介護福祉士の養成施設があるってほんと?

昨今高齢化社会が問題となっていますが、そこで必要となるのが介護福祉士です。しかし、慢性的な人材不足となっており、それを解消する為に作られたのが介護福祉士の養成施設です。今回は介護福祉士の養成施設について詳しくまとめています。

介護福祉士資格取得と養成施設

高齢化社会が叫ばれる中で、人材不足に悩まされているのが介護の現場になります。慢性的な看護師の不足から、看護師の仕事であった遺漏(いろう)等の介護項目が、介護福祉士にもできるようになるなど、今後ますます人材の不足が懸念されます。

そんな介護の現場で活躍するのが介護福祉士になります。介護福祉士は国家資格で、実務経験と研修の受講などでいくつかの方法で受験資格を得ることができます。その中でも、厚生労働省の認定する、介護福祉士養成施設(2年以上の課程)を卒業することで、介護福祉士として都道府県に登録することが可能になっています。

ところが、上記の養成施設で卒業をした者であっても、平成28年度以降の資格取得の方法では国家試験を受験する必要がでてきます。国家試験は実務試験と筆記試験に分かれていますが、養成施設修了者については、実務科目を免除とし筆記試験のみを受験し合格することが必要となるのです。

人材は欲しいが医療に関する重要な業務のため一定水準以上の技術を必要とするなど、法規制も短い期間での改正があいつでいます。既にホームヘルパーの資格はなくなっており、初任者研修という新たな資格が設けられています。また、タイなどの外国人の国家資格取得支援など、法改正については常に確認が必要不可欠です。

講座で覚える介護福祉士の知識

介護福祉士を目指す場合は、技術を磨ける学びの場が欠かせませんから、自らに合った学習の機会を見付ける事によって、前向きに介護福祉士を目指せる環境を手に出来ます。学習には費用が必要ですから、支払うお金を無駄にしない学習の姿勢や取り組みが大切ですし、価値ある講座を見付けて学ぶチャンスが得る事は将来に役立つので、安易に学習の場を決定する前に調べる事が重要です。

深く学べる講座は専門性を磨く場合に役立ちますし、幅広い知識が得られる事も介護福祉士には必要なので、将来に役立つ知識が得られる事は大切ですから、本当に知りたい事を学べる場を見付ける事が役立ちます。

社会的な役割を担う介護福祉士なので、間違いの無い知識を得る事は重要ですし、能力を発揮する為には自信が欠かせませんから、十分な技術が得られる講座は本当の価値に結び付きます。

刺激を得る事でモチベーションを維持出来ますから、向上心が強いライバルが居る事は心強いですし、競い合う事で上を目指す事が出来るので、介護福祉士の質を高める結果にもなります。

学ぶ機会は幅広く用意されているので、選択肢は自らの判断によって行えますし、講座を選ぶ基準も自由に決まられますから、判断が行える情報を得る事が先決です。

通信でも学べる介護福祉士と意欲

将来の夢を持つ事は大切ですし、目標に向かって前進する事で成長しますから、介護福祉士が将来の夢である場合も、学習できる環境で前向きに取り組む事が価値に繋がります。人材として評価される為には技術が欠かせ無いので、学校に限らず通信でも学ぶチャンスは得られますし、努力次第で結果を手にする事は可能ですから、挑戦して目標を目指す事が介護福祉士にも求められます。

介護福祉士は需要が有る仕事なので、将来的に競争が拡大する事が考えられるので、価値を高める学習は効率よく行う事が大切ですから、通信でも学ぶ姿勢が問われます。テストの結果は介護福祉士の適性を調べる機会ですし、客観的に自らを見つめるチャンスですから、良い部分を含めて前向きな成長のタイミングと捉える事により、以前よりも技術力や経験が積み重なります。

通信は学習の選択肢ですし、経済状況や学ぶ姿勢次第で選べますが、積極的に学習を行わなければ身に付かないので、介護福祉士を目指す場合も本気で取り組む必要があります。諦めない継続性も欠かせないので、学習する目的を常に把握する必要がありますし、成長が感じられる取り組みが実を結びますから、通信による学習でも立派な介護福祉士になる事は可能です。

