人気が急上昇中の医療事務の資格について

資格人気ランキングなどで常に上位に入っている資格が医療事務なのですが、なぜそれほど人気なのでしょうか。

ここでは医療事務の資格の詳しい解説や資格の取得費用について詳しくまとめています。

「医療事務」に資格は必要?

医療事務スタッフの仕事は、医療費の計算と患者への応対で、病院のさまざまな場所で活躍する専門職です。受付では、保険証の受け渡し、診察券の発行やカルテの準備などの受付業務を行います。保険証の情報や診療内容をカルテに記入(入力)するオペレーター業務やカルテ管理、治療費のうち自己負担金を徴収する会計業務も医療事務スタッフの仕事です。

国や健康保険組合に提出する請求書(レセプト)の作成が、医療事務スタッフの最も重要な仕事です。レセプトは、患者一人の1ヶ月分の治療内容を点数に置き換えて計算するもので、専門知識が必要です。医療事務には国家資格はなく、仕事に就くにあたって免許の必要はありません。

しかし、実際に仕事をするには知識が必要なため、ほとんどの人は専門学校や通信講座などで勉強をしています。複数の団体や法人が主催する資格試験があり、関連する資格は10種類以上あります。就職活動の前に資格を取っておくとよいでしょう。

唯一の国家認定資格である診療報酬請求事務能力検定試験は、合格率30%前後と難易度が高い試験ですが、その分医療機関からの信頼は高いのが特徴です。その他の試験にも、それぞれ特徴がありますので、どの分野の仕事をしたいかによって受験する試験を選ぶとよいでしょう。

医療事務に必要な資格やパソコンスキルについて

街を歩けば、病院や歯科医院等を数多く見掛けるものです。なので医療事務として働く事が出来れば、そういった数多くある医療施設を職場の候補にする事が出来るので、仕事探しを行う際には有利です。そんな状況もあり、医療事務は女性に人気の仕事となっています。

そんな医療事務として働く場合、特に学歴や資格は必要ではなかったりします。ですが現実問題として、仕事探しを行う際に、持っていれば有利に働く資格も存在しています。それは民間の医療事務資格であり、取得しておく事により、実際の仕事に役立つ知識が得られます。

お陰で、取得しておけば病院側も戦力になると考え、雇ってくれ易くなります。なのでどうしてもこの仕事に就きたい人は、通信教育等を活用して取得しておくべきです。医療事務として働く際に、必要なスキルとしてはパソコンも外せません。

というのも勤務する病院や歯科医院にもよりますが、この仕事でこなすべき業務は様々です。受付窓口で患者さんの応対業務等の他にも、診察費用の会計業務やカルテ等の管理業務等実に多くあります。そしてそういった業務をこなす際に、パソコン入力を行う事も少なくないです。なのである程度のパソコンスキルがないと、医療事務をするのは難しかったりします。

医療事務資格をとったら、次は実践です

医療事務の仕事は人気のある仕事です。同様に医療事務資格も人気で、受験人口も増加し続けています。医療事務の仕事はフルタイムで働く正社員はもちろん、パートで働くことも可能なので育児や家事など主婦業を両立しながら働くことを希望される方にも人気です。

医療事務の仕事内容は病院窓口での患者さんの対応、カルテの作成、会計、レセプト(診療報酬請求)、また医療機関によっては清掃や患者さんの要望を聞いたりと雑務もたくさんあります。ここで、医療事務の仕事は実践が大切になってきます。

実践を通して仕事のやりがいをどんどん感じていくことでしょう。自分自身の成長も感じることができ、日々病院の先生や看護師の方達からも色々な知識を教えて頂けるでしょう。また、患者さんから感謝してもらえることもあります。こういった体験ができるのは医療事務のお仕事ならではです。

これらの作業を長年繰り返すことで、仕事もわかるようになり、いつのまにか自分自身も大きく成長しているでしょう。医療の仕事は、小さなミスも許されない緊張感をもってやらなければならない仕事です。また、スタッフ全員のチームワーク、信頼関係が必要で、安心して仕事をする上でも実践が大事になってきます。

