介護福祉士の資格を取るとどんなメリットがあるのか

介護の現場というのはいつの時代でもあまり人気のある職業ではありませんが、そんな介護の仕事の中に介護福祉士という職業があります。今回は介護福祉士の資格を取るとどんなメリットがあるのかについてまとめています。

介護福祉士の資格を取るメリット

介護福祉士の資格を取ることで、高い給与を得られるようになってきます。資格を取得しないまま介護の仕事を行っても、思ったような給与を得ることはできません。家族を支える立場の方も、十分な給与をもらうことが出来なければ、働く意味を失ってしまうでしょう。

介護福祉士の資格を取ることで、十分な給与をもらえるメリットがあるため、生活に困ることがなくなってくるのです。また、介護福祉士になるメリットとして、家族が高齢になった時に面倒を見やすくなってきます。家族の面倒を見る時に、介護の資格を持っていないと食事や生活の介助をおこなうことができなくなるでしょう。

その点、介護福祉士としての資格を持っていれば、食事をはじめとする介護のコツについて熟知している状態になるため、お世話を行うときに、困ることがなくなってくるのです。介護福祉士の資格を取ることで、納得できる給与をもらうことが出来たり、家族の介護を行いやすくなるメリットが存在しています。

仕事に活かすだけではなく、家庭生活の中でも役立てることができ、家族に愛情たっぷりのお世話を行うことが出来たり、自身も余計なストレスを感じることなく介護できるようになるでしょう。

介護福祉士のメリットとデメリットについて

日本は少子高齢化が進んでいますから、これからはますます介護を必要とする高齢者が増加することが予想されます。実際に、介護施設の数は毎年増え続けており、そこで働く介護福祉士の数は慢性的に不足している状態です。

このように、不況に苦しんでいる日本において、介護の仕事はいくら人材を養成しても供給が追い付かないほど、人手が足りないので、各事業所では、優秀な人材を確保することが最大の課題となっています。ですから、介護福祉士にとって最大のメリットは、仕事を探すのがとても容易だということです。

ハローワークなどの職業紹介施設では、常に介護の求人がありますので、就職や転職の際にもすぐ新しい仕事につくことができます。また、将来自分の両親や配偶者が病気や事故により要介護者となった場合でも、スキルを生かして自宅で介護ができる、というメリットもあります。介護福祉士の仕事は、実生活でも非常に役立つ、応用範囲の広い仕事なのです。

一方で、この仕事にはデメリットもあります。まず、勤務時間が不規則になりがちなので、仕事と家庭の両立に困難を感じることもあるでしょう。また、重労働のため、肩こりや腰痛に悩んでいる人も多いです。どの仕事もそうですが、介護福祉士の仕事にも、メリットとデメリットは必ずありますので、双方をよく勘案したうえで、一生の仕事とするかどうかを判断しましょう。

介護福祉士の大切な役割は

介護福祉士は、老人ホームや介護施設などで日常生活が困難な高齢者や障がいのある人に対して、食事や入浴、排せつなどの手助けをする仕事です。役割としては、介護施設において看護師が医療面なら、介護福祉士は生活面のお手伝いをすることと言えます。介護福祉士に必要なものは利用者の気持ち、相手の立場に立って物事を考えることです。

相手の話に傾聴し、今の生活に何が必要か敏感に感じ取って行動できることが大切な役割だといえます。介護倫理や知識とともみ技術を持った人は、介護の業界で必要な人材です。介護福祉士になるには資格が必要です。介護関係の仕事に従事している人には広く知られている国家資格です。

介護のプロを証明する資格と言えます。試験資格は、介護に携わった実務経験が3年以上ある、または福祉系高等学校の卒業者であることのどちらかが必要です。働きながら実務経験を積み、スクールや通信教育で学ぶことも可能です。

ただ、経験が長いから、知識があるから、資格を持っているからだけでは実力があるとは言えません。古い知識や間違った知識で介護する側が楽なだけのケアは、相手の人権を損ないます。新しい知識や技術は、多様化しているサービスに役立ちます。

