医療事務でパートとして働くことについて

医療事務は正社員として働く他、バイトやパート、派遣社員としても働くことが可能です。

人気の職業ですから需要がなくなることはほぼないはずですが、ここでは医療事務のパートについて詳しくまとめています。

医療事務はパート勤務も可能です

医療事務の仕事は、病院でレセプトの作成やカルテの管理業務等を行う医療専門の事務職です。その為、医療専門用語の知識が必要となり、一般の事務職とは業務内容も変わってきます。医療事務の仕事を行うには専門の資格は必要ありませんが、多くの人は医療事務の民間資格を持っています。

医療事務の資格を持っている事で、最低限の知識を身につけていると判断されますので就職にも有利です。専門的な知識が必要な仕事の為、経験が重要視される職種でもあります。その為、正社員ではなくても、過去に医療事務の経験のある主婦の方でも働きやすい様にパート勤務での事務員を募集している所も少なくありません。

パート勤務の場合、過去に働いた経験のある人は即戦力としてすぐに力になって貰えますし、忙しい時間を中心に働いて貰えれば良いので、人件費を削減したい雇用側と、扶養の範囲内で働きたいという様な要望を持った方との利害関係が一致しやすくお互いにとってメリットのある雇用形態になります。

しかし、パート勤務は正社員と違って任せられる仕事の範囲に限りがある事もあります。責任ある仕事を中心的に行いたい場合には正社員として働く事が望ましいですが、自分のスキルを活かしながら家庭に無理の無い範囲で働きたい場合にはパート勤務はとてもおすすめです。

医療事務のパート時給について

病院やクリニックなどで患者の受付や会計、診療報酬明細書の作成などの事務作業を担う医療事務の仕事では、パートやアルバイトでの募集も多いです。特に個人クリニックでは、短時間勤務できる医療事務の人材の募集の方が主流になっています。

医療事務のパートの時給は、資格の有無や実務経験の年数などから差がでてきます。また、勤務する地域が地方か都市部かでもかなり変わってきます。医療事務でも受付や雑務などの未経験でもできる仕事内容の場合とレセプト業務などある一定の経験と知識がないと難しい業務内容でも時給の金額は変わってきます。

レセプト業務がメインの場合は、実務経験があれば1000円から1300円程度の高めの時給が平均的です。未経験者の場合は、850円前後が平均的な相場時給となっています。派遣の場合は、無資格で未経験であれば1000円、未経験でも医療事務に関連する資格をもっていれば1200円、実務経験がある場合は1500円が相場となっています。

医療事務の世界では実務経験を一番重視しています。しかし、未経験でも比較的採用されやすい職種でもあります。特に短時間勤務のパートは、クリニック側の都合のよい時間に勤務できる人を求めているため、実務経験がなくても十分採用される可能性は高いです。

医療事務の給料とパートの時給について

医療事務では、正社員としてフルタイムで働く場合と、短時間勤務のパートとして働くケースの2つにわかれます。総合病院に正社員で働く場合は、初任給は20万前後で年収は300万ぐらいが平均になります。

個人経営のクリニックなどで多いパートの医療事務の場合は、未経験だと800円前後で実務経験が何年かある場合は、900円から1000円ぐらいが平均的な時給になります。派遣の場合は、交通費も込みになるため、1000円から1500円ぐらいが平均時給になります。

医療事務のお給料は、地域によっても違い、都市部ほど給料の平均額は高くなる傾向があります。また、勤務する病院の規模が大きいほど、ボーナスの支給があるため年収も高くなります。医療事務に従事する人のほとんどが女性であることが多いため、産休や育休の制度が整っていることが多い職種でもあります。

独身時代は正社員で勤務してから、結婚や出産後は、家事や育児との両立がしやすいパート勤務に雇用形態をかえて、働き続けるケースが多いです。医療事務では、ほかの医療系の仕事のような国家資格はありませんが、派遣などでは医療関係の事務の資格を持っている方が時給の査定が高くなります。

医療事務のパートは未経験でもできる

医療事務は、通信講座などで人気が高い事務系の一種です。医療事務の主な就職先は、病院やクリニック、調剤薬局になります。医療事務は、短時間勤務のパートとして募集することが多いため、結婚や育児などでフルタイムで働きづらい既婚女性も働きやすいため人気があります。

医療事務では実務経験者の方が時給が高くなる傾向がありますが、未経験でも採用されやすい職種です。未経験の場合は、地域や病院によっても違いますがだいたい800~850円からスタートするケースが多いです。実務経験がある人の場合は、少し時給はあがり900円から1000円ぐらいになります。

医療事務の仕事のなかにも経験がない初心者でも行える接客や会計、病院の雑務なども含まれており、未経験のパートの場合は、受付や掃除などの雑務からスタートすることが一般的です。パート以外にも派遣として医療事務をする形も増えています。

派遣の場合は、実務経験のほかに資格の有無によって時給が変動します。パートの募集では、病院が一番忙しい時間帯である午前中に働ける人を求められることが多いです。女性が従事する割合が多い職業のため、一度結婚や出産でリタイヤした人がパート勤務として復職するケースも多いです。

医療事務のパートの面接と服装について

医療事務の面接については、総合病院などの大きな病院と小さな診療所やクリニックなどでは少し変わってくると思いますが、総合病院などでは受付業務の兼任する事もあるので、見た目の清潔感は大切になってきます。服装は出来るだけスーツの方が無難といえます。

パートでも総合病院の場合はスーツの方がおすすめになっています。面接では化粧なども印象に残るので、全く化粧をしないよりは少しナチュラルメイクをしていく方が好印象になってきます。医療事務は色々な病院でニーズがあるので、人気の職種になっています。

保険の点数などや医療の知識も必要になってくる部分もあるので、勉強は必要になってきますが、しっかりと勉強して資格などを取得しておくと、子供が出来た時などでもパートで働く事が出来る仕事なので出産後に資格を取得する人も少なくありません。

医療事務は通信講座などでも勉強して資格を取得する事が可能です。子供などがいて学校などに通う事が難しい場合少しずつでも自分のペースで勉強を進める事が出来て人気です。

せっかく取得した資格や勉強の成果を発揮する為に面接ではその病院で働きたいという理由を明確にし、落ち着いた服装でのぞむ事が大切です。