医療事務に必要な資格はあるのか

医療事務の仕事に就きたい場合、必要な資格があるかというとないですが、医療事務に精通する民間の資格は数十種類あります。民間の資格の中でも「メディカルクラーク」などの厚生労働省が認定するものもありますが、国家資格とは異なります。

医療事務に必要な資格がないのに関わらず、通信教育や専門学校に通って取得するには就職に有利だからという理由が挙げられます。

医療事務の仕事は診療報酬と言う医師による診療を点数化して会計を算出する特殊な知識が必要で、今では電子化の普及により、事務員が個々に計算して会計を出す事は少なくなりましたが、最終的な確認は行うのでその際に知識として必要となります。この為、医療事務を目指す場合、診療報酬の知識を知っておくだけでも採用の際に有利になる事が多いです。

また電子化の普及により、最近の専門学校では医事コンピューターを教えてくれる所もあり、就職してすぐに即戦力になるような知識も教えてくれる事からより就職に有利になる為に資格取得を目指す人も増えています。

医療事務の資格試験は数か月の勉強で見につけることが可能で毎月開催されていたり、隔月毎であったりと比較的取得しようと思ってから取得できるまでの期間が短い事も人気の理由の一つです。

無資格やバイトでも可能な医療事務について

日本全国にある医療事務の仕事は、無資格でも可能な業務の範疇です。さらに、雇用形態も正社員に限らず、バイトでも応募できる幅広い要素を有する点が魅力です。医療事務に精通した人には、短時間や好きな時間を利用するバイトも可能な人気の職種です。

平日の午前中または午後の限定や週に数日の求人がある医療の事務は、ベテランであれば結婚後や出産後でも有利です。医療事務は薬剤師に求められるような国家資格ではないので、無資格でも活躍できますが、就職では資格保持者に劣後する傾向があります。

バイトや未経験者の募集も可能性のある業種ですが、専門性を求められる仕事であることから、知識やスキルの程度を示す方が有利であり、無資格での求職より医療事務の通学講座受講のエビデンス表示も一考です。

難易度の高いレセプトに踏み込んだ講座を用意する機関に加えて、気軽に受講できる通信講座を提供するスクールもあるなど、無資格者にとって教育面は豊富で充実しています。履歴書の欄に資格などを記入することにより、無資格者より有利な条件の一つとなります。

医療事務を先駆けて実施した組織や国内でもトップ級の医療事務受託会社で、上場企業が実施している検定試験合格により、基本的な事務対応力をアピールし、さらに医療の事務関係のコンピュータ―関連の検定試験や医療機関独特のマナーと受付対応能力を問うテスト合格など多彩なスキルを有する事により、バイトでも有利な就職活動が期待出来ます。

医療事務資格に必要な費用

医療事務の資格を取得する場合には、どれだけの費用が必要になるでしょうか。資格取得方法によっても差が出てくるようになります。医療事務の資格を取得する場合には、学校に通う方法や通信教育、独学で学ぶという方法がありますので、それぞれ費用は変わるのです。

一番高いのは学校に通う場合です。通う期間によっても変わってきますが、数十万円程度必要なのが一般的です。通信教育の場合は、十万円以内程度と考えておくといいでしょう。

そして独学で学ぶ場合には教材を自分で購入するだけですので、どれだけ購入するかにもよりますが一番安くすむようになるはずです。しかし必要になる費用は勉強をする為のものだけではありません。

資格取得をする為には試験を受けなくてはなりませんので、試験費用であったり試験会場で受ける場合には交通費も必要になるので、たくさんのお金を使って医療事務の資格を取得していくようになるのです。

一度の試験で合格できないのであれば、さらに勉強していかなくてはなりませんので時間を費やすようになり、試験費用もまた必要になってきます。お金と時間を無駄にしないようにする為にも、一度で合格をできるように気合を入れて学んでいくことです。