介護福祉士の人数不足が深刻化してきている

介護福祉士は正直な話簡単な仕事ばかりではなく、その上で年収もそれほど高くないので、どうしても人数不足問題が慢性化しています。ここでは介護福祉士の人数を増やすためにどうするべきなのかについてまとめています。

介護福祉士の人数が不足している

現在は介護福祉士の人数が不足しています。このことは社会問題ともなっていて、今の高齢化社会おを支えていくには、もっと多くの人数の介護福祉士を必要としているといわれています。

介護福祉士になるには、年齢や性別といったような制限はありませんから、だれでもがスクールなどで学習をすればなれるのですが、報酬がそれほど高くないといったことや、かなりの肉体労働になるといったことが嫌気されてか十分な数が集まっていないというのが現状です。ですから、今後もっと多くの人数を集めるには介護福祉士の待遇といったものを改善していく必要があるといえます。

ただ、そう簡単に介護福祉士の待遇を改善できないという現状もあります。介護の仕事は一般的なサラリーマンのような売り上げを上げる仕事ではありません。介護の仕事そのものから収益が出てくるわけではないので、その報酬を上げるためには介護の料金を上げるか、自治体からの援助が必要となります。

ですが、年金で暮らしをしているような高齢者から高い報酬をとることはできませんし、自治体も財政難で四苦八苦しているところがほとんどですから、なかなかこの問題を解決する糸口が見えないというのが現状となっています。

介護福祉士の手当てを増やすことが急務

今は介護福祉士の数が不足しているといわれています。高齢化社会を迎えて介護を必要とするお年寄りが増える中で介護をする介護福祉士の数が足りなくなっているのです。この要因として考えられるのが、介護福祉士の手当てが少ないといったことです。このため、若者が介護福祉士になりたいと考える人が少ないといわれています。

介護の仕事は年金暮らしの高齢者の介護をすることが多いですから、この方々から高い報酬をもらうようにするというのは難しいでしょう。となると自治体からの手当てといったものが大事になるのですが、現状では十分な手当てを出せる自治体はほとんどないというのが実情です。どこも財政難といったことになっていますから、そこまで手が回らないというのが実情です。

この状況を変えていくには社会全体の雰囲気が変わっていく必要があります。介護福祉士の仕事がもっと認められるようになり、介護の仕事が社会に貢献しているのだということが認知されるようにならなければならないのでしょう。

そうなれば介護の仕事に対する手当も高くなっていくのが当たり前と考えられるようになります。そうなるためにも、経済を活性化させてお金の周りをよくするといったことも大事なことになってきます。

介護福祉士の手取りについて

介護福祉士の学校を卒業すると、介護の現場で働くことになりますが、学生の多くは給料が低い訪問介護事業所には就職せず、特別養護老人ホームや老人保健施設などの介護施設に就職します。正規職員として介護施設で働く介護福祉士の月給は、一般的に手取りが15万円から17万円くらいです。もちろん、勤めている事業所や雇用形態などによって手取りの額は違います。

施設の場合だと、月に4回ほど夜勤がありますし、日曜日や祝日の出勤もあります。ですから、他の業種と比べると給料額は高いとはいえません。変則勤務なので、体力的にも精神的にも大変ですが、その割に給与が低いと言われており、離職をする人も多いです。事業所の中でも、特に社会福祉法人は給料が低いのですが、手当てや福利厚生はしっかりしているところもあります。

介護福祉士は、ヘルパー1級や2級などの資格と比べると、資格手当が付くことが多いです。資格手当は事業所によって額が違いますが、中には1万円ほど付くところもあります。夜勤手当や休日割増、休日手当などを加えると、月給は手取りで16万円から18万円ぐらいになります。そして、介護支援専門員の資格を取得していれば、さらに待遇が良くなる可能性があります。

介護福祉士は人手不足の状態になっている

今はこう高齢化社会となっていて、お年寄りが多くなる一方で、その介護をしたりする仕事をする介護福祉士は人手不足の状態になっています。これは、介護福祉士の報酬が少ないといったことも考えられますし、若者の数そのものが少ないわけですから、どうしてもそういった状態になるとも考えられます。

