者さんやその家族の対応をする場合もあります。病棟のトイレなどの場所案内や電話対応なども行いますが、治療やケアなど医療に関する質問には看護師などの医療従事者に対応を任せます。

医療事務と薬剤事務の資格の違いについて

医療事務の資格は、医療における報酬を申告する診療報酬の申告業務を行う際に必要な資格です。この資格がないと診療報酬の算定及び申告ができないため、医療機関に於いては非常に重要な資格ですが、その範囲は多岐にわたり、様々な医療行為とその診療点数を把握しておく必要があります。

その為、医療事務の資格は難しい資格のひとつといわれています。医療事務の中でも、薬局の業務に特化した資格は薬剤事務と呼ばれます。

この資格は基本的には医療事務と同じく、診療点数を把握し診療報酬の申告を行うための資格ですが、その範囲が薬局で取り扱う薬剤の処方に限られるため、資格を習得する際に学習する範囲が狭いため、比較的取得しやすい資格として最近人気の資格です。

薬剤事務の資格は、薬局に勤務する薬剤師にとっても非常に人気の資格です。薬剤師は薬品の知識が高いため、診療点数と薬剤の処方を関連付けるのは全く知識が無い場合に比べ比較的容易で、また処方の実態も把握しているため、薬剤師が取得を希望する資格としては非常に人気が高いものでもあります。

また薬局内の対応も薬剤事務の資格を取得することで大きく変わることが多いので、ぜひ取得したい資格でもあります。

医療事務と調剤薬局事務は違います

医療事務という職種については、多くの人が認知しているものと言えます。医療事務とは別のものとして、近年よく耳にする職種として調剤薬局事務というものがあります。医療事務と調剤薬局事務というものは、勤務地が違います。

医療事務は病院などで働くことになる仕事で、診療が行われたときの医療費についての計算を行ってレセプトという保険請求が大きな仕事の内容となります。病院での仕事となるために、レセプトで取り扱う範囲としては検査やレントゲン、薬など様々なものが考えられます。

病院の規模によっても異なってくるものとなりますが、対象としては外来の患者であったり入院患者であったり、様々なものがあります。それとは別に、調剤薬局事務というものは調剤薬局で仕事をするもので、薬の計算や調剤のレセプトを作成することが主な仕事の内容となります。

レセプトを作成することは医療事務の仕事と変わりありませんが、取り扱う範囲としては薬剤が主流です。対象となる患者は、主に外来の患者となります。また、通常の事務以外にも薬剤師の補助を行う仕事内容もあります。

医療事務はカルテの内容を把握して薬に関する情報を読む取る作業が必要になってきますが、調剤薬局事務に関するカルテにおいては処方箋に記載されている薬の名称によって薬の効力や成分に関して理解できる能力が必要になってくるなどの違いがあります。