医療事務はどんな仕事内容なのか

医療事務のイメージといえば、通常の事務を医療関係で行うという印象がありますが、実際のところはどうなのでしょうか。

ここでは医療事務の現場で行われている仕事内容についてまとめています。

色々な所で行われている医療事務の仕事内容

医療事務を行うという形で、医療に携わりたいという人は多いでしょう。医療事務とは病院だけでなく、色々な所で行われている事務などです。その仕事内容については、レセプト業務や秘書業務などです。レセプトは診療報酬明細書のことです。

秘書業務では大きな病院でデータ管理したり、電話に応対したりします。他に患者さんの受付け業務も行います。患者さんに対して、保険証を確認したり、診察券を発行したり、会計したりします。会計はほとんどコンピューターがしてくれます。病床がある病院で、入院している患者さんの対応もします。

入院費の説明をしたり、支払いの相談に乗ったり、この他の様々な相談に乗ったりします。また、医療機関の経営に関するデータの管理、統計の作成などをすることもあります。

上記のようなことが医療事務の仕事内容なのですが、その中で最も大変なことは月ごとに行うレセプトの作成でしょう。作成する際、データの入力ミスや保険証の確認もれをしないよう気をつけてください。医療の仕事は、どんな小さなミスでも許されない仕事です。

ですが、その緊張感の中でも、ちゃんと他のスタッフと信頼関係を築けば、安心して仕事をすることができます。

医療事務に必要な持ち物を確認

医療事務でも必要な物を揃える事が大切ですから、持ち物を確認して忘れない事が重要ですし、普段から心掛ける事で忘れ物を避ける事が出来るので、習慣化したチェックによって医療事務に欠かせない持ち物の確認を行います。

持ち物チェックは自ら行う事が仕事を順調にしますし、忘れ物があると無駄な時間が発生しますから、予め十分な確認を行う事が欠かせず、医療事務に限らず社会人に必要な確認になります。

子供も学校で必要な持ち物が発生しますし、必要な物を忘れると支障がありますから、忘れない心掛けや間違いの無い持ち物を用意する事が大切で、医療事務の仕事や大人になってからも共通します。

仕事に必要がない物を減らす事も重要なポイントで、医療事務の仕事に集中する事が求められるので、仕事とは関係がない物を持ち込む事は避ける事により、仕事の計画や進め方を妨害する要素を取り除けます。

気分転換も仕事の内ですし、自由な休憩時間には気分を変える事がリフレッシュに繋がるので、一時的に仕事から離れられるアイテムは役立ちますから、ルールを決めて持ち込む事は可能です。

仕事に使う物を予め用意しておく事は、後の安心に繋がりますから、普段の行いが仕事に関わりますし、トラブルを発生させない事が行えます。

医療事務の役割とはどのようなものか

医療事務は病院・治療院などで行われる事務作業の専門家です。主な仕事はレセプトと呼ばれる診療報酬の明細書の作成、病院でないでの診察券・保健所などの受け渡しをする受付業務、診察終了後に行われる診察費の計算などの会計業務、処方箋の窓口での対応業務、電子カルテの入力や管理の代行、入退院手続き業務の代行などが医療事務の主な役割です。

医療事務の役割とは医療行為を円滑に行うためのサポートが中心になります。医療事務の仕事の中心的な業務になり、専門的な知識が要求される役割が診療報酬明細書、通称レセプトの作成です。
このレセプト作成は調剤薬局や歯科医院でも日々行われる作業です。

日本の国民は基本的に全員が医療保険加入者になるため、視察料の請求は患者の全額負担ではなく被保険者である患者と保険者である国・地方自治体もしくは健康保険組合等の両方が負担することになります。そして診療後に発生する保険者への請求のために作成される書類がレセプトになります。

レセプト作成においては、カルテを確認しながら、レセプト記入に必要な診察年月日や医療機関のコードやあらゆる区分のコードなどをコンピューターに打ち込む必要があるため、専門知識の他に正確さやスピードなども要求されます。

医療事務におけるトラブル発生の予防策について

医療事務に限らず、日々の業務を進めていく上でトラブルは発生してしまうものです。医療事務の仕事においても、さまざまなトラブルが発生してしまうことが考えられます。その中でも、健康保険組合への請求業務におけるトラブルは、医療機関の収入に直結するので、未然に防げるのが理想です。

では、具体的な予防策の例を挙げてみましょう。まず、医療機関に来院された患者様の保険証は、毎月必ずチェックし、コピーをとるということです。医療事務は窓口業務も兼任することが多いです。

初めて来院する患者様はもちろんのこと、通い慣れた常連の方からも月に一回は必ず保険証は提示していただくのを忘れないようにしましょう。特にご高齢な方の場合、自己負担の割合が変わることも考えられます。

また、コピーをとることで業務中にカルテに写し忘れた情報についても、後から補完することができますし、請求時にチェックするときも間違いを防ぐことができます。

また、請求時のチェックに関して、簡単ながら強力な予防策はダブルチェックです。いくら電子カルテ等といったコンピュータによるチェック機能が強化されてきたとはいえ、まだまだ人間の目によるチェックが必要なのが実情です。

各医療機関によって医療事務に従事している人数が少ないという事情もあるとは思いますが、やはり一人でのチェックには限界があるのも事実です。チェックが甘くトラブルが発生してからのやり直しとなると二度手間どころか余計な労力もかかってしまいます。ですので未然に防ぐためにも多人数によるチェック体制の確立が大事となってきます。

幅広い医療事務の流れについて

医師や看護師を支援する専門家としても活躍できる医療事務の担当者は、レセプト業務や応対窓口の仕事など幅広いのが特徴です。医療費用の計算と患者への応対が主な業務である医療事務の基本的な流れは、外来患者の受付にはじまり入院施設のある医療機関では入院患者への対応をした後、診察内容に合わせて診療報酬請求をすることです。

外来患者の受付時の医療事務の流れは、重要な仕事でありかつ様々な種類のある健康保険証の確認をし、診察券及び医師の診療記録カードであるカルテを作成します。医師の診療簿であるカルテは、患者の症状・処置・経過などを記録しておくもので重要視される仕事です。

さらに患者の呼び出しや診察室への案内へと続き、一方入院患者の医療事務の受付は、カルテ作成にはじまり入院診療費の説明にも及ぶケースが一般的な流れです。

診察終了後の医療事務の流れは、初診料や診察料なの料金計算業務の後、患者の負担した診療費の残額を計算し、請求する業務に続きます。レセプト業務は、診療報酬点数表から診療報酬点数を計算し、診療報酬明細書を作成し請求することです。

医療事務の流れの中には、最終的にレセプトを計算機に入力する仕事や医療機関の情報の管理等も含まれるケースがあり、事務や経理など多彩な職種です。