介護福祉士の年収は低いって本当なのか

介護福祉士に限らず、福祉関連の職業はそれなりにきつい仕事であるのにも関わらず年収が低いというイメージをお持ちの人も多いと思います。では、実際問題介護福祉士の年収はイメージ通りに低いのでしょうか。詳しくまとめてみました。

介護福祉士の年収は、300万前後になります

介護福祉士という職業は、体が不自由な人をサポート、介護をする仕事になります。国家資格であるため、試験を受けて資格を取得する事が必要です。医療関係の仕事の中でも、大変と言われ苦労をするケースもあります。介護福祉士の就職場所として、病院、老人ホーム、介護施設が主になります。仕事の内容は、介護が必要な人の入浴、運動、食事、排便などの手伝いをしていきます。

世話がなくても生活をおくれるように、丁寧な指導をする毎日になります。また、自宅で介護者をケアサポートする訪問介護員も、仕事の一つになります。体の状態をチェックしたり、食事、排便の手助けなども行います。一日に何軒かを時間ごとに、訪問介護をして回る専門的な介護士もいます。

そんな介護福祉士の年収は、医療関係でも高くないのが現実です。平均的な社員年収として、300万円前後になり月収なら20万円前後と言えます。残業、夜勤、出張などでは、手当がもらえますが、不規則な仕事であるため目当ては出来ない職種です。

ハード、精神的な激務でもある介護福祉士は、高収入を求めるならオススメはできない資格と言えます。そのため、一つの施設で長く勤務する人は少なく、転職するケースもよく見られます。性格的に、根気強い、人の世話が苦にならない人が向く職業になるでしょう。

介護福祉士において400万の年収は可能か

福祉の給料は安いといわれることが多いですが、国家資格である介護福祉士の資格を持っている場合には、年収はどれくらいの金額がもらえるのでしょうか。一般的な施設で働いている介護福祉士の給料は月給が15万円から17万円、年収で考えると250万円から400万円となっています。つまり、介護福祉士として最も稼げる金額が約400万円ということになります。

やはり介護福祉士の分野においても、他の職業と比較すると給料は高いとはいえません。さらに施設勤務の場合には、休日勤務や夜勤勤務があり、正月やお盆などにも誰かが出勤しなければなりません。そのため、待遇面への不満から仕事をやめる人も少なくはありません。しかし、介護福祉士の資格を持っていることで、資格手当てとして毎月3000円から10000円くらいは一般の介護士よりももらうことが出来ます。

さらに介護福祉士の資格を持っている場合には、責任者など上の立場に任命される場合も多く、その場合にはさらに管理者手当てがもらえるようになります。また、経験をつむことで上位資格であるケアマネジャーの資格祝も狙うことができ、取得することが出来れば月収で25万円程度稼ぐことは難しくはありません。

平均年収を上回る介護福祉士が目標

仕事には種類がありますし、業種によって平均年収は違いますが、能力次第で収入の増加は見込めますから、介護福祉士も収入アップの可能性に期待が持てます。収入を増加させる手段としては、経験を積む事が一つの選択肢ですし、時間を掛ける必要があるので、同時に他の方法も取り入れる事で介護福祉士としての価値を高めます。

平均年収を知る事が出来れば、収入の目標を立てやすくなりますし、方向性が明確になる事で目指す介護福祉士のイメージが定まりますから、長期的な計画に沿って成長する努力が行えます。目的を持って仕事に取り組む事が大切なので、現状の介護福祉士としての収入に満足しない事が大切ですから、平均年収を超える事も目標になりますし、向上心を持つ事が介護福祉士にも求められます。

介護福祉士の限界を超える能力の向上次第では、今後の可能性が大きく広がりますから、様々な学習や経験の積み重ねにより、相乗効果で飛躍的な進歩の可能性が得られます。可能性が広がる事は平均年収にも繋がりますし、同じ世代で年収が大きくなる事があれば、自らの可能性に気が付く事が出来るので、更に将来に向けた進歩が可能であり、専門性のある分野で活躍出来る価値が身に付きます。

年収ラボで介護福祉士の情報をチェック

年収ラボは様々な職業に応じた情報が掲載されていますし、介護福祉士で仕事を行う場合も平均年収を知る事が大切ですから、様々な情報源を調べる事は役立ち、年収ラボも積極的に活用する事が介護福祉士に必要です。