介護福祉士はサラリーマンのように売り上げをあげて収益をあげるという仕事ではないので、高い報酬を払うといったことは難しいところにあります。医師のような高度な知識や技術といったものを要するわけではないので、そこに高い料金を設定してしまうと介護を受けることが出来ないといったことにもなってしまいます。そうなると困る高齢者がさらに増えるといったことにもなっていきます。

介護福祉士の人手不足はかなり厳しい状況にはありますが、これは高齢化社会となってしまうとどうしてもこのような状況になってしまうといえるのかもしれません。この状況を打開するには、社会全体の景気がよくなることでしょう。

高度経済成長期のような好景気となれば、さまざまな人の報酬が増えて仕事も増えていきます。そうなると介護福祉士の報酬も上がっていくことになり、この仕事をする人も増えていく可能性があります。

人員として足りない介護福祉士について

介護福祉士は、人員として足りない状況にあります。高齢化社会を迎え、介護を必要とする人たちは増え続けています。精神疾患を抱えている層も、ストレス社会の中において、難治化の傾向にあります。それに対して、介護福祉士の仕事は、常に厳しさが伴うことから、志望者が増えていかない状況にあります。

介護施設に介護福祉士が足りないとなりますと、補充のために募集をかけます。必要数の人員を配置しますと、人件費がかさみ、入居にあたっての費用が高くなることから、利用を敬遠するという悪循環も生じます。

多くの人たちが利用しやすいリーズナブルな料金設定のために、あえて介護福祉士の人数を抑えている施設も存在します。施設内では、その他の職員を増やして、介護福祉士の役割を肩代わりするような形で運営しているところもあります。

各家庭内においても、介護を施す側が高齢化を迎えており、介護施設への依存度合いは高まる一方です。少ない人員配置のもとで、十分な介護をおこなうためには、様々なシステムの見直しが求められています。

現在活躍中の介護福祉士からも、仕事の魅力を、声を大にして伝えていく機会が必要です。厳しさの中にあっても、高齢者や身障者の方々の笑顔を垣間見る度に、働くことの喜びを噛みしめることができる素晴らしい仕事であることを、アピールしていくことが大切になります。

介護福祉士の総数が不足している

現在は介護福祉士の総数が不足しているといった状況にありますから、さまざまな自治体などでこの介護福祉士の数を増やそうとした取り組みが行われています。各種のスクールが出来たりしているのもその一環です。

ただ、介護福祉士の総数が少ない大きな原因は高齢化社会が進行していることと介護福祉士の報酬がそんなに高いものではないので、若者がこの仕事に集まってこないといったことがあるといえます。ですから、介護福祉士の総数を増やすためには、この報酬が少ないといった問題を解決していくことが必要となります。高齢化社会の進行はすぐには止めることができませんから、早急に対策が出来るのはここということになります。

ただ、介護の仕事そのものからは収益が発生するわけではありませんから、自治体からの援助であったりというものが考えられることになるでしょう。介護報酬を上げてしまうと、お金のない高齢者の負担がさらに重くなるので、これは現実的ではありません。

とはいっても自治体そのものにお金がないというのが現実ですから、自治体が景気をよくするなどの対策をうってその収益を介護福祉士の報酬に回すといったようなことを考えていかないとこの問題は解決しにくいといえそうです。

介護福祉士が少ないことが社会問題に

今は高齢化社会となっていますから、介護福祉士が少ないことが社会問題となっています。この問題の難しいところは介護を必要とする高齢者は増える一方なのに対して、介護をする側の若者が減っているといったことが大きな問題となっています。さらには、介護福祉士の報酬が少ないといったことあって、この仕事を志す人が多くないといったこともあります。

とはいっても介護福祉士の仕事は養成学校などで学習をしたりすることで、誰でもなれる仕事として注目をされることにもなっています。元気であればある程度の年齢の方もこの仕事をすることができるので、正社員といったようなかたちではなく、パートやアルバイトといったような形でこの仕事をする人も出てきています。

