介護福祉士になるための難易度

介護福祉士は介護の現場で働く仕事ですので、国家資格が必要となります。国家資格を取るために受ける試験は難しいのでしょうか?ここでは介護福祉士試験の難易度についてまとめています。

介護福祉士の難易度について

介護福祉士は、あらゆる介護資格の中で唯一の国家資格です。介護を必要とする高齢者や障碍者の生活全般のサポートをするエキスパートともなっており、入浴や排せつの介助かた食事やそのほかの介助に至るまで多くの日常生活の手助けを行います。

介護福祉士の資格は、実務経験が3年以上に合わせて、さらに実務研修を450時間ほど受講しなければなりません。介護福祉士の合格率は65%ほどと高い水準を示していることから難易度は低いと言えます。介護の仕事に携わるのであれば、難易度の高くない介護福祉士の資格取得にチャレンジしてみましょう。

介護福祉士の資格を活かして働ける場は数多くあります。例えば、特別養護老人ホームや在宅デイサービス、知的障碍者施設、有料老人ホームなど様々です。男性の平均年収は333万円となっており、女性の平均年収は約300万円です。

介護福祉士の受験資格は、実務経験が3年以上あり、実労日数が540日以上あることで受験資格を満たします。また、福祉に関する所定の教科目及び単位を修めて卒業した方も受験資格が与えられます。試験内容は、筆記試験と実技試験があり、総得点の60%を基準として、問題の難度で補正した点数以上とること合格できます。

責任者としての介護福祉士とホームヘルパーとの資格の差

介護福祉士とホームヘルパーは介護施設では同じように要介護者の食事や入浴などのサポートを行っています。一見、同じ資格とみられがちですが、ホームヘルパーは認定資格であり、介護福祉士は国家資格でまったく異なるものです。介護分野の就職で先ず登竜門的な資格となるのがホームヘルパーです。

この資格は厚労省が認定する養成機関や講座を修了すれば、取得できる資格です。一方の介護福祉士は専門学校などを経て国家試験に合格しなければ、なれない職種です。そうした資格の違いとともに、介護施設でのポジションにも差があります。

介護福祉士は介護サービスの実践にあたると共に、現場の責任者として位置づけられることがあります。ホームヘルパーが介護福祉士の指示に基づいて動くこともあり、雇用形態や収入面でも差が出てきます。言わば、介護の現場をリードする立場であり、時にホームヘルパーと共にサービスの実践にあたるものの、立場が異なることがあるのです。

介護福祉士は介護施設での実務経験が3年以上有するなど、いくつかの資格取得の要件もあり、介護に関して高度な知識と技量が求められます。その差が収入や雇用面でも出ている訳ですが、介護サービスが医療機関をはじめ様々なところで求められるようになり、資格を活かせる場所も増えています。

実務経験や研修制度で変わる介護福祉士の要件

介護福祉士の資格の要件でポイントとなるのは実務経験です。受験資格が得られる要件として3年以上の実務経験が必要となります。この3年という数字は単に就業の期間だけでなく、その中身である実働日数540年の実績がないと得られない仕組みになっています。さらに平成27年度以降は実務者講習を受けることも必要になります。

福祉・医療系の資格は年明け早々の1月の試験が実施されるので、これから目指す方にとってはハードルが少し上がります。訪問介護員ことホームヘルパーから介護福祉士を目指す方は実働日数で540日以上をクリアしていれば受験資格が得られます。

その他、専攻科のある高校や中等教育学校では福祉・介護に関する所定の科目を修了して卒業したもの、特例高等学校では同じく所定の科目を修了した後に就業経験が9ヶ月、実働135日以上が条件となってきます。

ホームヘルパー2級から介護福祉士を目指す方も多かったのですが、これからホームヘルパー2級に代わって介護職員初任者研修が該当します。この研修をスタートとして介護の実務経験を積み、介護福祉士を目指すことになります。

また、介護福祉士の実技試験が免除となる実務者研修の受講も視野に入れておくことをおすすめします。この研修を受けることで、今後一定規模の施設に置くことが義務づけられるサービス提供責任者を目指すこともできます。かつてのホームヘルパー1級は、この実務者研修に一本化されています。

介護福祉士と訪問介護の仕事について

介護福祉士は介護に関するプロフェッショナルの資格であり、国家資格になります。取得するためには養成学校の卒業か、現場での職務経験をつんだ後の国家試験合格が必要になります。

