介護福祉士の給料はどれくらい?

介護福祉士は主に自分自身で体を動かしにくい人のサポート、介護がメインの仕事ですが、おそらく多くの人が給料は低いというイメージを持っているのではないでしょうか。今回はそんな介護福祉士の給料についてまとめています。

介護福祉士の給料上がることが離職率を低くする

介護福祉士は、別にケアワーカーとも言われ、老人介護施設やケアサービス施設などで行う社会福祉支援業を仕事として社会福祉士及び介護福祉士法により国家資格を有するものがこの仕事につけるものです。国家試験としてはそれほど難しいものではなく、高校までの学校教育において、福祉の課程を修業し、受験資格を得ることが出来ます。

介護福祉士の仕事は主に、介護対象者とのコミニュケーションや介助がメインとなり、生活の質の向上や意思の理解、尊厳などの複雑な仕事内容で、以前に老人ホームなどで、寮母さんとはメンタルケアを担う部分で違いがあるが、同様の概念として捉えられることもあり、認知度が低いことで給料面で低いことが問題視されています。

介護福祉士の離職率は国家資格の中でもっとも高いと言われる職種で、資格取得が容易であることや、障害のある人を対象としていながら、医療の側面で患者として携わることなく、あくまでもケアとして携わるため、ポジションとして低くとらえられがちです。介護対象者と介護福祉士のトラブルも多いようです。給料上がることが介護福祉士の労働環境改善となるでしょう。また、給料上がることで離職率も低くなると言われています。

介護福祉士の給料水準の決定要因

高齢化に歯止めがかからなくなっている日本では、介護福祉士の仕事が社会全体として不可欠になっています。そんな介護福祉士の給料の水準を決める要因について考えます。まず、介護の仕事全般について言えることですが、身体の一部が不自由なお客様の介護に携わることになるため、かなりの体力が要求されます。

したがって、肉体労働とは言わないまでも、パワーを持っていないとできない仕事になる点が、給料水準を上昇方向にシフトさせます。次に、介護福祉士の専門性について考えます。介護福祉士の仕事は、「やる気さえあれば誰でもできる」のではなく、資格を保有していることが求められます。

資格が必要となると、資格取得のための金銭的コストや勉強時間がかかるため、敬遠される要因になります。そのため、興味はあってもハードルが高いと感じて断念するケースがみられ、労働供給量は少なめになります。結果として、需給が逼迫して給料水準を上昇方向に引っ張ります。

さらに、給料の源となる、経営体の収入について考えます。介護を必要としている人の中にはそれほど金銭的に恵まれていない人も多くいるうえ、高齢者を扱うことが多いという性質上、施設のお客様の数がどうしても安定しにくくなります。そのため、経営が不安定になりがちです。経営体力が弱まる分、給料水準を低下させる要因となります。

介護福祉士の収入確保が今後の課題

介護福祉士の不足が叫ばれている現代ですが、介護福祉士が不足している理由の最も大きなものが収入が少ないといったことにあると考えられます。ですから、この収入をどうやってあげていくのかが今後の課題といってもいいでしょう。

介護福祉士の収入が少ない理由としては、介護そのものは報酬を目的とするものではありませんから、売り上げをあげたりして多くの収益を得るといったことができるものではありません。介護はサービス業の一つとも考えられなくはないのですが、それは売り上げをあげるタイプのものではなく、どちらかというとボランティアに近い要素もあります。

介護をされる人は高齢者がほとんどで、その多くが年金生活者ですから、その人たちから高い報酬をとるといったことはまず難しいでしょう。となると、自治体の援助といったものが介護福祉士の報酬をあげる方法の一つとなるのですが、今の経済状況ではほとんどの自治体が財政難となっていますから、介護福祉士の報酬に回す資金のある自治体はほとんどないでしょう。

ですから、介護福祉士の収入をあげていくには、経済そのものが活性化していき社会全体の報酬が上がることによるしかないのかもしれません。それが今後の課題といえます。

問題点が多い介護福祉士の仕事

少子高齢化によってニーズが高まりつつある「介護福祉士」の仕事ですが、現場では様々な問題点が挙がっています。介護福祉士の仕事は、人の役に立てるという面ではやりがいを感じられる仕事ですが、仕事自体はハードな上、それに見合った給料ももらえていないのが実情です。

給料の少なさを問題点に挙げる人も多く、将来に不安を感じている介護福祉士も多いのが現状です。夜勤の仕事も多く、労働時間も長時間に及びます。介護施設では看護職として働いている人もいますが、看護職と比べても給料の少なさは一目瞭然で、介護福祉士の給料は施設によって若干異なるものの、諸手当や残業代を入れても月給18万円から20万円程度です。

そこから所得税などが天引きされるため、手取りは15万円から18万円程度です。これでは、とても仕事の内容に見合った給料とはいえません。介護の中でも「デイサービス」と呼ばれる仕事には夜勤がなく、身体的には楽になりますが、その分給料は激減してしまいます。

また、雇用形態も正社員ではなくパートなどが多いのが実情です。そもそも、介護の仕事で相手にするのは人間であるため、精神的なストレスも相当なものです。介護福祉士の仕事は、実に様々な問題点があるのです。

介護福祉士の薄給が問題になっている

現代では高齢化社会が進行しているのですが、その高齢者を介護する仕事をしてくれる介護福祉士の数が不足をしているといった状況にあります。この主な要因となっているのが介護福祉士の薄給です。これはなかなか難しい問題で、介護福祉士がもっと多く必要なことはだれもが理解しているのですが、では、その報酬はどこから出していくのかといったことが問題となっているのです。

介護においては、何かを生産したり、売り上げをあげたりしているわけではありませんから、そこから収益というものが出てきません。ですから、その報酬というのは介護を受ける高齢者が払うか、自治体が援助するかの二通りといえるでしょう。

ですから、介護を受ける高齢者は年金で暮らしているような人が多いですから、そこから高い報酬を支払うというのは難しく、自治体から援助というのも、そのような余裕がある自治体というのは皆無といってもいいような状態です。

そのため、こんこ介護福祉士の薄給という問題はまだ解決策の見えない状態になっています。これを解決するには経済を活性化して社会全体が豊かになることしかないのかもしれません。そうなるとみんな報酬が上がっていきますから介護福祉士の薄給といったものも解決されるかもしれません。