医療事務として働いてる際に気になる人間関係について

どんな職場でもやはり長く働くためには絶対に無視できないのが人間関係です。

特に医療事務は女性社会ですので、人間関係が劣悪な場合もあるのですが、ここでは医療事務の人間関係についてまとめています。

人間関係の問題がない医療事務の仕事

医療事務の仕事は、仕事と家庭の両立を目指す女性にとても人気のある仕事です。最近は高齢化にともなって病院やクリニックの必要性がますます高まっていることから、医療事務の求人も増加する一方です。また、病院は堅実でとても働きやすい職場なので、落ち着いて仕事をしたい人にはぴったりです。

残業がほとんどないということも、特に小さい子どもがいる主婦の人には大きなポイントでしょう。定時で仕事を終えることができるので、家事や育児に負担がかかることもありません。しかも、医療事務のメリットは、これだけではありません。この仕事に従事している人が、特に大きなメリットだと考えていることは、わずらわしい人間関係がないということです。

一般の会社のように、ノルマや成果を求められることがないので、同僚と争う必要もなく、和気あいあいとした雰囲気で楽しく仕事ができます。また、顧客開拓の必要もないので、セールスをすることはありませんし、顧客からクレームが寄せられることもありません。

仕事をするうえでは、その業務内容はもちろん、人間関係が良いということが長続きのポイントとなります。医療事務の仕事は、人間関係に恵まれているので、とても働きやすいのです。

医療事務で不向きな人はいるのか

事務の中でも医療事務という病院やクリニックで働く職種があります。医療事務の仕事は通常の会社の事務とは異なり、患者さんを相手にするので接客要素が強い職種でもあります。クリニックや病院で初めて患者さんと接する立場でもあるので会社の顔として振舞うスキルが求められます。

医療事務の仕事で向いている人とは健常者よりも身体に不安や不調を抱えた患者さんを相手とするので、丁寧な対応や冷静な応対が必要です。事務員であるからと言って診察の内容や質問に「解らない」の1点張りも患者に不安や不快を与えるので臨機応変な対応が出来る人が望ましいです。

ある程度の院内の設備などの初歩的な知識は持っている事は必要であり、医師や看護師でしか判断がつかないような診療内容でない限りは対応できる知識を常に持っておく事が必要です。一方で診療報酬という特殊な診療会計をもとに会計をするので医療事務としての知識やパソコンスキルもある人が向いているでしょう。

電子化がさらに進む事が予想されるのでパソコン作業が苦手な人や膨大なカルテの処理が苦手な人には不向きな人と言えるでしょう。また、医療事務と言っても医師や看護師らと連携して仕事を進めるので職場の人とコミュニケーションを取る事が苦手な人も不向きな人と言えるでしょう。

医療事務を続ける場合もやりがいを持つ

仕事は楽しい事ばかりではありませんし、医療事務も精神的な負担が発生する事は珍しくありませんから、休息や気分転換が大切で、同時にやりがいを持つ事も継続的な仕事には欠かせない要素です。

やりがいは与えられる物ではありませんから、仕事の中から見付ける事が欠かせず、楽しくない事もある医療事務の仕事であっても、充実や満足感が得られる自らのやりがいを持つ事が支えになります。

医療事務は数も仕事の内ですから、時間を無駄なく使う事が大切ですし、効率的な仕事の進め方を見付ける事でも、やりがいを感じる事は十分に可能です。トラブルを解決する事でも充実感は得られますし、医療事務の問題をクリアする事も仕事になりますから、仕事の現場で役立つ存在になる事によって、仕事が出来る人材としての価値が認められます。

客観的に価値が認められる事に限らず、自らも評価を行う事で二重に自信が持てますし、やりがいがあれば仕事を行う上での体制は万全ですから、少々の問題では怯む事がなくなります。

仕事を継続的に行える事が生活の基盤になるので、医療事務を含めて安心出来る仕事の確保が重要ですし、状況が変化する場合にも対応出来ると前向きになれますから、報酬以外にも仕事から得る事が大切です。

産休明けでも働ける医療事務の仕事

産休明けで医療事務の仕事に復帰する際には、勤務する時間にも気を付けるようにしましょう。産休明けは、体の状態も元に戻っていないため、いきなり長時間から働くことで、体にも負担がかかるようになってしまいます。

