介護福祉士と社会福祉士の違いについて

介護福祉士と社会福祉士は文字の通り非常に間違えやすい職業ですが、この二つの職業にはどのような違いがあるのでしょうか。今回はこの二つの職業の違いについて詳しく掘り下げていきます。

介護福祉士と社会福祉士との違い

介護福祉士と社会福祉士は間違われやすいものですが、この二つは当然違いがあります。同じ福祉関係の仕事をすることにはなりますが、簡単に言ってしまうと、介護福祉士の方は肉体労働的な要素が多くて、社会福祉士は心的労働の要素が多いということになります。

具体的には介護福祉士は年配の方や身体に障害を持っている方の介護をするのが仕事であり、社会福祉士は支援を必要とする人の援助、サポートをすることが仕事となります。相談にのるカウンセリングのような仕事といっていいでしょう。

ですから、介護福祉士が肉体を使う労働が多いのに対して、社会福祉士は精神的な心を扱う仕事が多くなっていくのです。両方とも困っていたり、生活に支障がでる人を助ける大切な仕事ですから、共通する部分もあったりはするのですが、こういった違いがあります。

そして、その資格の取得についても介護福祉士が二年以上介護関係の専門学校に行けば試験なしでも資格が取得できるのに対して、社会福祉士は福祉関係の大学や専門学校を卒業して受験資格を得たのちに、試験に合格をすることで取得をすることが出来るといったようなことになっています。こういった違いもあるということです。

介護福祉士と看護師の仕事の違い

介護福祉士と看護師はどちらも国家資格です。では、これらの職業の違いとは、どのようなものがあるのでしょうか。まず、介護福祉士は、ホームヘルパー(訪問介護員)、特別養護老人ホーム、身体障害者施設などの社会福祉施設で、介護職員として介護の仕事を行っています。

在宅介護の場合は、介護の方法や生活動作に関する説明をしたり、介護に関する相談対応などの仕事もあります。介護福祉士は、専門的知識と技術をもって、認知症や寝たきりのお年より、障害によって日常生活に支障をきたす人に対して、身体的、精神的自立を助けるために入浴、食事、排泄、生活面の介護を行います。

対して看護師は、医療行為を行うことができます。例えば、寝たきりのお年寄りの入浴介助をするときに、背中に床ずれがあるのを見つけました。介護福祉士では、その床ずれに対して処置をすることができません。看護師は、床ずれを見つけたら、皮膚や傷を洗浄し、薬を塗ったり、傷をガーゼなどで覆って保護したりして対応することができます。

このように、介護福祉士と看護師には、行うことのできる仕事の内容に差があります。介護福祉士は日常生活の援助を行い、看護師は医療の観点からお年寄りや障害者のお世話をしているのです。

介護福祉士のスキルアップについて

介護福祉士としてスキルアップを図るためには、介護を必要としている様々な状況に置かれた人たちと、出来るだけ多く接触することにあります。高齢者の場合、身体機能の面で、介護福祉士とのコミュニケーションがうまく成立しないことがあります。

そうは言っても、高齢者たちは、何とかして意思を相手に伝えようとしています。それは、目や口元の僅かな動きなどの顔の表情や仕草の中に隠されています。それらを見逃すことなく察して、施して欲しい事柄を的確に介護することができるようになるためには、相当の経験年数を要します。身障者に対しても同様であり、精神面での障害を抱えていても、必ず伝えたいことを胸に秘めています。

介護福祉士がスキルアップを図るためには、類似する分野に携わっている職種の人たちとの交流を図ることも大切になります。介護施設内には、看護師や栄養士などの資格を備えた人たちも働いています。彼らとの連携の元で介護が成り立っていますが、それぞれを別の分野として壁を作ることなく、貪欲に知識や技能を吸収して行くことも大切です。

介護福祉士のスキルアップは、介護の現場での実践を通じて、様々なケースを経験することによって図ることができますので、何事においても率先した取り組みが必要になります。

介護士と介護福祉士の違いについて

介護士と介護福祉士とはどの様な違いがあるのでしょうか。一般的に介護の仕事を行っている人のことを介護士というふうにいます。そのため、介護士という言葉は資格を表しているものではありません。

一方の介護福祉士は国家資格であり、養成学校を卒業するか、国家試験に合格しなければなることは出来ません。国家試験受験のためには介護現場での実務経験が必要となるため取得するのは簡単ではありません。

