未経験で医療事務として働く前に知っておくべきこと

医療事務として働きたいけど未経験の場合、働く前に知っておくべきことが沢山あります。

出勤時に失敗しないために、ここでは未経験で医療事務として働く前に知っておくべきことについてまとめています。

医療事務を未経験で始める求人情報の情報収集

仕事を始める場合は誰もが未経験で行いますし、医療事務も同様ですから、求人情報の中には未経験者を求める場合もあるので、膨大な情報から見つけ出す事が大切です。

求人情報を得る事は難しくありませんが、医療事務に限らず仕事の環境は相手とのマッチングが大切なので、直ぐに仕事が見つけられるとは限りませんし、未経験者であれば求人情報は少なくなります。

仕事探しは絞り込みが重要なポイントですから、インターネットのサイトを活用する事も一つの方法ですし、医療事務を取扱う求人情報サイトを活用する事により、未経験を含めた仕事を探す場合に役立ちます。
パソコンやスマートフォンが扱えるスキルがあれば、未経験者向けの仕事を見付ける事は十分に可能ですから、前向きに医療事務の仕事が探せるので、早めに活用するとライバルとの差が付けられます。

マイナーな情報サイトを活用する事でも、医療事務の掘り出し物が見つかる可能性はありますから、必ずしも大型サイトが優れているとは限らないので、様々な手段を積極的に活用する姿勢が重要です。

仕事は向こうからは来ませんから、条件の良い仕事を見付けるには行動力が重要ですし、医療事務も仕事を求める人材が豊富なので、誰よりも積極性を持つ事が将来に繋がります。

未経験の人が医療事務の仕事に応募する際の志望動機

医療事務の仕事は、一般事務の仕事と比べると専門性が高くなるため、その分時給も高めに設定されています。勉強することが嫌いではない人にとっては、事務というくくりが同じなのであれば、高い時給がもらえる医療事務をやってみたいと考えることがありえます。

すべての人にあてはまることですが、医療事務の仕事をスタートさせたいのであれば、未経験の状態から志望動機を説明して採用されるという流れを経なくてはなりません。経験があれば、経験を生かすということができます。未経験の人にとっては、採用につながるような志望動機を考えるのに苦労するケースがあります。

率直に高い時給が欲しいからといってしまっては身もふたもなく、不採用となってしまうことが十分に考えられます。そこで、未経験の人が志望動機を述べる際には、今後適切な教育を施せば優れた人材となって組織に貢献してくれると採用者側に思わせることが大切です。

そのためには、通常の事務よりも細かな数字やカタカナ語の処理に長けていることをアピールしましょう。一般事務で書類の審査等を行ったなどという実績を具体的に示すことができれば、よりいっそうアピール度が高まります。未経験であることをネガティヴに考えすぎず、すぐに戦力になれることを冷静に納得してもらうと良いといえます。

医療事務は未経験でも正社員を目指しやすい

医療事務になるには特別な資格は不要ですが、敢えて取っておいた方が良い資格に民間が主催する医療事務の資格が数十種類あります。主催団体によっては難易度は異なりますが、学習内容はほとんど似ているので自分で選択して受験する事が可能です。通学したり、通信教育を利用したりと学習環境も自分に合わせて選択できます。

医療事務は通常の事務職とは異なり、業務に患者さんを相手にする為に接遇の比率が多かったり、診療報酬と言う診療内容を点数化して会計を算出する独特な知識が必要です。

今では診療報酬も電子化が進み、診療報酬の計算もパソコン上で自動的に算出されますが、最終的には事務員のチェックが必要となります。この為、医療事務を目指す人には事前に資格を取得して知識をある程度持っていた方が未経験でも就職に有利だと言えます。

医療事務は比較的女性に人気が高い職業です。その理由として年齢や経験を問わずに資格受験する事が可能な為、未経験でも資格を取得したことを強みに正社員を目指す事も可能です。一度取得した資格は生涯有効であり、全国どこの医療機関でも通用します。

医療事務での正社員募集も学歴や経験を問わずに募集している場合が多く、いくつからでもチャレンジしやすい職種でもあります。

40代の年齢化から未経験で医療事務の仕事をする

仕事を探していく上で資格を取得して働きたいと考えているのであれば、転職先で役立つ資格を取得することです。医療関係の仕事をしたいと考えているのであれば、医療事務の資格があります。医療事務の資格であれば、正社員やパートなどの働き方がありますので、希望に合わせた働き方をしやすくなります。

