医療事務として働くときはどんな身だしなみをしていれば良いのか

どんな職業でも働く場合はそれなりの身だしなみが求められますが、緩い職場や厳しい職場など様々な現場があると思います。

ここでは医療事務として働くために求められる身だしなみについてまとめています。

医療事務として働く際に知っておきたい身だしなみ

医療事務とは、医療活動に必要な事務の事であり、具体的には病院や歯科医院等で、診療の受付を行ったり、治療費の会計業務や請求業務、カルテや備品整理等の管理業務等、様々な業務を行います。

病院の窓口として、患者さんと直接顔を合わせ、会話等のやり取りを行うケースが少なくないので、医療事務を行う上で、身だしなみというのは注意すべき部分だったりします。具体的にどんな点に注意すべきかですが、まずは化粧です。

化粧は派手な色合いや濃いメイクを避けて、ナチュラルメイクを心掛けるのが基本です。というのも病院の窓口として、患者さんに不快感を与えない様にする事が重要なので、奇抜なメイクは絶対に避けるべきです。更に香水も、患者さんによっては不快な匂いと感じる人がいるので、出来るだけ避けた方が無難です。

次に服装ですが、病院という職場の場合は、真っ黒な服装というのは不吉なイメージを抱かせる可能性があるので、避けた方が良いです。なので派手過ぎず、少し明るめのスーツにするというのが、無難な選択だと言えます。

更に医療事務といった立場上、アクセサリー等もじゃらじゃらと目立つ形で身に着けるというのも、絶対にすべきではないです。そして身だしなみの基本と言える髪型ですが、しっかり束ねたり、アップにする等すべきです。その方が業務を行い易い上に、清潔感が生まれます。

医療事務の仕事はヘアカラーをしてもよいのですか?

最近最も注目を集めている職種の一つが、医療事務といえます。医療事務の具体的な業務としては、病院で診療報酬を計算し保険組合等に請求を行ったり、勤務先によっては会計や受付など、患者さんと直接接する業務を担当することもあります。

ですから医療事務の仕事は、見だしなみにも気を遣う必要があります。清潔感があり、落ち着いた雰囲気の服装が好ましいといえますが、髪型はどうでしょうか?例えばヘアカラーの使用はよいのでしょうか?

その答えとしては、場合や色合いによってはOKといえます。ヘアカラーといってもいろいろありますが、白髪染めなどは身だしなみの一環ともいえます。そして医療事務の仕事でいわゆるお洒落染めのヘアカラーをしたいなら、

金髪などではなく、深いブラウンなどの色合いであれば大抵の場合は問題ないはずです。もちろん自然の黒髪が一番良いことは、言うまでもありません。

そして医療事務の仕事はヘアカラーだけでなく、髪型の選択も重要です。短すぎず長すぎない、好印象を与える髪型がベストです。仕事中にすっきりと髪をまとめてしまうのも、良い対策といえます。

医療事務の仕事は病院のスタッフをはじめとして、患者さんや業者さんなど、多くの人々と接します。ですから服装やヘアカラーについても気を配ることが、良い仕事へと結びつくのです。

医療事務として勤務する場合ヘアスタイルや身だしなみ

医療事務として勤務する場合には患者さんが初めてクリニックで対面するスタッフとなる為、失礼のない対応と身だしなみが必要とされます。特に高齢者においては見た目だけで判断してしまう人も中にはまだまだいるので見た目で悪い印象や損をしないように、不快にならない身だしなみが大切です。

医療事務として勤務する場合、総合病院や規模の大きな所ではある程度の規則を設けている事が多くあります。制服の他に化粧、カーディガンの着用、ヘアスタイルやヘアカラーの色、中には使用するヘアゴムやバレッタ等の制限もある所があります。

医療機関でのスタッフのイメージも重要なので働く一員として規則がある場合には遵守する必要があります。一方でクリニックなどの個人の医療機関で医療事務として働く場合でも規則はない所も多くありますが身だしなみに気をつけます。