そのため、介護の知識や技術がないと取得は不可能な資格です。そのため、介護士の中ではリーダー的な活躍が期待される資格になります。この資格の優れているところは介護が必要な現場ではどこでも通用するということです。

もちろん訪問介護の現場においても介護福祉士は仕事を行うことが出来ます。訪問介護を行える資格にはホームヘルパー2級や1級がありますが、取得が難しいのは介護福祉士であり、介護福祉士のほうが上位資格の扱いになります。訪問介護は一人で行う場合が多いため、自分ひとりで責任ある仕事を行える能力があることが仕事を行うための条件になります。

訪問介護は利用者の自宅へ訪問して仕事を行います。そのため、施設サービスよりも本人や家族の目が厳しいことが多く、クレームが出やすいです。しかし、その反面、信頼を得ることが出来れば楽しく仕事を行うことが出来ますし、家族にお願いすれば融通をきかせてもらったりすることも可能です。介護技術も大事ですが、家事を行う能力や気配りなども要求される仕事です。

専門知識を活かせるお仕事は介護福祉士

介護福祉士は人々に役立てる仕事ですし、専門知識を活かして収入を得る事が出来ますから、知識を技術として磨く事によって、社会の様々な場面で人材としての価値を発揮出来ます。

社会での役割を果たして収入が得られますから、頼られる事や役立つ仕事に魅力がありますし、求められる介護福祉士の基準を満たす事によって、前向きで遣り甲斐を感じられる充実した生活が行えます。

介護福祉士に必要な知識は、時間を活かして少しずつ積み重ねる事が重要ですし、小さな事でも覚える意識と意欲を保ち続ける事が出来る事により、専門性のある介護福祉士の仕事が得られる能力が身に付きます。

知識だけでは人材としての評価は行われませんが、経験が積み重なる事が相乗的な能力の向上に役立つので、積極性を持って取り組む事が大切ですし、価値を磨く事は自らが出来る事と自覚する事が必要です。

報酬を得るには価値を発揮する事が大切ですから、介護福祉士として働き収入を得て生活を行う為には、能力を活かせる現場を見付ける事が欠かせず、納得出来る仕事の内容と評価に値する収入が得られる事は大切です。

仕事は妥協せずに行う事が重要ですが、収入も仕事とのバランスを取る事が必要ですから、求職は妥協しないで見付ける事が将来に役立ち、知識欲を持ち続ける事も技術の向上に影響します。

無資格から始める介護福祉士という仕事

介護の仕事で混同されがちなのが、ホームヘルパーという資格と介護福祉士という資格になります。仕事の内容的には同じようなものがあるために、ついつい知らない人ではどちらも同じようなものだと思ってしまいますが、実際には公的認定資格と国家資格という違いがあります。

ホームヘルパーが公的認定資格で、介護福祉士が国家資格ということになりますが、介護の現場では無資格から仕事を始めることができます。そして、施設で働いたり実務経験を積むことができると、介護福祉士という資格を受験することできるので、無資格の人はそこから介護のステップアップを図ることができるのです。

こういったステップを踏んでいくことによって、より経験豊富なスタッフを輩出することができるので、国を挙げて介護福祉士の資格には制限を設けるようにしたのです。実務経験のほかにも、介護福祉士になるための研修の過程が必要になったというのは、より高度な介護や代替医療の知識を総合してつけていくことによって、安心した介護を目指すという目的があります。

高齢化社会に対して多くの人が必要になる介護職ですが、こういった国の取り組みにも良い方向性が出てきているのが、介護福祉士の仕事になります。

住み込みを介護福祉士に徹底させることは有益

一昔前であれば、業種や職種を問わず住み込みをしながらの労働が当たり前でした。時代が変わり、今日では通勤形の勤務体系が一般的です。そんな今だからこそ、介護福祉士に住み込みを徹底させることは有益です。

同じ屋根の下で同じ釜の飯を食べてこそ、様々な発見や介護福祉士としてだけではなく人間的な成長も期待できます。人間である介護福祉士はそれぞれ性格が異なっており、住み込みを徹底すれば適材適所の配置がしやすくなります。介護の現場で働く人々は機械ではなく、考え方が違っていて当然です。

