介護福祉士の試験日と合格発表日

介護福祉士になるためには国家試験を受けなくてはいけません。そこで気になるのが国家試験の試験日と合格発表日です。試験日がわからないと勉強のスケジュールが立てられませんからね。今回は介護福祉士の試験日と合格発表日についてまとめてみました。

介護福祉士の試験日と合格発表までのスケジュール

厚生労働大臣指定の養成施設で勉強しなかった者が介護福祉士を目指す場合は、国家試験に合格することが必要です。介護福祉士の国家試験を受けるためには、高校や大学などで介護と福祉の勉強をしなければならないとイメージしがちです。

しかし、筆記試験前日までに1,095日以上の従業経験と、540日以上の業務従事日数に達する見込みがあれば、教育機関で学んだ経験が無くても受験できます。介護福祉士国家試験のスケジュールについて述べると、まず毎年8月上旬から9月上旬までの期間で願書の受付が行われます。

2014(平成26)年度の国家試験の場合、願書の受付期間は2014年8月6日から9月5日までの1ヶ月間となります。国家試験の試験日は、1月下旬の日曜日が筆記試験の試験日、3月上旬の日曜日が実技試験の試験日になります。

2014年度の場合は、筆記試験が2015(平成27)年1月25日、実技試験が同年3月1日になります。結果は筆記試験の場合は2月中旬、実技試験は3月下旬に封書もしくは葉書が発送され、受験者のもとに届けられます。2014年度は、筆記試験については2015年2月13日、実技試験については同年3月26日が発送日になっています。

合格者の発表はインターネット上でも行われており、実技試験の結果通知の発送にあわせて発表が行われます。また、実技試験の免除者の最終的な合格通知も、実技試験の結果の発送にあわせて行われます。つまり、実技試験の結果発表が行われる日が、介護福祉士国家試験の最終合格者の発表日いうことになります。

介護福祉士の筆記試験の内容と合格点

介護福祉士には筆記試験があります。原則として毎年1月下旬の日曜日に行われ、いくつかのテーマに基づいて出題されますので、効率的な学習をする必要があります。介護福祉士の試験時間は午前と午後で共に約2時間行われます。出題形式は選択式(5択)で、午前と午後あわせて120問行われます。

長時間の試験となることから、過去問を繰り返すなどして長時間の筆記作業に慣れておくことも必要です。 介護福祉士の試験内容にはいくつかのテーマがあります。人間と社会の領域では、人間の尊厳と自立、人間関係とコミュニケーションそして社会の理解です。

介護の領域では、介護の基本、コミュニケーション技術、生活支援技術そして介護過程です。こころのからだのしくみの領域では、発達と老化の理解、認知症の理解、障害の理解そしてこころとからだのしくみです。 このように幅広い試験範囲となりますが、合格ラインは約6割となっています。

そしてもう一つ条件があり、一つでも0点の科目があれば不合格となります。どんなに得意分野で高得点を取得しても、0点の科目があれば不合格となるのです。このような筆記試験では苦手科目を作らないことが大切です。まんべんなく幅広い知識を習得するのです。

介護福祉士国家試験の筆記試験の合格基準とは

介護福祉士国家試験は、筆記試験と実技試験の2段階で行われます。第二次試験である実技試験へとすすむには、第一次試験である筆記試験に合格しなければなりません。介護福祉士を目指す人にとっては、第一次試験の合格基準は最も気になる点でしょう。

介護福祉士国家試験の第一次試験の合格基準は、この試験の合格発表の際に公表されます。第一次試験では10の領域から択一式の問題が120問出題されます。採点の際は正答数を1問1点として点数化し、総得点が6割以上に達していれば合格となります。ただし、10の領域のうち1つでも得点が無い領域があったら、たとえ総得点が要件を満たしていても不合格となります。

国家試験の受験者は、全設問の6割にあたる72問以上の正答を目指すことになります。ただし、実施年度によっては、これ以下の正答数でも合格できる場合があります。事実、2013(平成25)年度の国家試験における筆記試験の合格ラインは120点中68点以上となっています。これは、試験の難易度に応じて点数の補正が行われるからです。

ただし、点数の補正が行われるか基準は非公表であり、行われるかどうかは試験が終わらないと分かりません。筆記試験に臨む際は、点数のことは極力考えずに、120問全問を正解するくらいの心構えで臨むべきでしょう。