介護福祉士はやりがいのある仕事です

介護福祉士の仕事というと、世間一般ではどのようなイメージを持たれているのでしょうか。国家資格を持っている優秀な人が働く仕事、あるいは、お年寄りや要介護者に献身的に尽くす、社会的貢献度の高い仕事、というイメージでしょうか。これらはいずれも良いイメージですが、しかし、介護福祉士のイメージは、必ずしも良いものばかりとは限りません。

人によっては、きつくて辛い仕事、とても体力を使う仕事、というイメージを持っている人もいるでしょう。確かに、それは介護福祉士の仕事をある一面では的確にとらえているといえます。仕事中は常にお年寄りや病人など、介護を必要とする人たちを全力でサポートしなければならないので、心身の疲労は並大抵のものではありません。

実際に、仕事があまりに大変なので、途中で退職してしまう人も多い仕事です。しかし、この仕事を長く続けている人たちは、皆一様にとてもやりがいのある仕事だといいます。

直接人間を相手にする仕事だから大変なこともありますが、感謝の言葉をもらえたり、笑顔をむけられた時の嬉しさはまた格別のものがあるのです。一日中オフィスでパソコンに向かって仕事をしているよりは、はるかに人間的でやりがいのある仕事だと言えるでしょう。

介護福祉士の魅力は人の役に立てること

介護福祉士の仕事の魅力は人の役に立てることです。そのため、それほどの高収入ではなくてもこの仕事をしている人は、そのことにやりがいを持っているといえるでしょう。人に喜んでもらえることですから、積極的にこの仕事を選ぶという人もいます。肉体的にも精神的にも疲れる仕事ではありますが、それだけやりがいをもっている人も多い仕事です。

最近はこの介護福祉士の不足が叫ばれていますから、多くの自治体で介護福祉士を増やしていこうとする動きがあります。そして、将来的にもこの仕事の需要はかなりあることが見込まれますから、この分野で仕事をしていこうという人も最近は出てきています。

ただ、この仕事は報酬がそれほど高くないといったことがあり、そこに魅力を感じない人もいるといったことはあります。この仕事は人と直接接するだけに、仕事のやりがいといった点では大きなものがあります。

人からありがとうと直接いわれることもありますから、仕事のやりがいといったものは大きなものがあります。それだけに、学習をすることもいろいろとありますから、人の役に立つためには、それなりに学習をしていかないといけませんから、常に向上心をもってやらなければならない仕事といえるかもしれません。

介護福祉士として楽しいと感じられることも重要

介護福祉士の仕事を楽しいと思えるためには、仕事に慣れることも重要になってきます。はじめて介護の仕事に就かれる方は、大変さを感じてしまいます。ただ、大変な部分にばかり目を向けていることで、勤務する意味を感じることができなくなってしまうのです。介護福祉士として働くときには、働ける喜びに気づける余裕を持ってみるとよいでしょう。

まず、介護福祉士として勤務した場合、高齢者のお世話を行っていくことができ、弱い方の立場に立ってケアを行うことができます。高齢の方は体が不自由だったり認知症を患っているなど、生活を送ることが困難になっていますが、介護福祉士としてお世話をおこなうことで、人に役に立つことができるのです。

また、介護福祉士は、体のお世話だけではなく話のキャッチボールを行うことも重要な仕事の一つとなってきます。会話を交わすことで、高齢者の方とコミュニケーションをとることができ楽しいと感じられるようになってきます。

高齢者とのコミュニケーションを通じて、認知症予防を行うことが出来たり、寂しさを癒せるようになり、精神的なケアを行うことができるのです。介護福祉士は、高齢者の心身のケアを行うことができる仕事になっていますので、この点に楽しさを感じることができれば、長く続けていくことができるでしょう。

介護福祉士に対するイメージについて

一般的に、国家試験に合格して資格を取得した人に対しては、誰しも強い尊敬の念を抱くものです。いずれの試験も非常に倍率の高い難関試験ですから、合格者はいずれも狭き門を突破した非常に優秀な人ばかりというイメージがあります。

ですから、ほとんどの国家資格の仕事は、こうした難関を突破した人にふさわしい、高報酬の仕事ばかりです。そのため、高い収入が得られることを目的に、何年も勉強を続けて試験合格を目指している人は少なくありません。

