介護福祉士の抱えるストレスや生活の不安への対策

人間どうしても常に安定している状態にあるというのは難しく、やはり仕事がつらければ心も落ち着けません。そんな中、介護福祉士はやはり仕事が大変で、ストレスを抱えてしまう人も少なくありません。ここでは介護福祉士の生活の不安への対策についてまとめています。

介護福祉士の生活不安対策

仕事が順調であれば生活は安定しますし、介護福祉士の仕事もトラブルが無ければ長期的に続けられますが、賃金が十分得られない可能性はあるので、将来的に余裕が生まれる対策は必要です。スキルを高める事は価値に繋がりますから、技術を磨く事で介護福祉士の安定になりますし、将来に対する対策になる事により、安心を実現する方法として活用出来ます。

介護福祉士の仕事は需要が有る限り仕事はなくならないので、今後も継続して仕事が行える環境は維持されますし、仕事とのマッチング次第でより良い環境で働く事は出来ますから、転職を含めて考える事も対策になります。誰もが自らを守る対策が必要な時代ですし、必要であれば大きな決断も必要になりますから、介護福祉士の仕事に満足している場合であっても、将来の事を定期的に判断する事が重要です。

客観性を持って介護福祉士の現状を知る事により、改善策や収入増加の工夫が行えるので、対策次第で豊かさを実現出来ますから、今後に向けた努力が結果へと結び付きます。何もしなければ変化はありませんから、前向きに努力や成長を行う事が必要ですし、介護福祉士の価値を高め魅力ある人材になる事で、仕事の幅や可能性が広がります。

介護福祉士の抱えるストレスについて

介護福祉士の仕事において、ストレスを抱え込んでしまうことがあります。介護を必要とする人たちの多くは、身障者や高齢者になります。身体機能によっては、意思の疎通が思うようにいかない方もいらっしゃいます。また、高齢者特有の頑固さなどが、介護福祉士とのコミュニケーションを阻害する要因になることもあります。

高齢者は、人生を長く歩いてきた先輩になります。その道のりの中には、身体に負担をかけて体調を崩してしまったこともあれば、独特のこだわりが身についていることもあります。それらは、人生の勲章でもあり、褒め称えるにふさわしいものです。高齢者たちの個性を、ストレスとして片付けることはあってはなりません。

高齢者たちは、介護福祉士を通じて、自身の存在価値を確かめようとすることがあります。誰かに、今の思いを聞いてもらいたいという一心で語りかけます。それに割く時間の中で、これまでに高齢者が培ってきた生活リズムを乱すような振る舞いがありますと、反発を招きます。

可能な限り高齢者のペースを尊重して、日々の養生生活を過ごしてもらうことを心掛けます。高齢者や身障者の目線に立って過ごしてみると、自然と介護に対するストレスが和らいでいくのがわかります。一心同体になることが大切です。

介護福祉士とうつ病の関連について

国家資格であり、日常生活に手助けを必要とする高齢者や障害を抱える方にたいして、食事や入浴、排泄などの身辺介護を行う技術を持っていることを証明する資格が「介護福祉士」です。また、介護が必要な方の家族に対して、どのように介護を行えばよいのか、そのコツをアドバイスするという役割も担っています。

似ている資格としてホームヘルパーがありますが、ホームヘルパーが公的認定資格であるのにたいして、介護福祉士は国家資格であるという点で異なります。国家試験の難易度や取得にかかる時間はホームヘルパーよりも高く、就職や給料の面で有利であると言えます。

介護福祉士の仕事内容として具体例をあげると、身辺の介護を行う身体介護、身の回りの家事全般を援助する生活援助、家族などその他の介護者にたいして相談にのったり、助言をしたりする相談・助言、孤独になりやすい介護を受ける対象者の方が家族や近隣の方とよい関係を築けるよう援助する社会活動支援があげられます。高齢社会において、ますます需要が高まる一方で、近年、介護福祉士のうつ病問題に関心が寄せられてきています。

他社の世話をし、介護を行う対人援助職は、意欲の減退などを主症状とする燃え尽き症候群にかかりやすい職業であるといえます。慢性的に精神的・身体的ストレスがかかると、うつ病になりやすくなることが考えられるためです。原因として、介護福祉士は、仕事にたいして真面目で理想に燃える者であるほど、仕事の中で自分の無力さや喪失感をおぼえてしまいやすいことがあげられます。

介護福祉士の仕事は辛い?

介護の仕事は辛いという印象を持っている方は少なくないはずです。では、実際に介護の現場で働いている介護福祉士の方は仕事に対してどのように感じているのでしょう。介護福祉士の仕事は多岐にわたっており、その職場によって内容も大きく変わってくるものですので一概には言えませんが、どのような職場で働いていたとしても共通してある悩みというものはあるようです。

まず介護福祉士が抱きがちな悩みの一つに給与が低いという点があります。介護福祉士の仕事は、5年、10年と長期のスパンで見ると着実にキャリアアップが出来、給与も上がっていく魅力的な職業なのですが、その過程では肉体的にも精神的にも大変な上に給与が低いというケースが少なくありません。そのため、家庭を養っていくことを考えると続けることが難しい面もあるようです。

次の悩みとしては勤務時間が安定しないという点があります。介護の仕事に時間はあまり関係ありませんので、早朝勤務、日勤、夜勤と交代制をとっている施設も多く、介護福祉士は不規則な生活となってしまいがちです。そのため、勤務サイクルに慣れるまでは大変に感じることもあるでしょう。