しかし、介護福祉士の資格を持っていると職場において大きく評価されることになります。施設には施設基準というものがあり、一定の割合で資格保有者が必要となるため、施設にはどうしても必要な人材になるのです。

また、介護の専門的な知識や技術を勉強しているため、リーダー的な存在として活躍することができ、後輩の指導や家族への介護指導なども行うことが可能となります。知識をつんでいくことで認められれば看護師や理学療法士、医師などとも対等に話せるようになることが出来ます。

介護の現場は施設サービスだけでなく、デイサービスなどの通所サービスやホームヘルパーなどの仕事もあります。介護が関係する職場では介護福祉士はどこでも通用するため、取得することで働ける場所が広がります。

ソフトから介護福祉士の技量を高める

介護福祉士もパソコンを使う場面はありますし、基本的な操作や知識は欠かせない要素ですから、パソコンやスマートフォンに慣れ親しむ事が出来れば有利なので、仕事を効率よく進める事が可能になります。

ソフトの知識も介護福祉士の仕事に役立ちますから、情報を分析したり研究を行う場合に役立ちますし、インターネットを活用する事で介護福祉士の知識を増やす事が出来るので、常にアクセス出来る手段を持つ事は重要です。

介護福祉士をサポートするソフトは利用者次第ですから、本質を見極めて活用出来るソフトを見付ける事は大切なので、活用出来る可能性があるソフトに触れる事は役立ちますし、実際に仕事の場面で組み込む事でソフトの評価が行えます。

実践を行う事が介護福祉士の仕事なので、頭脳の中で完結できる仕事ではありませんが、仕事の環境を改善したり質を高める事は出来ますから、補助的な役割としても期待出来ます。コンピュータの存在がビジネスを加速していますし、インターネットとの相乗効果で可能性は広がりますから、業種に限らず様々な場面で活用されているので、可能性と広がりは限界なく存在しています。

介護の仕事に役立てるコンピュータの活用により、介護される側にとってもプラスになる可能性はありますし、前向きに活用を検討する事で問題解決が行える事に期待があります。

介護福祉士からアセッサーを目指すには

介護における実務全般の専門家のための国家資格であり介護福祉士の資格を取得した後のキャリアアップの選択肢の一つにアセッサーを目指すというものがあります。

アセッサーとは介護福祉士などが勤務する、施設や事業所内で、介護に携わる職員の実務スキルを評価し、スキルアップに必要な道筋を対象職員と話し合い、介護に係る職員それぞれのスキルアップの支援を行う立場の人間の事です。

要するに介護職における管理を行う立場の職員という事ですね。介護福祉士からこのアセッサーを目指すためには、アセッサーに認定されるための講習を受講しなければなりませんが、この講習を受けるためには講座受講のための要件を満たさなければなりません。

アセッサー講習を受講するために必要な条件とは、3年以上の実務経験がある介護福祉士であり介護福祉士の実習指導者による講習会を修めたものである、もしくは介護福祉士などの資格取得から10年以上の実務経験があるもの、それか資格取得後に5年以上の実務経験があり、介護技術講習指導者による講習を修めたもの、あとはサービスの提供責任者か主任であり他の条件取得者と同じような経験を持つ者、の4条件のうちどれか一つを満たすことです。

介護福祉士の経験が仕事で有利になる

経験が豊富な人材であれば、仕事のチャンスが増加しますから、介護福祉士の経験が役立つ事もあるので、将来の転職を考える場合も有利になります。継続が経験として価値になりますし、介護福祉士の経験を求める現場もあるので、求められる能力や経験次第で有利になりますから、仕事を見付け易くなる事もメリットです。

介護福祉士だけが仕事ではありませんが、経験が有る事はプラスになりますから、意外な場面で介護福祉士の積み重ねが価値になる事により、資格の保有と共に有利な立場を実現します。

魅力ある人材であれば、仕事が行える範囲と可能性が広がりますし、介護福祉士の収入増加も見込めるので、意欲を持って仕事の継続をする事が基本として重要であり、諦めない事が結果になります。

任せられた仕事を行うだけでは成長が小さいですから、意志を持って目標に向かう事が重要ですし、自ら有利な方向に進む事が欠かせ無いので、向上心と前向きな姿勢が大切です。

仕事で有利な資格を得る為の勉強も大切ですし、資格を趣味にする事も仕事で役立つので、介護福祉士の仕事とメリハリを付ける事が必要ですから、仕事だけではなくプライベートでも学ぶ事により、将来性を広げて可能性の増加になります。