介護福祉士の男女比や年齢層について

介護の現場というと女性が活躍しているイメージをお持ちの方も多いかと思いますが、介護福祉士は男性でもなれる職業です。ここでは介護福祉士の年齢層や男女比についてまとめています。

男性の介護福祉士も活躍してます

介護福祉士というと女性のイメージが多いかもしれません。ですが、男性の介護福祉士も活躍しています。介護の仕事においてはかなりの力仕事もありますから、男性の介護福祉士のほうがそういった仕事にはいいのかもしれません。もちろん女性のきめ細かなサービスが出来るといったことも見逃せないところです。

介護を受ける人も男性と女性がいるのですから、介護をする方も男性と女性がいて、それぞれの出来る仕事をしているといっていいでしょう。ですから、性別に関係なく介護福祉士の仕事は出来るといえます。この仕事は介護をすることですから、どなたでも出来る仕事ではあるとはいえます。

ただ、忍耐といったものが必要になることは間違いのないところです。いまは、この仕事をする人が少ないといったこともあって、この仕事をやりたいという人は大歓迎されるでしょう。それは性別に関係ありません。今後ますます高齢者は増えていることが予想されますから、こんごますますこの仕事をする人が必要となってきます。

今で酒介護福祉士の人手不足はかなり深刻だといわれていますから、今後さらに多くの人手が必要となるでしょう。人に喜んでもらえる価値ある仕事ですから、もっと多くの人がこの仕事に興味を持ってもいいのではないでしょうか。

介護福祉士の年齢制限について

介護福祉士は、国が認定している資格です。別名ケアワーカーと呼ばれることもあり、高齢者や障害者の生活の手助けをするのが主な仕事です。介護福祉士の資格を取得することで、介護を必要とする方の身の回りの世話をします。例えば、入浴の介助やトイレの付添、時には話し相手になることもあります。

また、介護福祉士であっても点滴や注射などの医療行為を行うことはできません。介護福祉士の仕事の場は様々ありますが、老人ホームや病院などがメジャーです。資格の取得方法としては大学などで福祉の勉強をすることによって、のちに試験を受けて資格を得ることができます。また、大学や短大に通わなくても年齢制限がないため、実務を数年経たのちに資格を取得することも可能です。

年齢制限がないことから主婦の方や定年退職後に介護福祉士の資格を取得する方も増えています。主に人の役に立つことが好きな方や手助けを苦痛と感じない方に向いている資格と言えるでしょう。

最も手っ取り早く資格を取得する方法は、介護の専門学校に通うことです。専門学校には社会人制度も充実しているので、仕事や育児をしながら資格取得を目指すことができるなどのメリットもたくさんあります。

介護福祉士資格をもつ人の年齢層

介護福祉士に関する所管官庁である厚生労働省では、学識経験者や福祉団体の関係者などを集めて検討会を実施し、平成23年に「今後の介護人材養成の在り方について」という報告書を取りまとめています。

この報告書では、質の高い介護サービスを提供することと、介護職員を一定の人数確保することという2つの目的を両立させる観点からの福祉施策への提言を行っていますが、その分析のなかで、介護福祉士やその他の介護職員として働いている人の年齢層などについても調査を行っています。

それによれば、介護現場で実際に働いている人のなかで、介護福祉士としての資格を取得している人全体の20.4%が20歳代、26.3%が30歳台、23.0%が40歳代、22.2%が50歳代となっており、他は無回答か60歳代以上となっています。

いっぽうにおいて、ヘルパー2級の有資格者については50歳代が多く全体の27.6%、無資格者では30歳代が最も多くて20.8%であるものの、60歳以上も17.1%存在しているという結果となっています。

このようなことから、介護職員中の介護福祉士資格取得者は20歳代・30歳代といった若い世代が比較的多く、ヘルパー2級か無資格者は、それよりも年齢層が高い世代が多いということがうかがえます。

介護福祉士の資格は年齢も考えたうえで取得

介護福祉士は、年齢の制限がないため、なりたいと考えたときに多くの方が試験を受けることができます。
他の資格のように厳しい制限が存在していないため、人の役に立ちたいと考えたときに適した仕事になるでしょう。

ただ、介護福祉士の実態として、30代から50代の比較的若い方が資格を取得していますので、勤務したいと考えたときには年齢についても検討してみるとよいです。若い方の場合、体力も十分に備わっている状態になるため、高齢者のお世話を行うときに特に問題になることはありません。

ただ、50代以上の方は、体力も低下しており、高齢者をお風呂に入れたり移動させる時に体に負担がかかってしまうのです。年齢に関係なく介護福祉士を目指している方も、体力を考えたうえで、長く勤務していけるのか考える必要があるのです。

また、高齢者の移動を考えたとき、体力面で有利になる若い方を採用する事業者が多くなっていますので、仕事がスムーズに見つけることができるのかも考えておく必要があるでしょう。介護福祉士の資格を取得したときには、体力面や採用の可能性を考えたうえで、この先も長く介護の仕事に就くことができるのか、立ち止まって熟考してみるとよいです。

介護福祉士として定年まで働けるでしょうか

福祉の充実が叫ばれている現代日本では、介護福祉士の重要性が見直されつつあります。高齢社会の急速な進展によって、介護を受ける必要のある人が著しく増えつつあるからです。とはいうものの、介護福祉士の絶対数が足らず、現場では常に人手不足で悲鳴を上げているのが現実です。ただ、介護福祉士の待遇面に関しては、他の業種に比べて、やや魅力に欠ける側面があることも否定できません。

肉体的にハードな仕事があったり、報酬面が良くなかったり、夜勤が入ったりすることもあって、敬遠されている部分も少なからずあります。中には、一旦採用されたものの、定年まで介護福祉士の職を続けられるかどうか自信がない、という声も、若い人から聞かれます。一般的に、介護施設の職員募集要項では、定年は60歳まで、再雇用は65歳までとなっているところが大半です。

施設によって、定着率のいいところとか、50歳台の介護福祉士が活躍しているとか、事情は異なっています。長く介護福祉士を続けている人に共通しているのは、仕事にやりがいを感じている、というところです。肉体的に辛くても、給料が他の会社より安くても、自分のやっている仕事に意味合いを見いだし、それにやりがいを覚えている人であれば、定年を過ぎても働き続けられるのです。