医療事務の年収はどれくらい

女性に人気の職業といえば事務職ですが、さらに専門性も高く人気がある職業が医療事務です。

医療関係に従事するので需要も尽きない職種ではあるのですが、実際年収はどれくらいなのでしょうか。ここでは医療事務の年収についてまとめました。

医療事務の年収について

医療事務の年収は、勤める病院や地域によってもかなり差がありますが、だいたい300万から400万ぐらいが平均になっています。月収でみると15万から20万ぐらいが平均になっています。初任給は、高卒であれば15万、大卒の場合は19万で一般事務職とほぼ同じぐらいです。

大学病院などの大規模な病院で勤めている場合は、ボーナスがありますが、個人経営の病院ではボーナスの支給がないケースもあります。また、個人経営の病院では、午前中や午後だけの短時間勤務のパートやアルバイトで医療事務の募集することが多い傾向があります。

パートの場合は、未経験者であれば時給800円からのスタートが一般的で、経験者の場合は1000円以上の高時給になるケースもあります。全体的に都心部の病院で勤務している人のほうが年収は高い傾向にあります。

最近は、医療事務の世界でも派遣を用いることが多くなっており、派遣で働く場合は1000円から1500円ぐらいが相場となっています。医療事務の仕事には資格は必須ではないですが、資格保持者の方が派遣では時給が高く設定されることが多いです。

医療事務の職種のほとんどは、女性が占めているため結婚や出産などで仕事を一度離れても復帰しやすいような仕組みを取り入れている病院も多いです。

女性の人気の医療事務の仕事の年収

女性が資格を取得して働く時に人気があるのが、医療事務の仕事です。全国的に求人もとても多いですので、働く場所を見つけやすくなる仕事と言えます。

女性の場合に出産後はパート勤務や派遣として働くこともできますが、結婚前や子供が成長した後に働きたいのであれば、正社員として働くようにした方が安定した給料をもらうことが出来るようになります。

医療事務の正社員として働くことによって、しっかりとした福利厚生を受けることが出来るような病院もありますので、正社員として働く方が給料は多くなります。医療事務の年収としては、一般的に300万円から400万円位になっています。

この差は勤務年数や年齢によっても差が出てくるようになりますので、勤務年数が増えるごとに徐々に給料が上がっていく傾向です。勤務する病院の規模によっては、月々の給料だけではなくボーナスにも大きな差が出てくるようになります。

そのボーナスの差によっても年収に差が出るポイントとなるのです。医療事務の資格を生かして働きたいのであれば、給料面で比べてみたり、福利厚生や病院の規模をみるようにして、安定した給料をもらいながら長く勤務できるところを探すようにすることです。

男性で年収にこだわって医療事務の仕事をする

男性が医療事務での仕事の年収にこだわりたいときには、大きな病院の求人に応募してみるとよいでしょう。小さな病院の場合、働いているスタッフのお給料も低くなってしまう傾向にあります。小規模なクリニックでは、経営状態が安定しないため、高い年収を期待できなくなってしまうのです。

その点、大きな病院であれば、経営も安定しているため、高いお給料を得ることが可能になるのです。医療事務の仕事に応募するときには、大きな病院に注目してみるとよいのですが、勤務の忙しさについても確認してみるとよいでしょう。

通常の勤務時間であれば、生活を保ちながら働いていくことができるのですが、残業が多いなど働く時間が長くなってくると、私生活にまで影響を与えてしまいます。求人に応募するときには、残業の多さであったり病院に拘束される時間についても確認しておくことで、無理なく医療事務として勤務していくことができるのです。

男性の場合、家族を養う必要があるため、ある程度のレベルの給与をもらうことができないと勤務していくことはできません。納得できる年収を確保したいと思った時には、給与が高い大きな病院で募集している仕事に応募してみるとよいでしょう。

医療事務の給料はどのくらいか

事務職の中に医療機関で働く医療事務があります。全国共通の診療報酬の特殊な知識が必要な為、医療事務の資格を取得して全国どこの医療機関でも就職口がある為、結婚をして転勤族になったとしても職探しに強く、女性にとっては人気が高い職種でもあります。

医療事務の給料面においては周辺の事務職と同等の相場である事が多いです。経験や勤続年数によって若干年収がアップする事がありますが、大幅な年収アップはさほど期待は出来ないです。総合病院やクリニック、薬局など勤務先が多数ありますが、給料面はその医療機関によりけりでボーナスも特に総合病院で多忙だからといって比例して高くなるという傾向はないです。

医療事務の魅力として正社員や派遣、アルバイトなどの多くの雇用形態が選択できるという点です。一度職を辞めても一生活かせる職種なので再度就職する事も可能である点も魅力的です。派遣やアルバイトも周辺相場の事務派遣やパートと同様の時給相場である事が多いですが、医療事務などの資格を持っていると時給に反映される事もよくあります。

残業においては日々の業務ではあまり発生はしにくいですが、月末にレセプトの処理が発生する為、月末に残業が多くなって残業手当が期待できます。

医療事務の時給について

医療事務で必要な資格を取得した際には、ほとんどの方が、その資格を活かした仕事に就くと思います。医療事務の資格を取得した方が、仕事に就く場合には、資格によって給料が上がる事はあるのでしょうか。

医療事務の場合には、給料に影響がある場合も多いのです。資格をしっかりと取得している事によって、月給や時給が少しだけ上がる場合もあります。時給の場合にはそれほど大きな変化が見られない場合も多いのですが、月給では目に見えた変化になる事も多いのです。

他の方よりも少しでも多くの給料を得たい場合には、資格を取得している事によって、給料に差を付けてもらう事ができる企業を探す事が大事になってくるのです。資格取得で給料に差が出るかどうかが明確にわからない場合には、面接前に聞いて見る事も良いと思います。

わからないまま応募をして採用され、給料に差が出ないと言う事になってしまっては自分が損をする事にもなってくるのです。このような事が無いようにしっかりと確認をしながら給料や時給の良い求人を探して、活動をしていく、仕事をしていく事でせっかく取得した資格を無題にする事も無くなりますし、自分が損をする事も少なくなってくるのです。