このように介護福祉士の仕事をしていると悩みも少なくありません。しかし、一般的に仕事というのは楽しいことばかりではなく辛いことも多々あるはずです。そのため、介護の仕事だけが極端に辛いということではないといえるでしょう。

介護福祉士の人間関係について

介護福祉士の職場は、とても女性の比率が高いことで知られています。この仕事は、お年寄りや病人などの社会的弱者を相手にする仕事なので、家庭的なケアができる女性にはとても適した職場だからです。また、男性によってはどうしても威圧感を与えがちな人もいるので、ケアを受ける人にとっては、女性の方がとても親しみやすいのです。

しかし、介護の現場は重労働を伴いますので、女性の介護福祉士だけでは、とても全ての仕事をこなすことはできません。特に、体格の良い病人や高齢者の入浴や介助などのケアは、体格の良い男性でなければ出来ないことがあります。ですから、介護福祉士の男性は、現場ではとても重宝されるのです。

しかし、女性の多い職場ですから、やはり人間関係はいろいろと大変です。特に、新人の介護福祉士の場合は、先輩スタッフに対していろいろと気を使うことが多いでしょう。介護の現場では分刻みでスケジュールをこなさなければならないので、手際良くてきぱきと仕事を進めなければ、周りのスタッフにも迷惑をかけてしまいます。

時には先輩スタッフに怒鳴られたり、叱責されながら仕事をしなければならないこともあるでしょう。円滑に仕事を進めるにはチームワークが何よりも大切なので、良好な人間関係を保つ必要があります。

介護福祉士が辞める理由について

人が仕事を辞める時には、いろいろな理由があるものです。どんなに今の仕事に不満を抱いていも、退職を決断するのは、よほどの理由がなければできません。すでに仕事が決まっている場合は別として、大抵の場合は、仕事を辞めれば明日から生活していくための手段がなくなってしまうわけですから、人生においてはとても責任を伴う決断だといえるでしょう。

ですから、辞める理由には、その人それぞれの理由があるのです。しかし、介護福祉士の場合は、退職理由にかなりの共通点があります。特に多い理由は、身体を壊した、というものです。介護の仕事は大変な肉体労働なので、体調不良を理由に退職する介護福祉士はとても多いのです。

特に、腰痛や膝の痛みに悩まされている人はとても多いです。介護福祉士の仕事は、介護者の身体を持ちあげたりすることが多いので、腰や膝に大変な負担がかかります。そこで、辞める理由に身体を傷めたことや、体力が続かない、ということを挙げる人はとても多いのです。

また、より待遇の良い職場に転職する人もいます。介護の職場はどこも深刻な人材不足に悩んでいるので、給料をアップして人材を募集している職場は少なくありません。介護の求人はとても多いので、他の業種に比べて転職はとても容易にできるのです。

破産と介護福祉士の関係性

支出が大きくなる事で生活は不安定になりますし、収入が小さい事で選択肢は狭くなりますから、安定した収入には余裕が必要なので、能力に釣り合う収入が介護福祉士にとっても重要です。お金の問題は介護福祉士に限りませんが、破産問題はお金の問題として小さくはありませんし、場合によっては介護福祉士にとっても関わる問題として、避ける事が出来ない経済の知識になります。

破産は経済の安定性を欠いた状態ですし、立て直しが困難な状況ですから、収入と支出のバランスが崩れる事で発生しますし、余裕がない事で事態は深刻になります。介護福祉士の仕事も収入は限られ、将来的な成長が行えても収入アップには限りがあるので、将来も安心して生活する為には支出に注意する必要がありますし、破産を発生させないお金の使い方が求められます。

小さな支出の問題は、解決出来る可能性が十分にありますし、立て直しの計画も立てやすいですから、破産を避けて免れる事は可能になります。一度破産が発生してしまうと、将来の計画も大きな変更の必要が出て来ますから、仕事に力を注ぐ事は大切ですが、介護福祉士の収入でお金のトラブルを発生させない事が必要であり、限られた収入を有効に活用する事が役立ちます。

介護福祉士はつらい仕事というのは本当か

医者や弁護士などの国家資格は、国が定めた試験を合格した人しか開業が許されないため、資格保有者は仕事に対して高い報酬を得ることができます。民間資格に比べて、国家資格はそれだけ難しく合格者が限られるため、世間の評価が高いのです。

しかし、同じ国家資格でありながら、介護福祉士の資格はそれほど社会的地位が高いとはいえません。一般的に、介護の仕事は他の業種に比べると報酬額が低いことで知られています。これは、厚生労働省が介護報酬の基準額を定めているためですが、こうした規制があるため、国家資格保有者でありながら、介護福祉士は弁護士などと違って、高収入を得ることが難しいのです。

また、報酬が低い割に、仕事が厳しくつらいために、介護の仕事に従事する人の離職率は、他の業種に比べても飛びぬけて高いです。そのため、常時求人を出している老人ホームなどの施設は多く、職探しに困ることはありません。しかし、介護の現場はとても厳しく、なかなか人材が定着しないのが現状です。

しかし、介護福祉士のなかには、つらい仕事でもやりがいを持って、楽しくこなしている人たちも大勢います。こうした人たちは、奉仕の精神にあふれているので、お年寄りの身になって心のこもったケアができるのです。