介護福祉士は医療行為を行っても大丈夫なのか

介護福祉士は介護の現場で働く職業ですので、場合によっては医療行為を行うの?と疑問に思う人もいるのではないでしょうか。ここでは介護福祉士の医療行為についてまとめています。

介護福祉士は医療行為ができるか

介護福祉士は、看護師や医師と同じように国家資格なので、誰もがこの仕事をできるわけではありません。介護の仕事をしたいと希望するならば、まずは養成学校に通って勉強するか、介護施設でヘルパーとして実務経験を積んでから、国家試験を受験して、それに合格する必要があります。

今は介護の現場では人手が不足しているので、求人数はどの地域でも増加する一方です。しかし、このように資格を持っている人ではないと、その仕事に就くことはできないので、時間はかかってもまずは資格を取得することを目指しましょう。

介護福祉士と看護師の仕事は、似ているようで大きな違いがあります。どちらも病気の人や、自立できない人をケアする仕事という点では同じですが、介護福祉士の場合は、看護師とは違って医療行為に従事することは禁止されています。

例えば、血液を採取したり、点滴を打ったり、心電図をはかる、などの行為は行うことができません。介護の仕事は、あくまで介護を受ける人の介助をすることなので、食事や排せつ、歩行などの際に介添えをしたり、入浴の際のサポートをすることなどが主な業務内容となります。医療行為をして患者さんの命を救いたいと希望する人は、看護師を目指すことをおすすめします。

偏差値だけではない経験が介護福祉士の価値

勉強を行う場合は身に付ける事が重要ですし、能力の評価は定期的に行われますから、評価の目安として偏差値があるので、場合によっては介護福祉士を目指す場合に重要な意味を持ちます。

介護福祉士は実践力が欠かせ無いので、現場で積極的な関わりを持つ事は大切ですが、偏差値が基準より低い事で役立つ事は難しくなりますし、学習時間が足りなければ介護福祉士の実現は難しくなります。

実現性を高める為の介護福祉士を目指す勉強は、偏差値を考えながら効果的な学びを行う事が重要ですし、着実に知識を身に付ける事が欠かせず、後悔しない介護福祉士の学習が必要です。

学習の決断を行い介護福祉士を目指す場合は、十分な投資を行い偏差値を上げる事も目標なので、覚える必要がある知識は優先して身に付けますし、覚える事で実際に役立つ価値が得られます。

偏差値は資格を得る為の要素ですが、実際の現場では仕事の実行が必要ですから、役立てる存在になる為の積み重ねとしても、問題に対処を行い解決出来る能力を得る事が将来に影響します。

足場を固めて成長する為には、揺るぎない意志や目標が必要なので、長期的な目標に向けた努力を行い、継続的な努力が結果として役立ちます。

介護福祉士が在宅で吸引を行う際の注意点とは

病院や施設において吸引は、看護師や医師などの医療従事者が行っていますが、在宅では介護福祉士が吸引を行う場合もあります。なぜなら、介護福祉士しかいない場合などに、吸引を行わないことで呼吸ができなくなり、生命の危機となることがあるためです。

吸引はサクションとも言われますが、喀痰などの分泌物を自分で排泄できない人に行います。サクションチューブと呼ばれるチューブを専用の機械に接続し、口の中や気管、鼻につまった分泌物を取り除きます。
このような吸引を介護福祉士が行う場合には、いくつか注意事項があります。

まず、サクションチューブは陰圧がかかっているので、長い時間サクションを行うと呼吸ができなくなってしまいます。そのため、挿入する場合は抜くときなどは、圧をかけないようにサクションチューブを曲げておく必要があります。また、強く挿入してしまったり、鼻や口などの粘膜に必要以上にあたることによって、粘膜が傷つく恐れがあるので、その点にも注意が必要です。

加えて、サクションは苦痛の大きい行為なので、声をかけたりと受ける人との呼吸を合わせることが大切です。このようにして、介護福祉士は在宅で生活する人たちが健康で過ごすことができるようお手伝いをします。

介護福祉士の難度について

介護をするにあたって様々な資格がありますが、その中でも注目を集めているのが介護福祉士です。求人をチェックしてみても介護福祉士の資格を持っていることが採用条件として出している老人ホームや病院も少なくありません。

介護の仕事を志すのであれば、介護福祉士の資格を取得しておいた方が有利と言えるでしょう。介護福祉士の国家試験は、筆記試験と実技試験をパスしなければなりません。合格の基準として全体の60%程度の点数を取ることが合格の目安となっており、問題の難度で補正した点数を取ることが合格の基準です。