養成施設と通信教育でみる介護福祉士へのステップ

介護福祉士になるためには介護に関するプログラムの履修と受験資格を得ることから始まります。いくつかの道があり、その一つとして福祉系の大学や短大・専門学校を修了することがあります。

厚労省が指定する養成施設であり、こちらも介護福祉士の国家試験に合格することが条件になっています。また、介護施設で実務経験を積んだ方も受験資格が得られます。所定の施設で3年の経験が必要で、実働時間も要件に当てはまります。単に3年ほど施設に働いていただけでは該当しないのです。こちらの場合も介護福祉士として従事するためには国家試験に合格することが条件になります。

その他、養成施設の他に専攻科のある高等学校・中等教育学校で福祉系の科目と単位数を取ることで受験資格が得られます。こちらも国家試験に合格することで晴れて介護福祉士となれる訳ですが、介護福祉士をはじめ介護分野の人材をどう確保するかで法改正の動きもあります。資格取得までのプロセスも大きく変わることも予測されます。

通信講座でも学習することはできますが、受験資格を得るためには実務経験などが必要になります。自分のペースに合わせて学べる点で通信教育は魅力ですが、受験資格を視野に入れて最短の道を選ぶことも大切です。

養成施設を出ても介護福祉士の国家試験受験義務があります

日本は高齢化のスピードが著しく、それに関連して発生している問題が多くあります。介護に携わるスタッフの絶対数が不足していることは、多くのひずみをもたらしています。介護に関する専門的な知識や技能を持った介護福祉士の必要性は、今後もますます高まっていくことは間違いありません。

介護福祉士は名称独占資格の一つです。平成27年度より、介護福祉士の資格を取得するためには、すべての人が国家試験を受験して、それに合格しなければならなくなりました。従来は養成施設を修了することで資格を取得できたのですが、それが法律改正により変更されたのです。

また、過去は、実務経験が3年以上あれば、国家試験の受験資格を満たしていたのですが、こちらも、3年以上の実務経験と実務者研修が必須となりました。これは、介護福祉士の資質の向上を図るために、養成施設ルートも実務経験ルートも、一定の教育プロセスを経た後に国家試験を受験する方向で一本化しようというものです。

試験の内容は、筆記試験と実技試験があります。筆記試験は、原則として毎年1月下旬の日曜日に行われます。約60%の正解率とすべての試験科目で点数を取るというのが、合格基準になっています。

そして、筆記試験の合格者を対象として、実技試験を、毎年3月上旬の日曜日に行っています。実技試験では、介護福祉士に求められる介護技術が確認されます。約60%の正解率が合格基準になります。

介護福祉士の養成施設には夜間のコースもあります

介護福祉士になるためには、まず専門の養成施設で、介護に必要な知識や実技を身につけなければなりません。生身の人間を相手にする仕事ですから、仕事を始める前には、必要とされる資格を身につけておくのは当然のことです。

同様のことは、医師や看護師などの場合にも当てはまります。いずれも、少しでもミスをすれば、すぐ命の危険に直結することもあり得るので、国がその実力を認めた人しか、介護や病気治療の場面で働くことを許されないのです。

しかし、今は別の仕事をしている人で、介護福祉士を志す人は決して少なくありません。また、養成施設の学費はかなりお金もかかるので、勉強に専念できる経済的余裕がないという人もいるでしょう。このような人のために、多くの養成施設では、夜間コースを設けています。

夜間コースを選択すれば、勤め帰りに授業や実習を受けることができるので、仕事と勉強を楽に両立させることができます。夜間コースの場合は、一日当たりの授業時間が短くなるので、昼間のコースに比べると、卒業までの年数が一年ほど長くかかります。しかし、将来的に介護福祉士として働くことを目指している人には、夜間コースを申し込む人がとても多いのです。

介護福祉士の養成校と国家試験について

介護福祉士の仕事は、国家資格ですから、資格をとるためには、所管官庁である厚生労働省の定める養成校を卒業しなければなりません。養成校の学習期間は、各学校のカリキュラムによって異なりますが、最も一般的なのは、全日制で二年間の専門学校です。また、四年制大学で、本格的に学問として介護ケアを学ぶ育成機関もあります。