体力に合わない状態で勤務していくことで、体調を崩す原因となってしまうでしょう。無理なく働くためには、短時間の勤務から始めてみるとよいです。医療事務については、フルタイムの勤務だけではなく、短時間のパートの仕事の豊富に存在しています。パートであれば、一日の中で決められた時間だけ勤務していくことができ、体にも無理をかけることがありません。

また、短期間で勤務することで、産休を取っていた時のブランクも埋められるようになってきます。短時間からゆっくりと仕事に慣れていくことで、仕事についていけるだけのスキルを身に着けることができるでしょう。

医療事務の仕事を再開するときには、短時間から始めることができるパートの仕事を行ってみることで、無理のない形で勤務していけるようになります。求人サイトでは、パートやアルバイトの仕事に就いても豊富に紹介されていますので、仕事を見つけたいときには積極的に利用してみるとよいでしょう。

グループディスカッションで医療事務の重要性を再認識

グループディスカッションは医療事務でも欠かせない取り組みですし、客観的に医療事務の価値を見直せる機会ですから、前向きに参加を行う事が出来れば、人材の価値を高めて求人で求められる存在として活躍出来ます。

専門性の有る医療事務は、多くの知識を重要な価値として持ちますから、グループディスカッションでは楽しめる余裕がある事は重要ですし、焦らず対応出来る能力が有れば現場で幅広く役立てます。

価値を持った人材は知識量が必要ですし、経験の積み重ねにも時間は必要ですから、無駄なく効率的な学びを行う事により、深く幅広い知識と役立つ経験を身に付けられます。グループディスカッションは学びの機会ですから、経験によって能力の向上が行えますし、客観的に状況を把握できるので医療事務に求められる働きや価値を再認識出来る事も魅力的です。

他者と積極的に関わるグループディスカッションは、人材に必要な輝きが磨かれますし、費やす時間に応じた結果は努力次第で得られますから、大きく成長出来る機会が与えられる事により、医療事務で役立つ技術が高められます。

現場で活躍出来る事も重要ですが、グループディスカッションで能力を発揮する事も大切ですから、様々な場面を挑戦の機会ととらえる事によって、成長を促進して医療に役立つ存在になります。

医療事務の問題点について

医療事務で働くと、「医学の知識が得られる」などのメリットがありますが、一方で問題点もあります。これから医療事務の仕事に就こうと考えている人は、問題点について理解しておいたほうがよいでしょう。まず、医療事務は最近人気が高まっている職種であり、志望者も増加しています。

ということは、競争率も高まっているということです。そのため、「なかなか働き口が見付からない」ということも考えられます。また、志望者の増加は、採用側からすると選択肢が増えるわけですから、ある程度ふるいにかけていかなければなりません。その際に最も重要になってくるのが、「実務経験の有無」です。

特に正社員を希望する場合、実務経験がないとかなり不利になります。その場合は、いきなり正社員を目指すのではなく、まずはパートから入ったほうが結果的には近道かもしれません。

そして、正社員として就職できたとしても、今度は「休日が少ない」という問題が出てくることもあります。特に人手が少ない職場だと、なかなか有休もとりづらかったりします。現在は、多くの会社で週休二日制が採用されていますが、医療機関においては全体の3割程度しか実施できていないというのが実情です。

医療事務の仕事でミスをしない為に

どんな仕事をするうえでもミスがあってはいけません。しかし気を付けていたとしても人間のすることですので、絶対に起こりえない事ではないのです。

普通の生活をしていく上でもついうっかりという事が多い人の場合は、医療事務の仕事をしていたとしてもミスが起きてしまう事があるかもしれません。ミスが起きてしまう事によっていろんな人に迷惑をかけてしまうことになりますので、一つ一つの作業を正確に集中して医療事務の仕事をこなしていくようにすることです。

ミスをしてしまった場合には、落ち込むよりもすぐに対処していくようにしなくてはなりません。そして同じことを繰り返さないようにする為にも、どうしてそうなったのかを考えていくようにすることです。原因を考えなければまた同じことを繰り返してしまう可能性がありますので、注意が必要なのです。

気を付けていたとしても、何度もミスを繰り返してしまうのではないかと思って医療事務の資格取得を諦める必要はありません。実際に働いてみなければどんなふうになるかはわからないからです。

まずは資格を取得してみるようにし、実際に働いてみて自分には向いていないと思うのであれば、その時に今後の事を考えるようにしてもいいのです。