介護福祉士の求人にはどんな種類があるのだろうか

介護福祉士として働くために求人情報誌や求人サイトを眺めている人も多いでしょうが、求人は思った以上にたくさんあります。ここでは介護福祉士の求人の種類についてまとめています。

派遣で介護福祉士の仕事を行う

派遣で介護福祉士の仕事を行った場合、複数の職場で働くことができ、人間関係に悩まずにすむようになってきます。一カ所だけで働いた場合には、その職場になじみを感じながら働けるものの、人間関係に悩みを感じやすくなってしまいます。派遣で働いた場合には、複数の職場で勤務していくことができ、人間関係で悩みを感じずに済むのです。

また、派遣で介護福祉士として働いた場合には、好きな勤務時間や期間を区切って勤務していけるようになります。都合によりフルタイムで働けなかったり、働ける期間が決まっている場合には、同じ職場で長く勤務していくことが難しくなるでしょう。その点、派遣であれば都合の良い形で勤務していけるため、不都合を感じることがなくなってくるのです。

介護福祉士として勤務するときには、派遣として働くことも検討してみるとよいでしょう。ただ、勤務する前には会社の選び方にも気を使う必要が出てきます。会社の選び方を誤ってしまうことで、希望する職場の条件とは違った勤務先を紹介されてしまったり、時間の都合が合わなくなってしまいます。

勤務していく時には、応募する会社に条件面を伝えたうえで、この条件を守りながら仕事を紹介してもらえるのか確認しておくとよいでしょう。

副業で介護福祉士の仕事が出来る

介護福祉士の仕事は今では多くの需要があるので副業としてこの仕事をすることは出来ます。実際かなりの介護福祉士が副業としてこの仕事をしています。副業としてこの仕事をする理由としては、本業としていくには報酬が低いといったこともあると考えられます。また、需要が多くあるので、他の仕事をしていても空いた時間を利用してこの仕事を出来るといったことがあると考えられます。

今後は介護を必要とする人がかなり増加すると考えられますから、本業でこの介護福祉士の仕事をする人を増やしていく一方で副業でする人の仕事の質を上げていくことなどを検討していく必要が出てくるかもしれません。全体的な人手不足となっていますから、全体的な祖語上げが必要な分野です。

ただ、この仕事は介護の仕事ですから、収益をあげる仕事と違って高い報酬を期待するものではありません。そのため、人が集まりにくいといったことがあります。

仕事をする目的が高い報酬ではなくて、人の役に立つ仕事がしたいといった人や、仕事にやりがいを感じたいといったような人を期待することになりますから、なかなか人が集まらないといったところが、この仕事をする人が少ない理由になっていて、この問題を解決するのが難しくなっています。

介護福祉士の仕事でアルバイト出来る

介護福祉士の仕事をすることでアルバイトをすることも可能です。介護の仕事はいまは人手不足となっていますから、その需要はたくさんあります。ですから空いている時間で介護福祉士の仕事をするといったことが出来るわけです。現在では、正社員で介護の仕事をしている人もかなりいますが、アルバイトで介護福祉士の仕事をしている人もかなりいます。

さらに、これからは介護を必要とする人が増えていくと考えられますから、介護福祉士の仕事に対する需要はますます増えていくと考えられます。その一方で介護をする人の人手不足はかなり深刻ともいえるような状態にありますから、この仕事をする人が増えることは社会的にも歓迎されることになります。

報酬がそれほど高くはない仕事ではありますが、人の役たち、人に喜んでもらえる仕事としてやりがいをもってやれる仕事といえます。社会から必要とされている仕事でもありますから、誇りをもって出来る仕事でもあるといえるでしょう。

年齢や性別に関係なく出来る仕事ですし、だれでも学習をすることで、この仕事をすることは出来るようになるので、今後こういった分野の仕事を志していく人も出てくることになるといえるのではないでしょうか。

介護福祉士の求人は働く人の立場も尊重します

介護福祉士とは、身体や精神に障がいがある人に対して、日常生活を営むための介護を行う人のことで、社会福祉及び介護福祉法で定められた国家資格です。各施設で人材不足が深刻化しており、広く求人も募集しています。

現場で求められることは、試験に合格した人であることは勿論ですが、知識や経験だけでなく相手の立場になって、利用者の気持ちを理解できる優しさを持つ人です。その上に技術や知識、体力など様々な能力が要求されます。

介護福祉士の仕事は、比較的主婦や家政婦の延長線上にあるのではないかと考えられがちで、一般の主婦も求人広告を見て応募してくるケースも増えていますが、自宅で家族の介護を経験したことのある主婦は、即戦力になるとして頼りにされています。

高齢化社会を迎えた近年では、介護福祉士の役割も変化しています。身の回りのお世話をするだけでなく、高齢者や障がい者の生き方を尊重し、自立に向けた支援をしています。

また家族に対しても心のケアなども行いますので、コミュケーションを上手に取れる人が望ましいです。介護福祉士を希望する場合も、すぐに働きたい人や時間や勤務地の希望に合致するところがあれば働きたい人、フル勤務やパート勤務を希望する人などがいます。

介護福祉士の仕事とサクションについて

介護福祉士は介護に関する知識や技術を持つものにあたえられる国家資格になります。この資格はあくまでも介護に関する資格のため、医療行為は行うことが出来ません。医療行為というのは、医療に関する知識や技術を持った医師や看護師が行うことが出来ることになっています。

