医療事務として就職する際は求人サイトを活用しよう

需要が高いといわれている医療事務ではありますが、条件のいい職場を探そうと思うとそう簡単なことではありません。

ここでは医療事務として就職する際に便利な求人サイトについてまとめています。

求人サイトも活用する医療事務の仕事探し

仕事を探す事は簡単ではありませんし、求人で求める人数が多くなる程ライバルは増えますから、積極的に情報を集める事が医療事務でも大切で、求人サイトから情報を得る事は一般的になっています。

求人サイトを効率的に活用する為には、サイト毎の違いを知る事が大切ですし、使い慣れる事で時間短縮が行えるので、小まめに医療事務に関する情報を集める事が大切です。

医療事務も必要とされる現場は数多くありますから、求人情報によるマッチングが仕事を見付ける上での重要なポイントですし、無料で利用出来るサイトも大切な情報源なので、自らに合う条件の見つけ方を身に付ける事が役立ちます。

持てる技術や経験が有る事によって、長期的に働いたり余裕の持てる生活を行う収入が得られるので、活用出来る資格や経験を医療事務の求人に照らし合わせる事により、前向きでより良い条件を見つけ出す事が可能になります。

スマートフォンを活用する事が出来れば、外出先からも情報のチェックが行い易くなりますし、医療事務に関するメールマガジン等も活用出来るので、幅広い情報源を何時でも得る事が出来ます。

情報量の多いページであれば価値ある情報を見付けられるので、会員登録を行う事は無駄になりませんから、前向きで積極的な活動の一つとして、行動を行う事が医療事務の仕事探しにも大切な事です。

有効求人倍率の数字には表われない医療事務のニーズ

一般事務の有効求人倍率は低い水準に留まっており、その他の事務職についても1.0倍を超えるものはありません。有効求人倍率が1を下回っているということは求人数に対して求職者が多いということ、それだけ求人数が少ない、競争率も激しいということができます。

有効求人倍率はハローワークで仕事を求める求職者と、そこに寄せられる求人数を対象にしています。しかし、求人情報というのはハローワークだけではありません。転職サイトやバイト情報誌などでも情報を扱っているので、有効求人倍率の数字以上に求人情報が寄せられている場合があります。

例えば、医療事務の場合がそうです。事務職は総体的に求人数が少ないと言われている中で医療事務の求人数は増加傾向にあります。介護分野を含め、施設やサービスの多様化が進み、専門職としての医療事務のニーズが高まっています。

求人数が増えている医療事務では資格取得の講座も増えています。通信・通学を修了すれば、すぐに就けるものではなく、資格をとることで就職に有利になります。学習期間の目安は約6ヶ月で、今まで医療分野に携わった経験がない方も就業可能です。

未経験からでも募集しているところも多く、介護・医療分野の専門求人サイトの存在も就職を後押ししています。

医療事務は離職率が低いです

医療事務の仕事はどこの病院でも必ず必要とされる人材で、女性が中心に活躍をする職場となります。必ずしも資格が必要な仕事ではありませんが、専門的な医療用語が多く一般事務とは仕事内容が大きく違いますので、働く人の大半は医療事務の資格を持っているのが現状です。

医療事務の仕事は基本的に病院が休みの時には休みが貰えますので、休みが確定しているという点でとても働きやすいですし、女性が多い職場ですので産前産後休暇なども充実している病院が多いです。その為、出産をしても元の職場に戻る人が多く離職率の低い職種です。

医療事務の仕事をスムーズに行うには資格以上に経験が大切です。その為、どこの病院でも経験豊富な事務員は手放したくないので、離職率が下がらない様に福利厚生を充実させたり、働きやすい環境を整えるなど病院側が努力をしている部分もあります。

一般的な仕事では出産を機に退職を迫られてしまう様な事もありますが、医療事務の場合はその様な事も少ないでしょう。これから医療事務の資格を取って就職をしたいと考えている人にとっては、離職率が低い事は嬉しい反面、自分の働き口が見つけられるか不安に思う方もいると思いますが、少子高齢化が進んでいる現代では今後も多くの病院が建設される事が予想されます。