筆記試験は、試験科目が10科目あり、そのすべての得点を取る必要があります。配点は1点となっていますが120点が満点であり、試験範囲は広範囲に渡っています。しかしながら、国家資格の中では、難度は高いものではありません。

しっかりと事前に勉強しておけば十分に介護福祉士の資格取得が目指せます。現在、介護福祉士の受験者は年々増え続けています。昨年においては、受験者数が15万人を超えており、過去最大となりました。合格率は50%を前後しており、圧倒的に女性の受験者が多いことが分かります。年齢においては、40代から50代に多いのも特徴です。

介護福祉士は水銀血圧計での測定は禁止されています

介護福祉士と医療スタッフとでは、かなり似通った仕事をしている側面があります。とはいえ、医師や看護師には認められていても、介護福祉士には認められていない行為もあるのです。過去においては、タンの吸引は医療行為とみなされ、介護士が行うことはできませんでした。

しかし、平成24年に法律が改正され、現在では、介護福祉士あるいは指定の研修を受けた介護職員等は、一定の条件が満たされれば、タンの吸引することができるようになったのです。ほかにも、介護士が軟膏の塗布をすることも、医療行為に当たりますので、許されていません。

また、医療ではありませんが、髭を剃るのも、電気カミソリならいいのですが、T字カミソリでは禁止です。髭剃りは理容師には認められていますが、介護士が行うことはできないのです。さらに、散髪も、理容師か美容師でないとやってはいけません。

よく問題になるのが、聴診器を用いた水銀血圧計も、医師か看護師でないと使えなのです。介護福祉士が使うのであれば、電池式のデジタル血圧計を使用することとなっています。このように、高齢者介護施設で働いている介護福祉士には、法律で禁止されている行為がたくさんあります。特に、水銀血圧計の使用など、ついうっかりと見逃してしまうかもしれませんので、要注意です。

介護福祉士が行う服薬介助で注意したいこと

介護福祉士は、患者さんや利用者さんの身の回りの世話を行いますが、服薬介助もその仕事のひとつです。服薬介助は、安全に確実に薬を内服できるようお手伝いすることが目的ですが、介助を行う対象者さんや薬の内容によって注意すべき点が変わってきます。

まず、患者さんや利用者さんによって、薬の飲み方にこだわりを持っている人がいるので、はじめて服薬介助を行う人へは希望を確認する必要があります。特に介護福祉士は、様々な患者さんや利用者さんの介助を行うので、しっかりとその対象者さんに合った介助法が求められます。そして、それらを把握した上で特にこだわりがない場合には、安全に飲める方法を行います。

例えば、認知症の強い対象者さんの場合、薬が入っているアルミニウムのからごと飲んでしまう人もいます。また、薬を飲んだふりをして捨ててしまう人もいるので、そのような人たちの場合は介護福祉士が薬を取り出して、対象者さんの口に入れて飲んだことを確認するまで必要です。

一方、介入しすぎることを拒む人もいるので、自分でしっかり飲める人には薬を用意するだけで良い人もいます。このように、服薬介助はその人の状況に合わせて行っていく必要があります。

発行者を把握して介護福祉士に活かす

情報の価値や内容の重みを知る為には、発行者の確認が必要ですし、介護福祉士の勉強を行い資格を得る場合も、参考にする文章や資料は発行者を知る事で重みを実感します。介護福祉士に関する資料の執筆は、貴重な経験や労力を掛けた資料の調査にありますし、介護福祉士の仕事だけではなく様々な情報を集めているので、発行者は情報の整合性や内容の正確さに時間を費やしています。

仕事としての介護福祉士にとっても、発行者が明確な情報は役立ちますから、情報を集めた発行者に対して敬意を払う事によって、価値ある情報を幅広く活用出来る事が出来ます。社会に必要な介護福祉士の存在も同様ですから、信頼と尊敬される価値を持って仕事を行う事により、誇りを実感して責任を果たす事が出来ますし、持てる能力を発揮する事によって対価を得る事に繋がります。

貴重な情報に目を通す場合は、仕事に役立てる事が大切なので、介護福祉士で役立つ応用力が欠かせませんし、柔軟性と発想の転換により効果的な仕事の流れを作り出せます。自らも経験の積み重ねが出来れば、新たな資料の執筆者になれますから、多くの人々に役立つ事が出来るので、仕事としても可能性を広げる事が行えます。