医療事務はどんな年齢の人まで働けるのか

たとえアルバイトだとしても基本的には求人条件に年齢が書かれているはずです。

当然ながら医療事務の正社員としての求人でも書かれているのですが、ここでは医療事務として働ける年齢についてまとめています。

医療事務の仕事も年齢で選択肢が決まる

年齢が増加する事は誰にとっても等しい事ですし、避ける事は出来ない現象ですから、決断は早めに行う事が大切なので、将来を左右する医療事務の就職や転職も同様です。

若ければ選択肢は広く持てますから、夢を持った将来像を思い描く自由はありますし、諦めない姿勢が有れば夢を現実に出来る可能性はあるので、年齢が若い事も就職を決める場合の価値になります。

有利な条件の医療事務を求める場合は、年齢が若ければ条件の選択肢は多く、必ずしも経験者だけが求められているとは限らないので、求人情報とのマッチングが大切ですし、明確な将来像が有れば自らに適した医療事務の仕事を見付ける事は簡単になります。

年齢に見合う経験があれば、将来的にも仕事の見つけ易さは維持出来ますし、医療事務の分野で専門的に仕事が継続される事によって、将来の収入増加も現実的な結果として得られます。

年齢は必ずしも不利になる条件ではありませんし、社会的な平均が増加する事によって、求人情報の条件も変化しますから、労働環境や働き方も固定され続けるとは限らなくなります。

社会的な変化はあっても、医療事務で求められる技術は変わりませんから、常に自らを磨く事は重要ですし、価値を維持したり高める事によって、今後も安心出来る仕事探しを実現出来ます。

医療事務の仕事をするのに必要な能力とは

医療事務は長く働く事が出来る仕事として安定した収入を求める女性に人気の職業となっています。医療事務の仕事をするには、国家資格などは必要ありませんので資格が無くても働く事が出来ますが、民間の資格を持っている人が多いのが現状です。

医療事務の仕事をするのに特殊な能力は必要ありません。もちろん、医療用語を覚えたりレセプトの作成方法を覚えたりする事は必要ですが、それは医療事務に限らずどの様な仕事でも業務を行わなければいけない上で最低限覚えなくてはいけない当たり前の事です。

特殊な能力は必要ありませんが、根気があり人と接する事が好きな人が向いているでしょう。レセプトやカルテの管理等の仕事は机に座って書類を作成する事になりますので、地味な作業が続きます。特にレセプトの提出期日前は残業をしなくてはいけない職場も多く短期間で多くの書類を作る必要がありますので、集中力と根気が必要となります。

また、書類を作るだけが仕事ではありません。病院での受付業務等を行う事もありますので、患者さんと直接話をする事もあります。特に受付は入れ替わり立ち代り違う人が来ますので、人とのコミュニケーションを取る事が好きな人には向いていますが、苦手な人には苦痛に感じてしまうかもしれません。

医療事務はどんな人が向いている?

医療事務は、事務と付いていますが事務職が完璧にできていたとしてもそれだけでは、ダメなのです。医師や看護師と違って治療に直接関わることはありませんが、受付や処方箋の窓口業務などで直接患者さんと関わることが多く、人とコミュニケーションが好きな人が向いていることになります。

事務職と言うよりは接客業のような認識を持つ方が良いでしょう。そのため、人を思いやることができる人も向いているといえます。体調が悪く弱っていたり不安な時は、ちょっとした対応の悪さが患者さんに悪影響を及ぼす事になります。

様々な患者さんが来ますので正確な対応ができる人。そして数多くの患者さんが来ますのでスピードのある対応ができる人が向いています。治療を受ける患者さんの個人情報を扱うのも仕事になります。個人情報の扱いをしっかり理解し責任を持って仕事できる人も向いています。

最近は、各病院で電子カルテが普及しており、コンピュータの扱いが上手くできないと医療事務には向いていないといえます。完璧にマスターする必要はありませんが、あったく扱えない様では厳しいです。

医療事務は、普通の事務職とは違いコミュニケーションがとても必要になり、視野を広くして対応ができ、責任感を持って仕事できる方が医療事務に向いていることになります。

医療事務で若い人が求められる理由

医療事務の人材を募集する際、明確に「○○歳までの方」と記載されていはいないものの、「20~30代が多数活躍する職場」などと記載して、若い人を求めていることを暗に示す求人が多くみられます。

医療事務を適切に行うためには、経験がある程度必要であることを考えると、中高年の人のほうが役立つといえるのですが、それでも若い人が求められるのには理由があります。

医療事務をする際には、細かな文字や数字を間違いなく、かつ素早く読み取ったり、入力したりすることが求められます。年を重ねていくと、キチンと集中していても、目がなかなか見えづらくなってきて、ミスが増えてしまうことが懸念されます。

採用する際に細かなミスをするかどうかを正確に判別することは難しいため、年齢という大まかな指標で判断されることがあるといえます。また、医療事務では、カルテなどを運ぶこともあり、重いものをスピーディーに運べる体力が要求されます。

個の点でも、若い人のほうが一般的に体力があり、適任だといえます。記憶力の面でも若年者のほうが優れているといわれているため、多少経験が不足していても、きちんと教育することによって、使える人材に成長する確率が高いのです。

医療事務を見据えての文理選択について

将来の職業として医療事務を見据える場合、主に高校で行われる文理選択はどちらを選べば良いかは悩ましいところです。その理由は医療事務は有資格による独占業務では無いので、その就職への道は広く開かれている事から文理どちらからでも仕事に就ける可能性がある為です。

関連する知識・資格の分野も文理に跨って存在しています。直接的に医療に関する知識・技術を学べる医療系の学科は理系ですが、事務や経理に関する資格に近しい領域を学べる経済・経営系の学科は文系に該当します。また公的機関の医療事務では公務員資格が問われる事も多いですが、これに関しては文理どちらも取得の対象となります。

但し前述した学科の中では経済系は比較的数学的な分野と近しい側面もある事から、理系クラスで重点的に学ぶ分野を活かした入試の方法が用意されている事も多くなっています。

また完全に文系に特化したような進路を選択した場合、医療に繋がるような知識を得られるような授業が無いケースもあり、その点については独学を要求される可能性があります。

結論を言えば医療事務を目指す場合の文理選択はどちらかで無ければ行けないという事は無いものの、理系の方が若干選択幅が広くなる可能性があると考えられます。何れにせよ、事務や医療関連資格を取得して進路志望と対外的に示せる知識水準を明確化させて行く事は望まれると言えます。

医療事務は退職しても再就職しやすいです

医療事務は、病院を訪れた患者さんの受付をし、カルテを用意し、診察後にはお会計をする仕事です。1カ月に1度、カルテの内容ごとにレセプトを作成し、請求する仕事も加わります。

レセプトは保険点数という、診療内容によって国によって決められた点数で行うため、日本全国で同じ治療をすれば、同じ点数になります。そのために、国内であれば、仕事内容は変わらないという特徴があります。

結婚や引っ越しなどで、医療事務を退職して、新しいお住まいになったとしても、再就職しやすいというメリットがあります。医療事務の仕事は、普段の生活では接することのないレセプトやカルテを扱うため、専門性が求められる職業です。求人にも経験者を優遇するものが多く、その分再就職しやすいです。

医療事務は、女性が多く活躍していますが、長く働くことのできる職業として有名です。新卒の若い女性から、20年以上のキャリアを持つ女性まで、幅広い年齢層の人が働いています。総合病院では定年が定められているために、60歳で退職する人が多いですが、

個人経営の医院では60歳を過ぎても働いている人もいます。長く働くことで、社会に貢献し、自己実現ができる女性になることができます。