介護福祉士の予想問題を見て試験対策をする

学生時代のテストでもそうですが、勉強する際は過去問や予想問題などを見ながら対策をすると思います。ここでは介護福祉士の試験に合格するための予想問題からの勉強方法についてまとめています。

予想問題で介護福祉士を効果的に学ぶ

予想問題を知る事は、試験やテストに役立つ情報ですし、介護福祉士の試験も予想問題が重要な鍵になりますから、試験の内容や予測を行う事が本番に影響します。事前に介護福祉士を目指す場合の知識が得られる事によって、予想問題や今後の学習方針が決められるので、介護福祉士の技術を高める場合に欠かせませんし、試験に向けた挑戦の意志が重要です。

予想問題は学習の要素ですし、他の学び方と同様に行う事が必要ですから、試験を通過する事が介護福祉士を目指す為の欠かせない通過点なので、諦めずに挑戦する事と工夫が大切です。時間を無駄にしない学習方法も、介護福祉士を効果的に学ぶ方法なので、知識を積み重ねる事で本番に役立つ事が出来ますから、技術の根底には十分な知識がある事が必要です。

試験会場での精神状態も、介護福祉士の資格を為の見逃せない項目ですし、落ち着いて能力が発揮出来なければ試験を受ける事は難しくなり、結果は良くない方向へと向かいます。自らに対して経験に信頼があれば、落ち着いて状況に対応する事が可能になるので、予想問題が十分に活かせますし、持っている知識をフルに活用して挑戦が続けられますから、最後まで気を抜かずに向かいます。

テキストを読む事も介護福祉士の勉強

介護福祉士を目指して学ぶ場合は、テキストを購入したり読む事が重要ですから、専門的な内容である介護福祉士の関連資料に目を通す事で、知識としての側面から能力を高められます。テキストの質は価格と比例しませんが、充実した密度の内容を求める場合は、必要な費用を支払って介護福祉士に役立つテキストを入手する必要があるので、将来の仕事に役立つ資格を得る為の投資を行う事が大切です。

介護福祉士の体験談も、テキストと同様に役立つ資料ですから、失敗を役立てて今後に活かす為には、自らの経験以外にも知識として情報を身に付ける事に意味があります。現場の体験とテキストの資料を併用する事で、更に想像力を働かせて経験を積み重ねられますから、介護福祉士の仕事である本番で役立つ事が出来ますし、仕事以外の場でも学べる事が多くなります。

仕事は順調に行える事が理想ですが、問題が発生したり解決が困難になる状況もあるので、多くの情報から小さな事でも学ぶ事が出来れば、対応力が得られて実践で力を発揮出来ます。価値ある人材は余裕のある対応が出来ますし、困難を乗り越える能力が認められる事が価値になりますから、必要とされる現場が広がる事によって、仕事の可能性も広がります。

介護福祉士は一問一答で力を付ける

仕事に対して能力がある場合は、一問一答に応える場合も悩む事無く応えられますし、介護福祉士の能力が高く経験が豊富であれば、関連する質問に答える事は簡単になります。

介護福祉士は常に相手を考える仕事ですし、予想しない状況になる事もあるので、柔軟性を持って対応出来る事が求められますし、介護福祉士についての一問一答は難しくなくなります。

経験を活かせる事が今後に繋がりますし、人材として介護福祉士を求める現場は少なくありませんから、能力次第で更に有利な職場を見付けられる事により、経済的な余裕が得られる介護福祉士の仕事が行えます。

高齢化社会や社会問題は様々あるので、労働環境が変化して需要のバランスも変わりますが、今後も必要とされる仕事で働ける能力を身に付ける事によって、収入を継続的に得る事が実現します。

体力も必要な介護福祉士ですし、適切な体調管理を行い力を発揮出来る状態を保つ事も仕事なので、10年後も継続的な仕事を考える場合は、普段からの体力作りは大切です。頭脳の働きも維持する事が若さの秘訣ですから、難しい問題に対して頭を活用する事や、イメージトレーニングを行い脳を活性化させる事でも、若さと体力によって継続的に仕事を続けられます。

介護福祉士の試験に不合格になった時の勉強

介護福祉士の試験を受けたものの不合格になってしまった時には、勉強法が間違っていなかったか確認しましょう。自分一人の力で勉強した場合、試験対策を充分に行うことができず不合格になりやすくなってしまいます。

費用をかけずに勉強したいという方でも、合格できなければ意味がありませんので、専門の学校に通ったり通信講座を利用して、プロの力を借りてみるとよいでしょう。専門学校や通信講座では、試験に出そうな問題を集中して説いていく対策がとられているため、一人で勉強するよりも効率的に勉強していけるのです。