年齢的に40代などになっているのであれば、今から医療事務の資格を取得しても働くことが出来るものでしょうか。求人はたくさんありますので、時間がかかったとしても働き口は見つかるはずです。しかしここで心配になってくるのが、採用はされたもののそこできちんと働いていくことが出来るかという点があります。

資格を取得したとしても、初めは未経験で仕事をするようになります。ですので、即戦力になる事が出来るのか不安を感じるはずです。即戦力になれなかったとしても、指導をしてくれる人がいればすぐに仕事には慣れるでしょう。

未経験の人が仕事を探す際には、指導をしてくれる人がいるのかが重要になります。指導してくれる人がいたとしても、自分よりも年下の人に教えてもらうようになる可能性があります。年齢が自分よりも下だったとしても経験は自分よりも上になりますので、学ぶ姿勢で指導を受ける事です。

未経験者の医療事務職応募の履歴書への志望動機の書き方

医療事務の仕事に応募したとき、当然ながら履歴書を提出しなければなりません。そこで、志望動機をどう書くのか、頭を痛めるとことです。履歴書でなくても、面接の場面でも例外なく志望動機について尋ねられることでしょう。これは医療事務だけではなく、どんな職種であっても共通していることです。

医療事務の場合、評価される回答にはどんなものがあるでしょうか。もし介護体験を持っているのであれば、それをきっかけに病院スタッフと接する機会が多くなって、この職種に興味を持った、といいう答え方は好感を持たれます。

また、接客対応の仕事よりも事務的にコツコツ処理する仕事のほうが向いていると自己判断している人なら、レセプト作成の責任ある作業を円滑にこなす自信があります、と表明するのも、決してマイナスにはなりません。

医療事務に未経験な人が応募する場合は、前向きに真摯に仕事に取り組んでいける資質を持っている、という側面をアピールすのが得策です。また、医療の仕事の性格上、社会への貢献や患者の役に立ちたい、といった意味の言葉を入れることも忘れてはいけません。

要するに、採用側が見て、この応募者なら採用しても仕事にしっかりと取り組んでくれる、と納得させる文言が大切なのです。

未経験や無資格でも医療事務はできます

医療事務は未経験・無資格でもなることができる職業になります。就職の面では資格があったほうが有利になることがありますが、無資格・未経験でも働くことができる病院やクリニックはたくさんあります。

資格をもっていると診療報酬の請求方法や薬価の計算の仕方などわかっているのでスムーズに仕事をおこなうことができ、無資格の場合は医療機関で一から覚える必要があります。

医療機関で診療をおこなったときの計算方法はすべて点数で計算していきます。初診料や再診料・処方料・調剤料・検査料・処置料などすべて点数がきめられています。この点数は2年に1回改正するので、2年に1度点数が変わります。

医療事務は診療した内容をレセプトにして保険請求します。月に1度社会保険基金や国民保険組合・広域連合に保険請求をおこないます。レセプトの不備が無いかしっかりチェックしなければならず、不備があると返戻されたり査定されたりすることがあり病院に損害がでることもあります。

このように医療事務の仕事は特殊なので、無資格・未経験の方は覚えることが多く大変ですが仕組みがわかると誰でも十分働いていくことができるし、キャリアを積むことで転職が有利になることもあります。

男性で医療事務未経験者の病院就職

病院就職で病院側が男性に求めるのは管理職的な要素であり、採用試験受験時に医療事務が未経験であっても特に問題としない場合があります。

ただ、組織の特徴上、病院全体の経営を考えたとき、病院収入のほとんどが医業収入です。医療を提供することによって得られる収入といえばわかりやすいでしょうか。この仕組みを理解するためには医療事務の知識は必要です。医療事務の知識がなければどこで収益を上げられるか戦略の立てようもないからです。

つまり、大学の新卒で医療事務未経験で法学部や経済学部出身で入職される男性の方は、組織に入ってから働きながら医療事務を勉強すべきですし、その場面にぶつかることでしょう。

特に配属が医事課になった場合、医事課は直接、医療事務を行うセクションです。女性が活躍する時代になったとはいえ、医療機関の場合はまだまだ封建的で、管理者は男性です。このセクションの長になることを考えると、部下の仕事を理解せず上に立つことはできません。勉強の必要性に迫られるのです。

しかも、診療報酬は2年に1度改定されます。経営分析していく際も、何がどのように改定の影響を受けているのかを理解しなければなりません。

以上のようなことから男性の場合は、入職後に勉強しなければならないことがかなり出てくるでしょう。