これらの養成校を卒業すると、介護福祉士の国家試験の受験資格が与えられます。注意すべきことは、養成校を卒業したからといって、すぐに介護福祉士になれるわけではない、ということです。学力や学歴にかかわらず、全ての人が国家試験に合格する必要があるのです。

また、学校に入って勉強する時間的余裕や金銭的余裕がない人は、働きながら受験を目指すという方法もあります。介護施設で働いているのは、介護福祉士だけではありません。彼らのサポート業務を行うスタッフも必要とされます。

こうしたスタッフとして、介護の現場で三年以上の実務経験がある人は、養成校を卒業していなくても、国家試験の受験資格が与えられます。ですから、家庭の経済事情などをふまえて、学校に行って勉強するか、働きながら資格取得を目指すかを判断するといいでしょう。

介護福祉士の訓練生について

近年、介護福祉士の資格を目指す若者が増えています。この資格は介護の仕事を生業にするために必要な国家資格です。この資格を取得するには様々な知識とスキルを習得する必要があります。介護の必要なお年寄りの面倒を見たり、ハンディキャップを抱える人のサポートを行うなど、その範囲は多岐にわたります。

これらの人々が円滑に日常生活をおくれるように介助を行うのはもちろん、簡単なカウンセリングなども行います。介助に際しては、お年寄りや障害がある人への食事や排泄のサポートなどを行います。入浴や車いすを運ぶサポートはとても力が必要です。また、適切な健康管理を行うには、十分な保健の知識が必要です。家族からの相談に対応する必要もあるため、コミュニケーションスキルも必要です。

この資格を得るには、大別すると二種類の方法があります。まず代表的なのは、介護福祉士養成施設を卒業する方法です。もう一つの方法は介護福祉士国家試験を受験して合格する方法です。

離職者の場合、どちらの方法を選ぶにしても、まずはハローワークなどで募集している「介護福祉士養成科」の職業訓練生として失業給付金をもらいながら勉強するといいでしょう。訓練生として基礎的なことを学ぶことができます。

介護福祉士になるには訓練が必要です

介護福祉士になるには沢山の訓練を受ける必要があります。人の命をあずかる重要な仕事なので、単純に資格をとればそれで良いというわけではないです。資格の取得を目指す人は、その過程において沢山の訓練を受け、経験を積みます。そうすることによって、専門の知識やスキルを習得できるのです。

介護福祉士が相手にするのは、お年寄りやハンディキャップを持つ人々なので、通常のコミュニケーションを行うだけではいけません。こういった人達が安心して暮らせるようにサポートとコミュニケーションを行うのです。本人はもちろん、関係者や親族と相談しながら、職務をこなしていきます。そのため、一般教養や社交性を身に付ける必要があります。

また、体力や力も必要です。なぜなら、対象者の体を持ち上げる場面が多々あるからです。女性には厳しいかもしれませんが、それでも頑張って何とかしなくてはいけません。このように知識だけでなく、文武両道といえる仕事なのです。そのためには事前に十分な訓練を受ける必要があるのです。

評判の良い介護福祉士の養成施設で修行に励みましょう。その努力を行うことによって、はじめて必要な知識とスキルを身に付けることが可能になるのです。

介護福祉士になるには訓練校に通いましょう

介護福祉士になるには資格の取得が必要です。この資格は介護を専門的に行う仕事に就くために取得の必要がある国家資格です。取得するには様々な訓練を積んで、専門の知識やスキルを十分に習得する必要があります。

介護福祉士の主な対象はお年寄りやハンディキャップを体に持つ人々です。これらの人々がスムーズに生きられるように支援を行うのです。介護福祉士の職務内容としては、簡単な相談対応も行います。本人の相談だけでなく、親族の相談にのったりもします。

そのため、社交性も必要です。また、支援に際しては専門知識だけでなく、体力や力も必要です。入浴のサポートでは体を持ち上げる必要があるからです。また、車いすの運搬などにも力を使います。このように知識だけでなく、体力や力も必要であり、一人前の介護士になるには、それらを兼ね備える必要があります。

そのためには事前に十分な訓練を受ける必要があるのです。訓練を積むのに代表的なのは、介護福祉士の養成施設で勉強をすることです。それ以外にも訓練校で勉強する手段があります。訓練校の介護福祉士養成科で勉強に励むのです。そうすることにより、基礎的な知識とスキルを身に付けることができます。