また、ほとんどの国家資格合格者は、有資格者であることを理由に、独立開業を目指しています。例えば、弁護士や税理士、社会保険労務士などの資格を得た人は、ほとんどは個人事務所を開いて仕事をしています。

しかし、介護福祉士の場合は、国家資格でありながら、上記のような人たちとはかなり状況が異なります。まず、介護福祉士の仕事は、あまり収入が高くありません。しかも、ほとんどの介護福祉士は、独立して事業を行うということがあり得ません。

彼らの大半は、老人ホームなどの施設に採用されて働く雇用者なのです。ですから、介護福祉士の仕事には、医師や弁護士のように、高収入で安定した仕事というイメージは生じにくいのです。

介護福祉士に必要とされる能力は気持ち

介護福祉士に必要とされる能力は人の気持ちがわかることでしょう。もちろん具体的な介護の方法であったり、手段といったものが大事なことはいうまでもありませんが、それらは人の気持ちが理解できれば自然と習得をしていけるでしょう。

介護福祉士は人に喜んでもらえることができる仕事ですから、人の笑顔を見て働くことができるという能力がもっとも大事といえるのかもしれません。ただ、介護福祉士の仕事は耐えることも必要とされます。人とのコミュニケーションは楽しいこともありますが、しんどいこともあります。

肉体労働もありますし、人との会話による気づかれといったものもありますから、いろいろなことに耐えるといったことも必要とされます。そういったことも人の笑顔で一瞬で吹き飛んでしまいますから、人と笑顔で接することができる能力がこの仕事には求められているのかもしれません。

介護福祉士に必要なスキルといったようなものは、実にさまざまですがぎこちない介護であっても心のこもったものであれば、人はうれしいものです。なんとなれば声をかけてくれるだけでもうれしかったりもするものですから、人に気を使うことができるというのが最も大切な能力といってもいいのかもしれません。

介護福祉士の必要性について

介護福祉士とは、日常生活が困難な高齢者や体や精神に障害を抱えている人に、食事や入浴、排泄などの身体介護を行う職業で、介護だけではなく、家族などの介護者の周辺で介護をする人に対し、どのように介護を行えばよいかという相談に乗ったり、アドバイスする役割もあります。

介護福祉士は、社会福祉士及び介護福祉士法によって定められた介護、福祉分野の国家資格で、介護が必要な高齢者や障害を持った人が安心して介護が受けられるように介護の専門家です。

日本は今後、超高齢者社会になることは予想されています。超高齢者社会になるということから、介護福祉士の必要性はより高くなると思われ、社会からの評価も専門職として需要が高いと言えます。

必要性があると言われている職業であるにも関わらず、離職率の高さなどもあり、多くの介護施設では人手不足の状態が慢性化しています。そのため、より優秀な介護福祉士が求められています。

介護福祉士は介護業界だけではなくm社会そのものが円滑に機能するためにもなくてはならない重要な存在となっている上、介護者の社会とのつながりを持つためにも欠かすことのできない職業です。その重要性は今後さらに高まっていくと思われます。

未経験でも介護福祉士になれる

未経験でも介護福祉士になることは出来ます。今は介護福祉士になる学校や教室といったものもありますから、そういったもので勉強をして介護福祉士になる人は大勢います。年齢や性別といったものも制限はありませんから、だれもが介護福祉士になることは出来るといえます。経験者でないとなれないというものではありません。

特に今は介護福祉士が不足しているといった状況にありますから、この仕事をしていという人にとってはいい状況とはいえるかもしれません。未経験でも大歓迎されることでしょう。ただ、この仕事は簡単なものだということではありません。むしろ、非常に厳しい仕事だといえます。

だれでもなることができるからといって、簡単なものだと考えない方がいいでしょう。だからこし人手不足なのです。この仕事が人手不足になっているのは、報酬が少ないといったことと、かなりの辛抱が必要となる仕事だからだと考えられます。

人とのコミュニケーションというのは実はかなり大変なことなのです。それが介護となるとさらに大変です。それを毎日続けていくことになります。ただ、大変ではありますが、それだけに喜びも多いのがこの仕事です。人に喜んでもらえる価値のある仕事といってもいいでしょう。