多くの自治体がこの仕事をする人を増やそうとした取り組みをしているといったことがあります。ただ、このような取り組みをしても、まだまだ介護福祉士の数は絶対的に不足をしているので、これを補っていくには介護福祉士の待遇をよくしていく必要があります。

そのためには、経済を活性化させて社会全体が活気のある状態にもっていくことが大切となるといえそうです。そうしないと介護福祉士の報酬をあげていくこともできません。

介護福祉士離職率の高さは労働環境に問題がある。

介護福祉士とは、社会福祉士及び介護福祉士法により定められた、国家試験に合格し、老人施設やケアサービス施設などの障害福祉サービスや社会福祉施設で、身体的な障害がある人や精神疾患のある人の身体の状況に応じて、症状により介護を必要とする人に対して、指導や介助を行う立場の資格であり、単に介護士ということもあります。

介護福祉士と看護師の違いのハッキリとした点で、介護や介助ということについて患者にレクチャーできても、医療行為や医療に関するレクチャーをしてはいけないということがあり、看護師の場合、医師の指示の下、医療行為の補助が出来、疾患のある患者に対して非常に重要な役割を担うことが、必要性や認知度の違いがあります。

慢性的に不足する医師や看護師は、売り手市場であるが、介護福祉士の場合患者ではなく入居者の介護という日常生活に対して支援を行うという側面から、スキルにおいて看護師に比べて低く見られがちであり、収入面においても決して高いとは言えない水準であることと、離職率の高さが問題となっています。

離職率の高さは、全国家資格者の中でもっとも高いと言われ、収入や労働環境が離職率が高くなっていると言えるのでしょう。

介護福祉士になるための実務者研修義務化の延期

これから先の日本において人材不足が懸念されるのが介護の分野です。日本では急速に高齢化が進んでいますが、そのような状況の中で求められているのが高齢者の介護を専門に行ってくれる人たちの存在です。現在、全国各地には介護福祉を専門に行う施設が建設されていますが、そこで勤務をする介護職の確保が間に合わない状況にあります。

介護の現場で実際に勤務をしている人材はホームヘルパーや介護福祉士などの資格を持っている人がほとんどですが、現在よりもより高度な介護が行えるように厚生労働省では介護職に関しての見直しが行われています。この介護職の見直しでは、これまで介護の現場ではさまざまな資格が混在していましたが、これを介護福祉士に一本化することを目標としています。

この見直しが完了した場合、介護福祉士という資格が介護の現場での基礎的な資格となる予定となっています。これまで介護福祉士になるためには「実務経験3年以上」があれば受験資格を得ることができましたが、新制度に移行後は「実務経験3年以上」に加えて「介護福祉士実務者研修」を受講しなくてはならなくなります。

この「介護福祉士実務者研修」については本来であれば2015年度から開始予定でしたが、延期されることになりました。延期の理由としては、「実務者研修」を義務付けた場合、受験資格を持った人が減少してしまい、その結果として一時的に介護の現場で働く人の人手不足が深刻になってしまうためです。

介護福祉士を安定して確保することが課題

今は介護福祉士の数が不足していますから、介護福祉士を安定して確保することが課題となっています。介護福祉士が不足してしまう理由としては介護を必要とする高齢者の方が増加していることもありますし、これを介護していく若者の数の減少といったことが考えられます。さらには介護福祉士の報酬がそれほど高くないことから、この仕事を選ぶ人が少ないといったこもあります。

ですが、介護の仕事をする人を増やす必要性が社会的にも増していることから、この介護福祉士の安定的な確保に向けて自治体も積極的にとりくむようになっていて、介護の仕事をする人を増やすためにスクールを作ったりする動きも出ています。介護の仕事はすぐにできるというわけではなく、ある程度の学習をしてからでないと出来ないといったことも難しいところです。

一見介護の仕事というのはそれほど難しいことではないようにも見えますが、実はかなり大変です。しかも、肉体労働でもあり、精神的な疲労といったものも伴うものです。ですから、ある程度の学習を必要とするわけです。人というのはかなりの体重がありますから、それを動かすというのはかなりの重労働だったりします。ですから、いろいろな技術を学ぶ必要があるのです。