プロの力を借りることで、短期間の勉強でも介護福祉士として合格することができるでしょう。また、試験の際には筆記試験だけではなく実技試験も存在しています。筆記で合格点をとったとしても、実技が芳しくなければ不合格になりやすくなるため、実技についての技術も身に着けておくとよいでしょう。

通信講座を受講するときには、実技にも焦点を当てて勉強できるカリキュラムが揃っているのか確認してみるとよいです。介護福祉士として仕事を行っていきたいときには、筆記試験の他に実技試験についての技術を身に着けることを考えることで、合格しやすくなってきます。

テストは介護福祉士の能力を知る機会

専門性を磨く為には学習が欠かせませんし、本当に役立つ知識は自然と活用出来ますから、テストによって能力を知る事が出来ますし、介護福祉士にとっても客観的に能力を知る事が出来るチャンスです。能力を客観視する事によって、欠けている要素や磨くべきポイントが見つかりますし、テストは一般的な確認方法として利用されているので、介護福祉士に限らず誰にとっても役立つ確認方法です。

介護福祉士の技術は実践でも磨けますが、本番前に訓練を行う事は専門性がある仕事として重要ですし、テストは能力を高める事や活かす為に必要ですから、面倒であっても本気で取り組む事が必要です。

役立てる人材に育てる事が出来るのは、自らの意志であったり前向きな意欲ですから、本気で介護福祉士を目指す場合のテストは通過点に過ぎませんし、困難な場面を乗り越えられる能力を身に付ける為に欠かせないのです。

テストによって能力の確認を行った場合は、目指す介護福祉士のイメージを再確認する必要があり、再び進む方向性を確認する事によって、更に技術を高める学びの継続が可能になります。直ぐに介護福祉士として仕事が出来るとは限りませんが、経験は将来の結果を裏切りませんから、能力の確認が出来る機会は貴重ですし、冷静に判断する材料として活用出来ます。

介護福祉士の取り方について

介護の仕事をしていてスキルアップのために介護福祉士を受験されるかたもいます。年々受験をされる方が増え、専門的知識もあるので、色んな福祉業界で色んな働き方ができます。では、どうやって取れるのか、取り方を説明していきます。

まず介護福祉士になるには、いくつか取り方がありますが、大きく分けて3種類あります。「実務経験ルート」と「福祉系高校ルート」そして「養成施設ルート」があります。まず福祉系高校ルートですが、こちらは福祉系の高校で勉強し受験する事になります。

養成施設ルートでは、高校を卒業後、福祉系の大学や保育士養成施設などに行ったあと、介護福祉士養成施設で1年以上勉強したり、直接介護福祉士養成施設に2年以上勉強し介護福祉士を取得するという方法もあります。

1番多い方法は、実務経験ルートです。こちらは、実務経験が3年以上で受験資格が得られます。そこで、受験に合格すればはれて介護福祉士になれます。こちらでは、実技試験に自信がないかたは、実務者研修や介護技術講習などを受けるとなんと実技試験免除となり、筆記のみでよくなります。いくつかの方法がありますが、今一度自分でよく調べて受験をする事をおすすめします。

介護福祉士の試験が免除できる場合

介護福祉士になるためには、まずは厚生労働省の行う国家試験に合格する必要があります。しかも、この受験資格は、誰にでも与えられるわけではありません。大学を受験するためには、高等学校卒業の資格が必要なのと同じで、介護福祉士の国家試験を受験するためには、厚生労働省の指定する養成施設を卒業していることが条件となるのです。

しかし、すでに介護の現場で働いた経験のある人は、養成施設を卒業していなくても、受験資格が与えられる場合があります。実際の仕事の現場で、介護に必要な知識が身についているため、養成施設で学んだ人と同等の知識を習得していると見なされるためです。

受験資格が認められるためには、介護の現場で三年以上の実務経験を積んでいることが要件となります。この場合、必ずしも正社員として働いた経験は必要ではありません。パートやアルバイトなどの非正規雇用であっても、実務経験があれば受験資格が付与されるのです。

また、実務経験がある人は、試験のうち、実技科目を免除されるという特典があります。介護福祉士の試験は、筆記試験と実技の二本立てで行われますが、すでに介護の現場で働いている人は、あえて実技の試験をする必要がないため免除されるのです。

介護福祉士の受かるコツについて

毎年介護福祉士を受ける人が多いですが、国家資格と言う事もあり、難しい問題もあります。せっかく頑張って勉強したのなら、一発で合格したいですよね。ではどのように勉強すればよいのか受かるコツをあげていきたいと思います。