介護福祉士国家試験の解答速報

介護福祉士国家試験は、毎年1月下旬ごろに筆記試験が、その後3月上旬に実技試験が実施され、合格発表が行われるのは3月下旬のこととなります。試験事務を取り扱っている社会福祉振興・試験センターのホームページでも、後日筆記試験の問題文と正答がそれぞれ発表されますが、受験者としてはそれまで待たずに自己採点をしたいというのが本音のところです。

このような受験者のニーズにこたえて、福祉系スクールのホームページや資格取得専門の情報サイトなどでは、独自に介護福祉士国家試験の問題を解析して、解答速報を提供していることが多くみられます。早いところでは解答速報が試験当日の夕刻19時ごろからもうアップされているというケースもみられます。

正答についてのコメントや、当年度の試験の難易度などの情報もあわせて掲載されることから、介護福祉士国家試験の受験者にとってはたいへん参考になるものといえます。ただし、注意しなければならないのは、こうした解答速報で示された解答が、実際に社会福祉振興・試験センターから示される正答と異なる場合があるということです。

稀な例ではありますが、最近も出題そのものが適切でなかったとして、すべての受験者に得点を与えるといった設問があり、こうしたケースでは当然のこととして、解答速報とセンターから示された正答が異なるということになります。

国家資格のひとつである介護福祉士

国家資格のひとつである介護福祉士は、介護のプロを証明する資格といえます。介護関係の仕事に従事している人には、広く知られている国家資格です。近年の高齢化社会では介護を必要としている人が増えています。

そのことで介護サービスも多様化し、介護に関する仕事はニーズが高くなっています。介護福祉士の資格を取るためには条件があります。まず、介護に携わった実務経験が3年以上ある人、または福祉系高等学校卒業者であることが条件です。

ですから、この条件にあてはまらない場合は、介護関係の仕事場で働きながら実務経験を積み、スクールや通信教育などで効率よく学ぶ方法があります。スクールの講座で学習するなら同じ目標をもった仲間とモチベーションをあげることができますし、通信教育などの独学なら自分の空いた時間に学習できる、とそれぞれにメリットがあります。

自分に合った勉強法を選ぶことをおすすめします。介護福祉士の資格を取得することは有資格者ということで、再就職や転職に有利だといえます。資格者は昇給や待遇もよくなることが期待できますし、キャリアアップにつながります。また学習した幅広い知識は多様化したサービスに役立ちますし、自分自身の自信にもつながります。

模試の経験が介護福祉士を実現

知識の吸収には確認が必要ですから、テストを受けて客観的に知る事が重要ですし、模試は介護福祉士にとっても役立つ経験になるので、前向きに挑戦する事が大切です。介護福祉士に必要な挑戦は、仕事の現場でも役立つ経験になりますから、小さなチャンスであっても経験が価値に変わるので、自らの能力に気が付いたり技術の向上が実感出来ます。

模試は挑戦の機会として活用出来ますし、結果が期待した物では無くても意味はあるので、介護福祉士の技術向上を支える要素であり、欠かせない介護福祉士のトレーニングになります。訓練を行い技術を維持する事や、知識を積み重ねて実際に役立つ事が可能になりますし、模試は経験の一つに過ぎませんから、前向きさと向上心が介護福祉士に求められます。

経験に価値があると判断される事により、挑戦に意味が発生しますから、模試を含めて時間や労力を費やす意味が出来ますし、得られる結果を信じる事で介護福祉士としての成長が行えます。

前に進む事は自らの行動によって可能なので、価値のある経験が重要になりますし、成長が行える事で人材としての価値が磨かれますから、将来的な活躍に期待があり、就職後も意欲を持って挑戦を続ける事が役立ちます。

介護福祉士試験の新しい制度

少子高齢化が急速に進むなか、高齢者の介護に関する問題は社会全体の大きな課題となっています。現在、多くの介護福祉施設が建設され高齢者の介護にあたっていますが、そのような状況のなかで実際に介護や福祉の現場で働く人の人手不足が急務となってきます。

介護や福祉の現場で責任を持って仕事をするためには介護福祉士の資格が必要となってきます。介護福祉士は国家資格であり、この資格を取得することで介護のプロとして認められることになり、就職や転職などの際に大きな効果を発揮してくれます。