そのため介護現場においても注射や点滴、サクション、胃ろう、バルーンなどの処置は看護師が行っているはずです。しかし、看護師は配置されている人数も少なく、患者全員に十分なサービスが提供できているとは言い切れません。特にサクションに関しては時間の関係上でこまめに行えないことも多いです。

すると患者は痰が絡んだ状態で長くいることになるため、非常に苦しい思いをします。そのため、最近では介護福祉士においても研修を受けるなどの特定の条件を満たせば行うことが可能となっています。

介護福祉士は利用者ともっとも接する機会が多い仕事のため、こまめにサクションを行ってあげることが可能となります。しかし、実際には研修がなかなか時間的に厳しいものであることなどから完全に浸透しているとはいえない状況です。もっと勉強しやすい環境を整え、たくさんの介護福祉士が行えるようになることが必要でしょう。

見込みで安心しない介護福祉士の安定

就職を行う場合は面接を突破する必要があるので、介護福祉士も現場に必要とされる人材かを確認しますし、能力が認められれば働く機会が得られますから、必要な技術が備われば採用の見込みが得られます。

見込みはあくまでも可能性ですし、介護福祉士として長期に働ける事を約束されたわけでは有りませんから、安心せずに構える事が重要ですし、他の可能性も確保する事で本当の安定と安心が手に出来ます。

将来的な生活の安定が手に出来れば、介護福祉士としての経験によって可能性が広がりますし、挑戦する機会も手に出来ますから、介護福祉士にある限界を超える事が可能になります。採用の見込みに満足せず更に上を目指す事でも、将来に限られる結果は変わりますから、能力を磨く為の技術向上に努める事で、明るい未来の結果を求める事が行えます。

実際に働き始めるまでは、必要な能力を活かせるか不安がありますし、実績が無ければ他の仕事を選ぶ事は難しいので、一定の期間を積み重ねのチャンスとして捉える事が重要です。チャンスを活かせるかは介護福祉士の腕の見せ所ですし、経験豊富な人材を目指す事が将来の目標ですから、他者との違いを付加価値に出来る技術を身に付ける事が大切です。

こんなにある!介護福祉士の働く場所

介護福祉士の働く場所というと、一般的なイメージとして高齢者の介護サービス分野が強いかと思われます。もちろん、高齢者向けのデイサービスや施設サービス、グループホームなどの地域サービスなどで介護福祉士は多数活躍しています。しかし、介護福祉士の働く場所は、実はそれだけではないのです。

まず挙げられるのが障害者分野での仕事です。一口に障害者分野といっても、高齢者向けのサービスがいくつかの種類に分けられるように、障害者向けのサービスも知的障害や身体障害、精神障害など障害の内容や度合いによって複数の種類があるため、働く場所は一つに限りません。

このようなことから考えると介護福祉士の働く場所は数多くあり、その場所によって介護の内容もまるで変わってくるのが特徴といえるでしょう。また介護福祉士としてのキャリアを積んでいくことで、さらに活躍の場を広げていくことも可能です。

現場での経験を活かして、介護に関わる相談を受けたり、自らデイサービスをはじめたり、必要な資格を取得してヘルパーの養成を行う事業などを興すことも可能です。介護福祉士は、介護の現場で得られる知識や経験を活かして、介護ビジネスの様々なシーンに携わっていくことが出来るのです。

介護福祉士採用で重要な面接

今後、ますます必要になってくるのが介護福祉士です。まだまだ人手が足らず、より多くの人材が必要とされています。そのため、募集をよく目にすることができます。だからといって誰でも資格があるからといって採用されるわけでありません。というもの、介護の現場は人対人のサービスです。介護する方の生活の一部を共有することになるので、人としての資質も重要なのです。

そのために、面接は多くの場合に実施されます。介護士として心を込めて、人の立場に立って仕事ができるのかなどを判断します。しかし、面接と言うとどんなことを聞かれるのか、怖く感じてしまいます。でも、気構え過ぎることはありません。真摯に対応することが大切です。

まずは、志望動機ははずせません。どんな介護士になりたいのか、どんなことに気を配っていきたいのか、どんなこだわりをもっているのかなどを伝えると良いでしょう。また、自分の要求だけを通すことがない人物かなども、見極められます。介護福祉士は気配りできることが大切です。

介護福祉士は資格を持っていることも基本です。しかし、それ以上に人として魅力があるか、責任感や気持ち余裕、周りに合わせられるなど、向いている資質があります。これが備わっているかをチェックされる場が面接です。

介護福祉士の休みについて

福祉施設で勤務する介護福祉士はシフト制の勤務が一般的となっています。交代で行われる仕事は日勤と夜勤があります。施設によっては早番と遅番があるところもあります。このような勤務体制にあるのは24時間介護が必要となる重度の利用者もいることであり、介護福祉士は24時間体制の時間の中で交代で行われることになります。

福祉施設での勤務は常にスタッフが必要となるため、介護福祉士の休みも交代で行われます。したがって決まった日に休日になるとも限りません。勤務のシフト表を見て自分はいつ休みになるのかが確認出来ます。夜勤の勤務をした場合には夜勤明けが休日としてカウントされることがあります。

プライベートの予定を組みづらく家族との時間がなかなかとれなかったり、友達との予定も合わせにくい状況かも知れません。一か月内の休日日数はカレンダーと同じ日数になりますが、土日に必ず休日になるとは限りません。

施設によって正月休みや夏季休暇はありますが、回数としてカウントされるのでまとまった休みがとれるとも限りません。しかし福祉施設内では複数のスタッフで交代で勤務が行われるので、まとまって休みたい場合は施設内のスタッフや上司と確認して休日をとることが出来ます。