介護事務の検定試験とおすすめのテキストについて

介護事務は一般事務と違い、特殊な内容の計算などがあるので、それに伴った資格が存在します。

資格を取得するためには資格の検定試験に合格しなければなりませんが、ここでは介護事務の検定試験の内容とおすすめのテキストについてまとめています。

介護事務管理士には検定試験があります

介護事務の仕事は一般事務とは違い、介護報酬の計算などの特殊な業務があります。これらの業務は専門用語が多数出てきますので基本的な知識を持っていない人がいきなり仕事をする事は難しいです。その為、介護事務員として働きたい場合には介護事務管理士という検定を受ける事をおすすめします。

これは介護事務員として働くのに必要な基本的な知識を身につけると同時に自分の実力を客観的に証明出来るものになりますので、就職活動においてもとても有利な資格です。検定試験は受験資格や年齢制限などはありませんので、どなたでも受験する事が可能です。

試験勉強は独学でも出来ますが、通信講座やスクールを利用すると効率良く勉強を進める事が出来ます。最近では高齢化社会が進んでいますので、老人ホームの建設も増えてきており入居を希望される方もとても多いです。老人ホームや介護施設が建設されれば介護事務員も必要となりますので、自然と求人募集が出てきます。

介護事業は今後も拡大していくと考えられますし、それに伴い介護事務員の需要も増えてくると考えられます。事務仕事ですので、体力的な負担も少なく長く働ける仕事ですので女性に人気の職業となってきています。

介護事務の資格取得にテキストでの独学で挑戦する

これからさらに需要の高まっていくことが予想できる分野として、介護サービスがあります。特に少子高齢化が進んだ現代では、高齢者の介護をするだけの余裕のない家庭が増えています。そこで近年、介護サービスを利用する家庭が増えているのです。

介護サービスは自治体が運営を行っているところと民間の業者が運営を行っているところがありますが、その業務内容には大きな違いはありません。介護サービスの現場で働いている人の多くは介護福祉士の資格を持っている人ですが、その他にも介護施設などの現場では介護事務の資格を持った人たちも活躍しています。

介護事務の仕事はいわゆる事務仕事ですが、介護の世界では介護保険の存在もありより専門的な知識が必要になってきます。介護福祉士の場合、その資格を取得するには国家試験を受験して合格しなければなりません。さらには実務経験や実務講習などが必要となっているため、独学に向いている資格ではありません。

それに対して介護事務は民間の資格となっているのでテキストを使って独学をすることも可能です。なお、この資格は一本化されているのではなく、各民間団体ごとにそれぞれ異なった資格となっているので、テキストを選択するときには自分が受験したい資格にあっているものを選ぶようにしましょう。

介護事務のおすすめのテキストについて

幅広い知識が求められる介護事務の仕事は、職場復帰を目指す女性におすすめの資格です。ブランクがあって、就職に不安があるなら、まずは、介護事務の勉強からスタートしませんか。

女性ならではのきめ細かい作業が求められる介護事務の仕事は、ケアクラーク技能認定試験で資格が取得できます。年6回の試験なので、チャンスはいくらでもあります。教材の持ち込みもオッケーなので、いかにテキストがわかりやすいかが合否の鍵を握っています。

おすすめのテキストはたくさんあります。大手の福祉専門学校から、老舗の学校まで、幅広いテキストの中から選択が可能です。勉強をスタートするときに、まず、口コミの評判をチェックしましょう。わかりやすかった、自分のペースで学べたなど、いろんな口コミがあります。自分と同じような境遇の方の口コミを参考にして、テキストを探してみましょう。

テレビで積極的に宣伝しているような教材なら、工夫した構成になっているので、テストの時に便利に使えます。また、一からスタートするような方向けのテキストもあるので、自分のレベルと勘案することが大切です。

全国で使える介護事務の資格は、持っていれば一生ものの資格です。勉強して損がない資格といえるでしょう。

介護事務の資格取得のためのテキストと問題集

介護事務の資格を取得するために必要なことは、テキストに沿って勉強し基礎から応用へ学んでいくということです。これは、介護事務だけではなくどの資格を取得するにも必要なことですが、特にこの資格を取得しようと考えている場合は問題集をひたすら解いて実務にすぐに生かすことができるような力をつけることが必要になってきます。

問題集は、どんなタイプを選べばいいか迷う人もいると思いますが介護事務の基礎的な部分をしっかりとマスターした上で過去問が載っている問題集を選べばいいでしょう。テキストは、様々なものがあるので自分に一番合ったものを選ぶのが一番です。

介護事務の仕事は、ケアマネージャーが作った資料から必要な情報を正確に読み取って介護報酬請求業務を行うというものがほとんどなので、介護に関連した様々な用語を少しでも知識として持っていれば実際に介護事務を取得して現場で働き始める時もスムーズに仕事を始めることができるかもしれません。

テキストをしっかりと読み込みながら、徐々に問題集の問題も着実にこなせるようになるためには地道な努力が必要です。介護事務としての仕事をしっかりと行うにはコツコツとまずは勉強していくことが大切であると言えます。

介護事務の合格率は資格によって違う

一口に介護事務といっても様々な資格があります。一番認知度が高い「介護事務実務士」の合格率は大体67パーセントです。この試験は在宅でも受験可能となっており、試験は学科と実技試験です。

ケアクラークは大手の民間スクールが全国規模で講座を行っており、合格者が多く出ている資格です。試験は在宅でできないものの、テキストのもち込みが可能なのです。試験は実技と学科があり、合格率は率は60~70パーセントです。

一番低い合格率なのが「介護事務管理士」で合格率50パーセントとなっています。これは試験イコール難易度ということではなく受験資格もないため、誰でも受験が可能となっています。しかし実技試験が実際にレセプト作成ということになっているので、テキストを読んだだけで大丈夫という人の多くはここで挫折してしまいます。

合格基準は学科が70点以上、実技一問につき50パーセント以上、全体で70パーセント以上で合格になっています。あまり知られてはいませんが「介護報酬請求事務技能検定試験」はその名の通り介護保険請求事務を集中的に学んだうえでの試験になります。

この試験に特化した形で通学講座を18時間に認定しているスクールもあり、学習も効率よくできるので合格率も70パーセントと高いものになっています。試験は実技のみです。

不合格から一転する介護事務の挑戦

試験を受けた結果が不合格であると、落ち込んだり責める原因になりますし、介護事務を目指した勉強の結果が不合格であっても、夢を諦めたり自暴自棄になる可能性が発生します。一度の挑戦で不合格になった場合でも、介護事務の挑戦は不可能ではありませんから、再びチャレンジする事は出来ますし、意欲があれば更に知識を得る事が可能です。

介護事務は専門的な知識が必要なので、膨大な情報を覚える事は簡単ではありませんし、記憶力が追い付かない場合は試験で不合格になる事は珍しくありませんから、挑戦を続ける事が介護事務の実現に繋がります。

知識量は十分であっても不合格になる事はあり、本番に弱いと精神力が足を引っ張りますから、介護事務は仕事に対する能力と余裕が求められるので、苦手な雰囲気を克服する事が大切です。

介護事務で仕事を目指すには理由がありますし、目的を持って日々の挑戦が行えますから、諦めなければ資格を手にする可能性は残るので、問題点を発見して再び挑戦を行います。

原因を特定できれば克服できる事は多いですから、足りない部分を補ったり良い点を伸ばせますし、客観的に自身を見つめる事は重要なので、仕事でプロとして働く為の予習として役立ちます。