介護福祉士の資格を取得している人がまだそれほど多くはない現在、この資格を取得することによって高収入を期待することもできます。しかし、介護福祉士の資格は国家資格である分、受験資格というものがあり、誰でも気軽に介護福祉士の試験を受検が可能というわけではありません。

特に介護福祉士の試験制度が変更される2017年(平成29年)1月の試験からは、それまでは「介護の実務経験が3年あれば無資格者でも受検できると」いう制度から、「3年の実務経験に加えて、実務者研修(450時間分)の修了」が義務付けられることになっています。

この制度の変更は、本来であれば2015年度(平成27年度)からの予定でしたが、介護や福祉の現場の人手不足という理由から延期されることになったのです。

介護福祉士国家試験では何点が満点になるのか

介護福祉士国家試験は、1月下旬に行われる筆記試験と、3月上旬に行われる実技試験の2つの試験から成ります。国家試験に合格するには、筆記と実技の2つの試験両方に合格する必要があります。では、筆記試験と実技試験のそれぞれにおいて、満点にあたる点数は何点なのでしょうか。介護福祉士国家試験の第1段階にあたる筆記試験の満点は120点です。

筆記試験では選択式の問題が全部で120問出題され、1問1点として採点されます。例年の筆記試験の合格ラインは満点の6割にあたる点数で、点数にすると72点が基準となります。第2段階にあたる実技試験の満点は100点です。実技試験は、筆記試験のように解答が明確に公表されているわけではありません。

しかし、受験者が試験室の中でとる行動の中にいくつもの採点ポイントが設定されています。この採点ポイントの達成度を点数化し、全て合算したものが実技試験における受験者の得点になります。実技試験の合格ラインは、筆記試験と同様に満点の6割にあたる点数、つまり60点です。

ただし、介護福祉士国家試験では採点の過程で合格ラインの修正が行われることがあります。このため、得点が6割を若干下回っていても、受験する年度によっては合格出来る場合があります。

介護福祉士の試験で有効な暗記法

一夜漬けをしてテストを乗り越えてきた、各種受験を突破したなどの経験がある方は少なからずいらっしゃることでしょう。短期間の間には大きな力を発揮するかもしれませんが、そこで得た知識は短期間で忘れてしまいます。その場しのぎの暗記では、脳に定着させることが難しいからです。

この考え方を逆手に取ることで、介護福祉士の試験に合格することができるかもしれません。暗記に特別な道具が必要であるということは、正しくないということを理解しましょう。多くの用語を暗記する必要がある介護福祉士試験の勉強において、用意するものは実にシンプルです。ノートとペン、それに介護福祉士の試験で用いられる参考書です。

たったこれだけで、試験に合格する能力が身に付く準備が整います。ある日に覚えたことを、翌日以降の勉強前に思い出す作業を行いましょう。記憶というものは、覚えてから数日が経過すれば綺麗に忘れ去ってしまいます。

これは仕方のないことですが、暗記をしなければいけない局面においてはマイナスでしかありません。最初は辛くても、徐々に慣れてきて数カ月後には介護福祉士に必要な知識の多くが定着していることでしょう。世の中に多くの暗記術がありますが、介護福祉士の試験に有効なのは学んだことを繰り返し思い出すことです。

 介護福祉士試験の傾向と対策について

介護福祉士試験の傾向と対策として、まずはその出題の形式や記述され問題文のパターンを理解することが大事になります。国家試験でである介護福祉士取得のための試験の形式は、3つの領域におよぶ全11種類の科目の中から120個の設問が出題されます。

出題形式としては5個の選択肢から正しいと思われるもの、または最も適していると思われるもの、誤っているものを選択するものです。出題される科目の中には事例などの文章を読んだ後に回答をするようなものもあります。

傾向と対策というほどでもない当たり前の点としては、解凍後の見直しやマークミスのチェックなどは必ず行うという事でしょう。介護福祉士試験の問題の記述の仕方にはいくつか共通するパターンのようなものが存在します。この記述の種類を覚えておけば、解凍のスピードが上がるので非常に便利です。

介護福祉士試験の試験問題の体系としては、似ているけれど意味が違う用語が使われている文章、比較されている統計データなどの結論だけが逆になってい文章、意図的に主語が入れ替えられている文章、否定のニュアンスが強すぎる文章、介護従事者にあるまじき勝手な判断をしたと記述されている文章などが典型的な体系になります。