クリニックによっては派手な色なヘアスタイルでも許される所もありますが、長い場合には束ねるなど患者さんが不快にならないようにしておく事は必要です。

特に爪の長さやネイルにおいてもお洒落をしに働きに来ているわけではないので清潔感を重視して出来る限り爪は短くネイルも控えめにして勤務する事が望ましいです。

医療事務にふさわしいヘアアレンジ

医療事務は、昔から女性に根強い人気を誇る仕事です。勤務場所の大半は病院やクリニックですので、静かな環境で落ち着いて仕事が出来ます。企業のような厳しい売上ノルマもありませんし、口うるさいクレーマーもいません。

また、残業もほとんどないので、家事や子育てをしながら仕事ができるため、まさに女性にとっては理想的ともいえる仕事です。このように、医療事務の仕事にはメリットばかりが目立ちますが、やはり働く上では、社会人としてふさわしい身だしなみを整える必要があります。

その一つが、ヘアスタイルです。長いロングヘアは見た目は素敵ですが、仕事の際には邪魔になりますし、他人の目から見ても、あまり好ましいものとは言えません。ですから、医療事務の仕事をしている人は、仕事がしやすく、かつ清潔感を与えるヘアアレンジを工夫する必要があります。

この場合に大いに参考となるのは、看護師のヘアスタイルでしょう。彼女たちは、髪をきれいにまとめて、仕事の邪魔にならないようにしています。

ゴムやリボン、ピンなどの道具を上手く活用すれば、簡単に髪の毛をまとめることができるので、仕事の最中に髪型が気になることもありません。優秀な社会人の条件には、ヘアアレンジが上手だということも含まれるのです。

医療事務のメイクについて

医療事務のメイクについては、やはりあまり化粧品を使い過ぎる事は避けて、薄いメイクで出来るだけナチュラルな感じの方が良いかも知れません。これは、患者さんに与える印象ももちろんの事、医療事務の仕事に関して、夜勤を行ったりする事となると、そこで汗をかいたりすると流れてしまったりする事も考えられます。

なかなかそこで肌のケアを考える事も難しい事であり、それを考えるとやはり、医療事務の対応としてはやはり、薄めのメイクが適切な対応となりそうです。多くの方々が医療従事者として仕事をおこなっていますが、そこで女性の方も数多く仕事をしています。

勿論その女性の方々が、考えながら、患者さんに対して対応を取る時に、メイクの事で言えば、全く行っていない方も中にはいますが、そこは薄く行ったりする事が良い状況となり、医療事務の方にとっては、製薬会社のお客さんとの対応を取ったりする事も場合としてはある事から、薄く化粧をする事はやはり必要な状況となります。

医療事務の仕事は、受付であり様々な仕事を行う必要があり、そこでメイクに関してもやはり気を使う必要がある状況からも、そこで少しでも良い医療事務の仕事を事が望まれる様です。

医療事務として働くならマスクで感染予防をする

医療事務として働くのであれば、病院などで働くことが出来ます。仕事内容としては患者さんと接することもあれば、まったく接することなく事務仕事だけをするという内容もあります。もしも受付などで患者さんと接しながら仕事をするような場合には、どのような点に気をつけて仕事をするといいでしょうか。

患者さんにわかりやすい言葉を使って話をするようにしたり、体調の悪い人に対して心遣いの気持ちを忘れないようにすることも大切です。体調が悪い人と接するようになりますので、感染に気を付けて仕事をしなくてはなりません。

例えばインフルエンザや感染症の人と接することによって、自分も感染してしまう可能性があります。感染して発症をしてしまえば、医療事務の仕事を休まなくてはならなくなってしまいます。
ですので医療事務として病院で働くのであれば、感染予防に努めるようにしなくてはならないのです。

そのためには、マスクをつけて仕事をすると効果的です。マスクをつけていれば菌を吸い込むのを抑えることが出来るからです。しかしいくらマスクをつけていたとしても、正しい使用方法でなければ意味がなくなってしまいますので、正しい方法で装着をして感染防止に努めましょう。