肌に合わないポジションというものが存在する原因は、そのほとんどが個人の性格によるものです。寝食を共にすれば本当の性格が把握でき、個人のポテンシャルを十分に発揮できる場所への配置が簡単になります。

要介護者の気持ちを深く理解でき、介護福祉士として一段と成長することができるかもしれません。身の回りのケアを必要としている方々は、毎日のように集団生活をしていると言えます。生まれも育ちも違う人物同士が、寝食を共にしているからです。

介護福祉士に住み込みを徹底させることによって、要介護者が抱く様々な感情が理解できるようになるというわけです。住み込みは、介護福祉士にとって有益な結果を生みやすいものです。

有資格者で介護福祉士の仕事を得る

資格を豊富に持つ事は、人材として知識が多くある事ですから、必要になる場面は仕事によって発生しますし、介護福祉士も有資格者であれば就職が有利になります。

就職が早く決まる事で、介護福祉士としての挑戦も早まりますし、早期から経験を積む事が出来れば成長しますから、ライバルと比較しても経験が豊富になります。有資格者は様々な分野で重宝されますし、介護福祉士関連でも資格が必要になる事はありますから、担当できる仕事を広める為には、挑戦を行い有資格者として働く事が大切です。

どの資格に挑戦を行うかは職種次第ですが、関連性がない資格であっても介護福祉士に役立つ可能性はあるので、資格を持つ事を前向きにとらえる事によって、有資格者である介護福祉士の価値を高められます。

介護福祉士の仕事は内容が決まりますが、対応出来る能力には個人差がありますし、環境次第で有資格者の価値が発揮されますから、学習を行い資格を手にする事は価値があり役立てる能力です。

資格を得る事に限らず、常に学び取る姿勢は評価されますから、興味がある分野に対して学習を行う事は大切ですし、仕事に役立つ知識を得られるチャンスでもあるので、可能性を得る事が学習や資格の取得によって実現します。

介護福祉士の有資格者数を増やす予定です

高齢社会での福祉を実現するために、介護福祉士の存在は欠くことができません。介護福祉士の仕事は、非常の幅広い業務をこなさなければなりません。年配者や障害を持った人への食事、排泄、などといった身辺介助、健康管理はじめ、介護計画の作成、各種相談への対応など多くのものがあります。

介護福祉士は、介護に関する社会福祉の国家資格です。名称独占資格ですので、この資格を持っている人だけが、介護福祉士を名乗ることができます。ただし、仕事そのものに関しては、資格を持っていない人でも行うことが可能です。

特別養護老人ホーム、デイサービスセンター、グループホームなどで働いています。試験は毎年1回行われ、筆記試験と実技試験とがあります。筆記試験に合格した人だけが、実技試験を受けることができるのです。合格率は、平成26年で約65%です。

介護福祉士の有資格者数は、平成26年11月末で、130万人となっています。介護の現場ではまだまだ不足していますので、フィリピンやインドネシアなど海外からも受け入れることで、サービス提供のできるスタッフを増やす予定でいます。このような形で、介護福祉士の有資格者数を増やし、現場対応をしていく段取りをとっています。

薬の知識が無駄にならない介護福祉士

介護福祉士は人と関わる仕事ですし、安全性を保ってサポートする役割がありますから、場合によっては薬を扱う可能性も発生するので、多くの薬についての情報を正確に知る事は大切です。医療や福祉には専門分野がありますから、専門性のある範囲で能力を発揮しますが、介護福祉士も分野を超えた知識がある事は役立ちますから、薬について知る事は無駄ではなくなります。

実践で役立てる介護福祉士は、経験から多くの事を学び取りますし、失敗を恐れず今後に役立てられる人材ですから、能力の向上が継続的に行われる事で、将来的な仕事の場を広げる事も可能です。医者が取扱う薬は、責任と専門性を持って処方されますが、実際に活用するのは本人や周囲の関係者なので、介護福祉士は薬の内容や役割を知る事も重要です。

自らの判断で知識を増やす事が出来れば、介護福祉士としてだけではなく個人の成長が行えますから、豊富な知識と経験を併せ持つ人材になれますし、価値を磨く事によって収入の増加も期待されます。万が一のトラブルを防ぐ事も介護福祉士の機転になりますし、知識があれば活用出来る範囲が広がるので、応用力が身に付き工夫が実践で役立ちますから、可能性がある人材としての魅力が増加します。