介護福祉士は安定した職業なので、継続的に収入を得る事や将来性はありますが、就職の段階で良い条件を見付ける必要がありますし、年収ラボで更に有利な環境とマッチング出来る事前の調査が大切です。情報誌や様々なサイトに目を通す事で、業界の全体像が見えて来ますし、年収ラボで介護福祉士の基本的な情報を入手出来れば、目標を決めて就職活動を行う場合に役立ちます。

介護福祉士向けの情報も充実していますから、活かせる価値が豊富にありますし、得られる収入を把握して将来に向けた人生設計を行える事により、前向きな挑戦を行う事が出来ます。時間的な余裕が生まれれば、介護福祉士を行いながら更に学ぶ時間が得られますし、今後に向けて学習時間を活かす事によって、年収ラボに掲載される平均収入を上回る事が実現します。

積極的に優れた求人を見付ける事が大切で、能力を適切に評価される面接が欠かせませんから、アピール出来る機会では最大限に発揮します。

定年後を見定めた介護福祉士の収入

将来の結果は予測するしかありませんから、定年後には出来る限りの現実性で対処する必要があり、収入の確保も介護福祉士に欠かせない要素なので、収入を上げる事や仕事の取り組みによって余裕が生まれます。
お金の使い方も工夫次第で無駄が省けるので、介護福祉士にも収入とのバランスが重要ですし、無理のない生活習慣により安定しますから、支出を見直す事も定年後に影響します。

介護福祉士は学習の継続が必要ですし、学ぶ事にはお金が必要になりますから、一定の支出を避ける事は出来ないので、将来的な収入のアップを現実にする事が大切です。学ぶ事には時間も費やされるので、結果が伴う事は求められますし、努力にはそれに見合う事が重要ですから、定年後の事を含めても安定が得られる事で安心に繋がります。

安心はお金だけでは決まりませんが、経済的な余裕がある事は大切ですし、収入の不安が小さい事で精神的な余裕も生まれるので、定年後の理想像には安定して仕事を続ける事が必要になります。貯蓄や投資も介護福祉士に必要ですし、お金に関する知識も重要ですから、介護福祉士の技術力向上と共に学習に対する投資が必要なので、計画性が長期的な視点で役立ちます。

介護福祉士として高い賃金で働く

介護福祉士の資格を取得すれば、もらえる賃金も高くなってくるため、生活にもゆとりが生まれてきます。
一般的に、介護の仕事は賃金が少なくなっていますが、資格を取得することにより、もらえるお金も多くなってくるため、生活するうえでの悩みも感じにくくなってくるのです。

介護福祉士の資格を取得してから就職活動を行うとよいのですが、求人によっても賃金に大きな差が生じてきますので、応募する求人についても細かく見ていくとよいでしょう。より大きなお金をもらいたいときには、大きな介護施設や夜勤の仕事を見つけてみるとよいです。

大きな介護施設や夜勤の仕事では、賃金も高く設定されているため、給与に対して不満を感じることもなくなってきます。また、条件の良い仕事を見つけたいときには、介護福祉士専門の求人サイトも利用してみるとよいでしょう。専門サイトでは、非公開求人も扱っており、条件の良い仕事を見つけやすくなるのです。

通常の方法では、給与が安い求人しか見つけることができない方でも、非公開求人をチェックすることにより、給与面で高い仕事や短時間でも効率的に稼いでいける仕事を見つけることができ、不満を感じることなく働くことができるでしょう。

年収の推移は介護福祉士も気にする

年収を増加させる事で将来の生活は変わりますし、豊かな生活は充実した仕事と収入の安定で実現しますから、順調に収入が増加すると仕事に対する満足が得られるので、更に責任を持って介護福祉士の仕事を行えます。

一般的な年収の推移は、緩やかな向上を行うか僅かな変化が多いので、急激な年収の増加は現実的に難しいですし、簡単に収入は増やせない事が推移で確認出来ます。介護福祉士の仕事は常に需要があるので、人材を求める仕事の現場は少なくありませんが、供給とのバランスが介護福祉士も影響を受けますし、人手が足りている場合は仕事の数が減少します。

年収を着実に向上させる推移を目指す場合は、収入が増加する役割で仕事を行う必要がありますから、現在の仕事を基準として考える事によって、次の仕事の活かせる能力を磨くチャンスが得られます。役立つ資格を知る事が出来れば、介護福祉士からのステップアップが可能ですし、転職を行う場合も介護福祉士の経験を活かす事が有利になるので、資格と経験を有効活用する必要があります。

能力の向上が収入アップの基本ですし、技術力を認められれば仕事で活躍の場を活かせますから、結果を残す為に能力を発揮する事で、収入の増加を実現可能です。