病院の建設があれば事務員募集も必ずありますので、その点はあまり心配しなくても大丈夫でしょう。

医療事務の資格を含めた履歴書の書き方

医療事務の仕事は人気のある仕事ですので、数ある履歴書の中から、雇う側にきちんと見てもらえるような書き方が大切になってくるでしょう。

履歴書では、まず最初に写真に目がいくでしょう。この履歴書を書いている人はどのような人なのかが手掛かりになる、とても大切なものだと言えるでしょう。従って、髪形や服装にはきちんと気を使うことが大切です。

医療の仕事は、病気やケガの患者さんを相手にする仕事ですので、きらびやかである必要はないでしょう。できれば、黒い髪色や素顔に近いお化粧など、清潔感を感じさせる写真ですと、より良いのではないでしょうか。

また、自分のセールスポイントを書く欄もありますが、そこにもしっかりと医療事務の仕事の特徴に結びつくような内容が書けると良いのではないでしょうか。医療事務の仕事は、患者さんの声にしっかりと耳を傾けなければならない仕事です。

思いやりの心を持っていることも大切ですが、根気のいる仕事でもあるでしょう。昔からずっと続けている趣味やスポーツなどがあれば、それを書いても良いでしょうし、またボランティア活動にも昔から頻繁に参加しているのであれば、それも書いておくと良いのではないでしょうか。

資格の書く欄は、複数を持っている方でしたら、医療事務の資格を一番上に書くのが大切です。医療秘書やヘルパーの資格などがある場合は、そのメインの医療事務の資格の下に書くと、バランスが取れて良いのではないでしょうか。

医療事務の平均年収はどのくらいか

医療事務の仕事は特別な資格を持たないとなれない訳ではないですが、事務の仕事でも診療を点数化して会計を算出する特殊な診療報酬の知識が必要とされる職業です。

医療事務の平均年収は周辺で働く一般の事務と変わらない給与である事が多く、正社員の場合は平均年収が250万円から350万円程度と言われています。高卒でも大卒でも職に就く事が可能で、大卒者で月収が18万円、高卒で15万円程度が相場と言われています。

高収入が期待できる可能性は高くはないですが、一度経験すると全国どこでも再就職しやすい点もあり、安定した収入を得られます。医療事務で働く場合、病院などの規模の大きい所から近所のかかりつけのクリニックまで規模が大きく差がありますが、勤務先によって待遇はそれぞれです。

規模が大きい医療機関だと退職金やボーナスの制度が整っている事が多いですが、小さい街のクリニックでも同等の待遇を受けれる場合もあります。また医療事務は正社員の他にも派遣社員やアルバイト、パートとしても働く事が可能です。

どの雇用形態でも周辺相場の事務の時給程度である事が多いです。医療事務資格を持っていると優遇されて時給に上乗せされる場合もあります。

医療事務の向き不向きについて

医療事務とは、病院や診療所の中で、医療に関わる事務の全般を処理する人のことです。同じ事務職の中でも医療に関する専門的な知識が必要な仕事内容のため、一般事務とは区別して医療事務と呼ばれています。主な仕事として、診察日の予約内容の管理、保険証や診察券の確認、患者さんからの診察料の徴収、入院の手続きなどがあります。

また、レセプトと呼ばれる診療報酬明細書を作成し、コンピュータにデータを入力し、診察料を算出することも仕事のひとつです。さて、ここからは仕事内容に対する向き不向きをご紹介していきます。

医療事務においては、コミュニケーション能力があり、仕事においてスピードよりも正確性を重視でき、基本的なパソコンスキルを持っている方が向いていると言えます。医療機関の顔となる窓口業務が必須となるため、社交性があり、常に見られていることを意識して笑顔で臨機応変に対応ができる方は、医療事務に向いていると言えます。

また、最初からあまり高度な技術が求められることはありませんが、向き不向きのひとつとして基本的なパソコンスキルを持ち、正確に診察料を算出できる方は適していると言えます。

患者さんの気持ちが分かり、正確な仕事ができ、コンピュータの知識を備えておくべき医療事務を目指している方は、上記のようなスキルを身につけておく必要があるようです。