介護福祉士に合格するにはまず、参考書選びですが、これは自分の相性のよいものを選びましょう。例えば絵やイラストがついていた方が分かりやすいタイプの人や、自分の好きな出版社で選ぶタイプなど色々あります。傾向としては、とにかく文字ばかりだと理解しづらく眠気も来るため、分かりやすい説明とイラストがある参考書がよいでしょう。

参考書選びが終われば、とにかくまず色んな分野がありますがその基礎となる部分をきちんと理解し整理し覚えます。どんなに覚えても基礎がきちんと理解できなければ決して当日は同じ問題が出ない為解けません。

そして、仕事をしながら受験をする人がいる為、勉強時間自体が少ない人もいます。その場合は、必ず抑えて覚えておきたいところは、紙に書きトイレやキッチンなど常に目に付くところに張ります。

また、筆記が合格すれば、実技試験もあります。実技試験は、今までどんな例題が出たかを調べ前もって対策をとりましょう。また、実技試験で重要なのは、必ずちょっとしたことでも声かけを行いましょう。いつも仕事でしている以上に声かけが必要です。

介護福祉士の受かるコツは上にあげたことも大切ですが、それ以上に体調を整える事が大事です。前日は遅くまで勉強せず早めに寝て体調を整えましょう。

介護福祉士の対策講座で効率的な勉強を

介護福祉士の受験勉強においては、テキストや問題集などが数多く販売されているため、それらを本屋で買い揃えることで独学でも合格を目指すことができます。しかし実際に独学で進めていると、わからないことがあっても解決できないまま進めてしまうことも多々あります。

わからないまま本番に望んでしまうと不合格になる可能性もあるので、独学に加えて資格スクールや専門学校が提供している対策講座も活用すると効果的です。介護福祉士の対策講座は多くの学校や出版社、通信講座で用意されています。

それらの中から自分が利用したいと思うものを選ぶようにします。直接セミナーや講座を受けることができるのであれば、そちらへ参加すると理解を深める事につながります。講師によるわかりやすい解説を聞けるので、総合的な理解につながるからです。

一方でセミナーなどに参加するのが難しいのであれば、通信講座の対策講座を活用すると便利です。介護福祉士試験に関する要点がまとめられた教材が送られてくるので、それを読むだけで傾向と対策について学習できます。

また最近はネットで対策講座の内容を配信していることも多く、それを活用すれば講師の授業を生に近い環境で受けることができます。いずれの対策講座も効率的に勉強するために役立つものばかりですので、上手に活用していきましょう。

介護福祉士のマークシート方式による資格試験について

介護福祉士の資格取得試験のうち、筆記については、五者択一のマークシート方式が採用されています。試験対策にあたっては、習得しておかなければならない項目も多岐に及んでいることから、効率の良い勉強の仕方が求められます。

受験生の多くは、過去数年間分の問題集を、繰り返し解いていくことをおこないます。次第に傾向がつかめるようになり、類似問題を整理しながら頭の中に入れていきます。当日のマークシート試験に、同じような問題を見つけることさえあります。

ただ、問題を繰り返し解くにあたっての前段階として、しっかりとテキストに目を通しておくことは、最低限おこなっておく必要があります。介護福祉士の存在意義や、現代社会にとっての必要性を把握した上でないと、個々の問題が発している問いかけに、意図するものが見えにくいものでもあります。

くれぐれも、試験のためだけの対策にとどまらないことが大切です。また、介護福祉士としての具体的な実技面についての問題もあります。

実習などを通じて、多少なりとも実務経験を踏まえた上で試験に臨みますと、問題の意図するところも鮮明になり、正解率を高めることができます。くれぐれも、マークシート方式を甘くみることなく、真剣な学習が必要になります。

見込みで介護福祉士試験に合格した場合の経歴書再提出

介護福祉士国家試験は毎年1回、1月下旬のころに都道府県ごとに一斉に実施されますが、この試験を受験するにあたっては、実務経験の対象となる施設および職種による在職期間が3年以上であって、この期間内に実際に介護の業務に従事した日数が540日以上であれば、実務経験による受験資格を得ることができます。ただし、平成28年以降の試験については、これらの実務経験に加え、養成施設において、所定の実務者研修を終えている必要があります。

この実務経験による介護福祉士国家試験の受験については、出願の際に「実務経験証明書」とよばれる書類を添付することが必要ですが、証明書作成時点で受験資格に必要な従業期間と従事日数を満たさなかったとしても、筆記試験の前日までに満たす予定がある場合は、「受験資格見込み」として出願ができるというシステムになっており、合格後にこの「実務経験証明書」は再提出となります。

「受験資格見込み」として再提出することが必要であったにもかかわらず、締切日までに再提出をしなかった場合についてですが、これは介護福祉士国家試験の実施要項にも書かれているとおり、残念ながら筆記試験の合格結果は無効となってしまいますので、注意を払うことが必要です。